院長にあこがれて…。雇われ院長大失敗!

雇われ院長失敗

 

20年目のUドクター。
5年前に大学医局を出て、
今は民間の大病院でお勤めです。

ご自身の専門である消化器内科の領域では
やりきった感を持っており、
次のフェーズに進もうと
某大手紹介会社に登録をしました。

U先生としては、
転職して心機一転するか、
ここで開業をして自分の城を持つか、
どっちつかずで悩んでいたそうですが、
エージェントから雇われ院長職の求人を紹介されて、
お、これなら一石二鳥かと考えたのです。

後日、先方の理事長と面談をした時は、
是非U先生のお力をお貸し下さいと
平身低頭で招聘されたようです。

条件面も悪くなく、
クリニックなので当直がなくなるにも関わらず、
今の年収と変わりません。

夜は自分の時間に使えるし、
心身ともに楽になる。
しかも収入が変わらないなら実質アップするようなもんだ。
まして自分もついに院長という役職を手に入れる事ができる。

理事長もあそこまで自分を求めているのだし、
いつか開業する事になれば
その為の経験値アップにもなりそうだな。
そう考えたU先生はこの話しを受けました。

それから半年後。

U先生は窮地に立たされています。
患者が来院しないのです。

1日10名も来ればいい方で、
ひと桁台の日も多いです。

看護師や医療事務のスタッフも、
こんなんで大丈夫なのか?と心配しています。

挙句の果てには理事長からも
U先生の診察に問題があるのではないか?
このままではU先生の給与を下げざるを得ないとまで
言われてしまったのだそうです。

今まで大学病院や大手の総合病院でしか
勤務をしてこなかったU先生は、
クリニックについての知識がほとんどなく、
立地や開業場所など全く気にしませんでした。

単に給与と勤務形態だけで受諾してしまったので、
クリニックに患者が来るのか?
どんな宣伝広告をするのか?
全然関知しなかったんですね。

その結果、競合がとても多い地域で、
大通りから1本裏手に入った場所のビルの5F、
視認性はかなり悪く、
そこにクリニックがある事すら認知されていません。

これでは患者が来院しないのは当然です。
しかしそれをU先生の責任にされるのも酷な話しではあります。

実際に宣伝広告の予算は少なく、
アイデアを提案してもほとんど拒否されてしまってます。

にっちもさっちも行かなくなり、
U先生は、もう辞めるしかないのかな…。

もっと事前に情報収集をしておけば良かったと
後悔ばかりの毎日なのだそうです。

 

<過去のコラムもご覧下さい!>

開業意欲が萎えてきた…。

二転三転して自分を見失ってしまった…。

情報提供をしていない紹介会社は危険?

 

 

求人って条件だけで選ぶものなの?

医師求人キャリア

 

消化器内科のN先生。

大学医局を5年前に退局し、
その後は民間病院で働いてきました。

5年も同じ病院で勤務してきたので、
キャリアアップを望んで転職を検討し始めました。

医局を出た際には、
先輩ドクターからお誘いを受けて入職をしましたので
実質、転職活動は初めてです。

求人サイトで求人チェックをしてみたり、
出入りの業者さんにどこか良い病院はないか?と
聞いてみたりしてましたが、
どうも埒が明かないので、
WEB上でよく見掛ける紹介会社に問合せをしてみました。

するとすぐに連絡があり、
週明けに担当者と面談する事になりました。

担当者は30歳前後の方ですが、
とてもパワフルでアグレッシブな人と見受けられました。

その際はN先生の考えや希望をヒアリングされたのですが、
N先生としてはキャリアアップ、
そして消化器内科医としてのスキルアップを求めている事を
担当者に伝えました。

翌日以降、
何件もの求人が送られてきました。

しかし一般的な求人情報では、
そこでどんな仕事ができるのか?
どのようなキャリアアップが実現できるのか?
正直まったく把握ができません。

N先生はそんな事もあり、
特に返信もしませんでした。

数日後、担当者から電話が掛かってきて、
今まで送った求人の中で気に入るものはありませんか?
もっと高待遇のものもありますよ…と言われ、
いえそうではなく業務の内容や
自分に合うのかがわからないので…と説明をしたのですが、
担当者はそんな事を言っていると
いい求人案件はどんどん他のドクターで決まってしまいますと
半ば脅されて、1度どこか見学に行ってみて、
それで決めたらどうですか?と言われました。

ふむ、確かに実際にこの目で見て、
院長の話しを聞いてみるのはありだな。

そう考えたN先生は、
今までもらった求人を見返しました。

ところがその中でもどれを選んでいいのかわかりません。
どの病院も似たような情報しか出していないし…。

結局、条件面の良し悪しでしか判断できず、
自宅からの距離と条件の良さで
ある病院を選び、見学に行く事になりました。

当日、紹介会社の担当者は不在で、
N先生1人でその病院に伺うと
事務長がお出迎えしてくれました。

応接室に通され、
事務長から病院の概要を説明いただき、
院内をざっと見学させてくれました。

再度応接に戻ってくると、
事務長から条件面の説明がありました。

事前に聞いていたものよりも良く、
N先生としても満更ではない水準だったそうです。

その後、院長が入室してきて、
N先生、うちは気に入ってくれたかな?
なかなか良い条件でしょう、
いつから来れるの?
とフレンドリーな対応なのに
もう来る事が前提になってるみたいです。

いえ、これからゆっくり検討させて頂きたいと思ってます…と
N先生が述べると、院長は一瞬嫌な顔をして、
事務長をひと睨みして退室されました。

その後、事務長はどこの条件が納得できませんか?
もう少しであれば条件アップもできますが…と
必死になって食らいついてきます。

このまま押し切られたくないN先生は、
上手くその場を収めて退散しました。

条件は確かに良かったけど、
ここでキャリアアップできるのか?とか、
どんな症例経験が積めるのか?など
具体的な仕事内容についての話しはほとんどなし。

こんなもんなのかな。
別にそれほど高条件を求めている訳ではないのに…。
そんな事を考えていると、
エージェントの担当者から連絡が入りました。

いかがでしたか?
すごく良い条件を出してくれたでしょう。
ここに決めたらどうですか?と。

ああ、この人は押し込もうとしてるんだな。
誰でも条件だけで転ぶと思ってるんだ。

その後、N先生は転職への意欲を失ってしまったそうです。

キャリアアップを目指すために
どうしたら良いのか…。

そんな事を考えながら
悶々とした日々を過ごしているそうです。

 

<過去のコラムもご覧下さい!>

条件面を重視し過ぎた求人選びの失敗!?

もしかして自分はお金に目が眩んだのかも…。

なぜ自分は医師になったのか?

 

業者に翻弄されてご自身の夢は叶えられず…。

 

大学病院にて長くご勤務してきた40代前半のY先生。

専門は消化器内科ですが、

内科は幅広く診察してきましたので、

一般内科、消化器内科で開業しようと考えておられます。

 

若い頃から40代に突入したら開業準備を進めようと考えており、

大学医局での仕事もやり切った感を持っており、

ご自身としても医師としての経験をたっぷり積んで、

さあ、これから!と意欲を持って開業準備をスタートしました。

 

いくつかの開業セミナーに参加してみると、

様々な業者さんが声を掛けてきてくれます。

その中から好感の持てる担当者の方々数人に連絡を取り、

開業地や物件について問合せしてみました。

 

各社それぞれ様々な提案をしてくれましたが、

Y先生にとってドンピシャのものではありません。

ご自身としては長年の夢を叶える為の開業なのですから、

ここは妥協できないと考えて

各社にご自分の考えを丁寧に再度お伝えしました。

 

ところがその後に提案されたものも納得できるようなものではなく、

どうしてわかってもらえないかな…と憤りながらも

協力してもらっているのだから何度でも伝えなければ…と考え、

その都度、自分の考えや方針を伝えていきました。

 

しかし段々と提案してくれる業者は減ってきて、

提案の頻度もどんどん少なくなってしまいました…。

 

ん、俺が我儘すぎるのかな…。

このままでは誰も協力してくれなくなってしまう…。

そんな事を考えて少し柔らかく、頼るような連絡をしてみたものの

Y先生のご希望に添える案件は少なくて…という返答が返ってきます。

 

ん…、少し妥協しなきゃダメか…と考え、

エリアや希望の内容を広げてみたのだけど

あまり状況は変わらずしまいです…。

 

埒が明かないと考えたY先生。

やり取りをしていた業者の中で最も信頼できそうだと考えていた

某社の担当の方とお会いしてみると、

Y先生のお考えやお気持ちは充分わかるんですけど、

現実味としてなかなか難しいんです。

我々としてもお金にならないご支援はいつまでもできるものでもなく、

ちょっとこれ以上のサポートは難しいんですよね…。

おそらく他社さんも一緒なんじゃないですか?と言われてしまいました。

 

う~ん、これは困った…。

何もかも自分だけでやるなんて無理だし、

もっと大幅な妥協をしなければならないという事か…。

それも致し方なしと考えたY先生は、この担当者の方に

もっと妥協をするのでどうしたら良いか?と尋ねてみますと

今まで私が提案してきた物件の中で選んで下さいと言われました。

 

帰宅後、再度今まで頂いた物件を見直してみましたが、

正直いずれも食指が動かないような案件です。

しかしこの期に及んではそんな事も言ってられません。

消去法で最後まで残った案件で妥協する事にして

担当者に連絡を取ってみました。

 

それからは開業準備も動き始めました。

内装業者との打合せ、医療機器、電子カルテなど

様々な打合せを忙しくこなしていく中で

これで良かったんだ…とご自身を納得させるY先生。

 

しかし…。開院して半年…。

思うように患者さんは来院してくれません。

 

最初の開業地、開業物件に関して妥協をしたY先生は、

不必要なまでに業者の意向を尊重してしまい、

当初描いていたご自身のプランを少しずつ、少しずつ

諦めてしまっていたのでした。

 

誰も手伝ってくれなくなったら開業できない…という恐れを感じて

業者の言いなりになってしまった部分もあります。

 

その後、開業医の先輩方と話してみると

皆さん異口同音に多少の妥協は致し方ないけど

行き過ぎた妥協をし過ぎると絶対に上手く行かないとおっしゃいます…。

 

せっかく夢である開業を叶えたのに

これで良かったのか…と悩み深いY先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

あまりにも簡易な履歴書…。

 

消化器内科医のH先生。

経営難から病院の経営陣が変わり、

それ以降は仕事が非常にやりにくくなっているそうです。

 

そもそも大学医局から派遣されて今の病院に来て、

前の経営陣とは相性が良く、

居心地が良かった為にそのまま移籍したこの病院。

 

まさか経営陣が一掃されるなんて想像もしておらず、

しかも新経営陣とここまでそりが合わないとは思いもせず、

なぜか追い詰められてしまっています。

 

こんな状態には耐えられないと

慌てて転職活動を始めたH先生。

 

WEB上で見つけた近くの病院に問合せをしてみると

是非ご見学にいらして下さいと好感触。

 

履歴書と医師免許証を持ってきて下さいと言われたので、

初めて履歴書を作ってみました。

 

とは言えH先生は大学医局から今の病院に移っただけで、

特に記載する事もなく、

それこそ氏名、住所、電話などの個人情報と

学歴、職歴をざっと記載したのですが、

A4用紙1枚で余白がかなりある状態です。

 

あちこち転々としているよりはいいだろうと考え、

そのまま当日持参をしたのですが、

面談時に院長に手渡すと

明らかに怪訝な表情をされてしまいました。

 

同席していた事務長と顔を合わせて

苦笑しているのが伝わってきます。

 

う~ん、やはりあまりにも簡単すぎたか…。

もう少し臨床経験など詳しく書けば良かった…と後悔しつつも

院長からいろいろと質問され、

汚名返上とばかり明確に、かつ詳細まできっちりと説明しました。

 

無事にこちらの病院に入職する事が決まり、

それなりに満足した日々を過ごしているH先生。

 

歓迎会を開いてくれた時に院長から、

「H先生の履歴書はすごいんだぞ。

5秒で読み終えてしまうんだ」と笑い話にされてしまいました。

 

苦笑いするしかなかったH先生ですが、

偶然にも理解のある院長の病院で良かったですが、

場合によっては不採用になってしまったかもしれません。

 

WEB上で検索を掛ければ

履歴書の記載方法など数多く出てきますので

参考にしてしっかりした応募書類を準備したいものですね。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

 

資金はどの程度準備すれば良いのか?

クリニック開業資金

 

漠然といつかは開業…と考えていた

消化器内科医のI先生。

 

40代も半ばになり、そろそろ真剣に考えて

準備を進めねば…と思い至りました。

 

書店で医師の開業についての書籍を購入し、

研究を始めていてまず思いついたのが

いったい資金はいくら掛かるんだ…?

 

すでに開業した仲間の先生方に聞いてみると

3500万円を下限に、4500万、5000万、6000万、

7000万、7500万とかなり幅がある。

 

仲の良い先生のところには見学もさせてもらったけど、

多額の資金を出した所も、そうでない所も、

傍目から見るとそれほどに変わらない様子…。

 

現在の手持ちは約1000万…。

果たしてこれで足りるのか、足りないのか…。

 

ある税理士が主催の開業セミナーに参加してみると、

一般的な内科のクリニックの場合は

開業資金として5000~6000万円は必要だと言います。

 

ただ自己資金がいくらあるのか?

場所はどの地域で、周辺環境はどうか?

戸建てか、テナントか?新規か?継承か?

内装はどの程度とするのか?

どんなコンセプトのクリニックにするのか?

必要な医療機器は?

ターゲットとなる患者層は?

どこまで診療するのか?

 

こういった事業計画をしっかり立てないと

どのくらいの資金が必要かは

具体的には申し上げられないというではありませんか。

 

そりゃそうだなと考えたI先生は、

知人のドクターに紹介してもらった

開業コンサルタントに相談してみると…。

 

I先生が漠然と考えていた事が

あれよあれよという間に具体化していきます。

 

いくつか宿題は出てきたけど、

I先生のお考えを叶えるのには

5000万円前後の開業資金で行けるでしょう。

自己資金は開業までに

少しでもプラスになれば良いですが、

今のままでも充分です。

 

あとはお望みの物件が見つかれば、

いつでも準備を進められますよ…との事。

 

資金はあくまでも一般論でしか答えられません。

開業する先生のビジョンやプランによって

大幅に変わりますからね…。

 

書籍やセミナーはどうしても一般論になりがちですから、

開業を進めようと決めたのなら

開業支援の専門家に相談してみるといいかもしれませんね。

 

ただ…、

驚くような多額の資金を必要とする開業プランを提示されたり、

開業後も事務長のような形で居座り、

お金をいつまでも引き出す悪質な輩もいますから、

人選には慎重には慎重の上で当たって欲しいですが…。

 

オープンマインドで事前にどれだけ情報提供しているかが

見極めのポイントです。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

サポートの範囲がこんなに違うなんて…。

医師 紹介会社 コンサルタント

 

消化器内科医のH先生。

今お勤めの病院はある紹介会社のコンサルタントより

紹介を受けて入職しました。

 

細かい点を言えばいろいろあるのですが、

まあまあ、それなりに満足はしています。

ただ解せないのはそのコンサルタントとの関係です。

 

やり取りをしていた際には、

私は先生が入職した後も徹底フォローします、

私たちの関係は入職して終わりではありませんと

明言していたのに

入職した後は1度も顔を合わせておりません。

 

それどころか連絡をしても

折り返しの電話はないし、

メールの返信も来ない。

 

あの言葉は何だったんだ…と

ご立腹しています。

 

それから4年…。

そろそろさらなるキャリアアップを求めて

次の職場を考え始めたのですが、

当然以前の会社、そのコンサルタントは

最初から依頼するつもりはありません。

 

大学院時代の同僚医師に紹介してもらった

あるコンサルタントとお会いしてみると…。

 

以前とは段違い…。

話しをしただけでその差をまざまざと感じました。

 

単に希望条件だけを聞くのではなく、

これからの未来をどう作り上げていくのか、

自分でも気づいていなかった長所やアピールポイントも

上手く引き出してくれて、可能性を広げてくれる。

 

後日、案内してくれた求人もまさにピッタリ。

まあまあ満足どころか、ワクワクするようなレベル。

 

面接に行った際にも、

病院側との関係が良いのが一目瞭然だし、

上手く自分を売り込んでくれるし、

病院側にも自分の望む業務内容を提案してくれる。

 

案の定、非常に良い話し合いになり、

条件も想定よりも良いオファーを頂いた。

もちろん即決で入職する事を決めたH先生でした。

 

しかも数か月ごとにメールで近況を伺ってくれ、

近くに来た際には顔を出してもくれる。

 

奥様も医師であるH先生は、

うちの妻も次の職場を考えているので

お手伝いして欲しいと依頼しました。

 

それだけ自分の右腕のような存在として

至れり尽くせりの対応に大満足であったのです。

 

同じ人材紹介会社でも、

同じコンサルタントでもこんなに違うんだ…。

もっと早くこの人と出会えれば良かったな。

いや出会えただけでも良しとするか…。

 

人の縁に感謝し、

紹介してくれた同僚ドクターにご馳走をした

H先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

軽装すぎた…。

医師面接服装

 

消化器内科のT先生。

10年目を迎えて初めての転職です。

 

今まで内視鏡のバイト探しの時や

医局からの派遣でも面接らしきものは

一応何度か経験があったものの

常勤医としての転職は初めての経験ですから

きちんとした面接は初めて。

 

よくわからないままに話しが進んでいるのも確かであり、

見学に来てと言われたから行くという感じ。

 

ある病院での事。

見学に行ってみると

まずは院長とお会いして頂きますとの事で

立派な応接室に通される。

 

T先生はお気軽にお越し下さいと言われたので

服装も普段着…。

 

登場した院長は厳格そうな表情で、

T先生の格好を上から下まで眺め回します。

 

ちなみに院長はパリッとした白衣を着て、

その下はYシャツにネクタイ。

きっと毎日スーツで出勤しているのでしょう。

 

さすがにバツの悪いT先生は、

よしこうなったら面接で挽回しようと思ったのですが

質問は事務長からいくつか来ただけで

院長からは全くなし…。

 

え、俺もう見切られた…。

そう思ったT先生ですが、後の祭りです。

案の定、数日後にこちらの病院からは

不採用通知が届きました。

 

それを同期の仲間に話したところ、

あそこの病院はお堅い事で有名。

Tが行くような所じゃないと笑い飛ばされる。

 

面接時の服装は医療機関によってマチマチです。

普段着でも全然構わない所もあれば、

それなりにきちんとした格好を求める所もある。

 

1人で活動していると中々わからないですが、

事前に事務長に確認した方が無難ですね。

 

ビジネスマンのように

カッチリスーツを着る必要まではありませんが、

ジャケットにスラックスくらいは

用意があった方が無難です。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録