転職サイトに登録するのはコワイ!という医師…。

医師転職サイト

 

40代前半のN先生。
大学医局を離れてから8年が経ちますが、
ずっと同じ市中病院に在籍していました。

医師転職サイト

居心地が良くて長くいたものの、
さすがに最近は慣れというか、惰性というか、
ちょっと緩くなっている自分に気づいて、
ここらで一念発起、キャリアアップを考え始めました。

しかし今の病院は大学の先輩に誘われて入職したので
いわゆる転職活動をした事はありません。

若い医師に聞くと、
最近は紹介会社、エージェントを
みんな利用してますよと言うので
そうか…と思い、
WEB上でどこがいいか探し始めたのだそうです。

N先生としては、
転職活動自体が未経験だった為に
やっぱり手厚いサポートを受けた方がいいのだろうなと考えて
大手と思われる医師の紹介会社に問合せをしたのだそうです。

するとすぐに電話が掛かってきて、
N先生のご希望にピッタリの求人がいくつもあります。
何件かご案内したいので
早急にお会いしましょうとの事でした。

急な展開に慌てたN先生。
でも近くまで来てくれるとの事でしたので
翌日の診療後にアポイントを取りました。

担当者とお会いしてみると、
自分より全然若い方で
この人で大丈夫かなあというのが第一印象だったそうです。

案の定、おざなりにN先生の希望を伺って、
その後は持参した求人票を見せながら
ここはいい!あそこはいい!と
とにかく求人の説明を中心に
早くどこかを受けさせようとするのだそうです。

転職活動に挑むに当たって、
もっといろんな相談をしたかったN先生ですから
そんな急にどこかを受けろと言われても
戸惑うばかり…。

取り急ぎその日は検討するという事で
頂いた求人を持ち帰ったのですが、
帰宅してからじっくり見てみても
正直どれがいいのかわかりません。。。

翌日も担当者から電話が掛かってきて、
どれにしますか?と問われるも
いや、正直この中には受けたい所はありませんと
素直に答えたそうです。

するとすぐに他をご案内しますと
翌日から毎日のようにメールで求人が送られてきて
相変わらずどれもピントがズレていたようです。

診療中だというのに
全然気にする事なく電話を掛けてくるし、
さすがにN先生も選ぶ会社を間違ったかもしれないと
電話も出ず、メールも確認しなくなったそうです。

致し方ないので他の会社も当たってみたのですが、
他もほとんど同じ状況で
とにかくしつこい、そして求人案内ばかり…。

頻繁に電話が来るし、
メールは毎日のように来るし、
N先生は段々と怖くなってきて
登録した事すら後悔しつつあり、
ちょっとノイローゼ気味にもなったのだそうです。

にっちもさっちも行かなくなったN先生は、
前述の若いドクターに聞いてみると
そういう事なら良いエージェントがいますよ、
自分も相談に乗ってもらってますけど
無理に転職させようとしないし、情報通だし、
ご紹介しますよとの事で
そのエージェントとお会いしてみる事に…。

ぜ・全然違う…。レベルが違う…。

N先生は結果的にこのエージェントと共に
転職活動を進めていき、
満足できる医療機関を見つけたそうです。

それからはその後輩ドクターに感謝の日々だそうで…。

あのまま転職してたら
きっと自分は転職に失敗していただろう。
流されなくて良かった。

やはり実力と経験、知識のある人と
タッグを組まなきゃいけないね~と
今は心から笑えるN先生でした。

<過去コラムもご覧下さい!>

自分自身の将来ビジョンは?

信用が置けるエージェントと置けないエージェントの使い分け!?

ダミー求人に騙された!

 

 

医師を商品のように扱うエージェント…。

医師転職開業エージェント

 

転職するか、
雇われ院長の仕事を探すか、
それともクリニックを開業するか…。

医師転職開業エージェント

40代も半ばになり、
医師人生の大きな転機として
真剣にお悩みになっていたS先生。

いずれの選択肢にもメリット、デメリットがあるので、
S先生としては自分に合うのはどれか?
いろいろ思い悩んでいたそうです。

数日経つと考えも変わったりして、
このままでは埒が明かないと考えて
エージェントに相談してみる事にしたそうです。

転職と開業の両方の相談を受ける事のできるエージェントは多くなく、
ようやく探し当てた会社は、
医師に対して友達のような存在になる事を謳っており、
私にはこういうエージェントが合うかも?と思い
問合せをしてみたのだそうです。

早速アポイントを取り、
エージェントとの待合せ当日。

女性と男性の担当者でしたが、
お2人とも自分と近い年代だったので
最初は安心して話し始めたそうです。

し・しかし…。
どうも違和感を感じるようになってきました。

自分の質問をはぐらかしたり、
言いにくい事は誤魔化したりというのを
会話の中で何となく感じるたのだそうです。

そして決定的だったのは、
転職だったら求人を何件か投げますんで
その中で選んで面接に行けば良いですし、
開業だったら開業物件を何件か投げますんで、
その中で選んで見学に行ってみればいいんですよ。

やはり実際に動いてみないと中々わかりませんし
うちは求人も物件も数多くありますから、
その中でS先生が選んでもらえれば
うちも儲かって嬉しいですしね。
明日から希望に合うようなものをどんどん投げますね。

そうエージェントは言ったそうです。

え、私はあなたたちを儲けさせるための存在なの?
別に求人や開業物件をたくさん見たい訳じゃない。
自分が転職した方がいいのか?
雇われ院長や開業を目指した方がいいのか?

何かアドバイスをもらって決断しようと思ったのに
求人や開業物件だけで決めろって言うの?

私はもっと相談に乗ってもらって、
いろんな事例などを聞いて、
アドバイスをもらいながら決めたいのに…。

これって私は商品みたいなもので、
右から左に流すだけなの?
ただ求人や物件とマッチングするだけで、
それ以上でも以下でもないってこと??

そんな事を考え始めると
このエージェントとはもうやり取りをしたくなくなり、
連絡は拒否したのそうです。

また振り出しに戻ってしまったS先生。
ところが転職、開業の両方をこなすエージェントを他に見つけ、
その担当者とお会いしてみると…。

前回とは全く違い、
S先生の考え、気持ち、背景をよく聞いてくれ、
多くの事例を教えてくれたり、
様々なノウハウを授けてくれて、
決断するに当たってのアドバイスを親身になってしてくれます。

それから半年後、
まずは開業に向けた経験値アップを目指して
新しい勤務先で働き始めました。

開業資金を貯めながら
少しずつ経営者として経験を積んでいます。

自分のキャリアの道筋が見えて、
毎日が充実しているそうです。

最初のエージェントは何だったのよ…。
まあ次に良い方と出会えたから良かったけど。

医師を商品のように扱う会社。
S先生は今でもこのエージェントには腹を立てているようです。

<過去のコラムもご覧下さい!>

そ・相談できないコンサルタント…。

信用が置けるエージェントと置けないエージェントの使い分け!?

WEB上で検索を掛けて紹介会社を選んだ失敗事例!

 

 

1度だけ他社も試してみようと依頼してみた結果…。

医師人材紹介会社

 

すでに何度か人材紹介会社を利用して
転職をした事があるY先生。

賛否両論ある紹介会社だけども
自分はそれなりに満足していて
いつも同じところを利用していたそうです。

別に不満はないし、
それなりの職場を紹介してくれていたしね…と。

ところがそのいつも利用している紹介会社で
同僚がひどい目に合った話しを聞き、
そういうケースもあるのか……と知り
たまには他の業者も使ってみようかな…と考えたそうです。

 

医師/看護師 転職求人アプリ

※画像クリックで、医師転職求人アプリ・ダウンロードサイトに飛びます!<スマホ・タブレットの方のみ>

 

折りしも今の職場もはや3年が経ち、
そろそろステップアップをしたいと考えていたY先生。

今のところは割と大手なので
たまには中小企業で特徴のある所が良いかと思い
リサーチをしていくと
きめ細かい情報提供をしている会社を見つけたので
問合せをしてみました。

すぐさま返信が入り、
1度お会いして打合せをしてみる事にしたのだそうです。

待合せ場所に行くと、
ベテランの担当者がにこやかにお待ちしていたそうで、
話しを始めてみると…とにかく詳しい。

Y先生が今まで会ったコンサルタントとは段違いだったそうで、
しかも豊富な事例やノウハウを惜しげもなく教えてくれたそうです。

人材紹介業者の裏話しから、
利用する際の注意点や上手い活用の仕方、
求人の選び方や選ぶ際のポイント、
ご自身のキャリアプランやライフプランの作り方、
条件交渉の仕方やそのポイントなど
もう話しを聞いているだけで目から鱗…。

Y先生は今回はこの人に任せてみようと決めたそうです。

 

ルナーヴァ 医師/看護師 転職求人情報 バナー

医師/看護師 最新転職求人情報サイトはこちらから!

 

それから1カ月後…。
Y先生はご自身の想定した以上の条件をもらい、
働き甲斐が持てそうな職場を紹介してもらったようです。

今の職場の円満な退職の仕方などもアドバイスをくれて、
契約関係もバッチリサポートしてもらい、
今は安心して現職場の退職日を待つばかり。

新しい職場に入職するのが楽しみでしょうがないそうです。

やはり会社によって、担当者によって、
提供するサービスは全然違うんだなあ…。

もっと早くこの人と出会っていれば、
今までの職場よりも全然良い所と出会えたかもしれない。

別に不満はなかったけど、
要は自分がこの業界の事を知らなかっただけなんだな。

もうこれからは今までの会社ではなく、
この人と付き合っていこう。
そういえば後輩ドクターもどこかいい所がないか探していたな。
この人を紹介してあげよう。

Y先生はこれから何度転職するかわからないけど、
この人がいれば安心だ。
コンサルタントのレベルってのは全然違うんだな~。
医者もそうかもしれないけど…と
良い出会いに喜んでおられるようです。

医師/看護師 転職求人アプリ

※画像クリックで、医師転職求人アプリ・ダウンロードサイトに飛びます!<スマホ・タブレットの方のみ>

ルナーヴァ 医師/看護師 転職求人情報 バナー

医師/看護師 最新転職求人情報サイトはこちらから!

 

<過去記事もご覧下さい!>
情報提供をしていない紹介会社は危険?
ペコペコして誤魔化しばかりのコンサルタント!
信用が置けるエージェントと置けないエージェントの使い分け!?

 

情報提供をしていない紹介会社は危険?

医師転職紹介会社

 

先日、以前に紹介会社を利用して入職したものの、

事前に聞いていた話しと条件面があまりにも食い違っていて

病院側に抗議してもなしのつぶてで、

紹介会社にクレームを付けると

うちの仕事は入職するまでで入職後の事は

ご自身で対応してくれと言われた

ある先生の憤慨する話しを伺いました。

 

結果的にこの先生は我慢ならずに

入職後、半年持たずに退職してしまい

また新たな職場を探されているようです。

 

医療系の紹介会社では、

こういう話しを残念ながらよく伺います。

仲介する責任をどう考えているのでしょうか?

 

もちろん一部の低レベルな会社だけの話しと信じたいですが、

医師会や看護協会にも医療機関から多数のクレームが上がっているそうで

当然、厚生労働省も不適切な紹介会社に関しては

都道府県に通報するように促しています。

 

下記などもご参考にして下さい。

<厚生労働省より>不適切な人材紹介会社の情報は都道府県に通報して下さい!

 

この1月1日から職業安定法が改正され、

人材紹介会社に対して

① 2年以内の再転職を促さない。

② 早期退職などの情報公開をする。

③ 金銭を提供して転職に誘う事は望ましくない。

 

このような方針が出されました。

いずれも真っ当な紹介会社から見れば

ごく当たり前の事ではありますが、

なかにはこのような悪質な行為を

平気でやっている会社もあるという事です。

 

今後、紹介会社を活用しようと思う方は、

① 企業の規模や知名度に騙されない。

② 事前に厚生労働省職業安定局が運営する

人材サービス総合サイト で確認する。

確認すべきは、「離職者数」です。

ここが多かったり、情報を公開していない会社は避けるべきです。

③ 耳障りの良い宣伝広告に翻弄されずに、

社長やコンサルタントの生の声を情報発信しているかを確認する。

(写真、氏名などがオープンになっていない会社は

オープンにしたくない理由があるのです)

 

この3点を確認して下さい。

残念ながら大手や中堅ほどに

大きな売上を上げねばならない為に

無理やり押し込んだり、

詳しい情報を確認せずに紹介したりなど、

末端社員がとんでもない事をしているケースも

少なくありません。

 

 

<過去の紹介会社に関する記事もご覧下さい>

え!管理医師にならなきゃいけないの?

他社には声を掛けないで下さい!という脅し…。

WEB上で検索を掛けて紹介会社を選んだ失敗事例!

ルナーヴァ 医師/看護師 転職求人情報 バナー

医師/看護師 最新転職求人情報サイトはこちらから!

え!管理医師にならなきゃいけないの?

 

前々から興味のあった美容医療の分野に転身しようとしたE先生。
もともとは外科医ですので、全くの未経験ではあったけれども、
それでも学ばせてくれるならチャレンジしようと考えてました。

美容医療専門のサイトに登録してみたら、
週2日で勤務できるクリニックがあると
サイトを運営している紹介会社から連絡が入り
詳しい話しを聞いてみる事にしました。

もともと美容皮膚科が入っていたクリニックが閉院し、
そこを居抜きで購入したオーナーが
新しくクリニックを開設するという事です。

開設管理者となる医師は別にいて
非常勤でお越しになる先生もいらっしゃるとの事だったので、
未経験でも教えてもらえるそうなので
これは良い機会と考えて入職する事に決めました。

そして入職後、事前に聞いていた話しと諸々違って…。

驚いたのは管理医師に就任して欲しいとの事。
そして院長にも就いて欲しいというのです。

日給も高待遇だったので決断したのですが、
なんと高待遇は管理医師就任が前提なんだそうです。

え、だって自分は週2日の勤務だし、
それでも管理医師にならなきゃいけないの?
と言うか、その前になれるの?

おまけに自分が勤務する日はドクターが1人で、
教えてくれる人はいません。

未経験なのに頼れる人もおらず、
ナースにああしろ、こうしろと言われる始末。

事前に聞いていたのは、
週2日の非常勤での勤務で教えてもらえる環境という事。

う~ん、話しがどんどん聞いていた内容と
違ってきてしまっています。

院長だとか管理医師だとか言われても
正直よくわからないし、
相談できる人もいないし…。

どうしよう…と悩んでいた時に
〇〇日までに就任して頂かないと
この話し自体をなしにせざるを得ないと脅される始末です。

困り果てたE先生は、
WEBでいろいろ検索を掛けて調べてみると、
どうもこの話し自体が怪しくてしょうがないと思えてきました。

たまたま辿り着いたブログに詳しい事が書いてあり、
まさに自分の境遇とピッタリ…。
この著者に話せば何かわかるはずと問合せをしてみると
即応してくれて様々アドバイスをしてくれました。

結論はやっぱりこの話しはおかしい。
受けない方が良い…。

安心したE先生は意を強く持ってこの話しをお断りしました。
すると先方は提示した日給は院長としてのものだから
勤務した分は院長としての手当を削ってお支払いするとか、
もう明日から勤務しなくて良いですとか、
あまりにも誠意のない対応です。

E先生はやっぱり断って良かったと思うとともに、
腑に落ちない部分がたくさんあって
本当は主張したい部分もあったけれど
これ以上揉めるのも得策ではないと考えて
そのまま身を引いたのでした。

契約書を見直しても
そこに記載されていない事項ばかりを求められて、
最初から騙そうとしていたとしか思えません。

ちょっと引っ掛かりつつあったけど、
そのまま完全にドツボにはまる前に気づいて良かった…。
やっぱり新しい事を始めるのには、
その道のプロの人と動いた方がいいんだな…と
気づきを得る事ができたE先生でした。

 

<紹介会社について書いた過去記事もご覧下さい>
しつこい紹介会社は勘弁だ!
WEB上で検索を掛けて紹介会社を選んだ失敗事例!
3万件の求人に自分に合うものはない!?

 

ルナーヴァ 医師/看護師 転職求人情報 バナー

医師/看護師 最新転職求人情報サイトはこちらから!

 

他社には声を掛けないで下さい!という脅し…。

 

30代も半ばとなり、

そろそろ大学医局から離れて

自分なりの医師人生を歩みたいと考えていたN先生。

 

とは言っても転職なんて今まで考えた事もないし、

何をどうすれば良いかわからない。

 

すでに医局を離れた先輩と会う機会があり、

どのように転職したのかを訪ねてみました。

 

その先輩ドクターは人材紹介会社を利用したそうなのですが、

どんな会社があって、どんなサービスを受ける事ができるのかも

よくわかりません。

 

先輩からは、

「大手の紹介会社は担当者が若くて経験が浅く、

求人はたくさんあるけど、大したサポートもないので、

上級者向け。N先生には合わないと思うよ。」

 

「中小は求人は多くないけど、

サポートが丁寧だからN先生に合うかもね。」

 

「でも最後は相性だから何社かに問合せしてみて、

この担当者なら安心して任せられるとか、

何でも相談できそうだなという人にお願いしたら。

不安がある人とは付き合わない方がいいよ。」

 

とアドバイスを受けました。

 

そんなもんか…と思い、

WEB上でよく見掛ける大手紹介会社と

先輩に紹介してもらった中小の会社2社に問合せをしてみました。

 

両社ともにすぐに連絡が入り、

それぞれの担当者とお会いしたのですが…。

 

どちらの担当者とは敢えてここでは言いませんが、

「他の会社にも登録することはお控え下さい。

私どもが全責任を負ってN先生をサポートしますから。」

と言われたのだそうです。

 

それってどうなんだろう?

この業界ってこういうものなのかな?と

疑問に思いつつも、静観をしていたのですが…。

 

その後、メールで求人が何件も送られてきます。

しかし打合せ時に依頼した希望とは全く合わない案件です。

 

何度か指摘をしたものの一向に状況は変わりません。

それどころかN先生の希望条件が適う病院は少ないんですと

言い訳をし始める始末です。

 

これで他に声を掛けるなって言われてもな…。

 

待っていても埒が明かないと思ったN先生は、

気になっていた他社に問合せをしてみたところ

「弊社は他に声を掛けるな…なんて言いません。

気の済むまで紹介会社をお選びになった方が良いと思います。

選ぶのはN先生ですし、ご希望の求人を提案すれば、

きっと私どもを選んで頂けると思いますので」と

言うではありませんか?

 

この人の方が良さそうと考えたN先生は、

最初の会社には何も言わず、この人に依頼をしました。

 

するとどうでしょう。

まさに希望にピッタリの求人を数日後には紹介してくれ

話しはトントン拍子で進みました。

 

要は他に声を掛けるなってのは、

時間をくれとか、うち以外で探すなとか、

勝手な理屈だったんだな。

 

やっぱり先輩ドクターが言っていた通り、

不安がある人とのお付き合いは上手くいきませんね。

でも、すぐに切り替えた事で大失敗にならず良かったです。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

 

WEB上で検索を掛けて紹介会社を選んだ失敗事例!

 

医局からの派遣ではいくつもの病院で

ご勤務をしてきましたが、

実質上は初めての転職を考え始めたI先生。

 

理由は諸々あるのですが、

敷かれたレールの上ではなく

ご自身で新たなレールを作っていきたいと

不退転の決意を持っての転職準備を進めています。

 

とは言え初めての事でもありますし、

どう進めて良いのか…わかりません。

 

やはりプロに頼った方が良いだろうと考えて、

人材紹介会社に依頼しようとしました。

 

ところがWEB上で検索を掛けてみると

あまりにも多くの会社が出てきますし、

何がどう違うのか、まったく判断できない…。

 

致し方ないので知名度の高そうな、

ご自分でもどこかで聞いた事がありそうな

数社に問合せをしてみました。

 

I先生としては転職の仕方とかコツとか、

ノウハウを教えてもらいたいという希望があったのですが、

いきなり会いましょう!いつ空いてますか?と

アポを急かすような会社や、

いきなり何件かの求人を送り付けてきて

他にもたくさんありますよ、

興味ある求人はどれですか?と

早くどこかに受けさせようとする会社が大半…。

 

自分が求めているのはそういうものではないんだよな…と

内心忸怩たる思いを抱えながらも

このまま何もせずにいても何も始まらないと考え、

数社の中で最も誠実な対応が期待できそうな会社の方と

お会いしてみようとアポイントを入れようと考えました。

 

I先生の都合の良い日時をいくつかメールで送ったのですが、

返信が来ない。1日待てど、2日待てど、まだ来ない。

ダメだ…この会社は信頼できない…。

 

諦めて次点の会社に連絡すると、

こちらはすぐの返信が来てアポイントが取れました。

 

当日待合せ場所に行ってみると、

待っていたのは30代半ばと思しき方。

挨拶もそこそこにI先生のご希望を聞かせて下さいと

質問攻めをされる始末。

致し方ないのでお考えになっている事を伝えるのですが、

どうも理解をしているのかどうかよくわからない…。

時々突拍子もない事を言うので、

おそらくわかってくれていない。

 

最後にご質問はありますか?と聞かれたので、

どう転職活動を行えばいいのか?と聞いてみると

いい求人に応募すればいい転職ができます。

私たちがいい求人を紹介しますので、

大船に乗ったつもりで少し時間を下さい…と。

 

違う、違う…。

そういう事を聞きたいのではなくて、

どういう準備をしておくべきか?

何を考えておくべきか?

求人はどう選ぶべきか?

どう進めていけばいいのか?

スケジュール感はどうなのか?

一連の活動の中で気を付けるべきはどんな点か?

 

いろいろ聞きたい事があったのですが、

この人に聞いても無駄か…と考え、

早々に退席しました。

 

I先生はまだ転職できていません。

同僚に聞く訳にも行かないし、

すでに退局した先輩に聞いても

的を得た答えを頂けない…。

 

WEBで検索を掛けて上位表示される会社というのは

多額の宣伝広告費を掛けているのですね。

つまり社員に対しては高給を出さずに

宣伝広告を優先している訳です。

そういう会社では有能なコンサルタントは定着しません。

 

どこかに自分の求めているような存在はいないものか…。

紹介会社なんてどこも同じようなものなのか?

すべて自分で動くべきなのだろうか?

 

悶々と悩むI先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

知人の会社だから安心していたのに…。

 

8年目のG先生。

現在お勤めの医療機関は

ある紹介会社から紹介をしてもらったのですが、

残念ながら諸々問題が出てきており、

次の転職を考えていらっしゃいます。

 

事前に聞いていた話しとの乖離が大きく、

仕事内容も、条件も、あまりにも食い違いがあって

一刻も早く辞めたいそうです。

 

それを紹介者に伝えても、

何とかもう少し頑張って…と、なだめるそうですが

紹介料金の返金規定を超えるまではという

悪質な打算が目当てであり、

紹介責任については全く触れません。

 

残念ながら非常に低レベルの会社のようです。

 

G先生は同じ目に合いたくないと考え、

時々イベントでお会いする事があった

知り合いが紹介会社の経営者であったので

その方に依頼をしたそうです。

 

ところが…。

社長自らG先生の担当者になってくれたのはいいものの

ん?この人医療の事わかってるの?とか、

一緒に面接に行ってもただ隣に座っているだけで

何の役にも立たなかったりとか、

挙句の果てにはとにかく1度入職しましょうなどと

無理に押し込もうとまでする…。

 

断っても平気で勧めてくるし、

日本語がわかってないんじゃないか?とまで思うような

酷い対応が続いたそうです。

 

何だよ、紹介会社なんてどこもこんなもんかよ…と

怒り心頭のG先生でしたが、

出入りのディーラーと話しをしていた時に、

転職ならまともな業者を知ってますよと言うので

紹介してもらいました。

 

話しをしてみて、最初の5分で今までと違う。

ここまで親身になってくれて、

経営理念や営業方針も実に真っ当です。

3度めの正直か…なんて考えながらお願いをしてみました所、

話しはトントン拍子に進み、

今ではこの会社に紹介してもらった医療機関で

毎日充実した日々を過ごしています。

 

単に求人を紹介するだけでなく

メンタル面もフォローしてくれて、

今回の職場だけでなく、

5年後、10年後についても一緒に考えてくれる。

 

紹介してくれたディーラーに心から感謝している

G先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

宣伝広告をしているのか?情報提供をしているのか?

 

すでに人材紹介会社を活用して転職をした事があるS先生。

今まで2回の転職を人材紹介会社経由で実現しました。

 

当初は人材紹介会社など信頼できなかったのですが、

たまたま知人が勤めており、

そこを利用する事にしたのです。

 

案内する求人にしても、

一緒に面接に同行した時も、

正直言えば安心ができませんでした。

 

これでいいのか…と不安、不満もあり、

こんなもんかなあと思いつつも、

担当者が知人である事から

まあ悪いようにはしないだろうと

微妙な安心感を持っていました…。

 

ですが入職してみると、

事前に聞いていた話しとだいぶ違う点もあり、

結局1年半くらい勤めたところで退職を決意…。

 

もう1度、同じ担当者に依頼しました。

 

紹介される求人は期待通りとは行かないものの

知人でありますから気を遣い、

案内された数件の中からまあこの辺りかな…という所に決めて

面接に行きました。

 

担当者は相変わらず何も発言せず、

医療についても、転職についても、

よくわかっていない様子。

 

ただ前職より給与は上がるし、

すでに今の病院には辞める事を伝えているので、

ここでいいや…くらいのつもりで

決めてしまいました。

 

ですが、こちらも自分の思っていた職場とは違い、

長く勤めるべき場所ではない…。

そう感じてしまっています。

 

それを担当者に相談すると、

それでいいんですよ、

1箇所に長く勤めてもいい事なんかないですよ。

何度だって転職をサポートしますよ…。

 

ええ…お前はそんなつもりで仕事してたんかい!?と

疑問を感じたS先生。

 

今まで勤務した病院の事はどの程度把握していたのか?と聞くと、

うちのパートさんが電話を掛けて求人を貰うんです。

それがデータ化してありますから、

後はS先生の希望条件で検索を掛けてみたら

たまたま出てきたんですよ。

 

ええ…そんなやっつけ仕事なの…。

S先生は心底ガッカリとして、

もうこの人とは付き合わない。

そう心に決めたのでした。

 

その会社は、

先生が何でもご相談できるパートナーとして

皆様に寄り添いますとか、

きめ細かいサポートができますとか、

求人件数も数万件もあり、

しかも非公開求人も多数あると謳っていましたから

大丈夫だろうと思っていたのですが、

結果的には非常に不満足な事になりました。

 

たまたま知人がいたというのもありますが、

会社は美辞麗句に溢れた宣伝広告が上手いだけなんですね…。

 

さて、途方に暮れそうなS先生。

とは言え今のところは長くいる環境ではないし、

できたらじっくりと腰を落ち着ける病院に転職したい…。

 

それを自分で探す事もできないので、

今度こそ本気で良い紹介会社を探そうと決意。

 

様々なワードで検索を掛けてみたり、

医師仲間の友人に聞いてみたり、

いくつものコラムやブログを読み漁りました。

 

わかってきたのは、

 

・担当コンサルタントが写真付きで自己紹介をしている。

→ 責任を持った仕事が期待できる。

 

・会社が宣伝広告ではなく情報提供をしっかりしている。

→ 転職のノウハウや考え方を明示している。

 

どうやらこの2点をクリアしている会社は、

なかなか良さそうである事がわかりました。

 

そんな事を医師仲間と話していたら、

おそらくそういう観点から考えると

非常に真っ当な仕事をしている所を知っているが

紹介しようかと言ってくれる。

 

是非とお願いして、

担当のコンサルタントと会ってみると、

以前の担当とはもうレベルが段違い…。

 

情報発信もしっかりしており、

それだけ自信とプライドを持って

仕事をしている事がわかりますし、

何より医療を良く知り、

医師という職業を良く知っている。

 

過去の事例の中から参考になりそうな話しも

惜しげもなく教えてくれるし、

自分では気づかなかった可能性、

新たな選択肢も提示してくれる…。

 

この人だ!とS先生は直感で決めました。

 

それから3年後…。

S先生はこの担当者から紹介してもらった

病院で充実した日々を過ごしています。

とても満足しているのです。

 

時々、どうですか?なんて声も掛けてくれるし、

本当に自分のやりたい事、

望んでいる事が手に入った喜び。

 

やっぱり仲介してくれる企業や担当者によって

全然違うもんだな。

いい人と出会えて良かった…。

しみじみおっしゃるS先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

宣伝広告との格差があまりにも大きすぎて。

 

医師の転職支援をしている某紹介会社から

案内された医療機関に転職したところ、

事前に聞いていた話しとの食い違いが

あまりにも大きくて憤慨しているW先生。

 

聞いた事のある大手企業だし、

医療系の雑誌やイベント、学会でも見掛けるし

特にWEB上ではあちこちに宣伝広告を出している。

これだけ宣伝広告費を掛けているという事は

それだけ実績を出して利益を出しているんだろうと考え

登録、求人紹介、面接、内定、条件交渉、入職と

事はスムーズに進んだのですが…。

 

まずおかしいな…と思ったのは、

入職初日、同僚の医師や

コメディカルスタッフ達の様子が変なんです。

歓迎ムードが全くなかったそうです。

どうせすぐ辞めちゃうんでしょ…

みたいな感じだったそうです。

 

違和感を感じながらも

やるだけやってみるかと考えていたW先生ですが、

専門とは違う患者さんを任されたり、

当直回数が月に3~4回と聞いていたのに

実際には7~8回あったりして、

どうもおかしい…。

 

挙句の果てには給与が違う…。

当初聞いていた金額よりも少ない…。

 

さすがに事務長にクレームを言うと

知らぬ存ぜぬで逃げようとする。

 

仕方ないので紹介会社に連絡をしてみると、

担当者は言い訳ばかり…。

 

この医療機関の事を事前にどれだけ知っていたのか?

院長や事務長とは何度くらい会っているのか?と問うと、

病院に足を運んだ事はない…。

求人をWEB上で頂いただけ…。

 

おいおい…。

宣伝広告では厳選された非公開求人が多数あるとか、

医師の希望を叶えるとか、

医師のお悩みを解決しますとか、

○件以上の求人があるので理想の求人が見つかるとか、

専任のコンサルタントが親身にサポートするとか、

これはいったいどういう事だ…。

 

転職支援というのは、

会社の規模とか、設立してからの年数とか、

求人数とか、あんまり関係ないんですね。

 

担当のコンサルタントの力量。

これが最も大事です。

どうしても大手はマンパワーを確保する為に

若手社員ばかりとか、経験の浅い人間が多いとか、

そうならざるを得ないんですね。

また実際に会うまでは

どんな人が担当になるのかもわかりませんしね…。

 

宣伝広告にお金を掛けるという事は、

それだけ経費が掛かっているという事でもあり、

人件費を削らざるを得なかったりもします。

 

W先生は結果的に早期退職となりました。

紹介会社からはお詫びのひとつもなかったそうです。

こんな会社2度と利用するものか!と

ご立腹のW先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録