求人内容が実態と違う!

医師転職求人内容失敗

 

今まで様々な医療機関で働いてきたけれども、

そのほとんどが大学医局関連だったY先生。

この度、初めて自分で転職活動をしてみる事にしました。

 

まずネットで検索をしてみると、

とんでもない数の求人サイト、転職サイトが出てきます。

 

こんなにあるのか…と思いながらも、

研究熱心なY先生は各サイトを見ながら

最も信頼できそうなサイトから気になる求人を見つけ、

ご自身で直接、医療機関に連絡をしてみました。

 

サイトの求人にも、

病院のホームページにも募集があるとの事でしたが、

何と、募集枠は埋まってしまい、

該当科目に関しては充足してしまったとの事でした。

 

憤慨しながらも

もう1件の気になった病院に連絡すると、

是非とも見学にお越し下さいとの事。

なかなか高条件の求人でしたので

楽しみに伺ってみますと、

想像とは違って何だか院内は殺伐としています。

患者さんも少ないように感じて、

この病院…大丈夫かなあ?と不安を感じました。

 

院長と面接をしましたが、

高圧的な態度で

先生が来たかったらどうぞ…という雰囲気…。

しかも事務長から提示された条件は、

サイトで見た求人とは異なり、

給与は少なく、当直やオンコールも多いのです。

 

ダメだ、こりゃ…と憤りつつ、

気を取り直してサイトをチェックすると

なかなか良さそうな所を見つけました。

 

今度は紹介会社経由の求人のようで

問合せ先は紹介会社になっています。

 

取りあえず問合せをしてみると、

担当者らしき人がすぐにでもお会いしたい…と。

 

時間を作って面談をしてみると、

Y先生ご希望の病院はすでに充足しているのですが、

もっと他にもいい所がありますと

いくつかの求人を打診されました。

 

ですが一向にY先生の希望に合わず、

その旨を伝えると

他にも非公開の求人がたくさんあって、

こちらもご覧下さいと言われて見てみましたが、

あれ?これは自分が最初に連絡した病院じゃないか!?

充足って言われたけど非公開で募集してるって

いったいどういう事??

 

他の求人も見ましたが、

サイトで見掛けた事のあるものばかりで、

え?非公開求人ってどういう事?

他のサイトで見たんだけど…と

Y先生はこの紹介会社が信用できなくなってしまいました。

 

その後、転職活動自体が上手く進まず、

結局は先輩ドクターが仲良くしており繋いでくれた

小規模な紹介会社のコンサルタントの方に良い病院を紹介してもらい、

そこにお世話になる事に決めたそうです。

 

Y先生、求人主導の転職は上手く行きませんよ。

私どもがY先生のご希望に合う求人をイチから探します。

お任せ下さい!と言っていたけど、

まさにその通りになった…。

 

やっぱり転職ってのも人脈だなあ。

先輩がいなければ今でも探していたかもしれない…。

自分だけで動くのも大変なんだな…と

かなりご苦労されたY先生でした。

医師/看護師 転職求人アプリ

※画像クリックで、医師転職求人アプリ・ダウンロードサイトに飛びます!<スマホ・タブレットの方のみ>

ルナーヴァ 医師/看護師 転職求人情報 バナー

医師/看護師 最新転職求人情報サイトはこちらから!

 

<過去コラムもご覧下さい!>

来春からの新しい職場をじっくり探したいのに…。

求人を何件も貰ったのでついその中から選んでしまった…。

自分自身の将来ビジョンは?

 

 

非公開求人に騙された!

 

最近、WEB上を賑わせている非公開求人…。

〇〇〇求人なんて表現をしている紹介会社もあるけど、
そんな希少な求人があるなら…と興味を示していたX先生。

今の職場にそれほど不満があった訳ではないのですが、
より良い条件を求めて、
大手の紹介会社に問合せをしてみました。

担当者とお会いしてみると、
いかにも価値ある求人のように切り出した案件がありました。

これはX先生だからお伝えするのですが…。

この求人はX先生のような方にしかご案内しません。

他の紹介会社からは絶対に案内されない貴重な求人なんです。

初対面なのにそこまで熱く案内するなら
余程いい求人なのだろうと考えたX先生は、
そこまで言うなら1度見学に行ってみようかな…と。

実際に行ってみると、
どうも担当者と先方の事務長がツーカーの仲らしく、
X先生に聞こえないように内緒話をしていたそうです。

しかも院長、事務長からも驚くほどの高条件が提示されたのは良いのですが、
どうも担当者と目配せしながらの怪しい雰囲気…。

これは安易に乗ったら危ない話しだぞ…と
X先生はピンと来たそうです。

もちろん内定が出たのですが、
X先生はお断りしました。

すると担当者は激怒。
院長や事務長の顔を潰すんですか!
行く気がないならなんで見学なんか行くんですか!
私たちの時間を返して下さいよ!

はあ~?
お前にそんな事を言われる筋合いないよ…と思いつつも、
やっぱりお前らグルだったんだろ…と確信。
だいたい上手い話しには裏があるんですよね~。

ちなみにこの病院の話しをドクター仲間や
知人の転職コンサルタントにしてみたら、
あの病院の手だよな。俺もその話しをもらったよ…とか、
あ~、あそこの病院とあの会社はつるんでるからね~とか、
あそこは経営状態が悪化していて背に腹は代えられないから何でもやるだろ…。

まあロクな話しが出てこない…。
そもそも非公開求人って
非公開にする明確な理由がない限りは
だいたいが紹介会社の都合だと考えた方が良いですね。

健全な医療機関は非公開にして医師を募集する理由があまりないんです。
堂々とオープンにして募集しますよ。

途中でおかしいと気づいて良かったよ…と
胸をなでおろすX先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

求人情報ってどうやって探せばいいの?

医師転職求人

 

大学医局を退職しようと決心したY先生。

特に大きな不満があった訳ではありませんが、

だからと言って医局に在籍し続ける理由もなく

専門医を取得してから2年、

お礼奉公も済ませたと考えて転職する事を決めました。

 

とは言え、転職活動なんてした事はないし、

何から手を付けていいのやら…。

 

取り敢えずはご自身の履歴書、職務経歴書を作ってみました。

ですが職歴のきれいなY先生ですからすぐに作り終わりました。

ご自身の過去の経験を振り返ってみたり、

今後何をしたいのか、何を求めているのか、

そういった面を考えるには価値はありましたが…。

 

さて次は応募先を探さねばなりません。

当直の際に医局に置いてあった

医療系雑誌の求人欄などを見てみましたが、

情報量が少なくて全く判断ができません。

 

求人を出している病院のホームページを見ても、

求人欄すらないサイトも多いし、

あってもほとんど参考にならない情報しか掲載されていません。

 

インターネット上では、

様々な求人サイトがありますが、

どこも似たような感じの情報しか載っていないし、

同じ医療機関ばかり載っているような気もする。

 

それでも他に手段がないので、

いくつかの求人サイトを研究してみたY先生ですが

観察してわかってきた事があります。

 

掲載されている求人には、

医療機関から直接出された求人と

紹介会社が医療機関から依頼を受けて出している求人がある事。

 

求人サイトの運営会社が、

エムスリー、メドピア、日経キャリアなど

知名度が高く、本業は他にある企業のものと、

求人件数は少ないけれども

医療機関からの直接求人のみ掲載しているサイト、

他には人材紹介会社が運営しているサイトと

いくつかある事もわかってきました。

 

紹介会社に対してあまり良いイメージを持っていないY先生は、

できれば利用しないで転職したいと考えていますが、

どうやら求人を圧倒的に持っているのは紹介会社であり、

それを利用しないという事は

求人を自ら探さねばならないという事に気づきました。

 

通勤可能範囲にあり、

自分の専門である診療科目があり、

病院の方針やビジョンと自分の考えがマッチしていて、

文化や伝統に好感が持てて、

我儘はそれほど言わないけれど

それなりの待遇で迎えてくれる病院…。

 

元来凝り性であるY先生は、

サイト上から収集した情報や

仲間の医師や、職場のナースなどからも情報を得て

エクセルで管理しています。

 

……と、この手法自体は大変に素晴らしいものですし、

Y先生の探求心には頭が下がる思いですが、

転職しようと決意してからはや1年半…。

 

仕事をしながらこのようなリサーチをしていましたので、

データはどんどん積み上がるものの

肝心な転職活動は全く前に進みません。

調べれば調べるほどに良い情報だけではなく、

悪い情報も耳に入ってきて、

どこに応募すれば良いのか…。

ご自身でもわからなくなってしまっています。

 

このままではいつ転職できるのか…。

Y先生も危機感を感じていますが、

踏ん切りがつかない毎日を過ごしておられます。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

 

募集要項と実態にあまりにも乖離があり過ぎる…。

医師募集要項失敗

 

地方都市の総合病院でお勤めになっているW先生。

 

実家が都心部にあり、

両親もそれなりの年齢になってきて

さすがにいつまでも放ってはおけないとの事で

妻や子供たちも都心部に行く事に賛成である事から

転居を伴う転職を検討し始める。

 

地方にお住まいになっている事から、

転職に関する情報がなかなかなく、

たまたま医局に置いてあった医療系の雑誌に

掲載していたある病院の求人に問い合わせてみる。

 

そもそもその求人欄は小スペースであり、

情報量も非常に限られており、

ホームページは確認したものの

正直実態はよくわからないままの問合せ。

 

しかし電話に出た事務長は非常に丁寧で、

是非1度病院に見学にお越し下さいと言うので

深く考えずに見学に行ってみた。

 

院長、副院長、診療部長、事務長が歓待して、

とても丁寧に院内を案内してくれた。

 

その晩は一席設けてくれて、

看護部長なども参加して

非常に人間関係が良く見えた…。

 

しかも翌日にもしW先生が当院に来て下さるならと

提示してくれた条件が非常に良く、

これなら妻も喜んでくれるだろうと

前向きに検討する旨を伝えて帰宅。

 

案の定、奥さんもなかなか良い病院らしいし、

条件も文句なしだから、

貴方がいいならいいんじゃない?と言ってくれ、

W先生はこちらの病院に行く事を決断。

 

それから約半年。

残念ながら見学時と実態では院内の雰囲気は

180度異なり、人間関係も殺伐とした感じ…。

 

当直は月に2~3回という事だったが、

非常勤やスポットの先生が

どうしても見つからないと頭を下げられると

新米だし、ここで嫌というのも良くないと

1度受けたら、その後も頻繁に依頼されるようになり、

結果的には月に5~6回、多い時にはそれ以上もある。

 

給与面も事前には聞いていなかった控除の項目が多く、

何だかんだと手取りでは以前より年収ダウン…。

 

院長や診療部長も見学時とは人が変わったようで、

あれだけ頭を下げていたのに

いざ赴任してみると、あーしろこーしろと

理不尽な命令が多い…。

 

地方に住んでいたので、

そう何度も上京できない事情はあったにせよ

あまりにも実態を知らずに入職してしまった事を後悔する事に。

 

いくら近隣の病院事情を知らなかったとはいえ、

もう少し情報収集をして、

よく調べてから決めれば良かった…と悔しい思いをされています。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

美辞麗句に騙されて…。

雇われ院長求人

 

眼科医のN先生。

大学病院にてキャリアを積み、

もうすぐ15年になる事もあり、

次の展開を検討し始める。

 

最初は郷里に戻って開業でもするか…と

考えておられましたが、

地方ですと戸建てのクリニックが多く、

資金的にも多額を必要とするので、

都心で開業をするか、

それとも民間病院に転職をするかと

悩んでおられました。

 

そんな中、医局の大先輩から

自分のクリニックが分院を作るので

良かったら院長にならないかという打診を頂き、

内容を聞いてみると、

某求人サイトに出してあるからそちらを見てみてとの事。

 

経営面は本院が行うので安心して良い、

人事や財務、経理などはタッチしなくて良い、

集患対策も本院で行う、

N先生は診察に専念しながら

興味のある分野から少しずつ取り組んで貰えれば良い、

年俸は院長手当も含んで1800万円は保証し、

売上に応じてインセンティブも支給する。

 

N先生にとっては、

プレ開業としての経験もできるし、

詳しくは知らないけど医局の先輩だから

悪いようにはしないだろう、

条件も良いし、まあお手伝いするかと

軽い気持ちで入職したのでした。

 

開院して院長に就任したのは良いのですが、

とにかく患者さんが来ない…。

 

少ない時は1日に2~3人。

集患は任せろとの事だったけど、

開院時にはホームページすらできていない。

 

スタッフ達も本院との掛け持ちなので、

明らかに分院に来た時はモチベーションが低い。

 

そもそも本院の割と近くだし、

駅からの便は本院より分院の方が悪いし、

場所が悪いのでは?なんて事も考えるけど、

雇われ院長の立場としてはいかんともしようがない。

 

いくつか集患対策のアイデアを理事長に出してみたものの

時期尚早と言われ、打つ手もなし。

 

挙句の果てには半年ほど経った時に、

N先生の技術に問題があるのではないか?

患者さんへの対応が横柄なのではないか?

スタッフの管理がなっていないのではないか?

なんて言われる始末…。

 

このままだったら今のお給料は払い続けられないよ…と

言われてしまい、

何てこった…、騙されたに近いじゃないか…と

憤慨するも時すでに遅し。

 

やっぱりいい事ばっかりなんてあり得ないよね…。

求人サイトに書かれている事を信じ過ぎた…。

信じた自分が馬鹿だった…。

もう1度やり直したい…とおっしゃるN先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

高条件に釣られてしまい…。

医師求人高年収

 

年俸2000万円以上!

 

このような求人広告には

人はつい目が行ってしまうものだと思います。

 

世間一般と比較すると

医師の年収は高給と言えますが、

その業務量、責任感、プレッシャーを考えると

妥当ではないでしょうか。

 

ただそうは言っても年俸2000万円を超える求人は

科目にもよりますが、

そう多くはありませんよね…。

 

大学医局を辞めて、

首都圏の総合病院にお勤めになっていたY先生。

 

大学在籍当時よりも年俸は上がっていたものの、

小学校を卒業したお子さんが私立中学に進み、

下の子は小学校から私立に通う事になり、

少しでも給与を増やしたい事情ができてしまいました。

 

そんな状況でしたので、

年俸2000万円!に目が眩んでしまったのでしょう。

思わず応募してしまったのでした。

 

この求人は、ある医療法人が新規に開設する

クリニックの院長求人だったのですが、

院長は診察に専念できるように本部がフォローする、

診察はY先生の専門を活かして、

原則的には好きなように診察して良い、

自由にやって良い、

その上で年俸2000万円。

 

しかも業績によっては

インセンティブも付けてくれるという事で、

Y先生は受諾しました。

 

結果は1年持たずにこちらを去る事になってしまいました。

 

本部から送られてきた事務長は、

まるでY先生を監視するかのようで

何かあるとすぐに本部に報告をしている様子。

 

新規開設のクリニックなのに、

患者数の増加をいつも求められ、

診療報酬の点数を稼ぐ為に、

もっと検査を増やして欲しいとか、

サプリメントを奨めて欲しいとか、

要望はかなり具体的で、

どこに自由があるんだ?

俺の好きなように診察していいなんて

嘘っぱちじゃないか。

 

クリニックの立地場所もあまり良くないのに、

患者数が増えない責任はY先生にあるとまで言われる始末。

しかもこのままでは年俸は下げざるを得ない…と。

 

お金が必要という事情はあるものの、

さすがにこの環境では医師としての

プライドが許せないと考え退職。

 

今は総合病院に戻られたのでした。

 

きれいなバラには棘がある…。

高待遇の裏にはやはり何かあるもんですね。

気を付けないと…。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

募集要項のチェックポイント

医師転職失敗

 

募集要項と実態の乖離。

採用活動に必死になっている医療機関は

採用したいがあまり、

良いことだけを取り繕って伝えることも有ります。

 

また、転職活動に慣れてない先生は確認すべきことに気づかずに

良い方向に勘違いしたまま就任を決めてしまって

就任後に気づくということもあります。

こんなとき、優秀なエージェントがついていれば。

気づいてからでは遅いです。

 

たとえば、以下の様なことあります。

 

・残業の有無

面接時には残業はほとんど無いと言われていたけれど

就任したら、平均2~3時間の残業があったという話。

就任先に事実確認をしてみると

「先生の診療スピードが遅い。患者と長話する。」

「先生の事務作業が遅い。他の先生は診察の合間に行うので、

同じようにやってくれれば残業にならないはず。」

などと言われるケースもあります。

残業の有無だけでなく、具体的な話を確認することが大事です。

 

・学会参加の有無

年2回まで参加可能で、交通費など補助もあると聞いていたが、

そもそも参加できる体制がない…。

医師不足で行く時間が取れない。

 

・年収について。

口頭で、毎年○○万円ずつUP するから5年後には300万UPも可能です。

なんて言われて間にけて入職したら

1年、2年たっても給与が上がらないなんてことも。

不満を口にしても「思ったより収益が上がらなかったから。」

なんて言われることでしょう。

年功序列で給与が確実に上がっていく医療機関もありますが

民間病院やクリニックだとまれなケースだと思います。

現実的かどうか、しっかり確認しましょう。

 

これはごく一部の例ですが

しっかり確認すべきことに気づいていれば防げることも

入職してからでは手遅れです。

 

しっかりと信頼できるエージェントがいるのと

頼りないエージェントや自己ルートで動くのは

リスクが高いといえるでしょう。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

求人には裏がある?

医師求人裏

 

病院勤務も15年。

次のステップとしてクリニックに転職したい。

開業するかどうかは、まだわからないけれど

勤務時間が病院に比べて明確で、

オンオフがはっきりしていることや

自分自身に患者が来てくれること

将来、開業する際の勉強になる。

このような理由からクリニックを検討。

 

当直中に医局からネットで紹介会社を検索。

「複数社登録するのが一般的」

という情報を聞いていたので

検索して上位3社に登録した。

 

すぐメールをくれる会社、

すぐ電話をくれる会社、

すぐに連絡はくれないけど、

すごく親身に聞いてくれる担当者だった会社。

この違いは紹介会社ごとのスタンスなのか?

様々なんだなぁと感じる。

 

いくつか紹介された中で

新築移転のクリニックの募集に興味を持った。

規模を拡大。

今まで3診体制だったクリニックを

科目も増やして地域貢献するらしい。

 

面白そうなので面接を受けてみることにした。

B紹介会社の担当者に「どこを受けるんですか?」

と聞かれるが、

なんで聞いてくるのかわからなかったので

「教える義務はないでしょう。ごめんねさい。」

と伝えなかった。

 

面接に行くと

とても元気な院長と奥様。

病院の話を聞くと、

すごく需要のある場所での移転開設だし

医療機器も病院並みに豪華でしかも新品なので魅力的だ。

院長と理事の方もとても親切親身になって話してくれる。

 

そして、面接のその場その日に内定書を頂いた。

担当者確認の上だが

事前に履歴書を提出していたことがよかったらしい。

給与も、希望額よりも好条件を提示してくれた。

すごく良い印象だったのでここに決めることにした。

 

しかし、いざ勤務をしてみると

実際には違うことも多くて驚いた!

退職予定の医師が3人もいたり

院長はほとんど臨床現場にいなかったり

看護師があまりにも強くて

医師にとって居心地が良くなかったり

院内のルールがすぐに代わったり。

 

こんなことがあり転職後に悩んでると

B社の営業からフォロー連絡があった。

「先生、他社からの紹介された勤務先での状況はいかがですか?」

私は「実は○○クリニックで勤務しているんだけど

ちょっと厳しい状況で続けていく自身が無いよ。」

と答えると、その担当者は

「そのクリニックは医師の離職率が高かったり

女性看護師が強すぎて、

やりにくいと感じる先生がいたり

そんな医療機関です。

合わない医師の方が多いと思います。」

とのこと。

 

なんてこった。

 

事前の案内情報が魅力的だったのと

面接当日の対応、

翌日の条件提示等が良かったから

離職率とか細かい部分の確認を怠ってしまった。

紹介会社の営業が教えてくれても良かったと思うけど・・・・

 

もし、A紹介会社から案内された面接を受けるときに

B社、C社の担当者にも正直に話していたら

違う意見、情報が聞けたかもしれない。

 

医療分野で患者がセカンドオピニオンを利用するのと同様、

転職先を選ぶ際も

セカンドオピニオン的存在が必要なんだと実感したのだった。

 

 

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録