開業準備…業者はみな談合しているのか?

 

満を持して開業準備を進めるM先生。

開業セミナーで出会った
税理士さんにサポートしてもらっています。

誰に依頼して良いのかよくわからず、
医薬品卸業者とか、医療機器ディーラーとか、
開業コンサルタントよりは
国家資格を持つ税理士の方が信頼できると考えたそうです。

事業計画を作成し、
銀行からの融資を受ける所まではさすがでした。

しかし物件探しについては、
とある業者に丸投げで中々進みません。

紹介される物件のいずれもが医療モール案件であり、
ビルテナントを望んでいたM先生とはズレがあったそうです。

しかも物件を見学する際には
いつも同じ内装業者さんが同行して
あーだこーだとアドバイスをくれるのですが、
M先生は知人の内装業者に依頼しようと考えていたそうで、
なぜ自分が望んでいない人を同行させるのか?
疑問を持っていたそうです。

そうこう言いながらも、
サイト上で見つけた良さそうな物件が見つかったので
そこに決めようとすると
税理士と内装業者がなぜか猛反対します。

なぜ自分が気に入ったところではダメなのか?
理由を聞いても感情論の反対のようで
納得できる答えは出てきません。

購入を検討していた医療機器メーカーとも
直接のやり取りを進めていたM先生でしたが、
これにも税理士は大反対。

自分が紹介するディーラーを使って欲しいと…。

結局、物件もなかなか決まらず、
内装業者や医療機器ディーラーも
自分の選んだ業者を使う事にも反対されて、
ちょっとこの税理士さんとは一緒に組めないかも…と
考え始めるようになったのだそうです。

そんな時にたまたまお会いした開業医の先輩から話しを聞くと、
そりゃ談合だな。
みんなグルなんだよ。
M先生が受けた銀行からの融資を
みなで寄ってたかって吸い取ろうという訳さ…。
こんな話しを聞いてM先生はビックリ。

そ・そんな事あるのか?

M先生は先輩開業医の話しを
全て真に受けた訳ではありませんが、
それでも不安が増してきました。

心配だったら彼の話しを聞いてみたらどうだ?と
紹介を受けたのがある開業コンサルタント。

コンサルタントってのは怪しいよな。
でも先輩の好意だし、
会うだけ会ってみるか…と思い、
そのコンサルタントとお会いしてみたところ…。

驚きました。

まずクリニックの開業に携わる業者の構図から
丁寧に説明してくれました。

そして談合と言ってしまえば
そうとも受け取れる構図ではあるけれども、
そんな業者ばかりではない事。

M先生の現状もそう悲観するものではなく、
やり方次第でいくらでも対処法がある事。

なぜこのような構図になっているのか。
どうすればこの構図を上手く利用できるのか。

そういったアドバイスを受けて、
信頼ができない税理士に対して
このコンサルタントの言う通りに意見してみると
あれよあれよと話しはスムーズに進み始めました。

業界の裏の裏まで知っている人のアドバイスですから
税理士やその周囲にいる業者も
M先生の考え通りに動かざるを得なくなったようです。

なるほど。
談合だとか、グルだとか、
そういう風に受け止めてしまったら
もうこの人たちとは付き合えない!となってしまっただろうけど、
やりようによっては方法があるもんなんだな。

M先生はその後も開院まで
このコンサルタントさんにアドバイスを受けて
無事に新規開業を果たしたのだそうです。

いや~、正直彼と出会わなければ
開院までこぎつけられたのかわからないよ。

話しを聞いて、
彼を味方にしたい、右腕になって欲しいと依頼したら
意外と安価な金額で受けてくれて、
しかもそのアドバイスはいくら支払っても惜しくないくらいだった。

まあ考えてみれば
最初からすべて彼に任せていたら…という気持ちもあるけど
それでもこうして開院できたんだから良しとする。

やっぱり餅は餅屋だね~。
本物のプロと出会えて良かった。
そう胸をなでおろすM先生でした。

<過去コラムも合わせてご覧下さい!>

あいつが成功したんだから自分も開業して成功したい!

開業の資金調達時に銀行融資が……。

開業コンサルタント抜きの開業準備!?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です