院長にあこがれて…。雇われ院長大失敗!

雇われ院長失敗

 

20年目のUドクター。
5年前に大学医局を出て、
今は民間の大病院でお勤めです。

ご自身の専門である消化器内科の領域では
やりきった感を持っており、
次のフェーズに進もうと
某大手紹介会社に登録をしました。

U先生としては、
転職して心機一転するか、
ここで開業をして自分の城を持つか、
どっちつかずで悩んでいたそうですが、
エージェントから雇われ院長職の求人を紹介されて、
お、これなら一石二鳥かと考えたのです。

後日、先方の理事長と面談をした時は、
是非U先生のお力をお貸し下さいと
平身低頭で招聘されたようです。

条件面も悪くなく、
クリニックなので当直がなくなるにも関わらず、
今の年収と変わりません。

夜は自分の時間に使えるし、
心身ともに楽になる。
しかも収入が変わらないなら実質アップするようなもんだ。
まして自分もついに院長という役職を手に入れる事ができる。

理事長もあそこまで自分を求めているのだし、
いつか開業する事になれば
その為の経験値アップにもなりそうだな。
そう考えたU先生はこの話しを受けました。

それから半年後。

U先生は窮地に立たされています。
患者が来院しないのです。

1日10名も来ればいい方で、
ひと桁台の日も多いです。

看護師や医療事務のスタッフも、
こんなんで大丈夫なのか?と心配しています。

挙句の果てには理事長からも
U先生の診察に問題があるのではないか?
このままではU先生の給与を下げざるを得ないとまで
言われてしまったのだそうです。

今まで大学病院や大手の総合病院でしか
勤務をしてこなかったU先生は、
クリニックについての知識がほとんどなく、
立地や開業場所など全く気にしませんでした。

単に給与と勤務形態だけで受諾してしまったので、
クリニックに患者が来るのか?
どんな宣伝広告をするのか?
全然関知しなかったんですね。

その結果、競合がとても多い地域で、
大通りから1本裏手に入った場所のビルの5F、
視認性はかなり悪く、
そこにクリニックがある事すら認知されていません。

これでは患者が来院しないのは当然です。
しかしそれをU先生の責任にされるのも酷な話しではあります。

実際に宣伝広告の予算は少なく、
アイデアを提案してもほとんど拒否されてしまってます。

にっちもさっちも行かなくなり、
U先生は、もう辞めるしかないのかな…。

もっと事前に情報収集をしておけば良かったと
後悔ばかりの毎日なのだそうです。

 

<過去のコラムもご覧下さい!>

開業意欲が萎えてきた…。

二転三転して自分を見失ってしまった…。

情報提供をしていない紹介会社は危険?

 

 

大学医局にいられなくなったから開業する!?

大学医局を辞めて開業

 

医師15年目のR先生。
初期研修からずっと同じ大学医局にて
様々な経験を積み上げてきました。

今までやりがいもあったし
特に不満もなかったそうなのですが、
ところが昨年から雲行きが怪しくなってきました。

他大学出身の教授が就任し、
R先生に対してやたらと当たりが強いのだそうです。

俺、何かした?
普通に医者やってきただけなんだけど…と
R先生は思っているのですが、
なぜか教授の風当たりは強く、
R先生もどんどん居心地が悪くなってきたようです。

同僚の先生方も不思議がっていたそうなので、
R先生に落ち度はなさそうなんですけどね…。

約1年、文句も言わずに耐えてきたR先生ですが、
遠方の関連病院に派遣される話しなども出てきて、
もう我慢ならん…と次の事を考えるようになったそうなのですが…。

別に大学医局を辞めたかった訳ではないR先生ですから、
今さら民間病院に行くのもどうかと思うし、
他大学に行くのはさすがに気が引けるし、
これがやりたいとか、こうしたいという思いがある訳でもなし。

困ったR先生は、
一昨年に退局して開業したクリニックを開業した
同期の先生とお会いしました。

開業についていろいろ話しを聞くと、
その先生は稼ぎは医局時代の2倍近いそうだし、
毎日自由でやりたい事をやれるし、
スタッフとも和気藹々で一緒にバーベキューしたり、
そんな話しを聞くとR先生も満更ではなく、
別にやりたい事がある訳じゃないから俺も開業しようかな…と
考え始めたそうです。

その先生にどうやって開業したのかを聞くと、
自分の場合は先輩医師から紹介してもらった
開業コンサルタントがとても優秀で、
どんどん導いてくれたんだよね。
彼なら信頼できるし、
R先生がその気だったら紹介しようか?と言って下さりました。

是非と即決し、
後日R先生はそのコンサルタントと打合せです。

お互い挨拶を終えて、
最初のひと言は、
「R先生はどんなクリニックを作りたいんですか?」でした。

ただ医局を辞めるし、
同期が成功しているから、
自分も…程度の事しか考えていなかったR先生。

しどろもどろで応えましたが、
相手は渋い表情です…。

首都圏では競合が多く競争は激化しており、
倒産するクリニックも出始めています。

昔のように開業すれば患者が来院する時代ではありませんから、
コンセプトをしっかり固めて、
綿密な事業計画を立てて、
それに応じた開業物件を探さないと
失敗する可能性もあるんですよ…と厳しい指摘を受けたそうです。

ただ言ってる事は真っ当だし、
自分の本気度が足りなかったのは反省すべき。

R先生はその旨を伝えて、
ちなみに同期の先生がどうだったのかを聞くと、
あの先生は素晴らしかったですよ。
初対面の時には自分なりに事業プランを持っており、
ああしたい、こうしたい、これは可能か?と
質問攻めでした。

それを聞いたR先生。
そうか、だからあいつは成功したんだ…。

その日は猛反省し、
もう1度時間を作ってくれるように
コンサルタントにお願いしたそうです。
それまでにしっかりと考えてきます…と。

どんな点に注意すべきか、
考えるべき点は何か?を
しっかりアドバイスしてくれたそうです。

R先生はそれから本気になり、
そのコンサルタントとも良きパートナーシップが決めて
開院までこぎつけたそうです。

開業させ屋さんみたいなコンサルタントだったら
何も考えさせずに適当に導かれた事でしょう。

良きコンサルタントと真剣にディスカッションを繰り返し、
練りに練った事業プランを持って準備ができたので
失敗を未然に防ぐ事ができたR先生でした。

 

<過去のコラムもご覧下さい!>

開業セミナーに何度も参加してみたけど…。

どういう開業コンサルタントを選ぶべきか?

開院時におけるまさかの予算オーバー!?

 

 

求人って条件だけで選ぶものなの?

医師求人キャリア

 

消化器内科のN先生。

大学医局を5年前に退局し、
その後は民間病院で働いてきました。

5年も同じ病院で勤務してきたので、
キャリアアップを望んで転職を検討し始めました。

医局を出た際には、
先輩ドクターからお誘いを受けて入職をしましたので
実質、転職活動は初めてです。

求人サイトで求人チェックをしてみたり、
出入りの業者さんにどこか良い病院はないか?と
聞いてみたりしてましたが、
どうも埒が明かないので、
WEB上でよく見掛ける紹介会社に問合せをしてみました。

するとすぐに連絡があり、
週明けに担当者と面談する事になりました。

担当者は30歳前後の方ですが、
とてもパワフルでアグレッシブな人と見受けられました。

その際はN先生の考えや希望をヒアリングされたのですが、
N先生としてはキャリアアップ、
そして消化器内科医としてのスキルアップを求めている事を
担当者に伝えました。

翌日以降、
何件もの求人が送られてきました。

しかし一般的な求人情報では、
そこでどんな仕事ができるのか?
どのようなキャリアアップが実現できるのか?
正直まったく把握ができません。

N先生はそんな事もあり、
特に返信もしませんでした。

数日後、担当者から電話が掛かってきて、
今まで送った求人の中で気に入るものはありませんか?
もっと高待遇のものもありますよ…と言われ、
いえそうではなく業務の内容や
自分に合うのかがわからないので…と説明をしたのですが、
担当者はそんな事を言っていると
いい求人案件はどんどん他のドクターで決まってしまいますと
半ば脅されて、1度どこか見学に行ってみて、
それで決めたらどうですか?と言われました。

ふむ、確かに実際にこの目で見て、
院長の話しを聞いてみるのはありだな。

そう考えたN先生は、
今までもらった求人を見返しました。

ところがその中でもどれを選んでいいのかわかりません。
どの病院も似たような情報しか出していないし…。

結局、条件面の良し悪しでしか判断できず、
自宅からの距離と条件の良さで
ある病院を選び、見学に行く事になりました。

当日、紹介会社の担当者は不在で、
N先生1人でその病院に伺うと
事務長がお出迎えしてくれました。

応接室に通され、
事務長から病院の概要を説明いただき、
院内をざっと見学させてくれました。

再度応接に戻ってくると、
事務長から条件面の説明がありました。

事前に聞いていたものよりも良く、
N先生としても満更ではない水準だったそうです。

その後、院長が入室してきて、
N先生、うちは気に入ってくれたかな?
なかなか良い条件でしょう、
いつから来れるの?
とフレンドリーな対応なのに
もう来る事が前提になってるみたいです。

いえ、これからゆっくり検討させて頂きたいと思ってます…と
N先生が述べると、院長は一瞬嫌な顔をして、
事務長をひと睨みして退室されました。

その後、事務長はどこの条件が納得できませんか?
もう少しであれば条件アップもできますが…と
必死になって食らいついてきます。

このまま押し切られたくないN先生は、
上手くその場を収めて退散しました。

条件は確かに良かったけど、
ここでキャリアアップできるのか?とか、
どんな症例経験が積めるのか?など
具体的な仕事内容についての話しはほとんどなし。

こんなもんなのかな。
別にそれほど高条件を求めている訳ではないのに…。
そんな事を考えていると、
エージェントの担当者から連絡が入りました。

いかがでしたか?
すごく良い条件を出してくれたでしょう。
ここに決めたらどうですか?と。

ああ、この人は押し込もうとしてるんだな。
誰でも条件だけで転ぶと思ってるんだ。

その後、N先生は転職への意欲を失ってしまったそうです。

キャリアアップを目指すために
どうしたら良いのか…。

そんな事を考えながら
悶々とした日々を過ごしているそうです。

 

<過去のコラムもご覧下さい!>

条件面を重視し過ぎた求人選びの失敗!?

もしかして自分はお金に目が眩んだのかも…。

なぜ自分は医師になったのか?

 

いい求人あったら紹介してね!

医師バイト探し

 

大手総合病院で勤務するK先生。

今の病院は気に入っているそうですが、
50歳を過ぎた頃から当直やオンコールがキツくなってきて、
近い内に考えないとな…と思っていたそうです。

そんな時バイト先の病院が常勤医を採用したからという事で
他のバイト先を探す事になりました。

K先生は同僚や出入りの業者などに
いい求人あったら紹介してね…と声を掛けていたそうです。

すると旧知の某MRさんより
知人のエージェントが
K先生にピッタリのバイト先があると言ってますが、
お話し聞いてみますか?との情報をもたらしました。

わざわざ会わなきゃならんの?と思ったそうですが、
他に話しがあった訳でもなく、
これは渡りに船かもと思い診療後にお会いしてみました。

するとそのエージェントは
K先生が考えていたようなバイト先ではなく
健診バイトや、クリニックの外来、訪問診療などの案件を
いくつもいくつも次から次へと見せたそうです。

いや、私はこういう仕事を求めていたのではないんだけど…と伝えると
バツが悪そうな表情でそのエージェントは
今日はこのような求人しか持ってきていないのですが、
後日ピッタリの物をお持ちしますので
もう1度だけお時間下さい…と述べたそうです。

しょうがねーなーと思いながら
3日後に再度お会いしてみると…。

今度は上司と一緒に現れたそうで、
しかもバイト案件の話しはどこに行ってしまったのか、
何とその上司はK先生に対して
常勤先を変えましょう!
アルバイトなどしなくとも
充分な収入が稼げる職場に行きましょう!と
目をキラキラさせながら提案してきたそうです。

しかし今の職場を気に入っているK先生は、
常勤先を変えるつもりはないので、
良いバイト先がないなら帰りますけど…と言ったそうですが、
先方は年収2500万円以上の求人をいくつも並べ立て、
さあどれにしますか?と微笑みながら言ったそうです。

う~ん、この人は完全にダメだ。
まったくこちらの事を考えていない。

そう考えたK先生は、
失礼しますと席を立ったそうです。

それでも先方はなぜ?という表情で
こんないい話しを蹴るなんて
K先生、後で後悔しますよと捨て台詞まで吐いたそうです。

後々知ったそうですが、
繋いでくれたMRの会社は
このエージェントが運営するサイトに宣伝広告を掲載しており、
掲載場所や回数などの便宜を図ってもらっている手前上、
いい求人あったら紹介してよ…などの話しがあった際には
このエージェントを紹介せざるを得ないのだそうです。

K先生は業界の仕組みというか、
業者同士の忖度を実際に見て、
こういうところにはお願いしたくないね~。
ちょっとあちこちに声を掛け過ぎたかな…と
反省したそうです。

結果的には同僚医師がよく使っている
エージェントからいいバイト先を紹介してもらって
今はそこで働いているそうです。

同じエージェントでも天と地ほどに違うね。
こっちが何を考えているのか、
必死になって理解しようとしてくれたからね。

これからはその会社とだけお付き合いするそうです。

 

<過去のコラムもご覧下さい!>

情報提供をしていない紹介会社は危険?

他社には声を掛けないで下さい!という脅し…。

来春からの新しい職場をじっくり探したいのに…。