大幅年収アップを実現した後の大きな後悔!?

医師年収アップ

 

ハードな勤務の割に金銭的な報いがないと

かねがね不満を持っていたH先生。

 

同期や友人ドクターに聞いてみても

自分よりも多少貰っているようだし、

何よりハードさが違う…。

 

自分も40代に突入したし、

適正な給与水準とそれに相応しい勤務スタイルを

そろそろ望みたいところだ。

 

そう考えて転職したのが2年前…。

大いに後悔しているんだそうです。

 

確かに給与は大幅に上がりました。

前の職場よりも300~400万円も上がったそうです。

 

中小病院の域を出ないのですが、

そこまでして俺を欲しているのか?と感激して

入職したまでは良かったのですが…。

 

常勤医師の在籍数が少なく、

しかも60代、70代のベテラン医師が多い。

よって救急対応やオンコール、当直など

負担の大きな業務はほぼH先生が請け負うそうです。

 

非常勤の先生が来てくれる時は良いのですが、

学会などで休んだり、急遽の予定で来れない時は

事務方は詫びるものの結局H先生が担当するしかない…。

12連勤とか、3日連続当直とか、月に8~10回の当直とか、

かなりハードに働かざるを得ません。

 

おまけにベテラン先生たちのモチベーションは低く、

それは患者の為にどうなんだ?という事も全然平気…。

おかげで看護師たちもH先生に頼り切り…。

仕事は増える一方だし、責任も増す一方です。

 

いくら収入アップを望んでいたとはいえ、

こんな環境である事は想像もできませんでした。

 

そもそも自分は100万でも、

150万でも上がればいいなと考えていたのに、

つい300万円以上のアップを提示されて

思わず浮かれてしまった…。

 

その結果がプライベートの犠牲と

心身ともに疲弊する毎日…。

 

もっと現実的な部分を調べてから決断すべきだったし、

お金に流され過ぎてしまうのはいけないんだなあ…。

後悔先に立たずなH先生ですが、

今の病院から自分が抜けたらどうなってしまうんだろう?と

不安もあって簡単に辞める事もできないそうです。

 

待遇、条件はトータルで考えないと

痛い目に合ってしまうね~と嘆いているH先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

医師もキャリアプランニングを考えなきゃ!

医師キャリアプランニング

 

7年目のN先生。

後期研修を終えて母校の医局に戻り、

臨床、研究に精を出していたのですが

ちょっとした人間関係の躓きで

後先を考えずに退局してしまいました。

 

医師としてこれから…という年代ですし、

専門性を高めるのもこれから…というタイミングです…。

 

決して計画性のあった退職ではなく、

それこそケンカ別れのような状況でしたので

今後の事などほとんど考えておりません…。

 

特に伝手がある訳でもないN先生は、

紹介会社に問合せをしてみました。

担当のコンサルタントとお会いしてみると、

様々な希望条件を聞かれたのですが、

いろいろ不満も溜まっていたN先生は、

「年収は多ければ多い程いいなあ。」

「当直はできるだけしたくないなあ。」

「ハードな勤務は勘弁して欲しいなあ。」

 

自分でもこんな我儘だらけじゃ

紹介してもらえるところなどないんじゃないか?と

思っていたのですが、

担当の方は

「かしこまりました、

早速明日にはご希望に合う求人をご案内致します」

と言うではありませんか。

 

楽しみに待っているとメールが送られてきました。

が、そのほとんどは自由診療…。

 

美容クリニックとか、AGAクリニックとか、

メンズクリニックとか…。

 

そりゃ年収はいいし、当直もないけど、

俺ってそういうのがやりたいの?

確かにいろいろ検討したいから自分の専門分野だけでなく

幅広くご紹介して下さいとは言ったけど、

まさかこんな事になるとは思わなかった…。

 

別に自由診療を悪く思っている訳ではないけど、

自分の未来はそこにあるんだろうか?

そもそも自分のやりたい事は何なんだろうか?

将来どんな医者になりたいんだろうか?

 

思っていたものとは違う求人を見ながら、

自分を振り返るN先生…。

 

このままじゃいけない!

そう気づき、

自らのキャリアプランを真剣に考えるようになりました。

 

自暴自棄になってはいけない。

これからの医師としての人生…、

どうあるべきか、どうありたいか、

自分なりに考えなきゃいけない。

 

踏みとどまって考え続けているN先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

医局に頼れない時代だから…。

医師大学退局

 

もうすぐ50代に突入しようという

内科医のS先生。

 

東京都内の大学を卒業し、

その後は郷里の大学医局に入局し

もうすぐ25年になろうとしています。

 

今まで医局を出ようなんて考えた事もなかったようですが、

若手の先生方が数年で退局し

自分のやりたい事を実現するのを目にしてきて、

また派遣先病院での待遇が徐々に悪くなっており、

このまま医局にいても出世の見込みもないし

そろそろ自分も考えなきゃな…と思うようになったんだそうです。

 

とは言え元々開業志向があった訳でもないし、

派遣先病院の経営状態を見ると

市中病院に行ったから何かが変わるとも思えない。

 

あと20年…。

自分が70歳で引退をするとして

この先20年をどう過ごすのか…。

医局に在籍し続けるべきか…。

それとも一念発起して新たな道を歩み始めるか…。

 

そんな悶々とした日々を過ごしていたS先生ですが、

ある日教授に呼び出されました。

 

〇〇病院に行ってくれ…。

 

どうやら今まで派遣されていた若手の先生から退局の申し出があり、

慰留していたのですが本人の意思が固く、

後任を探さざるを得なくなってしまったのだそうです。

 

別に〇〇病院は悪い評判がある訳でもないし、

決して嫌な訳ではありません。

ただ自宅からは通勤時間が2時間半以上掛かる…。

この年になってまさかそんな遠方の病院に行く事になるなんて…。

 

そもそも今の教授とは付き合いも長く、深く、

人間性もよくわかっているし、関係性も良い方です。

その教授が自分を指名するのだから、

他の先生との調整が上手く行かず

〇〇病院との関係を考えても派遣医師を少なくする訳にも行かず

余程困っての依頼なんだという事はわかります。

 

ですが往復5時間以上の通勤時間は体力的にもキツイ…。

しかも自分の心情としても悩みが大きかっただけに

果たしてこれを受けるべきかどうか…。

 

結論を申し上げますと…

S先生は一旦〇〇病院に赴任する事を了承しました。

ですが1~2年後に退局する旨を前提としての受諾です。

困り果てていた教授は取り敢えず理解してくれたそうです。

 

今、毎日往復5時間以上を掛けて

○○病院に通勤しています。

 

この毎日5時間を有効に使おうと考え、

書籍やWebから積極的に情報収集をしているんだそうです。

 

今後、自分の人生をどうすべきか?

どんな選択肢があるのか?

自分らしいキャリアプランとはどんな形なのか?

内科医の採用ニーズは地元にどの程度あるのか?

妻や子供たちにとって自分がどんな働き方をするのがベストか?

 

いろいろ考えて、悩まれて、

でもおぼろげながらも理想の形が見えつつあるようです。

 

決して医局に長く在籍していた事をマイナスとは思いませんし、

大学にいたから手に入れる事のできたものもたくさんあります。

 

ただ知れば知るほど

医療を取り巻く環境が大きく変わってきている事を知り、

もう少し早く自分の近未来について考えておいた方が良かったな…。

 

そんな事を考えながら

退局に備えて自分のキャリアプラン構築と

新たな職場探しを進めているそうです。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

 

無能な上司の下では仕事ができない!?

医師上司無能

 

大学医局から自治体系の病院に派遣されているY先生。

すでに派遣されて3年半が経ち、

医長を任されてそれなりのやりがいはあります。

 

最近は部下の先生方も育ってきて、

地域の患者に対しても貢献できている実感もあり、

日々の仕事は充実しています。

 

待遇も不満はなく、

忙しさは確かにあるけど

もう限界…なんて所までは行きません。

 

特に問題を抱えている訳ではないんです…。

ただ1点だけを除けば…。

 

ぶ・部長がもうどうしようもない…。

上司に対して不満をぶつけるような事はしない

常識人であるY先生ですが、

さすがにこの上司だけは許せない…。

 

医師として大先輩ではあるものの、

横柄かつ暴力的な物言いで

自分に直接の被害はないけど部下達は嘆いている。

 

病院にはあまり来ず、

内情もよく把握していないにも関わらず

たまに来た時に明後日の方向を向いた指示が出る。

 

ほとんど診療には関わっていないのに、

未だに白い巨塔のような部下を引き連れての回診をしたがる。

 

医局の覚えがいいだけに

引退まではこの地位を譲りそうもない。

 

最も高い給料を貰っているのに

最も仕事をしない。

 

部下達は完全に愛想を尽かしていて

自分にはもう辞めたい、

医局に戻りたいと不満をぶつけてくる。

正直自分も共感するけど、

立場がそれを許さないし、

地域の患者の為にも踏ん張らないと…という思いもある。

 

しかし、自分が最も信頼を置いていた部下が

もう我慢ならないと辞めてしまい、

さすがのY先生もこのままでは崩壊すると

院長や出身医局に相談するもなしのつぶて…。

 

もうダメだ…。

自分もそろそろ次の事を考えないと…。

 

そう思い、さてどうしようかなあ~と考え始めて

仲の良い先輩医師に相談をしてみました。

 

先輩のアドバイスは、

結局Y先生がこれからどうしたいかだよね?

実際にどうしていきたいの?と問われましたが

今まで開業なんて漠然としか考えていないし、

大学に戻る気もなくなっているし、

転職ったって何からどう初めて良いものか…。

 

どうしたいのか、正直わからなかったのです。

先輩からはまずはそこからだね。

上司の事で翻弄されてしまって、

今まで自分の事をおざなりにしてきたのだから

いい機会ではないか?

まずはじっくりと自分のこれからを考えてみたら…。

 

そ・そうだな。確かにそうだ。

上司のおかげで現場を円滑に回す事だけしか

考えていなかったな…。

 

少し自分の未来の事を真剣に考えて、

プランニングしていかないといけないな。

 

先輩からの良きアドバイスに感謝しつつ、

自分に向き合って未来を考えるY先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録