その転職の目的は何ですか?

医師転職面接

 

今の職場の在籍期間も5年を過ぎ、
そろそろ新しい環境を望み始めたA先生。

出入りの業者にどこかいい病院ないか?と聞いてみたり、
時間がある時は求人サイトをチェックしてみたり…。

ところが次の職場に対して、
具体的に望んでいるものがなくて、
将来的な構想も特に考えていなくて、
どこかいいところないかなあ…と
漠然とした感じで探していたのだそうです。

こうなると結局条件面を中心にせざるを得ず、
ここなら今よりも給料は上がるし、
そんなに忙しそうでもないから、
ここでいいいかあ…と
ある総合病院に応募してみたのだとか…。

是非、見学・面接にいらして下さいとの事で、
気軽な感じで病院に行きますと…。

待ち受けていたのは厳格そうな院長。

A先生は当院をなぜ志望したんですか?

A先生は当院で何ができますか?
また何をしたいですか?

A先生はご自身の将来的なビジョンをどう描いていますか?

特に準備なく来たA先生は
しどろもどろになりながら答えたのだそうです。

しかし院長はそれを見抜き、
A先生は何を目的に生きてるんですか?
なぜ医者になったのですか?
医師としてどんな人生を歩みたいんですか?と
たたみかけてきたらしいです。

院長の話しを聞きながら、
確かに自分は日常の忙しさにかまけていて
医師としてこれがしたいとか、
こういう医師になりたいという気持ちが
薄くなっていたかもしれない…。

まさか面接に来て説教されるとは思わなかったけど、
条件が良かったからここに来ました…なんて
考えてみたら図々しい話しだよな…。

帰り道…。

俺は医者として何がしたいんだ?
どんな医者になりたいんだ?

そんな自問自答をしながら、
その日以来、自分の未来について、
真剣に考えるようになったそうなのです。

すると求人サイトを見ていても、
目を止める案件が全然変わってきたようなんです。

あの院長に厳しく言われたけど、
正直、あの時は頭にも来たけど、
率直に言ってくれて良かった…。

何だかあれから毎日張り合いがあるし、
将来設計みたいなものもできつつある。

面接としては大失敗だったけど、
自分にはターニングポイントとなる出来事だったな。

A先生はキャリアプランに目覚めたようです。

 

え!今日面接だったの?

医師転職面接

 

大学医局に在籍してはや10年のE先生。

今まで特に疑問も感じずに
医局で仕事をする事に誇りを持ってきましたが
民間病院に転身した同期の先生の話しを聞き、
自分も可能性を探ってもいいのかな?と
考えるようになったそうです。

同期の先生は紹介会社を利用したと聞きましたので、
転職経験のないE先生もプロに依頼した方が良いかと考え、
WEB上で検索を掛けてみますと…
何十社も出てきて戸惑ってしまいました。

う~ん、こんなにいろんな会社があるとは思わなかった。
さて、どこに声掛ければいいんだろう?と悩みながらも
やっぱり聞いた事のある会社の方が無難だよな…と思い、
大手の紹介会社に問合せをしたのだそうです。

 

医師/看護師 転職求人アプリ

※画像クリックで、医師転職求人アプリ・ダウンロードサイトに飛びます!<スマホ・タブレットの方のみ>

 

担当の方と面談をすると、
想像よりも若くて、医療の事も知らない様子。
大丈夫か?と不安に思ったそうですが、
翌日から様々な求人を紹介してくれたので
やっぱり大手はいいねえ~と思った矢先…。

1件、気になった求人があったので、
その旨を担当の方に伝えると
面接云々の前に見学に行ってみませんか?
雰囲気を味わってみるだけでも価値はありますよ…との事。

それもそうだなと思い、
決められた日時に病院に伺ってみますと…。

対応に出てきた事務長から、
E先生、履歴書はご用意頂けてますか?と聞かれ、
いえ、今日は見学だけと聞いてきましたので…と伝えると
事務長は怪訝な表情です。

その後、立派な応接に通されて、
登場したのは院長と診療部長…。

え!なに、これ、面接…。

気軽な見学と聞いてきたE先生はパニックになり、
厳格そうな院長からの質問には、
上手く応えられなかったそうです。

 

ルナーヴァ 医師/看護師 転職求人情報 バナー

医師/看護師 最新転職求人情報サイトはこちらから!

 

E先生は当院のどこに関心を持って下さったのか?と聞かれても
取り合えず雰囲気を見にきたE先生には
戸惑うばかりです…。

しどろもどろになりつつ何とか乗り切ったE先生。

病院を出て担当のコンサルタントに連絡。
見学と思ってきたのにいきなり面接をされたんだけど…と
苦言を呈すると、
よくある事ですよ、
でも院長と話しが出来た方が雰囲気は掴めますよね…と
その担当は悪びれもせず言ったそうです。

さすがに怒り心頭のE先生。
もうこの人とは無理だ…と考えて、
この会社との付き合いは止めたんだそうです。

どうしてこういう事になるのか…。
これは紹介会社内の問題です。

彼らはKPIで管理されていますので、
医師が問合せをしてきた段階から、
入職決定までのプロセスを求められるのです。

つまりある医師に、
何件の求人を案内したのか?
何件の面接を組んだのか?
内定は何件もらったのか?

このように管理されれば、
なかには仕事のできない担当者が
嘘を付いてまで数を稼がなきゃならないんですね。

おそらくE先生はその犠牲になってしまったと思われます。

人様に迷惑を掛けるKPI…。
こんな大手紹介会社に騙されないで下さい…。

 

<紹介会社について書いた過去コラムもご覧下さい!>

しつこい紹介会社は勘弁だ!

WEB上で検索を掛けて紹介会社を選んだ失敗事例!

非公開求人に騙された!

 

 

医師/看護師 転職求人アプリ

※画像クリックで、医師転職求人アプリ・ダウンロードサイトに飛びます!<スマホ・タブレットの方のみ>

ルナーヴァ 医師/看護師 転職求人情報 バナー

医師/看護師 最新転職求人情報サイトはこちらから!

 

 

あまりにも多くの求人を見過ぎてよくわからなくなってしまった…。

 

現状に停滞感を感じており、

心機一転で成長できる環境を探したいと考えるB先生。

 

ご自身の将来の可能性をいろいろ考えて、

かなりビジョンは明確になっていらっしゃいます。

 

しかしそのビジョンに向かうためには

どの医療機関に勤めるか?については悩ましく、

そもそも表面上の情報は多くとも内情はわかりませんので、

とにかくいろいろと見てみて取捨選択するしかないかな…と

お考えになっています。

 

B先生は様々な求人サイトを見て、

興味のある医療機関があればどんどん問合せを入れてみました。

 

ただ直接、医療機関に連絡できる事は稀で、

そのほとんどが人材紹介会社経由となっており

気づけば10数社の会社とやり取りするようになっていました。

 

パソコンを開けば必ずと言っていいほど

数社から求人情報が送られてきています。

 

最初はしっかりと目を通し、

個別の案件に対しても自分なりの評価を行い、

話しを進めるべきか却下すべきか考えておったのですが、

あまりにも多くの求人が送られてくる為に

正直B先生もよくわからなくなってしまいました。

 

だってM社から送られてきた△病院の求人内容と

R社から送られてきた△病院の求人内容は

似て非なるものになっていますし、

問合せてもM社とR社の担当者の言う事も全く異なり、

何が何だかよくわかりません。

 

その上、次から次へと新しい求人が送られてくるものの

自分のビジョンとは全く違うものも多く、

1件1件リサーチするのもバカらしくなってきました。

 

そもそもしっかりとしたビジョンを持っていたはずのB先生ですが、

段々と条件ばかりで判断するようになってしまい、

挙句の果てにはもう何でもいいかな…

と思うようにすらなってきてしまいました。

 

実際にあまりにも担当者から勧められるので

3件ほど面接、見学にも行ってみましたが、

差し障りのない感じの対応で内情がよくわからず、

まったく決め手に欠けるという状況でもありました。

 

致し方なくB先生は一旦転職活動をストップしました。

自分でもよくわからなくなってしまっているからです。

 

あまりにも多くの求人を見てビジョンが揺れており、

紹介会社とのやり取りもあまりにも増えてしまい、

どこがどこだか把握できなくなってしまっています。

 

このままで良い方向に進むと思えない…。

そう感じたからこそすべてを保留する事にしました。

 

いろいろ見てみたい…。

そう考えていたのが失敗だったようです。

自分に合わない所や、自分のビジョンと異なる所、

そういう所を何か所見ても意味がない…。

 

そう気づいたB先生は、

次は慎重には慎重を期して、

それこそ一発必中で決めるくらいのつもりで活動できるように

粛々と情報収集、ノウハウの吸収に勤しんでいます。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

当日無断キャンセルで激怒されてしまった…。

 

一般内科医のH先生。

内科の領域では何でも来いという

総合的な診療ができる強みがある裏腹に

これといった専門性がない事が弱みでもあります。

 

そんなH先生ですから

ご自身のキャリアという面では

若干不安を持っていて

将来の為にも何らかの証明が欲しいと常々思っていました。

 

たまたま参加した学会で

非常に勉強になる発表をされていたある先生に興味を持ち、

知人のドクターの伝手で話しをする機会に恵まれ、

ご自身のキャリアの悩みを打ち明けますと

「もしH先生に興味があれば当院でお仕事してみませんか?

一応、当院は知名度も高い病院ですし、

多様な症例経験を積む事もできます。

きっとH先生の将来のために当院に所属していた事は

プラスになると思いますよ」とお声掛けを頂いたのでした。

 

確かにその病院は名門と言われる病院でもあるし、

これから自分が転職をしたり、開業をする事があっても、

ネームバリュー的には効果的だろうな…。

せっかくのお誘いだし話しくらいは聞いてみたいな…と考え、

その先生にご紹介された事務長と連絡を取り合い、

ある日の仕事終わりの時間帯に面接、見学に伺う事にしました。

 

し・しかし…。

日頃の忙しさに翻弄されていて

つい当日の予定を失念してしまっていたH先生。

 

当日に何度も携帯電話に連絡が入っていて

約束の時間から2時間後にようやく気付く有様…。

慌てて連絡をしたものの

すでにその日は連絡が取れずに

翌朝平身低頭で連絡を入れてお詫びをしたのですが、

時すでに遅し…。

 

学会で出会った先生の顔を潰す事にもなり、

院長、事務長もみなさん忙しいさなかに時間を作ったのに

無断でキャンセルしたのですから

激怒されても当然と言えば当然です。

 

そして何よりもH先生にとっては

チャンスと言える機会を逃がす事にもなってしまいました…。

 

事が事ですから誰かに当日声掛けてね…なんてお願いする訳にも行かず、

かえって自分の評判を下げてしまったH先生。

情けなくて穴があったら入りたい気分だったそうです…。

 

今後はこういう時にアナウンスを入れてくれる

コンサルタントを付けて置こうと誓ったんだそうです。

後悔先に立たず…ですね。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

 

宣伝広告をしているのか?情報提供をしているのか?

 

すでに人材紹介会社を活用して転職をした事があるS先生。

今まで2回の転職を人材紹介会社経由で実現しました。

 

当初は人材紹介会社など信頼できなかったのですが、

たまたま知人が勤めており、

そこを利用する事にしたのです。

 

案内する求人にしても、

一緒に面接に同行した時も、

正直言えば安心ができませんでした。

 

これでいいのか…と不安、不満もあり、

こんなもんかなあと思いつつも、

担当者が知人である事から

まあ悪いようにはしないだろうと

微妙な安心感を持っていました…。

 

ですが入職してみると、

事前に聞いていた話しとだいぶ違う点もあり、

結局1年半くらい勤めたところで退職を決意…。

 

もう1度、同じ担当者に依頼しました。

 

紹介される求人は期待通りとは行かないものの

知人でありますから気を遣い、

案内された数件の中からまあこの辺りかな…という所に決めて

面接に行きました。

 

担当者は相変わらず何も発言せず、

医療についても、転職についても、

よくわかっていない様子。

 

ただ前職より給与は上がるし、

すでに今の病院には辞める事を伝えているので、

ここでいいや…くらいのつもりで

決めてしまいました。

 

ですが、こちらも自分の思っていた職場とは違い、

長く勤めるべき場所ではない…。

そう感じてしまっています。

 

それを担当者に相談すると、

それでいいんですよ、

1箇所に長く勤めてもいい事なんかないですよ。

何度だって転職をサポートしますよ…。

 

ええ…お前はそんなつもりで仕事してたんかい!?と

疑問を感じたS先生。

 

今まで勤務した病院の事はどの程度把握していたのか?と聞くと、

うちのパートさんが電話を掛けて求人を貰うんです。

それがデータ化してありますから、

後はS先生の希望条件で検索を掛けてみたら

たまたま出てきたんですよ。

 

ええ…そんなやっつけ仕事なの…。

S先生は心底ガッカリとして、

もうこの人とは付き合わない。

そう心に決めたのでした。

 

その会社は、

先生が何でもご相談できるパートナーとして

皆様に寄り添いますとか、

きめ細かいサポートができますとか、

求人件数も数万件もあり、

しかも非公開求人も多数あると謳っていましたから

大丈夫だろうと思っていたのですが、

結果的には非常に不満足な事になりました。

 

たまたま知人がいたというのもありますが、

会社は美辞麗句に溢れた宣伝広告が上手いだけなんですね…。

 

さて、途方に暮れそうなS先生。

とは言え今のところは長くいる環境ではないし、

できたらじっくりと腰を落ち着ける病院に転職したい…。

 

それを自分で探す事もできないので、

今度こそ本気で良い紹介会社を探そうと決意。

 

様々なワードで検索を掛けてみたり、

医師仲間の友人に聞いてみたり、

いくつものコラムやブログを読み漁りました。

 

わかってきたのは、

 

・担当コンサルタントが写真付きで自己紹介をしている。

→ 責任を持った仕事が期待できる。

 

・会社が宣伝広告ではなく情報提供をしっかりしている。

→ 転職のノウハウや考え方を明示している。

 

どうやらこの2点をクリアしている会社は、

なかなか良さそうである事がわかりました。

 

そんな事を医師仲間と話していたら、

おそらくそういう観点から考えると

非常に真っ当な仕事をしている所を知っているが

紹介しようかと言ってくれる。

 

是非とお願いして、

担当のコンサルタントと会ってみると、

以前の担当とはもうレベルが段違い…。

 

情報発信もしっかりしており、

それだけ自信とプライドを持って

仕事をしている事がわかりますし、

何より医療を良く知り、

医師という職業を良く知っている。

 

過去の事例の中から参考になりそうな話しも

惜しげもなく教えてくれるし、

自分では気づかなかった可能性、

新たな選択肢も提示してくれる…。

 

この人だ!とS先生は直感で決めました。

 

それから3年後…。

S先生はこの担当者から紹介してもらった

病院で充実した日々を過ごしています。

とても満足しているのです。

 

時々、どうですか?なんて声も掛けてくれるし、

本当に自分のやりたい事、

望んでいる事が手に入った喜び。

 

やっぱり仲介してくれる企業や担当者によって

全然違うもんだな。

いい人と出会えて良かった…。

しみじみおっしゃるS先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

面接するのなんて初めてだから…。

クリニックスタッフ面接

 

着々と開業準備が整ってきたS先生。

自分なりに経営方針やビジョンを持ち、

その実現の為に相応しい準備が進んでいます。

 

そんなS先生ですが、

仕事の場では患者さんとのコミュニケーションも上手く、

スタッフ達とも協力していけるのですが、

本来は口数も少なく、

どちらかというと孤独を愛するような

性格でいらっしゃるようです。

 

勤務医の時代とは異なり

開業すれば何十年とその地に落ち着く訳だし、

スタッフとも末永く一緒に仕事をしたい。

 

だからこそスタッフ選びには慎重でいたい。

でも、自分を理解してくれて、

相性が合うような人たちがそう上手く来てくれるだろうか。

まして自分は面接をするのなんて初めてだし、

上手い具合に選考ができるものだろうか。

そんな悩みを持っていらっしゃいます。

 

と言いますのも、

ちょうど1年前に開業した医局の先輩のクリニックでは、

雇用したスタッフが開院前に早くも辞めたとか、

スタッフ同士の人間関係が悪くて揉めてばかりとか、

陰で院長の悪口を言いふらしているとか、

ネガティブな話しを聞いており、

元々人付き合いに難があるS先生をより不安にさせているのでした。

 

幸い募集を掛けると看護師、医療事務ともに

複数名の応募が来ました。

 

院内の人間関係をどうにかして良くしたいS先生は

開業コンサルタントに依頼して、

書類選考、面接、内定、入職の一連の採用フローを

一緒に行う事にしました。

 

特に大事な面接にはすべて立ち会ってもらい、

3者で面接をする事にしたのですがこれが大成功。

 

S先生はコンサルタントが詳細を説明し、

いくつかの質問を投げ掛けて、

求職者の人となりや考え方を理解する事ができ、

その上でご自身の経営方針やビジョンを語り、

それに対する反応を冷静に見る事ができました。

 

10数名の面接を終えて、

S先生とコンサルタントはどの方を採用すべきか

ミーティングをすると不思議とほぼ一致。

うち5名の方に入職して頂く事となりました。

 

開業前はオープニングスタッフを

是が非でも揃えねばならないと

余計なプレッシャーを抱える事になります。

 

よってミスマッチする人材を抱え込み、

後々苦労する事が少なくないようです。

 

すべてを自分だけで抱え込むのではなく、

採用経験のある第三者を活用するのも

ひとつの手ですね。

 

結果的にS先生は開院して丸1年が経っても

誰も辞める事なく

和気藹々と仲良く仕事ができているそうです。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

メールのやり取りだけで済ませてしまって…。

医師の紹介会社とのメール

 

忙しい日々を送る糖尿病内科医のN先生。

 

現在お勤めの病院では常勤医の退職が続き

N先生への負担が増す一方です。

 

病院側は新たな糖尿病内科の医師を採用すべく

努力はしてくれていますが、

なかなか見つける事ができずに苦戦している模様。

 

さすがに堪忍袋の緒が切れたN先生は

転職を決意したのでした。

 

ある人材紹介会社にwebから登録すると

すぐにメールが返ってきて

糖尿病内科の先生はすぐに決まりますよと

早速数件の求人を案内してくれ

その中で最も良さそうな病院に応募してみる事にしました。

 

病院に見学に行き、院長と面接をすると

意気投合する部分も多く、お互いに好感触。

ただ紹介会社の担当者はセッティングはしてくれたものの

当日も顔は出さず…。

 

院長は基本的な条件についても説明をしてくれたのですが、

N先生への正確なオファーは紹介会社の担当者を通じて

後日行うとの事でその日は帰宅しました。

 

その後、N先生の業務は増える一方で、

心の余裕を失っており

メールチェックを怠っておりました。

 

担当のコンサルタントからは見学に行った2日後に

病院からの詳細な雇用条件が届いていました。

その後も数日ごとにメールが届いていたものの

全く気付かずにいました。

 

しかしそのメールを確認していくと、

担当からの内容は、早く連絡を寄越せ、

今回の件はなくなってしまうぞ…と

かなりの上から目線。

 

挙句の果てには連絡を頂けないなら

今回の話しはなかった事にするしかありませんとまで

書かれていたそうです。

 

なぜ電話1本入れて、

メールをお送りしておりますので

お時間ある時にご確認下さいと留守電に入れないのでしょうか?

 

N先生もさすがにこの担当のやり口には疑問を感じて、

ダメならダメでしょうがないや…と諦めたそうです。

 

そして最も肝心なのは、

結局この担当のコンサルタントとは

N先生は1度もお会いしていないんですね。

そりゃお互いに信頼関係は構築できないでしょう。

ましてすべてをメールで済ませようとしているのですから

N先生が不信がるのも当然です。

 

今度はきちんと対面して、

人と人として付き合える信頼できる方に

依頼しようと固く誓うN先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

事務長との連絡を丁寧に取っておこう!

医師転職タイミング

 

大学医局を辞めてから

民間病院に転身し、

2度めの転職となるI先生。

 

前回は以前医局に在籍していた先輩に声を掛けて貰って

転職をしたので先輩に任せ切りでした。

よって言われた通りにしただけで

転職をする際にどんな手続きがあるのかは

全くわかりません。

 

今回の転職はご自身で応募してなので

何から何まで自分でやらねばなりません。

 

面接に行った際に、

その辺りの不安を伝えると

事務長が私がフォローしますので

お任せ下さいと言ってくれています。

 

I先生としては安心ができたのですが、

その後は仕事が忙しく

すっかり頭の片隅に追いやられてしまいました。

 

しばらくしてから事務長よりI先生の携帯電話に連絡があり、

「I先生、何度かメールをしているのですが、

メールチェックされてますか?」との事。

 

しばらくメールを確認していなかったI先生は

慌ててメールチェックしてみると

事務長から7通のメールが来ていました。

 

何をどうすれば良いのか、

とてもわかりやすく、まとめて書かれてあり、

大変恐縮するI先生でした。

 

早速、手続きの準備を行い、

事務長の方でも迅速に対応をしてくれましたので

特に問題なく、スムーズに進みました。

 

またこれをきっかけにして事務長とは仲良くなり、

その他、不安な事などは

何でも話し合える関係になる事ができました。

 

お陰で入職日には何の不安もなく、

スムーズなスタートを切れました。

 

事務方は上手く使えば自分も楽になりますし、

反対に使われるのではやっかいな存在になってしまいます。

 

特に転職のタイミングでは

事務長と人間関係を作る事で

計り知れないメリットがありますから

こまめに連絡を取っておくと良いですね。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

腹の探り合い…。

医師転職条件交渉

 

大学医局を退局し、初めての転職となるA先生。

 

医局派遣で市中病院にご勤務をした経験はあるものの、

ご自身の転職となると勝手が違い、

右も左もわからないままのスタートです。

 

求人誌や求人サイトを見ながら、

気になる病院に応募をしてみると

どこもスムーズに面接に至り、

あっという間に内定が出て、

今までよりも良い条件をオファーされます。

 

しかもご自身の希望はかなりの確度で叶えられ、

何だ、結構簡単なものだな…と思い始めた矢先の事…。

 

そろそろどの病院にするか決めないとなと考え、

最も好印象であった病院の事務長に会い、

詰めの交渉をしてみると、

担当業務、勤務曜日や研究日、学会参加、導入したい機器など

全てが簡単に受け入れられるので

年収に関しても提示された金額からのアップを言い出すと、

それもOK。

 

そこまで自分を評価してくれているのか?という喜びと、

もっと高条件を引き出せるのでは?という

欲が出てきてしまいました。

 

その後は事務長と腹の探り合い…。

ある程度まではご希望を飲んでくれていた先方も

段々と態度を硬化させてきて…。

 

挙句の果てには、

先生はうちにお越しになるお気持ちはおありなんですか?

これ以上の条件の釣り上げは当院では無理ですと

言われてしまいました。

 

業界水準とか、相場観をお持ちでなかったA先生は、

交渉自体が目的化してしまい、

ご自身の希望があまりにも簡単に通ってしまう現実に

狂わされてしまったのかもしれません…。

 

こうなるとさすがにこちらの病院には行きにくくなってしまい、

他の病院にしようかな…と考えていたら、

この病院の院長よりご連絡を頂き、

A先生の悪いようにはしないから

当院で医師として患者の為に共に汗を流しましょうと

真っ直ぐな思いをぶつけられ、

反省をするとともに、医師としての本分を思い出し、

余計な事を考えるのはここまでにして、

真面目に仕事しようと反省し、

こちらにお世話になる事をご決断されました。

 

今でも時々事務長とは、

あの時はまいりましたよ、

あそこまでのタフネゴシエーターはA先生だけです

と冷やかされるようですが、

充実した診療体制とやりがいのある職場に満足しているようです。

 

あんまり欲深いのは良くないですね~と

苦笑いするA先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

業界水準を知っておく。

医師転職年収水準

 

脳神経外科医として長年ハードな勤務をしてきたS先生。

 

40代も後半に差し掛かり、

今後の事を考えて総合診療医に転科を検討しています。

 

スペシャリストからゼネラリストへの転身という事もあり、

内心いろいろな思いがあるものの、

いつまでもハードな環境に身を置く事は

現実的にかなりキツイ…。

 

スピード感やハードさを落とさざるを得ないので、

それは致し方ないと割り切っていたつもりだったのですが…。

 

いざ転職活動を始めてみるとわりと好感触であり、

いくつか内定も頂く事ができた。

 

しかし給与は今までより10%~20%下がる事が多く、

自分はスペシャリストの道を諦めるのだから

せめて給与くらいは今まで通りを維持したい…。

 

そう考えて、病院側に交渉してみたり、

新たな病院の面接を受けてみたりしたものの

なかなか思うような条件提示はない…。

 

知人の内科医に話しを聞いてみると、

その水準は総合診療科では出ないだろうと言われ、

救急対応や緊急のオペなどがある科目とは違い

そもそもの水準が違うんだよ…と諭されました。

 

そうかと思い、様々な求人サイトでチェックしてみると

確かに脳神経外科とは水準が違う。

 

それなら致し方ないかと考え、

ある病院を選んだS先生ですが

身体にも心にもゆとりが持てて

給与ダウンを飲んでもそれ以上のメリットがある事を知り

今はゆったりぎみにご勤務をされています。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録