え!管理医師にならなきゃいけないの?

 

前々から興味のあった美容医療の分野に転身しようとしたE先生。
もともとは外科医ですので、全くの未経験ではあったけれども、
それでも学ばせてくれるならチャレンジしようと考えてました。

美容医療専門のサイトに登録してみたら、
週2日で勤務できるクリニックがあると
サイトを運営している紹介会社から連絡が入り
詳しい話しを聞いてみる事にしました。

もともと美容皮膚科が入っていたクリニックが閉院し、
そこを居抜きで購入したオーナーが
新しくクリニックを開設するという事です。

開設管理者となる医師は別にいて
非常勤でお越しになる先生もいらっしゃるとの事だったので、
未経験でも教えてもらえるそうなので
これは良い機会と考えて入職する事に決めました。

そして入職後、事前に聞いていた話しと諸々違って…。

驚いたのは管理医師に就任して欲しいとの事。
そして院長にも就いて欲しいというのです。

日給も高待遇だったので決断したのですが、
なんと高待遇は管理医師就任が前提なんだそうです。

え、だって自分は週2日の勤務だし、
それでも管理医師にならなきゃいけないの?
と言うか、その前になれるの?

おまけに自分が勤務する日はドクターが1人で、
教えてくれる人はいません。

未経験なのに頼れる人もおらず、
ナースにああしろ、こうしろと言われる始末。

事前に聞いていたのは、
週2日の非常勤での勤務で教えてもらえる環境という事。

う~ん、話しがどんどん聞いていた内容と
違ってきてしまっています。

院長だとか管理医師だとか言われても
正直よくわからないし、
相談できる人もいないし…。

どうしよう…と悩んでいた時に
〇〇日までに就任して頂かないと
この話し自体をなしにせざるを得ないと脅される始末です。

困り果てたE先生は、
WEBでいろいろ検索を掛けて調べてみると、
どうもこの話し自体が怪しくてしょうがないと思えてきました。

たまたま辿り着いたブログに詳しい事が書いてあり、
まさに自分の境遇とピッタリ…。
この著者に話せば何かわかるはずと問合せをしてみると
即応してくれて様々アドバイスをしてくれました。

結論はやっぱりこの話しはおかしい。
受けない方が良い…。

安心したE先生は意を強く持ってこの話しをお断りしました。
すると先方は提示した日給は院長としてのものだから
勤務した分は院長としての手当を削ってお支払いするとか、
もう明日から勤務しなくて良いですとか、
あまりにも誠意のない対応です。

E先生はやっぱり断って良かったと思うとともに、
腑に落ちない部分がたくさんあって
本当は主張したい部分もあったけれど
これ以上揉めるのも得策ではないと考えて
そのまま身を引いたのでした。

契約書を見直しても
そこに記載されていない事項ばかりを求められて、
最初から騙そうとしていたとしか思えません。

ちょっと引っ掛かりつつあったけど、
そのまま完全にドツボにはまる前に気づいて良かった…。
やっぱり新しい事を始めるのには、
その道のプロの人と動いた方がいいんだな…と
気づきを得る事ができたE先生でした。

 

<紹介会社について書いた過去記事もご覧下さい>
しつこい紹介会社は勘弁だ!
WEB上で検索を掛けて紹介会社を選んだ失敗事例!
3万件の求人に自分に合うものはない!?

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

募集広告をどこに出すべきか?

クリニックスタッフ募集

 

開院を来週に控えているK先生。

あと1週間と迫ってきて、

本来であれば希望に燃えて

ウキウキワクワクする時期でありますが、

K先生には頭を抱えている事がひとつありまして…。

 

ここまで差し迫ってきているのに

まだ看護師さんが決まっていないのです。

 

医療事務さんは思っていた以上に応募があり、

とても良い方々を採用する事ができたのですが

看護師さんは未だ応募すらない状態です。

 

診療の補助的な事もできる事務スタッフもいるので、

最悪の場合は看護師0名でスタートして

応募が来た段階で採用するしかないのですが、

まさかこんな事態になるとは思わず

K先生は心配で夜も眠れない状態です。

 

募集自体は、

誰もが知る大手の求人サイトで掛けているそうですが、

反応は宜しくありません。

開業場所は都心から少し離れた郊外です。

 

困ったK先生は、

様々な方にアドバイスを求めていくと

もっと地域に密着した媒体を使った方が良いのでは?と聞き、

慌てて路線変更しました。

 

まずはクリニックの窓に看護師募集のポスターを貼りました。

1階の路面店ですので、これも有効な手段です。

 

そして地域の情報誌で求人を出稿できるものを探し、

2誌に掲載をする事にしました。

ただ求人内容に関しても工夫しました。

事務スタッフの意見も取り入れて、

地元にお住いの現在働いていない看護師さん達の

心に突き刺さる内容にしたつもりです。

 

するとお2人から応募が来ました。

1人は近所にお住まいの看護師さんで

クリニック前のポスターを見掛けた…と。

もう1人は地域情報誌を見たそうで、

K先生の作戦は成功です。

 

お2人とも非常勤のご希望で、

運良く曜日がかち合いませんでしたので

月~金を上手くシフトを組む事ができました。

開院日には間に合わなかったけど、

早期の採用ができてひと安心です。

 

こんな事ならもっと早く他の手段を取れば良かった。

例の求人サイトはお金ばかり掛かって、

あとウン万円追加して、もっと目立つ所に出しましょうとか、

そんな事ばかり言っていたそうです。

くわばらくわばら…。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

聞くべき事、確認すべき事を整理しておかないと…。

整形外科医転職

 

整形外科医のY先生。

今までは大学病院勤めや医局からの派遣病院、

その後、民間病院に転身してからも

ずっと常勤先が忙しくて

バイトをする暇もありませんでした。

 

それなりに充実した毎日を過ごしていますし

待遇もまあ満足をしていましたので、

必要性を感じていなかったというのもありますが、

実はお子様が医学部を目指すと宣言した事もあり

もう少し稼ぐ必要が出てきたのです。

 

非常勤やスポットを中心にしているサイトから

研究日になっている毎週水曜日のバイト求人を見つけました。

総合クリニックとして複数科目を標榜している所です。

興味を持って応募をしてみました。

 

すると是非1度見学にいらして下さいとの事で、

伺ってみると…

 

院内をざっと見学させてもらい、

診療部長とお会いして

いくつか専門領域や得意・苦手な領域の質問を受けて

お応えすると、いつから来れますか?

ではお願いしますと非常に簡単に話しは進みました。

 

実はこういう面談などほとんど経験のなかったY先生は

結構緊張をしていたのですが、

あっさりと話しが進んだ事から、

こんなもんか~と思いながらも受諾したのでした。

 

ところが…、サイトには

9:00~17:00の勤務で日給が10万円と書かれていたのに

受付が17時までで患者さんが多く

毎回18時過ぎにならないと仕事が終わらない事。

残業代は支払われない事、

通勤の交通費は日給に含まれる事など

後々想定外の話しが出てきました。

 

そして整形外科だけでなく、

一般外科的な処置も依頼をされるようになり、

挙句の果てには内科の先生がいない時には

総合診療医として内科的な疾患も

診るようになってきてしまったのです。

 

さすがにY先生も困り、

診療部長に話しをしてみると

面談の時に、何か質問はありますか?とか、

他に聞いておきたい事はありますか?と

君に聞いたら何もありません、大丈夫ですと

言ったではないかと逆に叱責されてしまいます。

 

確かに大丈夫ですとは言ったけど、

こんないいように使われてしまうのは困っちゃうなあ。

やっぱりこういう事は専門家に入って貰わないと

自分が泣くしかないんだなあ…。

 

後悔と反省するY先生ですが、

そちらのクリニックは早々に辞めて

知人の医師より紹介してもらったコンサルタントに

新たに探してもらったクリニックで

現在は気持ち良く働いていらっしゃいます。

 

面談の際にはしっかりと確認をする事、

不慣れならプロに任せる事。

大事な事ですよね。

 

持つべきものは友、そして人脈でしょうか。

専門家は上手く活用した方が

自分の為にもなりますね。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

信頼関係は構築できるのか?

医師の紹介会社への信頼

 

様々な統計がありますので、

本当のところは何とも言えないのですが

人材紹介会社を活用している医師は

全体の2~3割と言われております。

 

開業医や大学医局に所属している先生は

あまり利用する事もないでしょうから、

(ごく一部で非常勤はあるようです)

現実的かなとも思います。

 

そんな中で現在お勤めの医療機関と

その前にお勤めだった医療機関を

紹介会社を経由して見つけたS先生の事例です。

 

S先生は大学を出て

始めて民間病院に転職する際には

ご自身の人脈でお探しになったそうですが

後々いろんなしがらみがあって苦労したそうで

これなら紹介会社を活用した方が良いと判断し、

次の病院は紹介会社経由で探しました。

 

その時は紹介会社って言っても

よくわからないままに依頼したらしく、

言われるがままになってしまったそうです。

 

反省点としては、

もっと自分の希望を担当のコンサルに理解して貰う事、

案内された求人に関して自分でもリサーチする事、

この2点は後々考えると

もう少しすべきだったなあと考えていらっしゃいます。

 

それを踏まえて2回目の紹介会社の利用をしたのですが、

残念ながら最初の時よりもコンサルタントが若く、

知識も経験も不足しているように感じました。

 

大丈夫かな?と思いつつも、

大手の良く見聞きする会社だったので

ご自身の考えている事を率直に伝えたのですが、

これがのれんに腕押し…。

 

理解をしてくれたのか、

できていないのかよくわからない…。

 

翌日から何件もの求人を案内してくれているのですが

正直希望に合うものはだいたい1割くらいです。

たまたまその1割の中に気になっていた病院があったので

繋いでもらったのですが、

その病院の事もよくわかっていないようで、

なおかつスピードも遅い…。

 

これは頼りにならないと考えたS先生は、

先方の事務長と直接やり取りをして

見学⇒内定⇒条件交渉もほとんどご自身で行いました。

 

事務長には、申し訳ないけれども

担当のコンサルタントが信用できなくて…と

率直に伝えると、うちは構いませんよとの事。

 

結局こちらの病院にお世話になる事になったのですが、

後から同僚に聞いた話しでは

同じような経験を持つ先生よりも少し条件は悪いみたい…。

やっぱり素人が交渉してもダメだなと思いつつも、

あのまま担当に任せても良い事はなかっただろうと諦めモード。

 

次の時は信頼できる担当者でないと

お願いしないようにしようと固く誓うS先生でした。

 

WEB上で紹介会社を探すとこうなりますね。

やはり良いコンサルタントは少数ですし

出会えるかは運次第の所もありますからね。

 

1番良いのは、紹介をして貰う事です。

知人の医師や様々な業者さんに聞いてみて下さい。

良い転職のコンサルタントを知らないか?と。

 

普通の方なら変なコンサルタントを紹介はしないでしょうから、

良いコンサルタントと出会える可能性はWEBよりも高いです。

 

転職という人生の転機には、

やはり信頼できるパートナーが必要ですね。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

新しいルールに適応する。

 

大学病院を退局し、

民間病院で2カ所の勤務経験があるM先生。

 

今まで非常勤やスポットではクリニックで

お勤めになった事がありましたが、

今回はご事情があり初めてクリニックで

常勤でのご勤務をされる事になりました。

 

ある程度クリニックでの仕事に関しては

理解をしているつもりでしたが、

こちらのクリニックさんは診療科目も多岐に渡り、

在籍医師数も多く、

患者さんも大変に多い為に、

独自のルールが結構あって最初は戸惑う事が多かったのです。

 

時には看護師からも「先生、それは…」と

注意を受ける事もあり、

ここ…、やりにくい…と思ってしまう事もありました。

 

それに気づいてくれた院長が、

なぜこういうルールがあるのか?を丁寧に教えてくれて、

どのように対処すれば自然と溶け込めるのかを

アドバイスしてくれました。

 

ただルールが厳然とあると思っていたM先生ですが、

ルールができた経緯を知る事で、

なるほど、それは効率的だと理解でき

それからは上手くルールに乗っかって

スムーズに仕事をする事ができるようになりました。

 

ルールだけを押し付けられても

経験豊富な先生にとっては納得できない事もありますが、

やはり経緯を知る事で理解できるものもあると思います。

 

新しい職場にはそれぞれのルールがあるのが普通です。

 

ただ従うのも悪くはないですが、

できればなぜそういうルールができたのか?を知り、

本当の意味で納得して気持ち良く

仕事をしていきたいものですね。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

 

募集要項と実態にあまりにも乖離があり過ぎる…。

医師募集要項失敗

 

地方都市の総合病院でお勤めになっているW先生。

 

実家が都心部にあり、

両親もそれなりの年齢になってきて

さすがにいつまでも放ってはおけないとの事で

妻や子供たちも都心部に行く事に賛成である事から

転居を伴う転職を検討し始める。

 

地方にお住まいになっている事から、

転職に関する情報がなかなかなく、

たまたま医局に置いてあった医療系の雑誌に

掲載していたある病院の求人に問い合わせてみる。

 

そもそもその求人欄は小スペースであり、

情報量も非常に限られており、

ホームページは確認したものの

正直実態はよくわからないままの問合せ。

 

しかし電話に出た事務長は非常に丁寧で、

是非1度病院に見学にお越し下さいと言うので

深く考えずに見学に行ってみた。

 

院長、副院長、診療部長、事務長が歓待して、

とても丁寧に院内を案内してくれた。

 

その晩は一席設けてくれて、

看護部長なども参加して

非常に人間関係が良く見えた…。

 

しかも翌日にもしW先生が当院に来て下さるならと

提示してくれた条件が非常に良く、

これなら妻も喜んでくれるだろうと

前向きに検討する旨を伝えて帰宅。

 

案の定、奥さんもなかなか良い病院らしいし、

条件も文句なしだから、

貴方がいいならいいんじゃない?と言ってくれ、

W先生はこちらの病院に行く事を決断。

 

それから約半年。

残念ながら見学時と実態では院内の雰囲気は

180度異なり、人間関係も殺伐とした感じ…。

 

当直は月に2~3回という事だったが、

非常勤やスポットの先生が

どうしても見つからないと頭を下げられると

新米だし、ここで嫌というのも良くないと

1度受けたら、その後も頻繁に依頼されるようになり、

結果的には月に5~6回、多い時にはそれ以上もある。

 

給与面も事前には聞いていなかった控除の項目が多く、

何だかんだと手取りでは以前より年収ダウン…。

 

院長や診療部長も見学時とは人が変わったようで、

あれだけ頭を下げていたのに

いざ赴任してみると、あーしろこーしろと

理不尽な命令が多い…。

 

地方に住んでいたので、

そう何度も上京できない事情はあったにせよ

あまりにも実態を知らずに入職してしまった事を後悔する事に。

 

いくら近隣の病院事情を知らなかったとはいえ、

もう少し情報収集をして、

よく調べてから決めれば良かった…と悔しい思いをされています。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

自分の存在価値は何だろう?

医師キャリアプラン

 

大学医局に在籍し続けて14年目のS先生。

教授が変わってから居心地が悪くなり、

人間関係が悪化してしまった…。

 

言葉は悪いが

逃げるように退局してしまった。

 

しばらくは非常勤で食いつなぎ、

ある当直バイトの当直室に置いてあった

医療雑誌に掲載してあったある病院の求人に応募。

 

何も準備や計画などしていなかったが、

トントン拍子に話しが進み、

条件も良かったので入職。

 

が、しかし…。

 

診療部長が教授と知人であり、

まさかの人間関係悪化…。

 

部長からはある事、ない事、

毎日のようにお小言を貰うようになってしまい、

医師として診療にも自信がなくなってしまった。

 

俺って何やってんだろう…。

なんでこんな事まで言われなくちゃならないんだろう…。

と後悔の日々。

 

やはり今ある求人からポンと選ぶのではなく、

まずはご自身のキャリアプランを

しっかりと立てないといけませんね。

 

そして医療機関の内情についても

きちんとリサーチしないと…。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

なんで転職したいのかわからなくなった…。

医師キャリアプランニング

 

現在お勤めの病院をお辞めになる決断を下した

15年目の眼科医。

 

決断力に優れたこの先生は

早速、医師紹介会社に登録してみました。

担当のコンサルタントの希望条件を伝えてみると

早速いくつかの求人が送られてきます。

 

その中から、ここを受けたいと

担当コンサルタントに伝えてみると、

そこは他の先生で決まってしまったとか、

求人がクローズになってしまったとかで、

なかなか進展がない…。

 

段々とイライラしてきた先生は

他の紹介会社にも登録してみると

最初の会社で進まなかった医療機関を打診され、

そこはもう決まってしまったのではないか?と

紹介会社に対して疑心暗鬼になってきました。

 

そもそもの転職の動機が、

もう15年もいたんだから正直飽きたよ…という

安易なものだっただけに、

思うように進まない事態に嫌気が刺して

致し方ない非常勤での勤務をする事に…。

 

何か良さそうな求人がないかなと当初は考えていたことが

最大のミスであり、最初の段階で

ご自身のキャリアプランニングを考えて、

その方針に乗った転職活動をすれば良かったですね。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録