業者に翻弄されてご自身の夢は叶えられず…。

 

大学病院にて長くご勤務してきた40代前半のY先生。

専門は消化器内科ですが、

内科は幅広く診察してきましたので、

一般内科、消化器内科で開業しようと考えておられます。

 

若い頃から40代に突入したら開業準備を進めようと考えており、

大学医局での仕事もやり切った感を持っており、

ご自身としても医師としての経験をたっぷり積んで、

さあ、これから!と意欲を持って開業準備をスタートしました。

 

いくつかの開業セミナーに参加してみると、

様々な業者さんが声を掛けてきてくれます。

その中から好感の持てる担当者の方々数人に連絡を取り、

開業地や物件について問合せしてみました。

 

各社それぞれ様々な提案をしてくれましたが、

Y先生にとってドンピシャのものではありません。

ご自身としては長年の夢を叶える為の開業なのですから、

ここは妥協できないと考えて

各社にご自分の考えを丁寧に再度お伝えしました。

 

ところがその後に提案されたものも納得できるようなものではなく、

どうしてわかってもらえないかな…と憤りながらも

協力してもらっているのだから何度でも伝えなければ…と考え、

その都度、自分の考えや方針を伝えていきました。

 

しかし段々と提案してくれる業者は減ってきて、

提案の頻度もどんどん少なくなってしまいました…。

 

ん、俺が我儘すぎるのかな…。

このままでは誰も協力してくれなくなってしまう…。

そんな事を考えて少し柔らかく、頼るような連絡をしてみたものの

Y先生のご希望に添える案件は少なくて…という返答が返ってきます。

 

ん…、少し妥協しなきゃダメか…と考え、

エリアや希望の内容を広げてみたのだけど

あまり状況は変わらずしまいです…。

 

埒が明かないと考えたY先生。

やり取りをしていた業者の中で最も信頼できそうだと考えていた

某社の担当の方とお会いしてみると、

Y先生のお考えやお気持ちは充分わかるんですけど、

現実味としてなかなか難しいんです。

我々としてもお金にならないご支援はいつまでもできるものでもなく、

ちょっとこれ以上のサポートは難しいんですよね…。

おそらく他社さんも一緒なんじゃないですか?と言われてしまいました。

 

う~ん、これは困った…。

何もかも自分だけでやるなんて無理だし、

もっと大幅な妥協をしなければならないという事か…。

それも致し方なしと考えたY先生は、この担当者の方に

もっと妥協をするのでどうしたら良いか?と尋ねてみますと

今まで私が提案してきた物件の中で選んで下さいと言われました。

 

帰宅後、再度今まで頂いた物件を見直してみましたが、

正直いずれも食指が動かないような案件です。

しかしこの期に及んではそんな事も言ってられません。

消去法で最後まで残った案件で妥協する事にして

担当者に連絡を取ってみました。

 

それからは開業準備も動き始めました。

内装業者との打合せ、医療機器、電子カルテなど

様々な打合せを忙しくこなしていく中で

これで良かったんだ…とご自身を納得させるY先生。

 

しかし…。開院して半年…。

思うように患者さんは来院してくれません。

 

最初の開業地、開業物件に関して妥協をしたY先生は、

不必要なまでに業者の意向を尊重してしまい、

当初描いていたご自身のプランを少しずつ、少しずつ

諦めてしまっていたのでした。

 

誰も手伝ってくれなくなったら開業できない…という恐れを感じて

業者の言いなりになってしまった部分もあります。

 

その後、開業医の先輩方と話してみると

皆さん異口同音に多少の妥協は致し方ないけど

行き過ぎた妥協をし過ぎると絶対に上手く行かないとおっしゃいます…。

 

せっかく夢である開業を叶えたのに

これで良かったのか…と悩み深いY先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

この先どうしようかなぁ…?から1歩前に進まないと…。

 

内科医のD先生。

大学医局に所属してはや15年。

 

医局でやりたい事はやり切った感も出てきて

これ以上の出世が見込める訳でもなく、

そもそも医局内で出世したい訳でもない…。

 

症例経験も充分に積んだと思うし、

どこの病院に行っても余程の事がない限り

それなりの存在価値を持って

診療に当たれる自信も付いてきました。

 

そろそろ大学医局から飛び出すか…。

やはり自分のクリニックを持つ事を考えるべきか…。

これから医師としてどんな人生を歩んでいくべきなのか…。

 

いろいろ考えてはいるものの、

こうなりたい!という明確なものがまだ見えておらず

悶々としながら日々を過ごしています。

 

時々時間のある時には、

求人サイトを見てみたり、

医局に置いてある医療系の雑誌に掲載してある

求人や開業物件を見たりはするそうです。

 

同期の先生方で集まった時にも、

これからどうする?という話題は

頻繁に議論のテーマとなるようで

いつも喧々諤々と話し合うようです。

 

ですがD先生にとっては、

いろんな求人を見ても正直ピンと来ないし、

開業と言ったってそもそも自分は本当に望んでいるのか?

よくわからないし、そこまで意欲があるとも思えません。

 

同期の先生方もあれはどうだ?これはどうだ?、

あいつはこうしたらしい、

あいつはこんな道に進んだらしい、と

議論にはなっても、よしこれだ!という確信めいたものはなく、

いつもこれからどうする?という質問に対しての

自分なりの明確な回答は見い出せない状態なのだそうです。

 

ただ今は決断できなくても良いと思っているそうです。

なぜなら大学医局という狭い世界で生きてきたので、

自分自身で視野が狭い事はよくわかっているそうで、

だからこそまずは様々な人と話し合い、

そしていろんな情報を収集しなければならない…。

 

要は決断する為の材料を集めないと話しにならない。

そう考え始めたのだそうです。

 

ただ悶々としている状態から

小さな1歩だけど前進する事ができたように思う…。

D先生はそうおっしゃいます。

 

そのきっかけとなったのは

あるブログだったそうです…。

 

医師の転職や開業について、

多角的に情報を発信しているブログと出会って、

毎日更新されるのを読むのが楽しみになっているそうです。

 

その中でキャリアをプランニングしないといけないとか、

決断する為には多くの事例やノウハウを手に入れた方が良いとか、

信頼できるパートナーを手に入れると有利になれるとか、

そういった内容を読むごとに…

 

そうだな、自分にはそういうものが圧倒的に足りないな…。

まずはそこからだな…。

 

こう考え始めてから、

物の見方が変わってきたそうで、

何となくサイトを見るとかではなく

自分なりに具体性を持って調べるようになったのだそうです。

 

幸いまだ焦るような時期ではないD先生。

今はリサーチを進めて、

自分が何をしたいのか?どういう人生を送りたいのか?

ようやくそういう事を考え始める事ができ、

プランニングを構築中だとおっしゃっています。

 

少なくとも悶々とする日々からは脱する事ができたようです。

いつまでもどうしようかなぁ?では

何も変わりませんからね~。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

開業準備を誰と進めるか?

 

不惑の年齢となり、

ご自身のプランを進めていきたい内科医のK先生。

 

今まで大学病院で10年、

その後は民間病院に転身して症例経験を積んできました。

 

前々から自分のクリニックを持ちたいと考えていて、

40代に突入したら開業準備を進めていこうという

大まかなプランを持っていたのです。

 

さあそろそろ…という段階で、

某サイトの開業支援業者のページを見てみると

あまりにも多くの業者が名を連ねていて

正直どこに問合せすれば良いのかよくわかりません…。

 

そこでCMでも良く見掛ける大手の建築会社なら安心だろうと思い、

声を掛けてみましたが、

当然、開業物件、設計、建築に関しては

なるほど…と思うアドバイスをくれるのですが

それ以外に関しては正直腑に落ちない部分も少なくなく…。

 

率直にそれを伝えると、

ではコンサルタントや弊社のブレーンを紹介しますと言われ、

開業コンサルタントや税理士、医療機器のディーラーなどを

次々に紹介されたのですが、

その中には言っている事が全く理解できなかったり、

正直、相性が合わない人もいて…。

 

最初に相談した建築会社の方は、

とても人当たりが良く、

設計や建築に関しては理路整然とわかりやすく説明をしてくれるのですが、

当然、クリニックを開業するという事は、

それ以外の要素も大きいです。

 

特に今回はご紹介をくれた方の中の税理士さんが、

医療の事がよくわかっておらず、

その割には上から目線である事は非常に気になります。

 

税理士は顧問となって開院後も長年付き合う訳ですから、

ちょっとこの人じゃ無理だな…と

建築会社の担当者に伝えると、

どうもいろいろしがらみがあるようで、

「とても偉い先生ですし、

弊社ともお付き合いが長く信頼できる先生なので…」と

何とか頼むわ…みたいな感じで逆にそれがさらに信頼できずに…。

 

結果的にはこの話しは流れました。

建築会社はまだしもそれ以外の人達が全く信用できない。

結局、お抱えの業者を割り当ててるだけなんだよね。

こっちには選択肢がなく、

正直このチームじゃ上手く行かんだろう…と

ヒシヒシと感じてしまったそうです。

 

クリニックの開業を滞りなく進めるのは、

コンサルタントの仕事です。

 

各業者にも開業コンサルタントと名乗る人はいますが、

それは専業ではなく、

この事例のようにお抱え業者の取りまとめ役なだけなんですね…。

これでは先生の意向が反映されません。

 

先生の右腕となり各業者との折衝をしてくれるのが

本来的な意味でのコンサルタントの役割です。

コンサルタントが業者側を見ているのか?

先生側に立っているのか?

その点を見極めて、信頼できる人に依頼したいものですね。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

院外広告、院内広告、WEB広告!?

 

開院日をあと2か月後に控える内科医のA先生。

事業計画を作り、銀行からの融資も決まり、

良い開業物件も見つかり、

内装工事も順調に進んで、

医療機器や什器もほぼ決まりました。

順調に開業準備が進んでいます。

 

ここからはいかにして開院日以降に

患者さんに来て頂くか…を考えに考えています。

 

何社かのホームページ作成業者から話しを聞きましたが、

やはりどこもホームページでの集患に力を入れるべきと

力説します。

 

そういう時代だとは思うA先生ですが、

結構な金額が掛かりますし、

ホームページに注力するとすれば

他の宣伝広告費を削らざるを得ません。

 

ホームページ中心で行くか、

その他の広告も含めてバランス型で行くか、

悩みに悩むA先生…。

 

ところが最後にお会いしたホームページ業者は

ホームページだけで集患できるものではない、

その他の宣伝広告も含めてバランス型で行くべき。

ロゴマークやテイストの統一性は持たせた方がいいが、

ホームページだけに多額の資金を投入するのは

リスクが大きすぎる…と言うではありませんか。

 

もっと話しを聞いていくと、

歯科医院や自費診療の比率が高いクリニックなら

話しは違うのだが、

一般的な内科クリニックの場合は、

地域密着型となるだろうし、

地元の高齢者たちはホームページではなく

駅の看板や電柱広告、折り込み広告の方が

認知されるとアドバイスを貰いました。

 

結果的にA先生はこの最後の業者に依頼し、

バランス型の宣伝広告をする事に決めたのです。

 

駅の看板は競合も多く、料金も高いので今回は見送り。

電柱はちょうど良い場所に空きがあったので数本だが契約。

ホームページはシンプルかつ自分で更新できるように作成。

開院3日前に新聞の折り込み広告を大々的に行い、

あとは地道にクリニック前でチラシ配布。

スタッフも近隣にポスティングに行ってくれるなど協力的。

 

そして迎えた開院日。

想像していた来院数の2倍の患者さんが来てくれました。

アンケートを見ると、

チラシを見た、電柱を見た、ホームページを見たという方々が

ちょうど同数であり、バランスが良いです。

 

この宣伝施策は間違ってなかった…と

ホッと胸をなで下ろすA先生でした。

 

中には100万~200万円もの金額を

ホームページに掛けるケースもあるようですが、

院長の個性や経歴、クリニックのビジョン、

開院場所に合った宣伝広告の手法を取るべきですね。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

開業コンサルタントはどんな人がやっているのか?

開業コンサルってどんな人

 

開業コンサルタントとひと口で言っても

様々な人達が参入しています。

 

開業支援自体をメイン事業としている所もあれば、

本業は別にあり、本業を栄えさせる為に

開業支援をやっている所もあります。

税理士、医療機器、医薬品卸など…。

 

また実際にコンサルタントとしてサポートする人達も

実に様々な経歴を持っています。

全く畑違いの業界から来た人もいれば、

医療業界ひと筋も人もいますし、

大手開業支援会社から独立した人まで。

 

普通に考えたらどうやって選べばいいのか…

わからないと思います。

 

その結果として…

 

糖尿病内科医として研鑽を積んできたS先生は

40代になったら開業しようと若い頃から

決めていたそうです。

 

そして実際に40歳の誕生日を迎え、

時機到来と開業準備を進め始めました。

最初に悩んだのが開業支援会社をどこにするのか?です。

 

WEB上でクリニック開業支援で検索を掛けてみると

かなりの社数が引っ掛かります。

 

いくつかのホームページを見て、

ここかな~…と

何となくの雰囲気で決めた会社に問合せをしてみると

すぐに担当が1度打合せしましょうという事で

アポイントを取りました。

 

実際にお会いしてみると

多少強引な所もあるけどまあ悪くはなさそうです。

その企業にお願いする事に決めました。

 

ところがいくつかの開業物件を案内されても

どうもピンと来ない…。

それどころか自分の思いを汲みとってくれていないような

気がしてしょうがない。

しかも急かす…。早く決めろ、ここに決めろ…と。

 

一生に1度の開業ですし、

開業場所、物件は後で取り返しの付くものではありませんから

慎重には慎重の上で進めたいS先生としては

どうも急かされるのは納得が行かない…。

 

結局、その会社のコンサルタントとは破談になりました。

最初に感じた強引さが完全にマイナスに出てしまったのです。

 

開業支援会社にもそれぞれの特徴があります。

そして担当するコンサルタントもいろいろです。

 

最終的には相性ではないかと思います。

人と人として信頼が置ける。

自分のパートナーとして相応しく感じる。

お互いに尊敬し合える。

そういうコンサルタントとタッグを組むのが良いですね。

 

S先生はWEBで選ぶのを止めて、

知人の医師から紹介を受けた会社とやり直しました。

担当のコンサルタントとも非常に関係良く

めでたく開業に至りました。

 

なぜその会社を選んだのか?

そのコンサルタントを信用できたのか?

 

情報発信、情報提供をしっかりしていて、

顔も名前も出していて、

逃げも隠れもしない姿勢が安心できたのだそうです。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

どこまで物件にこだわるか?

クリニック開業物件

 

数年前から開業を考えてきて

準備をしっかり進めてきた内科医のH先生。

 

専門の呼吸器内科をメインに、

内科は幅広く診察し、

その他健診や各種検査も行っていく予定です。

 

開業セミナーにも数回参加しており、

すでに開業した先輩ドクター達からも

何度かお話しを伺っています。

 

研究熱心なH先生は自分なりに事業計画を作り、

クリニックのコンセプトもしっかりしています。

 

ターゲットとなる患者層も明確で、

逆にその分こだわりも強く持っています。

 

ご自身でWEB上で開業物件を探してみたり、

不動産屋を見掛けると近隣の状況を聞いてみたりして

気になる物件があれば見学もしています。

 

しかしどうもピンと来ない…。

ここは良さそうだな…と思う所があっても

近隣にクリニックモールがあったり、

駅前にメディカルビルが建っていたりと

周辺環境も含めて考えると

これだ!という物件には中々たどり着けない。

 

まして場所が良く、視認性の高い優良物件は

家賃もそれなりに高く、

先々の経営を考えるとおいそれと手を出す訳にはいかない。

 

妥協せざるを得ないのか…

ポリシーに反して医療モールなども

検討すべきなのか?

 

いろいろ悩んでいたH先生ですが、

以前に参加した開業セミナーで知り合った

調剤薬局の担当者から良い物件があるのだが…と

連絡が入りました。

 

居抜きの継承案件という事で、

内装はまだそれほど古くなく

ごく一部の改装でそのまま使えるとの事。

 

確かに良さそうな物件でしたし、

開業コストを抑えられるのは有難いので、

調剤薬局の担当者と一緒に内見に行ってみたところ…

まあ悪くない。

 

周辺に競合となりそうなクリニックもなく、

1階にその調剤薬局が入っており、

2階の物件で視認性も悪くはない。

 

調剤薬局の方でも集患マーケティングなど

全面的にバックアップしてくれるとの事。

 

物件探しに疲れてきていたH先生は、

話しを進める事にしました。

 

それから1年半後…。

 

H先生のクリニックは苦戦しています。

最初は数名からのスタートでしたが、

しっかりとした準備、計画を持っていた為に

徐々に患者さんは増えてきて

10~20名くらいまでは良かったんです。

そこからの伸びがない…。

 

出入りの卸業者に聞いたところ、

前にこの場所で開業していた先生も

同じような状況だったそうで…。

 

調剤薬局としてはクリニックが閉院してしまえば

当然薬局の経営に重大な影響が出ますので

何とか次の先生を確保したかったようです。

 

内装付きで、家賃も値下げしてくれたし、

近隣への宣伝広告もバックアップはしてくれています。

 

しかし、競合がない=ニーズがないという事情が

隠されていたようです。

 

物件探しはご縁が大事という部分もありますが、

診療圏調査や実地調査をないがしろにしてしまうと

思わぬ落とし穴にハマる事も…。

 

妥協すべき点とこだわる点を明確にして、

何より潜在的な患者がいるのかどうかという地域性。

そういった部分まで考えねばなりませんね。

 

これは不動産屋でもなかなか把握できない事です。

プロの開業支援業者を使うメリットは

こういう所にもあるのかもしれません。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録