ずっと開業準備をしています…。

 

整形外科医のW先生。
数年前に大学医局を退局して
現在は民間病院で責任あるポジションで働いています。

日々、外来、病棟、手術と忙しくしておられますが、
あと数年で50歳という節目を迎える事もあり
実は50歳は開業医として迎えたいと考えていらっしゃいます。

手術に関しては多少の心残りはあるものの
もうすでにやりきった感もあって
ここから先の医者人生は地域とともに
プライマリの領域で歩もうとお考えです。

そこで病院に出入りしている医薬品卸業者に相談してみると、
喜び勇んで開業支援の担当者が来て
全面サポートを約束してくれました。

と・ところが…。
肝心の開業地が決まりません。
そもそもW先生は開業志向が強かったので
コンセプトもしっかりしているし、
それに合わせた開業地の希望は複数プランお持ちでした。

が、寝ても覚めても担当者からは良い開業物件の話しが出てきません。
それどころか自分の希望と全然違う場所の物件、
広さも階数も周辺環境も全然望んでいるものと違う物件、
そんなものしか出てきません…。

時はどんどん過ぎてしまって、
さすがにW先生もこのままこの業者から出てくるのを待つのは
得策ではないと判断し、
WEBでよく見掛ける開業支援専門と謳う企業に依頼もしてみました。

ところがその業者から案内される開業物件も
卸業者とそう変わらずに、
この地域だと言っても他の地域の案件が送られてくる始末です。

自分の希望はそんなに難しいものなのだろうか?
そもそも希望地には物件がないのだろうか?

そんな事を悩んでいたW先生は、
藁をもすがる思いで
以前、転職の際に世話になった
コンサルタントに相談してみました。

転職の専門家だから
開業に関しては詳しくないだろうなと思っていたのですが、
これがなぜか非常に詳しい…。
下手したら依頼した医薬品卸や開業支援会社の担当者より詳しい…。

旧知の仲なのでどうしてそんなに詳しいの?と聞くと、
W先生、うちは転職支援と開業支援と両方やってるんですよ!との回答。

マ・マジで…。
転職だけだと思ってた…。
開業準備を始めてから早くも1年近くが経ち、
一向に進んでいないW先生としては
彼なら信頼できるし彼に任せた方が話しが進みそうだ…考えて、
医薬品卸、開業支援会社を断り、
その彼に依頼する事にしたのでした。

な・何とそれから1か月後にはまさに望み通りの開業物件が見つかり、
事業計画も明確に立って、
融資の目途も立って物件契約も済みました。
内装業者や医療機器ディーラーとの打合せもこなしつつ
その彼の交渉力で料金は想定よりも低く見積もってもらいました。

次は集患をどうするか?
什器や家具、パソコンなどの細かい物品をどうするか?
話しがどんどんと進んでいき、
W先生としても手応えを感じる事ができています。

今思えば最初に依頼した会社、その次の会社は一体何だったんだろう?
1年も全く動きがなくて、連絡取っても頑張ってます、
もう少しだけ待って下さい…と言うだけ…。

しかも今でもお抱えの業者を紹介してきて、
何とか食い込もうとしてきます。
もう信頼はまったくないのに…。
あれだけ何も進まなかったのに図々しいにも程がありますね。

最初から知人の彼に依頼していれば
すでに開院できていたかもしれないなあ…。
俺の時間を返してくれ~と思うW先生でした。

やはり自分のパートナーとして
動いてくれる人間を誰にするかは大事ですね…。

 

<クリニックの開業について書いた過去記事もご覧下さい>
開業セミナーに何度も参加してみたけど…。
開業に向けた経験値アップは勤務医とは全然違う!?
開業を目指したプランニング…。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

業者に翻弄されてご自身の夢は叶えられず…。

 

大学病院にて長くご勤務してきた40代前半のY先生。

専門は消化器内科ですが、

内科は幅広く診察してきましたので、

一般内科、消化器内科で開業しようと考えておられます。

 

若い頃から40代に突入したら開業準備を進めようと考えており、

大学医局での仕事もやり切った感を持っており、

ご自身としても医師としての経験をたっぷり積んで、

さあ、これから!と意欲を持って開業準備をスタートしました。

 

いくつかの開業セミナーに参加してみると、

様々な業者さんが声を掛けてきてくれます。

その中から好感の持てる担当者の方々数人に連絡を取り、

開業地や物件について問合せしてみました。

 

各社それぞれ様々な提案をしてくれましたが、

Y先生にとってドンピシャのものではありません。

ご自身としては長年の夢を叶える為の開業なのですから、

ここは妥協できないと考えて

各社にご自分の考えを丁寧に再度お伝えしました。

 

ところがその後に提案されたものも納得できるようなものではなく、

どうしてわかってもらえないかな…と憤りながらも

協力してもらっているのだから何度でも伝えなければ…と考え、

その都度、自分の考えや方針を伝えていきました。

 

しかし段々と提案してくれる業者は減ってきて、

提案の頻度もどんどん少なくなってしまいました…。

 

ん、俺が我儘すぎるのかな…。

このままでは誰も協力してくれなくなってしまう…。

そんな事を考えて少し柔らかく、頼るような連絡をしてみたものの

Y先生のご希望に添える案件は少なくて…という返答が返ってきます。

 

ん…、少し妥協しなきゃダメか…と考え、

エリアや希望の内容を広げてみたのだけど

あまり状況は変わらずしまいです…。

 

埒が明かないと考えたY先生。

やり取りをしていた業者の中で最も信頼できそうだと考えていた

某社の担当の方とお会いしてみると、

Y先生のお考えやお気持ちは充分わかるんですけど、

現実味としてなかなか難しいんです。

我々としてもお金にならないご支援はいつまでもできるものでもなく、

ちょっとこれ以上のサポートは難しいんですよね…。

おそらく他社さんも一緒なんじゃないですか?と言われてしまいました。

 

う~ん、これは困った…。

何もかも自分だけでやるなんて無理だし、

もっと大幅な妥協をしなければならないという事か…。

それも致し方なしと考えたY先生は、この担当者の方に

もっと妥協をするのでどうしたら良いか?と尋ねてみますと

今まで私が提案してきた物件の中で選んで下さいと言われました。

 

帰宅後、再度今まで頂いた物件を見直してみましたが、

正直いずれも食指が動かないような案件です。

しかしこの期に及んではそんな事も言ってられません。

消去法で最後まで残った案件で妥協する事にして

担当者に連絡を取ってみました。

 

それからは開業準備も動き始めました。

内装業者との打合せ、医療機器、電子カルテなど

様々な打合せを忙しくこなしていく中で

これで良かったんだ…とご自身を納得させるY先生。

 

しかし…。開院して半年…。

思うように患者さんは来院してくれません。

 

最初の開業地、開業物件に関して妥協をしたY先生は、

不必要なまでに業者の意向を尊重してしまい、

当初描いていたご自身のプランを少しずつ、少しずつ

諦めてしまっていたのでした。

 

誰も手伝ってくれなくなったら開業できない…という恐れを感じて

業者の言いなりになってしまった部分もあります。

 

その後、開業医の先輩方と話してみると

皆さん異口同音に多少の妥協は致し方ないけど

行き過ぎた妥協をし過ぎると絶対に上手く行かないとおっしゃいます…。

 

せっかく夢である開業を叶えたのに

これで良かったのか…と悩み深いY先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

意外と高い宣伝広告費…ケチって後々後悔…。

クリニック開業宣伝広告

 

お父様も開業医であるU先生。

そのままお父様の医院を継いでも良かったのだけど、

新しい道路ができて、街の様相はどんどん変わっています。

人通りも変わり、競合医院も増えてきているんです。

 

お父様の医院も患者数が徐々に減ってきており、

すでに開院して30年も経っている事もあり、

お父様もここを引き継ぐよりも

近隣で新たな場所を探した方が良いのではないかと

おっしゃっています。

 

そこでU先生は地元の不動産屋さんに依頼してみると、

現医院よりも利便性の高いところに

ちょうど良い物件を見つけることができました。

 

お父様も好立地に賛成してくれ、

新たな場所で新規開業をすることで準備を進めていきました。

 

すでに30年もクリニックを経営してきたお父様からのアドバイスを受け、

とても順調に準備は進んだのですが、

議論になったのは宣伝広告です。

 

お父様は、駅に看板を出すべきだ、電柱広告も合わせて行うべきだ、

そうおっしゃるのですが、U先生としてはそれはひと昔前の広告手法だし、

今時はネットで検索を掛ける人が多いから

ホームページなどに注力すべきだと考えています。

 

結果的には両方すべきという事になったのですが、

すると予算をオーバーする宣伝広告費になってしまいます。

 

U先生はご自身のお考えであるWEBでの広告費は削りたくなく、

効果が見えないのに多額の資金を必要とする

駅や電柱での広告を最小限度に抑える事にしました。

 

開院して6カ月…。

患者数は思うように伸びていません。

 

来院してくれた患者アンケートを見てみると

「目の前を通り掛かって…」

「クリニックの看板を見て…」という来院動機が多く、

ホームぺージを見てという動機はほとんど目にしません。

 

地域特性や患者層。

非常に重要なファクターですが、

U先生が開院する地域は高齢者も多く、

まだWEBで検索する方がそう多くはないのですね。

 

こんな事なら父の言う通り、

駅や電柱の広告に費用を掛けておくべきだった…。

都会ではないのだし、患者層も若くはないので、

それに合わせるべきだった…。

 

後悔先に立たず…ですが、

やはりマーケティングは難しいと反省しきりのU先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

医療機器は新品?中古?

 

開業準備を着々と進めている内科医のS先生。

 

医師になってから20年。

いつかは開業と思いながらも、

その為には自分を成長させなきゃと

急性期病院を中心に、療養型やリハビリ病院、

アルバイトではクリニックでもご勤務し、

経験値を高めてきました。

 

開業医として先輩である知人医師より紹介を受けた

開業コンサルタントとも相性が良く、

安心と信頼を持って開業に向けて動いています。

 

良き物件とも出会う事ができ、

税理士を通して銀行からの融資も目途が付きました。

内装業者との打合せも順調で、

とても雰囲気の良いクリニックが出来上がりそうと

希望に満ちています。

 

開業コンサルタントからは、

これからは医療機器の選定を進めますよという事で

医療機器ディーラーと打合せをしています。

 

当初の予定では、機械は最低限で構わない、

程度の良い中古があればコストを下げる為にも

中古を購入する。

そんなスタンスでいたのですが…。

 

ショールームに行くと、

非常に魅力的な医療機器が飾られています。

また営業からパンフレットを見せられると、

これも欲しい、あれも欲しい…。

当初は最低限で、中古も交えて…という考えだった

S先生ですが、心が揺らいできてしまっています。

 

古い機器よりも最新の機器の方がいいよな…、

内視鏡もいざという時の為に欲しいな…、

エコー検査もできたらいいよな…。

際限なく広がってしまいそうです。

 

もちろん資金的に余裕があるならば、

最新機器で、多くの機械を揃えた方が良いのでしょうが、

それで返済金額が上がり、

損益分岐を超えるのに時間が掛かるとか、

いつまでも返済をし続けねばならないなんてのは

愚の骨頂でありますね。

 

悩んだS先生は、

開業コンサルタントと税理士に相談してみた所、

上限を決めて、必要な機器をリストアップし、

優先順位を付けて、中古も活用し、

予算内で収める事をアドバイス貰いました。

 

ただしコンサルからは、

中古業者には気を付けねばなりません。

メーカーの検査をきちんと受ける

許可を持っている業者でないと

故障の際に修理を受け付けて貰えませんからね…と

きちんと許可を受けている業者を紹介して貰いました。

 

絶対に必要な機器。

どうしても新品でないといけない機器。

中古でも良い機器。

予算が余ったら購入したい機器。

 

その辺りが整理されたS先生は、

開業コンサルタントに業者との間に入って貰い、

多少のディスカウントを獲得しながら

機器選定を進めていきました。

 

概ね、満足できるラインナップになり、

後は開院してから、患者層に応じて、

利益が出るとともに買い増したり、

買い替えたりしようという事になりました。

 

やはり事業計画上の予算を超えないようにする事、

新品と中古はバランス良く活用する事、

必要度と優先順位をしっかりつける事、

信頼の置ける業者を選ぶ事、

この辺りが医療機器の購入の際に気を付けるべき点ですね。

 

医療機器が納品された時、

S先生は全然中古ってわからないね~、

もう少し中古を買っても良かったかなあと苦笑してました。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

どんな税理士に依頼すべきか?

クリニック開業税理士

 

開院して3年が経つI先生。

経営の方はまあまあ順調で、

特に大きな問題は抱えていません。

 

何とか損益分岐点は超えているものの

だからと言って安心…というレベルにはなく

I先生ご自身、もっとできる、もっと伸ばしたいと

お考えになっています。

 

経営上の数字とにらめっこしながら

何をどうすべきか悩む日々でありますが、

顧問税理士の先生に相談しても

ピンと来る答えが返ってこずに

それもI先生の大きな悩みになっていました。

 

実はI先生の父も開業医です。

継ぐ事はせずに別の場所で開業をしたのですが、

それについては理解をしてくれた

父がひとつだけ出した条件が

税理士は自分がお願いしている先生にしなさいという事。

 

それだけ自分を心配してくれ、

信頼できる税理士を紹介してくれるなら

自分の我儘を貫く為に飲んだI先生。

 

最初は特に問題は感じませんでした。

開業時も、事業計画を丁寧に作り込み、

銀行からの融資もスムーズに実行されましたし、

さすがだな…なんて思っていたのですが…。

 

その後、経営上の悩みをいろいろ打ち明けるのですが

どうものらりくらりとした回答しか頂けず、

聞く所によるとクリニックの顧問は父の所と

もう1箇所しかしておらず

正直医療はよくわからないんだよね…とおっしゃる。

 

月々の処理や決算などはしっかりやってくれるものの

それ以上のものは期待できない…。

 

税理士さんってこんなものかな~と悩むI先生。

たまたま知り合った医療コンサルタントに相談をしてみると

クリニックを専門とした税理士もいるし、

人事面も含めて、様々な経営相談にも乗って貰えると聞く。

 

父の手前、簡単に変える訳には行かないけれど、

どこかの時点でクリニック経営を良く知る税理士に

顧問になって貰わないといけないんだろうなあと

しみじみ思うI先生。

 

若干の後悔をしながら、

クリニックに詳しい税理士さんの情報収集をしています。

 

税理士は税務のプロではありますが、

どこに強みを持つのかは千差万別です。

 

やはり開業医には、

クリニックを専門としていて

他院との比較や集患対策、スタッフ管理などについても

アドバイスをくれる税理士さんが相応しいですね。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

信頼関係は構築できるのか?

医師の紹介会社への信頼

 

様々な統計がありますので、

本当のところは何とも言えないのですが

人材紹介会社を活用している医師は

全体の2~3割と言われております。

 

開業医や大学医局に所属している先生は

あまり利用する事もないでしょうから、

(ごく一部で非常勤はあるようです)

現実的かなとも思います。

 

そんな中で現在お勤めの医療機関と

その前にお勤めだった医療機関を

紹介会社を経由して見つけたS先生の事例です。

 

S先生は大学を出て

始めて民間病院に転職する際には

ご自身の人脈でお探しになったそうですが

後々いろんなしがらみがあって苦労したそうで

これなら紹介会社を活用した方が良いと判断し、

次の病院は紹介会社経由で探しました。

 

その時は紹介会社って言っても

よくわからないままに依頼したらしく、

言われるがままになってしまったそうです。

 

反省点としては、

もっと自分の希望を担当のコンサルに理解して貰う事、

案内された求人に関して自分でもリサーチする事、

この2点は後々考えると

もう少しすべきだったなあと考えていらっしゃいます。

 

それを踏まえて2回目の紹介会社の利用をしたのですが、

残念ながら最初の時よりもコンサルタントが若く、

知識も経験も不足しているように感じました。

 

大丈夫かな?と思いつつも、

大手の良く見聞きする会社だったので

ご自身の考えている事を率直に伝えたのですが、

これがのれんに腕押し…。

 

理解をしてくれたのか、

できていないのかよくわからない…。

 

翌日から何件もの求人を案内してくれているのですが

正直希望に合うものはだいたい1割くらいです。

たまたまその1割の中に気になっていた病院があったので

繋いでもらったのですが、

その病院の事もよくわかっていないようで、

なおかつスピードも遅い…。

 

これは頼りにならないと考えたS先生は、

先方の事務長と直接やり取りをして

見学⇒内定⇒条件交渉もほとんどご自身で行いました。

 

事務長には、申し訳ないけれども

担当のコンサルタントが信用できなくて…と

率直に伝えると、うちは構いませんよとの事。

 

結局こちらの病院にお世話になる事になったのですが、

後から同僚に聞いた話しでは

同じような経験を持つ先生よりも少し条件は悪いみたい…。

やっぱり素人が交渉してもダメだなと思いつつも、

あのまま担当に任せても良い事はなかっただろうと諦めモード。

 

次の時は信頼できる担当者でないと

お願いしないようにしようと固く誓うS先生でした。

 

WEB上で紹介会社を探すとこうなりますね。

やはり良いコンサルタントは少数ですし

出会えるかは運次第の所もありますからね。

 

1番良いのは、紹介をして貰う事です。

知人の医師や様々な業者さんに聞いてみて下さい。

良い転職のコンサルタントを知らないか?と。

 

普通の方なら変なコンサルタントを紹介はしないでしょうから、

良いコンサルタントと出会える可能性はWEBよりも高いです。

 

転職という人生の転機には、

やはり信頼できるパートナーが必要ですね。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

開業をしないプランニング…。

医師開業相談転職

 

開業のご相談で訪れたY先生。

 

お話しを伺ってみると、

大学医局を始めとして勤めてきた病院では

あまり良い人間関係を築く事ができずに、

1~2年で移籍、転職を繰り返してきたのだそうです。

 

また仕事の方でも一応専門医は取得したものの

これが俺の専門だ!とか、

この分野を追求してみたいという思いが持てずに、

何となく流されてきてしまったのが現実との事。

 

開業医については特に熱い思いがある訳でもなく、

自分のような医師は開業した方がいいんだろうな…と

漠然と考え始めたからとの事でした。

 

もちろんこのままご希望通り開業を推し進めても良いのですが、

開業にはリスクが伴いますし、

現実的には人、モノ、資金などの

リアルなマネージメント能力も問われてきます。

 

またY先生のお話しを聞いていく中で、

実は興味を深く持っている分野があり、

追求したいものはあったのだが

医局のしがらみや上司の都合、

人間関係が阻害要因となって

やりたい事がやれなかったのではないか?という

疑問があったのです。

 

その点を詳しく聞いてみると、

ドンピシャでした。

出てくる、出てくる、やりたい事が…。

 

Y先生、先生は何となく開業をお考えかもしれませんが、

勤務医としてやりたい事がやれる環境があるなら

そちらの方が良いのではありませんか?

 

そう聞くと答えはYES。

よって開業から転職へ道を変え、

やりたい事を徹底的にヒアリング。

 

そしてそのやりたい事が実現できる病院を

ご紹介しました。

今もこの病院でご勤務されていますが、

実に充実した毎日を過ごしています。

 

もしあの時、何となくで開業してしまっていたら

自分は上手く行かなかったと思う。

準備も計画もなかったし…。

 

ただ勤務医としてもプランニングがなかったし、

やりたい事をやろうという強い気持ちもなかった。

 

自分自身にもっと早く向き合って、

キャリアプランニングを考えていたら

数年早くやりたい事ができたのかもしれません。

 

若干の後悔と、それでも今やりたい事ができている事に

感謝しています。

 

何となくの開業…。

目的のない開業…。

準備や計画のない開業…。

 

これは避けるべきですし、

勤務医で行くからといって将来を考えていく事は

大事なんですね。

 

気付いて良かったです。

悩んでいる若いドクターがいれば

自分の経験した事を是非伝えてあげて下さいと

おっしゃっています。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録