業者に翻弄されてご自身の夢は叶えられず…。

 

大学病院にて長くご勤務してきた40代前半のY先生。

専門は消化器内科ですが、

内科は幅広く診察してきましたので、

一般内科、消化器内科で開業しようと考えておられます。

 

若い頃から40代に突入したら開業準備を進めようと考えており、

大学医局での仕事もやり切った感を持っており、

ご自身としても医師としての経験をたっぷり積んで、

さあ、これから!と意欲を持って開業準備をスタートしました。

 

いくつかの開業セミナーに参加してみると、

様々な業者さんが声を掛けてきてくれます。

その中から好感の持てる担当者の方々数人に連絡を取り、

開業地や物件について問合せしてみました。

 

各社それぞれ様々な提案をしてくれましたが、

Y先生にとってドンピシャのものではありません。

ご自身としては長年の夢を叶える為の開業なのですから、

ここは妥協できないと考えて

各社にご自分の考えを丁寧に再度お伝えしました。

 

ところがその後に提案されたものも納得できるようなものではなく、

どうしてわかってもらえないかな…と憤りながらも

協力してもらっているのだから何度でも伝えなければ…と考え、

その都度、自分の考えや方針を伝えていきました。

 

しかし段々と提案してくれる業者は減ってきて、

提案の頻度もどんどん少なくなってしまいました…。

 

ん、俺が我儘すぎるのかな…。

このままでは誰も協力してくれなくなってしまう…。

そんな事を考えて少し柔らかく、頼るような連絡をしてみたものの

Y先生のご希望に添える案件は少なくて…という返答が返ってきます。

 

ん…、少し妥協しなきゃダメか…と考え、

エリアや希望の内容を広げてみたのだけど

あまり状況は変わらずしまいです…。

 

埒が明かないと考えたY先生。

やり取りをしていた業者の中で最も信頼できそうだと考えていた

某社の担当の方とお会いしてみると、

Y先生のお考えやお気持ちは充分わかるんですけど、

現実味としてなかなか難しいんです。

我々としてもお金にならないご支援はいつまでもできるものでもなく、

ちょっとこれ以上のサポートは難しいんですよね…。

おそらく他社さんも一緒なんじゃないですか?と言われてしまいました。

 

う~ん、これは困った…。

何もかも自分だけでやるなんて無理だし、

もっと大幅な妥協をしなければならないという事か…。

それも致し方なしと考えたY先生は、この担当者の方に

もっと妥協をするのでどうしたら良いか?と尋ねてみますと

今まで私が提案してきた物件の中で選んで下さいと言われました。

 

帰宅後、再度今まで頂いた物件を見直してみましたが、

正直いずれも食指が動かないような案件です。

しかしこの期に及んではそんな事も言ってられません。

消去法で最後まで残った案件で妥協する事にして

担当者に連絡を取ってみました。

 

それからは開業準備も動き始めました。

内装業者との打合せ、医療機器、電子カルテなど

様々な打合せを忙しくこなしていく中で

これで良かったんだ…とご自身を納得させるY先生。

 

しかし…。開院して半年…。

思うように患者さんは来院してくれません。

 

最初の開業地、開業物件に関して妥協をしたY先生は、

不必要なまでに業者の意向を尊重してしまい、

当初描いていたご自身のプランを少しずつ、少しずつ

諦めてしまっていたのでした。

 

誰も手伝ってくれなくなったら開業できない…という恐れを感じて

業者の言いなりになってしまった部分もあります。

 

その後、開業医の先輩方と話してみると

皆さん異口同音に多少の妥協は致し方ないけど

行き過ぎた妥協をし過ぎると絶対に上手く行かないとおっしゃいます…。

 

せっかく夢である開業を叶えたのに

これで良かったのか…と悩み深いY先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

開業セミナーに何度も参加してみたけど…。

もう数年前から開業準備を進めるI先生。
ところが未だ開院に至っておりません…。

経営者になるのだから勉強しないと…とか、
数千万円の融資を受けるのだから慎重に事を進めないと…と考えており、
それは決して間違いではないものの、
すでに数年間が経ってしまっているのは
ちょっと考えものですよね…。

お話しを伺ってみましたところ、
慎重な性格と各業者に翻弄されている事がわかりました。

I先生は開業しようと決めた後に、
クリニックの開業について書かれた数冊の書籍を読み、
その後、開業セミナーに参加して勉強するようにしたらしいです。

もちろん勉強する事自体や、
知識、情報、ノウハウを収集する事自体は良いのですが、
I先生はセミナーに参加する事自体が目的になってしまっているようで…。

だいたいどの開業セミナーも、
税理士や銀行、リース会社などが開業資金についてお話しをして、
開業コンサルタントや内装・建築会社が物件選びや建築・内装について話し、
他には医療機器メーカーや医薬品卸業者、電子カルテメーカーなど
各業者が登壇してそれぞれの専門領域について話してくれます。

上手く行けばすでに開業した先生から
自分の開業ヒストリーや成功・失敗事例なども伺えますが、
まあ良くも悪くもその程度です。

I先生は様々な開業セミナーに参加して、
ひとつの業種でもいくつもの企業が存在し、
それぞれ言う事が異なったり、
提供するサービスに差があったり、
その点が気になりだして研究するようになりました。

またブース出展している企業にも話し掛けて
情報収集に勤しみました。

その結果…。
I先生はとてつもない知識や情報を手に入れた一方で、
誰を信用して良いのか…がわからなくなり、
なおかつ自分対業者という構図が怖くなってしまったのだそうです。

結局さ、業者さんはみんな自分の所を使って欲しい訳で、
セミナーに参加している業者同士でも手を組んでいたり、
無理やり導いたりする訳じゃない…。

どこのセミナーに行っても、
勉強すればするほど、知れば知るほど、
み~んな自分の商売しか考えていないように思えてくるんだよ…。

正直、どの業者を使っても同じかな?とも思うようになったけど、
やっぱり信頼できる人とパートナーシップを組まないと
気持ち良く開業できないだろうしね…。

そうおっしゃいます。
ビジネスパーソンでもいますが、
セミナーに参加する事が目的となってしまい、
スキルを上げるとか、目標を達成するとか、
そういう大事なことを見失ってしまって
あまりにも複雑化してしまって第1歩を踏み出せなくなってしまったんですね。

その原因はI先生もおっしゃっているように、
開業志望医師 vs 業者 という構図になってしまっているからです。

本来であれば、
開業コンサルタントが付いて、
I先生と業者のやり取りを代行し、交渉し、
スムーズにコントロールすべきなのですが、
残念ながらI先生が話しを聞いた開業コンサルタントは
みなコンサルタントが本業ではなく、
自社製品や自社サービスを使って欲しいがための
ついでのコンサル部隊だったんですね。

これではI先生の味方がいないんですよね…。

さすがに数年を費やして焦りも生まれたI先生。
医局の先輩ですでに開業医になっている先生から
独立系の開業支援会社を紹介してもらったところ、
I先生+開業コンサルタント vs 各業者 という構図が生まれて、
とにかく心配がなくなって
一気に話しが進んだのだそうです。

何冊本を読もうが、
何度開業セミナーに参加しようが、
自分がこの人だ!という確信がないままには
スタートできないよね~。

今まで何十社もの方々の話しを聞いたけど、
みんな全体像を把握できておらず、
自分の専門領域だけしかわかってなかったんだよ。
それに比べて独立系の開業支援会社はさすがにすごいね。
各業者さんとの交渉も早いし、強いし、
自分はジャッジだけすれば良いところまで持ち上げてくれた。

ようやく開院の目途も付いてきたとの事で、
失敗から学んで成功に近づいているI先生でした。

<開業に関する過去ブログもご覧下さい!>
開院までにどれくらいの期間が必要なのか?
開業時にコンサルタントフィーをケチった結末…。
開院時におけるまさかの予算オーバー!?

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

何度となく開業セミナーに足を運んだけど…。

クリニック開業セミナー

 

40代も半ばになり

いよいよ開業する事を決意したN先生。

 

大学医局に所属して専門領域を突き詰めてきた15年間。

市中病院に転身して総合的に診療してきた5年間。

 

ご自身の中では満を持しての決断と考えており、

タイミングとしてもちょうど良いだろうと思ってます。

 

ここ2~3年、そろそろ独立という考えはあり、

いくつもの開業セミナーに参加してきました。

 

参加するごとに勉強になる事があり、

段々と開業に近づいている感覚はあったのですが…。

 

奥さんの理解や応援も手に入れて、

両親も陰に陽にサポートしてくれる事が固まり、

今の勤め先の院長も今後の連携も含めて、

後押しをしてくれる事になりました。

 

さあ、いよいよ開業準備スタートだ…と思いきや、

今まで開業セミナーに参加してきて

この人なら…と思える人たちに連絡を取ってみたのですが、

「〇〇はもう退職しましたので他の担当者を…」とか、

「△△は異動となり、今の担当者は□□ですので…」とか、

自分の目で信頼できると思っていた人たちが

なぜかことごとく連絡が付きません。

 

唯一連絡が付いた方とお会いしてみましたが、

何だか強引に開業させようとしている感があって、

挙句の果てにはこの物件で決めて欲しいとか、

この業者を使って欲しいとか、

勝手に話しを進める始末…。

 

こりゃダメだ…と感じたN先生は、

またいくつか開業セミナーに参加してみたものの

営業色が強くて無理に誘われる感じがあり、

誰にお願いするかがどうしても決められずに悶々とする日々…。

 

調剤薬局は是非この物件で…としつこいし、

卸やディーラーは自社との付き合いを前提に無料でコンサルしますと

何度も連絡をしてくるし、

税理士や建築会社もあの手この手で営業してきます。

 

どうもN先生はこういう方々が苦手で、

なかなか開業準備をスタートできなかったのです…。

 

このままではマズイ…時間だけが過ぎてしまう…、

すでに開業している先輩ドクターに話しを聞いたり、

焦りつつWEB上で検索を掛けたりしていると、

すごく丁寧な情報を提供している企業を発見し、

担当者の顔写真やコメント、経歴、経験値などもオープンにしていて

興味を持ちました。

 

今まで会ってガッカリ…というケースもあったので

おそるおそる連絡をしてみると…。

 

いや、大当たりです。

誠実な姿勢、確固たる信念、豊富な事例やノウハウ、経験値も高く、

下出に出て何とか依頼してもらおうという卑屈な態度もなく、

ここでお願いしたいという高圧的なところもなく、

N先生はこの方にお願いする事にして、

ようやく開業準備がスタートしました。

 

よし!と思ってから1年近くが経ちます。

でも安心してタッグを組める人が見つかって良かったですね。

 

もっと早く出会いたかった…

その事だけが後悔だそうです。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

開業時にコンサルタントフィーをケチった結末…。

クリニック開業コンサルフィー

 

数年前から開業に備えて準備をしてきたN先生。

元々慎重派な性格なので、

多くの開業に関する書籍を読んだり、

開業セミナーにも足を運んで研究をしてきました。

 

自分なりの事業プランも完成し、

常勤先の理解も得られ、応援してくれそうです。

 

よし1年後を目指して開業しよう!と決断し、

計画を実行し始めました。

 

まずはパートナーとなる開業支援業者…。

ここの選択を間違ってはいけないと考えて、

5社から話しを聞いてみました。

 

独立系の開業コンサルタントが2社、

医薬品卸業、調剤薬局、医療機器ディーラーの開業支援部隊の方々…。

 

N先生の中では独立系の1社が最も信頼できそうで、

自分のコンセプトやプランも理解してもらえ、

担当者の力量や人間性も気に入りました。

 

ただ問題はコンサルタントフィーです。

自分の調べた中では相場通りでもあり、

決して法外なフィーを要求されている訳ではないですが、

他はコンサルタントフィーは頂きませんというところもあり、

非常に悩んでおりました。

 

最終的には開業時の費用はできるだけ抑えておきたいと考え、

医療機器ディーラーの開業支援の方にお願いする事に決めました。

 

希望の開業地にて、それなりに気に入る物件が見つかり、

紹介してもらった税理士と打合せをしつつ、

銀行の融資申し込みの準備を進めていくのですが、

想定していた借入金額がかなりの予算オーバーとなってしまいます。

 

ポイントは2つ。

内装業者の見積もりが予算よりも300万円ほど高い事、

そして医療機器の総額も予算より500万ほど超えています。

 

担当のコンサルタントに相談しても、

N先生がこれから人生の半分以上を過ごすクリニックなんですから、

内装費は絶対にケチっちゃダメですよ…。

 

充実した医療を提供するためには、

医療機器は必要不可欠ですし患者を呼び込みますから、

ここは絶対にケチってはいけません。

 

そう述べてそもそもの予算を超えた融資の申し込みをするように

アドバイスしてきます。

 

結果的に当初の予算よりも1000万円近くオーバーしましたが、

追加融資は難しいと言うし、少し余裕を持っておかないと

後々困るのも嫌だから致し方ないか…と考えて申し込みをしました。

 

ところが担当者は、

さらなる医療機器の充実を訴えてきますし、

中古品などを組み込みたいと話しても

そんな安かろう悪かろうの機器を入れて

故障したらかえって高く付きますよ…と譲りません。

 

挙句の果てには上位機種をおススメしてきたり、

エアコンなどもそこまで必要?と思うほどの

良い機種を提案してきます。

 

患者さん思いのN先生のクリニックなんですから

これくらいは当然です…と言われればNOとも言えず、

医療機器に関してはさらなる予算オーバー…。

 

当然他の予算を削るしかなく、

院長室のデスクや椅子はネットで買い揃えたり、

スタッフ用のロッカーや電子レンジ、冷蔵庫などは

自宅にあるものを持ってきました。

 

最も痛かったのは、

集患対策のために考えていた費用を

医療機器に回してしまった事です。

 

開院後…。

ポツポツと患者さんが来ても、

なかなか安定せずに、広がりもありません。

 

アンケート結果をチェックすると、

患者さんのほとんどがたまたま見掛けて来院した事がわかり、

ホームページや看板、チラシなど、

ほとんど効果的な策を打てなかった事が響いているようです。

 

こんな立派な医療機器があっても、

患者さんが来なければ宝の持ち腐れです…。

 

結局、安かろう悪かろうなんだよね。

ただより高いものはないと言うけど、

ひも付きの業者を紹介されて、

本業の医療機器を大量に購入させられ、

肝心の経営支援は全くしない…。

 

機械さえ買ってもらえれば、

後は最低限の事だけして開業にこぎつける…。

だから無料か…。

 

もしあの時に自分が最も気に入った

独立系の開業支援業者に依頼していたらどうなったんだろう。

もっと良い開業ができたのではないか…。

 

コンサルタントフィーを大幅に超える予算オーバー…。

彼にお願いしていたらこんな事にはならなかったかも…。

 

後悔先に立たず…のN先生でした

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

資金はどの程度準備すれば良いのか?

クリニック開業資金

 

漠然といつかは開業…と考えていた

消化器内科医のI先生。

 

40代も半ばになり、そろそろ真剣に考えて

準備を進めねば…と思い至りました。

 

書店で医師の開業についての書籍を購入し、

研究を始めていてまず思いついたのが

いったい資金はいくら掛かるんだ…?

 

すでに開業した仲間の先生方に聞いてみると

3500万円を下限に、4500万、5000万、6000万、

7000万、7500万とかなり幅がある。

 

仲の良い先生のところには見学もさせてもらったけど、

多額の資金を出した所も、そうでない所も、

傍目から見るとそれほどに変わらない様子…。

 

現在の手持ちは約1000万…。

果たしてこれで足りるのか、足りないのか…。

 

ある税理士が主催の開業セミナーに参加してみると、

一般的な内科のクリニックの場合は

開業資金として5000~6000万円は必要だと言います。

 

ただ自己資金がいくらあるのか?

場所はどの地域で、周辺環境はどうか?

戸建てか、テナントか?新規か?継承か?

内装はどの程度とするのか?

どんなコンセプトのクリニックにするのか?

必要な医療機器は?

ターゲットとなる患者層は?

どこまで診療するのか?

 

こういった事業計画をしっかり立てないと

どのくらいの資金が必要かは

具体的には申し上げられないというではありませんか。

 

そりゃそうだなと考えたI先生は、

知人のドクターに紹介してもらった

開業コンサルタントに相談してみると…。

 

I先生が漠然と考えていた事が

あれよあれよという間に具体化していきます。

 

いくつか宿題は出てきたけど、

I先生のお考えを叶えるのには

5000万円前後の開業資金で行けるでしょう。

自己資金は開業までに

少しでもプラスになれば良いですが、

今のままでも充分です。

 

あとはお望みの物件が見つかれば、

いつでも準備を進められますよ…との事。

 

資金はあくまでも一般論でしか答えられません。

開業する先生のビジョンやプランによって

大幅に変わりますからね…。

 

書籍やセミナーはどうしても一般論になりがちですから、

開業を進めようと決めたのなら

開業支援の専門家に相談してみるといいかもしれませんね。

 

ただ…、

驚くような多額の資金を必要とする開業プランを提示されたり、

開業後も事務長のような形で居座り、

お金をいつまでも引き出す悪質な輩もいますから、

人選には慎重には慎重の上で当たって欲しいですが…。

 

オープンマインドで事前にどれだけ情報提供しているかが

見極めのポイントです。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

事業計画って何?

クリニック開業事業計画

 

30代前半の歯科医師のK先生。

大学でしっかり学び、

その後、割と大きな歯科医院で経験を積み、

自分なりに自信も付いてきました。

 

同期や同年代の歯科医師達もみな開業を視野に入れており

自分もいずれは…と考えていましたので

勤め先の院長に相談をしてみたところ

年度末まできっちり診療をしてくれれば

応援するよと好意的な反応です。

 

よし、俺も一国一城の主になるぞ!と

決意を持って開業準備に取り掛かりました…。

が…、ん、で、何をすればいいんだ?

 

今まで開業は夢のように思っていましたが

特に準備をしていた訳ではありません。

 

慌てて開業セミナーに行ってみたり、

開業の書籍を読んでみたりしましたが、

どうもピンと来ません。

 

少し前に開業をした同期に話しを聞いてみたら、

俺は医療機器屋に無料で支援してもらった…との事。

他にも材料屋とか、税理士とか、

開業コンサルに頼む手もあるのではないかと聞き、

知り合いの材料屋に聞いてみるとお手伝いしますよ。

 

これ幸いと打合せを重ねながら

紹介された物件を見に行ったり、

融資の申し込み準備をしたりと

少しずつ話しは進んでいったのですが…。

 

しばらくすると

今の勤め先の院長に準備はどうだい?と

聞かれました。

 

順調に進んでいますと応えたのですが、

院長は開業は最初の事業計画が最も大事だからな。

綿密なプランニングをしておいた方がいいぞ。

資金計画や人員計画も大事だけど、

コンセプトや事業方針が固まっていないと

集患マーケティングがブレてしまうし、

そもそもの物件選びもコンセプトに合わせないとね…

とおっしゃいます。

 

むむ、事業計画…。

材料屋はそんな事を言ってなかったなあ。

銀行からの融資は約6000万円。

どう考えたって失敗はできません。

 

言われるがままに準備を進めてきたけど

確かにコンセプトが固まっているとは言い難い状況…。

セミナーでも事業計画が大事だって言ってたっけ。

 

材料屋の担当者に聞くと、

我々がしっかり計画してますから

K先生はそれに乗っかってくれればいいんですよと

言うではありませんか…。

 

何だか信用が置けなくなったK先生は、

院長に相談してみると

ん~、どうも良い業者とは言えなさそうだな。

うちが開業した時にサポートしてくれた

開業コンサルタントを紹介しようか?と

言ってくれました。

 

開業コンサルタントなんて何だか怪しいと思ってましたが

院長の紹介であれば安心だし、

気に入って長く勤めてきた

このクリニックを支援した人なら…と思い

お会いしてみると…。

 

いきなり事業計画の話しからスタートしました。

K先生が考えなければならないのはこの点、この点と

非常に明確に教えてくれます。

 

K先生が頭の中に描いていた構想をどんどん形にしてくれ

開業場所や物件についても具体的な話しとなっていきます。

まして想定される資金が1000万以上も低く、

材料屋よりも信頼が置けそうです。

 

翌日K先生は材料屋の担当者に断りを入れ、

院長に紹介してもらった開業コンサルタントと

話しを進めていきました。

 

事業計画の作り方やポイントも丁寧に教えてくれ、

非常に具体的かつ実現可能なプランができました。

 

それから8カ月後…。

いよいよ今日は内覧会です。

想像していたよりもずっと来場者が多く、

予約も20件以上入りました。

 

あの時にしっかりと事業計画を立てて良かった。

明日から非常に楽しみだ…。

よ~し、やるぞ~と気合いたっぷりなK先生でした。

 

材料屋さんの開業サポートも

的確でまともな所もあるのでしょうが、

K先生の担当者は宜しくなかったようです。

間一髪のところで方向転換して良かったですね。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

開業をするのかしないのか?

医師開業物件

 

H先生が開業を検討し始めたのは40代中頃でした。

 

医師として経験も積み、

タイミングとしてはちょうど良い頃。

 

開業セミナーに参加してみたり、

いくつか物件を見に行ったりしてみましたが、

ピンと来るものがなく、

話しを進めるまでには至らず…。

 

H先生自身も、

開業は良い物件と出会えなければ

無理に進めない方が良いと

先輩の開業医師から言われていたので

気長に探し続けるつもりでした…。

 

知人の医療機器メーカーや卸業者の

担当者にはいつも良い物件ないかな?と

聞くのが日課のようになっていました。

 

それから3年…。

 

今だに開業に踏み切れないH先生は、

このままではタイミングを逸してしまうのではないかと

不安になってきました。

 

今の勤め先の病院はそれなりのやりがいと

そこそこの待遇であった為に、

特段不満はありません。

 

それだけに自分自身が決断をしないと

このまま開業しないで終わってしまうかもしれない…と。

 

焦る気持ちは日に日に増していくのですが、

そうは言っても良い物件とも出会えない…。

 

知人の医師から開業コンサルタントを

紹介して貰って話しを聞いてみると、

物件も非常に大事だが、事業計画も大事です。

 

まずはH先生が思うクリニック経営の形を

事業計画に落とし込んでみましょうと提案され、

生まれて初めて事業計画書を作ってみました。

 

すると自分の頭の中が整理されていく自覚が出てきて、

もしかしたら自分はスゴクつまらないこだわりを

強く持ち過ぎてしまっていたのかもしれないと

気付きました。

 

後日、コンサルタントと再度の面談を行い、

理想のクリニック像についてディスカッションすると

益々自分の頭の中がクリアになっていき、

譲れないもの、妥協できるものが

明確になっていきました。

 

数日後、開業コンサルタントから紹介された物件を

見学に行ってみると、ドンピシャリ!。

 

これだ!とインスピレーションが働き、

一気に話しを進めました。

 

今は開業準備と今勤めている病院の引き継ぎ作業で

忙しい日々を過ごしていますが、

夢のように考えていた開業に向かって話しが進み、

とても充実しているそうです。

 

H先生曰く…、

俺の3年間を返せと言いたい…。

もっと早くコンサルタントに相談すれば良かった。

 

何となくコンサルタントって怪しく感じていたけど、

悶々とした日々を変えてくれたのは確かにコンサルタント。

 

あ~、もっと早く…

悔やんでも悔やみきれない失った3年間なのです。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録