そんなに焦って転職したい訳ではないんだよ!

医師紹介会社エージェント

 

大学医局の在籍も10年となり、
そろそろ次のステップを考えているH先生。

とはいえ今までは自分の事で精一杯。
専門領域を追求してきた為に
他の先生方がどのように職場を見つけているのか?
医師の転職マーケットがどんなもんか?
まったく想像もつかない様子です。

そこで以前にイベントで知り合った
エージェントの方を思い出し、
連絡を取ってみました。

するとすぐさまアポイントを求められて、
翌日の診療後にお会いする事になったそうです。

H先生としては
いろいろ聞きたい事もあったので
これ幸いと思っていたのですが…。

H先生は連絡した目的などを丁寧に説明し、
質問をし始めたのですが…。

その担当者は、
ご希望の年収は?
弊社は非公開求人も数多くありますので…
病院の規模はどれくらいが望ましいですか?など
H先生の質問をはぐらかしながら
希望条件などを聞き出そうとします。

H先生はそうじゃないんだよね…
だから最初にすぐの転職を考えている訳ではなく、
いろいろ情報を集めて
事前に研究したいって言ったじゃん…と思いながら
適当に応えながら、
他にもいろいろ質問をするのですが
どうも会話が成り立ちません。

挙句の果てには、
そんなH先生のおススメできる求人はこちらです…と
求人票をいくつか出してきて、
どれか興味があるものはありますか?と聞いてきます。

あ~ダメだ…。
この人は一刻も早く転職させる事しか考えていない…。

すみません、ちょっと次の約束があるものですからと
その場は早々に退散したそうです。

翌日から頻繁にその担当者からメールが届きます。
H先生におススメの求人はこちら!と
毎回7~8件の求人が案内されます。

おススメってこんなにあるんだ。
でも全然興味が湧かないんだけど…。

先輩ドクターに聞いてみると、
そりゃ大手のエージェントなんてそんなもんだよ。
良い情報を持っていて、
いろいろ相談に乗ってくれるのは
中小の紹介会社だよ。
まあ中小ならどこでもいい訳じゃないけどね…。

そうか…。
時間の無駄だったなと気づいたH先生でした。

 

<過去のコラムもご覧下さい!>

無能な上司の下では仕事ができない!?

求人の内容を全然把握していないコンサルタント…。

求人を何件も貰ったのでついその中から選んでしまった…。

 

 

その転職の目的は何ですか?

医師転職面接

 

今の職場の在籍期間も5年を過ぎ、
そろそろ新しい環境を望み始めたA先生。

出入りの業者にどこかいい病院ないか?と聞いてみたり、
時間がある時は求人サイトをチェックしてみたり…。

ところが次の職場に対して、
具体的に望んでいるものがなくて、
将来的な構想も特に考えていなくて、
どこかいいところないかなあ…と
漠然とした感じで探していたのだそうです。

こうなると結局条件面を中心にせざるを得ず、
ここなら今よりも給料は上がるし、
そんなに忙しそうでもないから、
ここでいいいかあ…と
ある総合病院に応募してみたのだとか…。

是非、見学・面接にいらして下さいとの事で、
気軽な感じで病院に行きますと…。

待ち受けていたのは厳格そうな院長。

A先生は当院をなぜ志望したんですか?

A先生は当院で何ができますか?
また何をしたいですか?

A先生はご自身の将来的なビジョンをどう描いていますか?

特に準備なく来たA先生は
しどろもどろになりながら答えたのだそうです。

しかし院長はそれを見抜き、
A先生は何を目的に生きてるんですか?
なぜ医者になったのですか?
医師としてどんな人生を歩みたいんですか?と
たたみかけてきたらしいです。

院長の話しを聞きながら、
確かに自分は日常の忙しさにかまけていて
医師としてこれがしたいとか、
こういう医師になりたいという気持ちが
薄くなっていたかもしれない…。

まさか面接に来て説教されるとは思わなかったけど、
条件が良かったからここに来ました…なんて
考えてみたら図々しい話しだよな…。

帰り道…。

俺は医者として何がしたいんだ?
どんな医者になりたいんだ?

そんな自問自答をしながら、
その日以来、自分の未来について、
真剣に考えるようになったそうなのです。

すると求人サイトを見ていても、
目を止める案件が全然変わってきたようなんです。

あの院長に厳しく言われたけど、
正直、あの時は頭にも来たけど、
率直に言ってくれて良かった…。

何だかあれから毎日張り合いがあるし、
将来設計みたいなものもできつつある。

面接としては大失敗だったけど、
自分にはターニングポイントとなる出来事だったな。

A先生はキャリアプランに目覚めたようです。

 

1度だけ他社も試してみようと依頼してみた結果…。

医師人材紹介会社

 

すでに何度か人材紹介会社を利用して
転職をした事があるY先生。

賛否両論ある紹介会社だけども
自分はそれなりに満足していて
いつも同じところを利用していたそうです。

別に不満はないし、
それなりの職場を紹介してくれていたしね…と。

ところがそのいつも利用している紹介会社で
同僚がひどい目に合った話しを聞き、
そういうケースもあるのか……と知り
たまには他の業者も使ってみようかな…と考えたそうです。

 

医師/看護師 転職求人アプリ

※画像クリックで、医師転職求人アプリ・ダウンロードサイトに飛びます!<スマホ・タブレットの方のみ>

 

折りしも今の職場もはや3年が経ち、
そろそろステップアップをしたいと考えていたY先生。

今のところは割と大手なので
たまには中小企業で特徴のある所が良いかと思い
リサーチをしていくと
きめ細かい情報提供をしている会社を見つけたので
問合せをしてみました。

すぐさま返信が入り、
1度お会いして打合せをしてみる事にしたのだそうです。

待合せ場所に行くと、
ベテランの担当者がにこやかにお待ちしていたそうで、
話しを始めてみると…とにかく詳しい。

Y先生が今まで会ったコンサルタントとは段違いだったそうで、
しかも豊富な事例やノウハウを惜しげもなく教えてくれたそうです。

人材紹介業者の裏話しから、
利用する際の注意点や上手い活用の仕方、
求人の選び方や選ぶ際のポイント、
ご自身のキャリアプランやライフプランの作り方、
条件交渉の仕方やそのポイントなど
もう話しを聞いているだけで目から鱗…。

Y先生は今回はこの人に任せてみようと決めたそうです。

 

ルナーヴァ 医師/看護師 転職求人情報 バナー

医師/看護師 最新転職求人情報サイトはこちらから!

 

それから1カ月後…。
Y先生はご自身の想定した以上の条件をもらい、
働き甲斐が持てそうな職場を紹介してもらったようです。

今の職場の円満な退職の仕方などもアドバイスをくれて、
契約関係もバッチリサポートしてもらい、
今は安心して現職場の退職日を待つばかり。

新しい職場に入職するのが楽しみでしょうがないそうです。

やはり会社によって、担当者によって、
提供するサービスは全然違うんだなあ…。

もっと早くこの人と出会っていれば、
今までの職場よりも全然良い所と出会えたかもしれない。

別に不満はなかったけど、
要は自分がこの業界の事を知らなかっただけなんだな。

もうこれからは今までの会社ではなく、
この人と付き合っていこう。
そういえば後輩ドクターもどこかいい所がないか探していたな。
この人を紹介してあげよう。

Y先生はこれから何度転職するかわからないけど、
この人がいれば安心だ。
コンサルタントのレベルってのは全然違うんだな~。
医者もそうかもしれないけど…と
良い出会いに喜んでおられるようです。

医師/看護師 転職求人アプリ

※画像クリックで、医師転職求人アプリ・ダウンロードサイトに飛びます!<スマホ・タブレットの方のみ>

ルナーヴァ 医師/看護師 転職求人情報 バナー

医師/看護師 最新転職求人情報サイトはこちらから!

 

<過去記事もご覧下さい!>
情報提供をしていない紹介会社は危険?
ペコペコして誤魔化しばかりのコンサルタント!
信用が置けるエージェントと置けないエージェントの使い分け!?

 

思わず飛び出してしまった結果…。

 

つい准教授と大喧嘩をしてしまった…。

日頃から尊敬をしていたし、

原因は些細な事…。

 

教授から呼び出された時に

素直に詫びる事ができれば良かったのだけど

なぜかその時はアツくなってしまっていて…。

 

思わず口にしてしまった…

「辞めます…」。

 

もう取り返しは付かない…。

後戻りはできない…。

 

幸い医師は転職がしやすいと言うし、

早急に新しい職場を探さなきゃ…。

 

しかしそもそも辞める気なんかなかったし、

次の事なんて全く考えていません。

 

慌てて求人サイトをチェックしてみても、

どこも同じような募集要項で判断ができません。

 

とは言え切羽詰まっているS先生は

取り合えずどこかに応募しないと…と

3件の病院に連絡をしてみました。

 

いずれも歓迎ムードで

是非見学にお越し下さいと言うので、

院長面談と院内の見学をさせて頂きました。

 

ところがその後、内定の連絡が来ず、

こちらから問い合わせても現在検討中とか

もう少しお時間を下さいと歯切れが悪い回答です。

 

う~ん、これは医局側から何か話しが入ったのかもしれないな…。

 

幸いまだ独身で身軽なS先生は、

これを機会に都心部に行くかと考えて

首都圏の病院で求人を探してみたところ

想像していたよりも案件は多く、

大学医局との繋がりが薄い病院も結構あるようで、

トントン拍子で話しが進む事も実感できました。

 

ただ残念な思いも実はS先生の中にはあります。

大学医局でのキャリアが第1志望だった訳で、

それを自ら閉ざしてしまった事は

かなり痛手であるとも思っておられるようです。

 

教授や助教授、その他、お世話になった先輩医師…。

 

でも過ぎた事を振り返っても仕方ありませんし、

この失敗を糧にこれから心機一転で頑張っていこう…。

そう心に秘めるS先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

 

退職の申し出は辞表を出すべきか?

医師退職注意

 

今までいくつかの病院でご勤務してきましたが、

初めてご自身で新たな職場を探されたA先生。

 

大学医局を退局する際には、

派遣先の病院にそのままお勤めになられて

はや7年。

 

キャリアアップを望んでの転職でしたが、

以前に一緒にお仕事をしていた上司筋の先生にお声を掛けてもらい、

そちらでお世話になる事を決断されたのです。

 

しかし7年間もお世話になった今の病院に対しては

それなりに愛情や感謝の思いがあり、

どのように退職の申し出をすれば良いのか悩まれていました。

 

「やっぱり辞表か何かを提出するのがいいのかなあ?」

 

このようなご相談を受けましたので、

下記にご説明いたします。

 

通常、一般的な退職時に提出するものは、

退職願、退職届、辞表がありますが

それぞれ下記のように分類されているようです。

 

<退職願>
雇用契約の解約を願い出る(申し込む)書類。

会社が承諾することで退職(解約)となります。

出した時点では退職となりません。

また、相手が承諾するまでは撤回することができるのも一つの特徴です。

 

<退職届>
会社への最終的な意思表示であり、届が受理される=退職となります。

退職願と異なり、特別な事情がない限り撤回することはできません。

 

<辞表>
役員のような役職のある人(または公務員)が辞める際に用います。

退職願は「従業員が使用者に対して退職(雇用契約の解約)を申し出るもの」

ですから、使用者側が退職を申し出る場合は退職願ではなく辞表となります。

(課長以上の役職についている人も辞表を使うことがあります。)

同様の理由から、公務員も辞表を使います。

 

以上の事から、

A先生にはすでに次の職場が決まっており、

特に問題がなさそうである事から

退職届が相応しい事をお伝えしました。

 

ただ退職する際の基本的なスタンスは

飛ぶ鳥後を濁さず…だと思いますし、

A先生も今まで長くお勤めになってきた病院ですので

誠実に対応したいお気持ちが強かったので

いきなり書面で切り出すのではなく

まずは口頭でお伝えした方が良いとアドバイスさせて頂きました。

 

その方が誠意も伝わりますし、

今までの感謝の思いも言葉にする事ができますからね。

 

実際に院長にA先生がお伝えしたところ、

こちらこそ長い間有難うと逆に感謝され、

事務方から退職時の書類を渡されてそれを提出。

特に退職届などを出す必要はなかったそうです。

 

正直A先生のようにスムーズに行くケースばかりではなく、

退職の申し出をした段階で強烈な引き留めに合う事も少なくありません。

 

しかし、いきなり退職届を出して、

早く辞めさせてくれ!なんて言うのは

あまり誠実とは言えません。

 

まずは相談ベースから始まり、

病院や医局の状況などの頃合いを見計らって切り出し、

断固たる思いを持っている事をお伝えするのがいいですね。

 

A先生のように7年間という長期のご勤務ばかりではありませんが、

仮に3年だろうが、1年だろうが、

仕事がしやすかろうが、しにくかろうが、

感謝していようが、していなかろうが、

最後は飛ぶ鳥後を濁さず…という姿勢をキープするのが

大切ではないかと思います。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

しつこい紹介会社は勘弁だ!

医師 紹介会社 エージェント

 

随分前の事ですが、

転職を考えた際に紹介会社に問合せをした事があるS先生。

 

その際の対応が不誠実で、

もう2度と紹介会社なんて使うものか!と思っていたのですが、

今、お勤めの病院の経営陣が変わり

S先生の望まない方向に経営改善が進んでおり、

次の職場を考えたい…。

さあ、どうしようか…。

 

S先生が以前紹介会社とやり取りをしたのは、

4年前の事でした。

 

最近、紹介会社というものを

WEB上や医療系の雑誌などでよく見掛けるようになったし、

〇〇先生はどこそこの紹介会社を使って転職したとか、

△△先生は紹介会社経由の病院に転職して年収が上がったとか、

そんな噂話を聞くようになったので、

少し気になっていたのだそうです。

 

S先生自身は、今すぐの転職を考えている訳ではなく、

自分もこういう会社を利用すれば、

もっと良い待遇の病院が見つかるのかな?と考えていました。

 

そんなある日、

自分が興味を持っていた病院の求人を掲載してあるサイトがあり、

「この求人に興味がある先生はこちらからお問合せ下さい」という

案内に思わず連絡を取ったのがスタートです。

 

WEBから必要項目を入力して送信してみたところ、

何と5分以内に連絡が来ました。

 

人気のある求人なので一刻も早い応募が必要だ…との事。

い・いや、自分はそんなつもりじゃなかったし、

いきなりそんな事を言われても…と戸惑うS先生。

 

もう少し詳しい情報が欲しかっただけで、

いきなり応募なんて、そこまで考えてないと

その場は一旦お断りしました。

 

ところが翌日も、その翌日も電話が掛かってきて、

まあ取らなかったとはいえ、ちょっとしつこいなあ…と。

しかも毎日メールも送られてきて、

1度お会いして打合せがしたいとか、

他にも良い求人があるので案内したいとか…。

 

しつこいのが嫌いなS先生は、

ちょっと頭にきてしまって無視していました。

その後も何度も電話とメールが来て、

3カ月くらいは頻繁だった、

半年くらいは時々来てた、

1年くらい稀にあったので、

ホントにしつこいなあ…と辟易したんだそうです。

 

そんな事があったので、

2度と紹介会社なんて使うか…と考えていたのですが、

望まない形で新しい職場を探さねばならなくなってきて、

さて、どうするか…。

 

そんな時、同じ職場の他科の先生が

お辞めになる事が明らかになりました。

 

この先生とは愚痴を言い合う仲だったS先生。

診療後に声を掛けてみると、

先に悪いね…、ちょうど良い求人があったので、

そちらでお世話になる事にしたよ。

S先生も早く脱出した方がいいんじゃない?とおっしゃいます。

 

その求人はどこで探したの?と聞くと、

少し前に大学の後輩が転職をして、

その時に手伝ってくれた紹介会社がスゴく良かったというので

紹介してもらって会ってみたんだ。

 

S先生が心配しているような

無理に話しを進めるなんて全くなかったし、

状況によっては今のところで踏ん張る事も大切とも言ってたしね…。

 

自分は信頼が置けて、

結果的にも良い職場が見つかったし、

S先生が関心あるなら紹介してあげるよ…と言ってくれました。

 

ちょうど今S先生は担当者とやり取りをしています。

しつこさや無理強いが全くないどころか、

医療業界を良く知り、適切なアドバイスもくれるそうです。

 

やっぱり大ぴっらに宣伝広告してる所以外でも、

真摯なサポートをしてくれる所があるもんですねと

しみじみおっしゃっています。

 

今度こそ、いい職場が見つかるといいですね。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

新たな職場の欠点や短所が見えてきて…。

 

どんな方でも、どんな職場でも、

多かれ少なかれ欠点や短所はありますよね…。

大学医局を辞めて初めての転職を実現した

K先生は入職して3カ月…。

諸々悩んでおります。

 

医局にはもう居場所はないし、

これ以上在籍し続けてもあまりいい事はないと考えて

一念発起して民間病院に転職をしたK先生。

 

大学病院ほどに忙しくはないし、

そうは言っても暇な感じでもないし、

それなりの症例経験を積める環境ではあるようです。

 

また条件面に関しては

年収はそこそこ上がったようで満足していますし、

赴任手当、住宅手当などもあり、入職時は助かりました。

 

休みの日にコールが掛かる事もあまりなく、

当直も月に2~3回と今までと比較すると

トータルで考えるとかなり良くなっています。

 

しかし、どうしても大学病院と比較すると

劣る部分はある訳で…。

 

検査機器など機械類が古い…。

 

オペ室の体制が整っていない…。

 

同僚医師の診療が信用できない…。

 

看護師のサポートに不満がある…。

 

モチベーションの低いスタッフが在籍している…。

 

当初からそれなりの覚悟は持っていたつもりでしたが、

実際に直面してみると想像していたものと違って、

実に悩ましい…。

 

診療上で戸惑ったり、困ったりする事も

度々発生してしまい、これじゃ前の方が全然良かった…。

そう思わざるを得ない事もしばしば…。

 

不満、不信、不安…。

K先生は現状に対して非常にネガティブに受け止めてしまい、

こんなんじゃやってられない…と思う日々。

 

耐えかねたK先生は、

ある時に院長と話しをしました。

 

幸い院長は物わかりの良い先生で、

K先生の考えに対して理解をしてくれます。

そしてこうおっしゃいました。

 

「私も当院に赴任してきた時には同じ事を感じました」

 

院長がこの病院に赴任してきたのは8年前…。

最初は副院長として入職をされたのですが、

その時はもっとひどい状況だったそうです。

 

「K先生もその時の私と似たような状況なのでしょう。

お気持ちはとてもよくわかります。問題はこの後です。

私はご縁があって来たこの病院を少しでも良くしようと思い、

亀のような歩みですが、私なりに改善をしてきました。

もちろん私と同じようにしなさいとは言えません。

K先生がどうしても当院に我慢ならず、

他の病院に移りたいとおっしゃるなら致し方ありません。

しかしもし一緒に当院を少しでも良くしたいとお考えになって頂けるなら

私と一緒に当院の改革に手を貸して頂けませんか?」

 

そうおっしゃいます。

「当院だけでなく、どこの病院にも長所もあれば短所もあります。

K先生は短所が目についてしまっていますが、

意外と当院も長所はあって、そこには心地よさもあるんですよ。

 

「焦る必要はありませんから、

当院の長所も短所もしっかり見つめて下さい。

その上でここで何かを成し遂げたいと思って下さるなら

私と一緒に当院をより良い病院にしてまいりましょう。」

 

そう諭されて、その時はそんなもんかな?と半信半疑だったK先生ですが、

それから冷静な視点でこの病院を観察してみました。

 

すると確かに不足の部分は少なくないけれども、

実は余剰とも言える部分も意外とあって、

もっと良い病院になる為のポテンシャルは確かにありそうです。

 

それは患者さんやそのご家族の表情を見ているとわかります。

安心と信頼が表情に現れており、

それに応える為に医師を始め、

全スタッフが一丸となって取り組んでいるのです。

ただ経験値の浅さや、効率が悪くて上手く行っていないだけで、

やろうとしている事は間違っていない。

 

自分がアドバイスしたり、

システムを改善すればもっと良くなりそうです。

 

まだ100%の納得をした訳ではありませんが、

自分なりのこの病院への貢献はしてみよう…。

若干院長に乗せられた感はあるものの、

しばらく上手く騙されてみるか…。

もしかしたら大きなやりがいになるかもしれないし…。

 

そもそも自分がこの病院を選んだのは、

条件面が良かったというのもあるけど

何となく雰囲気の良さを感じたからでもあるんだよな…。

 

少なくとも院長と話して良かった。

あの時に辞めていたら、ちょっと短絡的に過ぎたしな…。

話してみる事で悩みって解決していくんだな。

そう考えて、日々院内改革に勤しむK先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

ライフプランあってこそのキャリアプラン!?

医師キャリアプラン

 

名門病院にて輝かしいキャリアを築いてきたT先生。

いつも引っ張られるようにして

職場を変えてきていましたので、

転職活動らしいものはした事がありません。

 

専門分野の領域では名前が知れ渡っており、

より良い条件での引き抜きや、

T先生のやりたい事を実現できる環境を整える病院に

自然と移っていって業績を上げてきました。

 

そんなT先生ですから

今まで紹介会社なんて全く関心がなかったですし、

自分には無縁の世界と考えていました。

 

しかし…。

きっかけになったのはお子さんです。

 

上の子が中学2年生、下の子が小学6年生。

今まで奥様に任せっきりで、

一緒に遊ぶとか、勉強を見てあげるとか、

ほとんどしてこなかったそうです。

 

上の子は女の子で来年高校受験。

下の子は男の子で来年には中学生となり、

好きなサッカー部に入る予定とか…。

このまま俺は子育てに関わらなくていいんだろうか…。

 

何とすでに10年以上も単身赴任をしてきたそうで、

同じ医師である奥様がご自宅近くの病院で働いている事から、

理解と応援があり、それに甘んじていたのだそうです。

 

今までの自分の生き方に後悔はないけれども、

子供の為に何もしない父親でいいのだろうか…。

そんな考えが浮かんできて頭を悩ませていたそうです。

 

奥様に打ち明けると、

「あなたはその分、多くの患者を助けてきたのだから、

これからもそのままでもいいのよ。

でも自分が子供と一緒に過ごしたいのなら、

ここ1~2年くらいは仕事のスピードを緩めてもいいんじゃない」

そうおっしゃられたそうです。

 

「○○(上の子)は高校生になるんだし、□□だって中学生よ。

面倒を見る事ができるラストチャンスかもね」

 

そんな会話の後、T先生は

1、自宅から30分圏内にある病院

2、自分の専門性を活かす事よりも、

自分で可能な診療なら何でも可。

3、年俸よりも時間を重視。

 

このようなご希望を出されました。

 

タッグを組んだ紹介会社は、

T先生の先輩ドクターからご紹介してもらって

信頼のおけるところ。

 

T先生の事情や考えをよく理解してくれて、

希望条件の中でも最もT先生の満足度の高い所を

ご紹介しましょうと自信満々。

 

結果的にT先生は、

ご希望の3条件を叶えるのはもちろんの事、

想定したよりも諸々の条件を下げずに済みました。

 

それから半年後、

時間もしっかり確保できつつも、

自分のやりたい医療にもそれなりに従事できる。

そして子供たちとも楽しくやっているそうです。

 

いろんな考え方があると思うけど、

自分の決断は今回は正解だったと思う。

キャリアを伸ばす事も大事だけど、

有意義な人生を送る事はもっと大事だもんね。

 

ここ1~2年は自分にとって階段の踊り場みたいなもの。

また階段を上り始める時にも相談に乗って下さいと

担当したコンサルタントの力量を認めているようです。

 

20代、30代はハードワークも必要です。

しかし40代を超えたら、

ふと自分の今までの人生を見直してみる事も

必要なのかもしれませんね。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

入社して半年の転職のプロフェッショナル?

医師の紹介会社のプロ

 

大学医局を飛び出してはや10年…。

特に不満もなく、

それなりに日々を充実させていたE先生。

 

半年ほど前に病院の経営陣が変わり、

院内で様々な改革が行われたのですが

どうも納得できない事が多い…。

 

新しい経営者は効率一辺倒で、

儲ける事しか考えていないように思えて仕方がない。

 

せっかく長く勤めてきた病院だけど、

このままここにいても良い事はないなあ。

これも運命かな、そろそろ新しい職場を探すか…。

 

そう考えてネット上で求人を探すようになりました。

その中で気になる求人を見つけたのですが、

どうやらある紹介会社が持っている案件のよう。

問合せをしてみると、

こちらの案件もまだ活きていますし、

他にも非公開の良い求人が多数ありますから

1度ご面談の機会を頂きたいと…。

 

面倒くさいけど、悪い話しではなさそうだし、

いろいろ聞きたい事もあるから仕方ないなと思い、

担当のキャリアアドバイザーとお会いしました。

 

待合せ場所に行くと、

「E先生でいらっしゃいますか?」

と声を掛けてきたのは想像よりも若い方…。

まだ20代半ばか、後半くらいか。

え、こんな若い方で大丈夫かな?と思ったE先生ですが、

ここまで来たら致し方なく、

お話しをしてみる事に…。

 

まず興味を持っていた求人について聞いてみると、

病院の事も、求人内容の事もまるでわかってない。

この病院に行った事があるか?と聞くと、

私はないけど他の担当者が行っていると…。

 

ファイルにヒアリングシートがあるようで、

そのシートに沿った質問ばかりをするのだけど

それがE先生には耐えられず、

どうしてそんなくだらない質問ばかりするんだ、

あまりにも医療を知らな過ぎるんではないか?と

段々と腹も立ってきました。

 

医師の求人マーケットや転職のノウハウなどを

聞きたかったE先生にとっては

担当者の力量があまりにも低すぎて

この人からは得るものがない…と判断し、

用事があるから…と早々と退席したそうです。

 

聞いたらさあ、入社してまだ半年って言うんだよ。

医療の世界で仕事をした事もないし、

人材紹介業も初めてなんだって。

ネット上ではあちこちで宣伝している大手企業だったから

大丈夫かと思ったけど全然ダメだね。

最後はさあ、もう少しで上司が来るからって引き止めるんだけど

上司が来たらどっかの案件に無理矢理応募させるんだろうな、

そっちの都合に合わせるか!と思って失礼しちゃったよ。

 

いやはやホントにあり得ない話しですね。

しかもこの会社は

担当するのは業界トップクラスのプロフェッショナル!

と謳っていたんだとか…。

 

若い方でも優秀な方はいるとは思いますが、

ちょっとあまりにも…な話しですね…。

 

本当の意味でパートナーとなれる

信頼できるコンサルタントとタッグを組みたいものですね。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

 

必要書類の準備はしっかりと…。

医師転職手続き

 

40代後半のF先生。

長く大学病院に在籍してきましたが、

この度、民間病院に転職する事を決めました。

 

不安も大きかったですが、

求人サイトに掲載されている求人に応募してみると

あれよあれよという間に話しは進み、

オファーされた待遇も満足できる病院と出会えたので

ここに決めようとご決断されました。

 

ところが、初めての転職でもあり、

何をどうしたら良いかもよくわからないままに

お話しを進めてしまったF先生。

 

取り合えず次の職場は決まったけど、

次の病院に対して何をすべきか…、

今の病院や自治体などへの手続きも

どうして良いやら…。

 

すでに退局している先生から聞いて、

自分なりに進めたつもりでしたが

これで良いのか不安は募るばかりでした。

 

しかも今の病院の勤務は結構ハードで

少しずつ引き継ぎは初めているけど

主治医となっている患者さんは重症の方が多く

気の休まる時はありません。

 

新しい病院の事務長からは、

事前に提出して欲しい書類一覧という連絡を貰っていたのに、

そのメールに気付くのもかなり遅く、

提出期限はとっくに過ぎていました。

 

慌てて連絡し、急ぎ提出する約束をしたものの

役所に行く時間もなく、

ようやく書類が整ったのは入職1週間前…。

 

事務長からは苦笑いされ、

こんなにギリギリの提出は珍しいですよと

嫌味を言われる始末…。

それでも何とかなったので良かったのですが

F先生としては不要なストレスを抱える日々でした。

 

転職って次の職場を探すだけでなく、

入職までの諸々の手続きもしないといけないんだね。

こんな事ならプロの人と一緒に動けば良かったよ…。

 

確かに面倒くさい手続きは少なくありませんからね。

単なる求人探しだけでなく、

総合的にサポートしてくれる存在は

あった方がご自身が楽になりますね…。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録