今までの実績はどの程度考慮されるのか?

医師転職年俸年収給与

 

外科医のM先生。

手術経験も豊富で、気さくな人柄からか、

患者さんはもちろんの事、

同僚医師やナースなどスタッフからも慕われています。

 

そんなM先生も今お勤めの病院で丸5年間勤めてきましたので、

ステップアップを考えて転職活動を始めました。

経験、実績、人物面ともに優れている事から、

見学に行った数か所の病院からは是非当院にお越し下さいと

言ってもらっています。

 

その中で最もM先生が気に入った病院さんで話しを進める事にしたのですが、

肝心な年俸の部分でどうも折り合いません。

 

M先生の希望に少しだけ届かないのです。

今の年俸よりは上がっているのですが、

昇給幅が少し足りないんです。

 

希望まで上げてくれるならすぐに決断してもいいんだけど

このままだと飲めないな…。

 

そう考えていたM先生は今までの実績を病院側に提示し、

これだけできる医師なのだから

希望条件を飲んでくれないか?と伝えました。

 

しかし病院からはNO。

当初の提案した条件を頑なに譲りません。

 

事務長と電話で話す中で、

M先生の今までの実績やご経験は素晴らしいと評価しています。

だから今の年収よりもアップしたご提案をさせて頂きました。

しかしここからさらにアップするには、

当院で実績を上げてからにして頂きたいのです。

当院でも同等レベルの実績を上げて頂ければ、

それは正当に評価しますし、

その時にはM先生のご希望を叶える事は充分に可能です。

 

M先生はこのお話しを蹴りました。

自分の希望を叶えてくれる病院は他にあると判断したのですが、

その後の転職活動の中で希望に届くオファーをしてくれる病院は

残念ながら出てきませんでした。

 

結果、この病院と同等の評価をしてくれた

他の病院で勤める事にしました。

 

ただ給与は同等ですが、設備やマンパワーは明らかに

前のところよりも落ちます。

こんな事ならあそこに決めておけば良かったな…と

後悔するM先生でした。

 

不当に低い評価をされたり、

今までの実績や経験を考慮してくれないなら話しは別ですが、

きちんとした評価はしてくれていた訳ですね。

 

年収アップの幅は、

スタートアップの段階であまり求めない方が良いと思います。

それを受け入れる病院には何か裏事情があったりもします。

 

微増ならOK、

後は入職して実績を挙げて、

その上で昇給をしてもらう。

そういう考え方も必要なのかもしれませんね。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

大幅年収アップを実現した後の大きな後悔!?

医師年収アップ

 

ハードな勤務の割に金銭的な報いがないと

かねがね不満を持っていたH先生。

 

同期や友人ドクターに聞いてみても

自分よりも多少貰っているようだし、

何よりハードさが違う…。

 

自分も40代に突入したし、

適正な給与水準とそれに相応しい勤務スタイルを

そろそろ望みたいところだ。

 

そう考えて転職したのが2年前…。

大いに後悔しているんだそうです。

 

確かに給与は大幅に上がりました。

前の職場よりも300~400万円も上がったそうです。

 

中小病院の域を出ないのですが、

そこまでして俺を欲しているのか?と感激して

入職したまでは良かったのですが…。

 

常勤医師の在籍数が少なく、

しかも60代、70代のベテラン医師が多い。

よって救急対応やオンコール、当直など

負担の大きな業務はほぼH先生が請け負うそうです。

 

非常勤の先生が来てくれる時は良いのですが、

学会などで休んだり、急遽の予定で来れない時は

事務方は詫びるものの結局H先生が担当するしかない…。

12連勤とか、3日連続当直とか、月に8~10回の当直とか、

かなりハードに働かざるを得ません。

 

おまけにベテラン先生たちのモチベーションは低く、

それは患者の為にどうなんだ?という事も全然平気…。

おかげで看護師たちもH先生に頼り切り…。

仕事は増える一方だし、責任も増す一方です。

 

いくら収入アップを望んでいたとはいえ、

こんな環境である事は想像もできませんでした。

 

そもそも自分は100万でも、

150万でも上がればいいなと考えていたのに、

つい300万円以上のアップを提示されて

思わず浮かれてしまった…。

 

その結果がプライベートの犠牲と

心身ともに疲弊する毎日…。

 

もっと現実的な部分を調べてから決断すべきだったし、

お金に流され過ぎてしまうのはいけないんだなあ…。

後悔先に立たずなH先生ですが、

今の病院から自分が抜けたらどうなってしまうんだろう?と

不安もあって簡単に辞める事もできないそうです。

 

待遇、条件はトータルで考えないと

痛い目に合ってしまうね~と嘆いているH先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

ハードな勤務に嫌気が指して…だけでは足りない!

医師ハード勤務

 

若手医師から敬遠されている

ハードな診療科目である○○科のK先生。

 

そもそも急変患者が多い科目だし、

実際に緊急オペも頻繁…、

オンコールにビクビクする毎日だし、

当直も他科と比較して多いし、

その割には給与など待遇が恵まれている訳でもない…。

 

今までは若さとプライドで乗り越えてきたけれど、

さすがに体力的にも厳しくなってきて、

俺の人生、このままでいいのかな…なんて

考えるようになってきました。

 

そんなある日、

何と後輩医師2名が退職するとの話しを耳にしました。

 

ただでさえ医師が足りないのに、

若い医師2名が辞めるとなると…

K先生への負担が一気に増すのは目に見えています。

 

先を越された感もあるK先生は

この2名の先生と話しをしましたが、

「この環境じゃもう持ちません」

「他の病院に行けば勤務は楽になり待遇も良くなります」

「心身ともに疲れてしまって…もう限界なんです」

と、まさにK先生と同じことを考えての退職であります。

 

さすがに上層部も危機感を感じて

新しい医師の採用に動いてはいるようですが、

果たしてどうなる事やら…。

 

上司からも、K先生は大丈夫だよね?と聞かれましたが、

はい、大丈夫ですと答えられる訳がなく、

いえ、正直自分もどうなるかわかりません…と

思わず答えてしまいました。

 

すると嫌がらせのように当直回数を増やされ、

オンコールの呼び出しもさらに増えてきました。

 

ご自身のやってきた事に対しては自負しているけど、

正直もう自分の専門分野でなくとも良いから

もっと楽になりたい…。

そんな心境になってきてしまっています。

 

そしてたまたま見掛けた

一般内科のクリニック院長職の募集…。

しかも給与面も今より少し良くなる。

なおかつ当然当直から解放される…。

 

これだ!と思い応募したK先生は、

あれよあれよという間に話しが進んで

こちらでお世話になる事に決まりました。

 

1年後…。

確かに勤務はかなり楽になりました。

当直はないし、オンコールもないし、

緊急対応もないし、オペもない。

 

ただそういった負の面がなくなるのと同時に、

やりがいもなくなり、

かなりモチベーションが下がってしまっているのも事実です。

 

また看護師や事務のスタッフからは日々細かい注文がありますし、

経営本部からは患者数や売上の厳しいチェックも入ります。

 

良くなった面もあるけど、悪くなった面もある…。

果たしてこれで本当に良かったのか…。

 

辞める前にもっと情報収集すれば良かったなあ。

いろんな人に相談すれば良かったなあ。

いくつかの選択肢を持てれば良かったなあ。

 

もう戻れない…感もありますし、

この先どうなるのか、やっぱり不安です。

 

もっと自分の将来についてよく考えてから動けば良かった…。

そう後悔しているK先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

宣伝広告をしているのか?情報提供をしているのか?

 

すでに人材紹介会社を活用して転職をした事があるS先生。

今まで2回の転職を人材紹介会社経由で実現しました。

 

当初は人材紹介会社など信頼できなかったのですが、

たまたま知人が勤めており、

そこを利用する事にしたのです。

 

案内する求人にしても、

一緒に面接に同行した時も、

正直言えば安心ができませんでした。

 

これでいいのか…と不安、不満もあり、

こんなもんかなあと思いつつも、

担当者が知人である事から

まあ悪いようにはしないだろうと

微妙な安心感を持っていました…。

 

ですが入職してみると、

事前に聞いていた話しとだいぶ違う点もあり、

結局1年半くらい勤めたところで退職を決意…。

 

もう1度、同じ担当者に依頼しました。

 

紹介される求人は期待通りとは行かないものの

知人でありますから気を遣い、

案内された数件の中からまあこの辺りかな…という所に決めて

面接に行きました。

 

担当者は相変わらず何も発言せず、

医療についても、転職についても、

よくわかっていない様子。

 

ただ前職より給与は上がるし、

すでに今の病院には辞める事を伝えているので、

ここでいいや…くらいのつもりで

決めてしまいました。

 

ですが、こちらも自分の思っていた職場とは違い、

長く勤めるべき場所ではない…。

そう感じてしまっています。

 

それを担当者に相談すると、

それでいいんですよ、

1箇所に長く勤めてもいい事なんかないですよ。

何度だって転職をサポートしますよ…。

 

ええ…お前はそんなつもりで仕事してたんかい!?と

疑問を感じたS先生。

 

今まで勤務した病院の事はどの程度把握していたのか?と聞くと、

うちのパートさんが電話を掛けて求人を貰うんです。

それがデータ化してありますから、

後はS先生の希望条件で検索を掛けてみたら

たまたま出てきたんですよ。

 

ええ…そんなやっつけ仕事なの…。

S先生は心底ガッカリとして、

もうこの人とは付き合わない。

そう心に決めたのでした。

 

その会社は、

先生が何でもご相談できるパートナーとして

皆様に寄り添いますとか、

きめ細かいサポートができますとか、

求人件数も数万件もあり、

しかも非公開求人も多数あると謳っていましたから

大丈夫だろうと思っていたのですが、

結果的には非常に不満足な事になりました。

 

たまたま知人がいたというのもありますが、

会社は美辞麗句に溢れた宣伝広告が上手いだけなんですね…。

 

さて、途方に暮れそうなS先生。

とは言え今のところは長くいる環境ではないし、

できたらじっくりと腰を落ち着ける病院に転職したい…。

 

それを自分で探す事もできないので、

今度こそ本気で良い紹介会社を探そうと決意。

 

様々なワードで検索を掛けてみたり、

医師仲間の友人に聞いてみたり、

いくつものコラムやブログを読み漁りました。

 

わかってきたのは、

 

・担当コンサルタントが写真付きで自己紹介をしている。

→ 責任を持った仕事が期待できる。

 

・会社が宣伝広告ではなく情報提供をしっかりしている。

→ 転職のノウハウや考え方を明示している。

 

どうやらこの2点をクリアしている会社は、

なかなか良さそうである事がわかりました。

 

そんな事を医師仲間と話していたら、

おそらくそういう観点から考えると

非常に真っ当な仕事をしている所を知っているが

紹介しようかと言ってくれる。

 

是非とお願いして、

担当のコンサルタントと会ってみると、

以前の担当とはもうレベルが段違い…。

 

情報発信もしっかりしており、

それだけ自信とプライドを持って

仕事をしている事がわかりますし、

何より医療を良く知り、

医師という職業を良く知っている。

 

過去の事例の中から参考になりそうな話しも

惜しげもなく教えてくれるし、

自分では気づかなかった可能性、

新たな選択肢も提示してくれる…。

 

この人だ!とS先生は直感で決めました。

 

それから3年後…。

S先生はこの担当者から紹介してもらった

病院で充実した日々を過ごしています。

とても満足しているのです。

 

時々、どうですか?なんて声も掛けてくれるし、

本当に自分のやりたい事、

望んでいる事が手に入った喜び。

 

やっぱり仲介してくれる企業や担当者によって

全然違うもんだな。

いい人と出会えて良かった…。

しみじみおっしゃるS先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

高待遇だから応募が多いとは限らない!?

 

開業準備を着々と進めてきたY先生。

 

銀行融資がなかなか降りなかったり、

業者選定に時間が掛かり過ぎてしまったり、

ここまでいろ~んな事がありましたが

どうにかこうにかあと1歩…という所まで

こぎ着けてきました。

 

しかしここでまたもや問題が発生。

 

いくつかの求人媒体に看護師の募集を掛けていたのですが

1件も応募がない…。

 

媒体の担当者に相談をしてみると

条件をもっとよくしてみたらどうですか?と言われ、

給与をアップして再掲載。

 

時給を200円アップし、

正社員の給料も3~5万円上げてみたけど…

しかし応募が来ない…。

求人媒体に掛かる費用が積み上がるばかり…。

 

困り果てたY先生は、

知人のコンサルタントに相談をしてみると、

待遇を良くするよりも求人内容を

地元に住む看護師さんの胸に刺さるように変えてみましょうと

アドバイスをくれました。

 

院長の方針として、

週1日からでもOKです。

午前だけ、午後だけでもご相談下さい。

残業は一切ありません。

急なお休みも対応できます。

昼休みが2時間ありますので帰宅も可。

 

このように子育て世代の方でも

仕事ができるように組み立てて、

給与は元に戻して求人媒体に掲載してみると…

ようやく応募が来ました。

しかも4件も…。

 

その中から2名のナースさんを採用し、

ようやくひと段落つけたのですが

求人内容って条件面だけではないんだね~。

働く側の事情を考慮して、

無理なく働ける環境を整えて、

その働き方を訴えかければいいんだね。

 

採用のコツを掴んだY先生ですが、

その気遣いがスタッフさん達に受けているのか、

開院後1年経ってもまだ退職者はいないそうです。

 

待遇よりも大事なものがあるんですね…。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

 

紹介会社から欲しい情報は何か?

医師 紹介会社 活用

 

美容皮膚科医のM先生。

以前に利用した紹介会社経由で入職した

今のクリニックを退職するつもりです。

 

というのも、聞いていた業務内容と異なる点が

あまりにも多く、カウンセリングばかりで

このままでは自分の成長がないと感じておられます。

 

そもそも利用した紹介会社は以前からの知人であり、

声を掛けたらすぐに求人を紹介してくれて、

いろいろ気になる所はあったものの

知り合いだからまあいいかと決めたのです。

 

結果的にアンマッチです。

M先生の望んでいた仕事と、

クリニックの望んでいた医師像は全く合っていません。

 

転職の際に必要なものはいろいろありますが、

求人というのはもちろんそのひとつです。

しかし求人だけを紹介するのが紹介会社の本質ではありません。

残念ながら求人だけになっている会社が多いですが…。

 

M先生が最も望んでいたのは

そこでどういう業務に携われるのか?でした。

こういう業務をしたいという希望が明確だったのです。

 

ですが求人ありきで動いている紹介会社は

M先生の希望を薄くしか理解せず、

クライアントファーストでいい美容皮膚科医がいますよと

なかばゴリ押しするような形で繋いでしまったのです。

 

内定後の条件の調整もおざなりで

給与だけ希望に合ってればいいでしょうくらいの

感じだったのだそうです。

 

M先生が欲しい情報はそのクリニックで

どんな業務に携われるのか?でした。

 

もちろん先生によっては、

給与などの待遇面を知りたい方もいるでしょうし、

医療機関の設立からの経緯や特徴であったり、

経営方針や診療スタイルであったり、

院長の方針や人柄、

一緒に仕事をする他の先生方の事、

いろいろあると思うんですね。

 

単に求人さえ紹介してもらえれば

その後は自分で全部やるからいいという先生もいますし、

実は求人云々よりもご自身のキャリア相談をしたい方もいますし、

将来の開業に向けて選択肢を広げたいとか、

ワークライフバランスを取る為に転職マーケットを

リサーチしておきたいとか。

 

ご自身がどんな状況で、何を求めているのか。

これが明らかになれば選ぶべき紹介会社も見えてくると思います。

 

ただ残念ながら在籍しているコンサルタントの力量によって

受ける事のできるサービスは大きく異なりますし、

多くの紹介会社が求人以外に

提供できるものを持っていないのも事実です。

 

まずは自分が欲しい情報は何なのか?を

明らかにする事から未来は広がっていくのだと思います。

情報と人脈ですね。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

 

大手だから安心と思ったのに…。

 

初めて人材紹介会社に登録してみたS先生。

 

WEB上でよく見掛けるし、

大手だから大丈夫だろうと

老舗の紹介会社に登録してみました。

 

ご希望を詳しく伺いたいとの事で

担当コンサルタントとお会いしてみたのですが

これが若い…。

おそらく20代後半。

 

40代前半のS先生は大丈夫かな?と思ったのですが、

担当は決められたフォーマット通りに、

希望する病院の規模は?担当業務は?給与は?と

型どおりに話しを進めます。

 

しかも医療的な話しになると

歯切れが悪く、どうやら医療は詳しくなさそう…。

君はこの仕事を初めて何年目なんだい?と聞いてみると

3年目と答えますが、おそらく1~2年だろうな。

あまりにも医療を知らな過ぎる。

 

運が悪いなあと思ったS先生ですが、

その日はそれで別れました。

 

翌日から怒涛の求人案内が始まりました。

 

少ない日でも2~3件、多い日は10件近く。

毎日とは言わないまでも、

週に何日かはメールで求人が送られてきます。

 

最初の内は目を通していたS先生ですが、

あれだけ詳しく希望を聞いたにも関わらず

送られてくる求人はだいたいズレていて

そうじゃないんだよな~というものばかりで

メールが来ても開封すらしなくなってしまいました。

 

若いのがダメだとは言わないけど、

医療を知らな過ぎるってのは致命的だな…。

 

WEB上では大手だから安心とか、

コンサルタントは経験豊富なんて宣伝してるけど

やっぱり宣伝文句は信じちゃいけないなあ。

 

困ったS先生は同僚医師に相談をしてみると、

それならいい人がいるよと紹介してくれました。

 

このコンサルタントはベテランで医療も詳しく、

様々な事例や転職ノウハウも提供してくれます。

しかもS先生の希望を察知し、

話しはトントン拍子に進みました。

 

翌日送られてきた求人は2件。

ですが両者ともにS先生のイメージにピッタリ。

両病院ともに見学に行ってみましたが

甲乙つけがたいほどに気に入りました。

 

担当コンサルタントと今後の展開を話し合う中で

S先生も自分の人生が見えてきて

片方の病院にお世話になる事を決断しました。

 

最初からこの人と出会えれば良かった…。

まあ大手でコケたから出会えたとも言えるけど。

 

今でも大手のコンサルからは

定期的に求人案内がされているそうです。

開封すらしてないようですが…。

1度など担当の上司から電話が掛かってきて

S先生は本気で転職をする気があるんですか?と

詰問される始末。

もうお宅は結構です…とハッキリとお伝えしたのに

メールは送られてくるそうです…。

 

大手でも良い会社はあるでしょうし、

優れたコンサルタントも在籍しているとは思います。

ですが、そうでないケースもあるという事は

知っておいた方が良さそうですね…。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

転職が決まっても今の職場にも誠実に!

 

A先生は現在、クリニックに転職して2年。

民間病院勤務してたが

給与アップをしたくて別の民間病院に転職。

 

給与はアップしたけど、院内の人間関係・職場の雰囲気

があまり良くなくて失敗したと思ったのは後の祭り。

見切り発車だったので 前の職場に戻ろうかと思ったが

それも叶わず。

退職日までの過ごし方で失敗してしまった。

 

退職まで3ヶ月ちょっとあるというのに

転職先に浮かれてしまったA先生は

病院での仕事をおごそかにしてしまった。

患者に「いついつから○○病院に転職します。」と伝えたり

申し送り事も、転職することをみんなに話したりしていた。

今思えば、みんなに転職先のことを自慢して

でもみんなの反応は微妙だったな。

 

それの結果、同僚や他のスタッフとの関係も悪くなり

退職の際、送別会もしてもらえない始末。

 

前職に戻る、戻らないにしろ

このようなことをなんでしてしまったのか。

 

転職先に浮かれてないで、

退職する職場にもしっかり責任を果たして仕事をするのが

当然のことだったと思う。

 

そういうこともアドバイスをくれる紹介会社の営業がいることを

のちになって知ったのだった。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

 

 

先輩の紹介だから…。

先輩ドクターからの紹介

 

自治体系の病院に勤めて10年が過ぎたK先生。

 

医師不足によってハードワークを余儀なくされ

このままでいいのか?と悩んでいた時、

大学の先輩と久しぶりにお会いしました。

 

元々頼りにしていた先輩で

かなりお世話になっていた事もあり、

ご自身の境遇を率直にお伝えしたところ

 

「今の病院だと改善は見込めないのではないか?

良かったらうちの病院を見てみないか?

院長には自分の方から話しを通してあげる」

 

と有難いお言葉を頂戴し、

信頼している先輩だからこそ

K先生もその気になりました。

 

病院に見学に行くと、

院長と一緒に先輩ドクターと事務長が

暖かく出迎えてくれ、

少なくとも今よりは業務も軽減されるし、

待遇も多少だけど良くなるし、

何より旧知の中の先輩が在籍している事が

安心材料となり、

こちらにお世話になる事を決めました。

 

勤務を開始して半年。

実際に働き始めてみて概ね満足はしています。

 

業務量自体は適切な範囲だし、

先輩もいろいろ目を掛けてくれて面倒見てくれるし、

院長や他の先生方との関係性も良好です。

 

問題は1点だけ…。

給与が以前と変わらない事です。

事前の話しでは多少なりとも上がるはずでしたが、

事務長より「最初の1年間は我慢して下さい」と…。

 

話しが違うではないかと抗議すると、

先輩の先生の名前を出し、

○○先生に恥をかかすおつもりですか?と…。

 

それとこれとは別だと思いながらも、

とても親身になってくれて、

感謝と尊敬をしている先輩だからこそ

迷惑を掛けるような事はしたくなく

忸怩たる思いで引き下がったのでした。

 

先輩の紹介だから安心という部分は確実にありますが、

先輩の紹介だからのやりにくさもあり得ます。

この辺りは天秤にかけて判断しないと、

後々にも悪影響を及ぼしたりもしますね。

気を付けて頂きたいポイントです。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

口約束は危険?

歯科医師雇用契約書

 

さらなるキャリアアップを目指して

転職活動をしていた歯科医師のK先生。

 

いくつかのクリニックに面接に行きましたが、

理事長の診療方針や人柄、機器の充実、待遇面を総合的に考えて、

あるひとつのクリニックに絞り込みました。

 

雇用条件に関しては、

面接の時に説明は受けておりましたが、

勤務を開始する際には

特に細かい説明があった訳ではなく、

じゃあ何日からお願いね…という感じで

ざっくりとスタートしました。

 

実際に勤務をし始めてみると、

あれ?面接の時に聞いていた話しと違うな…という

場面に出くわす事があったのですが

患者数も多く、症例経験は積めていましたので

概ね満足して働いていました。

 

そして1か月後、給料日がきた時に愕然としました。

想定の給与の半額に近い金額…。

理事長に聞いてみると、

事前に説明を受けていない事項が出るわ、出るわ。

 

面接の時に説明した金額はインセンティブを

満額で取った場合の金額である事、

その月の勤務ぶりを見て金額は変動する事、

入職から半年間は試用期間の為に減額がある事。

 

K先生としては全く納得できる話しではありませんでしたが、

せっかく入職したクリニックだし、

それなりの症例経験は積めているのだから

もうしばらくはここで頑張ろうと気を取り直したのですが…。

 

自分よりも少し前に入職した先生が退職したり、

スタッフの定着率も非常に悪かったり、

人間関係も殺伐としていたり、

段々とアラが見えてきて…。

 

入職してから3カ月目の給料を頂いた時に、

治療した患者数も、自費率も、売上も、

飛躍的に向上しているにも関わらず、

最初から金額が全く上がりません。

 

再度理事長と話しをしてみると、

文句があるなら辞めていいと…。

さすがにK先生の堪忍袋の緒も切れました…。

 

退職し、改めて転職活動を行い

決まったクリニックさんは、

口頭での説明だけではなく、

詳細条件の書かれた内定通知書を頂けました。

 

それだけでも充分に安心をしていたのですが、

勤務初日には雇用契約書を締結し、

ひとつひとつの項目を丁寧に説明、確認してくれて

心配は全てなくなりました。

 

それから半年が過ぎましたが、

懸念するような事も全くなく、

気持ち良くお仕事をされていらっしゃいます。

 

やっぱり大事な事は口頭だけで済ませるのではなく、

きちんと文書にしてくれる所じゃないと

ダメですね~とおっしゃるK先生です。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録