大学病院勤務。転職が決まってから教授に伝えたら…。

大学教授激怒

 

本当にあった話。

大学病院に12年勤務中のA先生。

教授を目指すわけでもないし

もっと仕事を経験したいと

医師斡旋会社に登録。

 

入れるポジション、年収、やりがいなどから

大手グループ病院への転職を決意。

翌年4月入職をすることが10月に決定した。

病院の規定では3ヶ月前退職とのことだったが

少し先に伝えるのが礼儀だと思い

5ヶ月前の11月に教授に伝えたところ

教授は憤慨。

 

「退職するなんてなにを言ってるんだ!」

から始まり

「考えなおしなさい。」

「せめて2年後にしなさい」

 

とのこと。

しかし、内定をもらっていて転職する決意をしているので

「ごめんなさい。もう退職する決意が決まっているので

○○病院に転職します。」

と教授に断言。

 

すると2ヶ月後に転職予定先の病院から内定取り消しの連絡が。

聞くと、怒った教授がA先生の転職先病院の理事長に連絡したらしい。

「A医師を採用したら許さないぞ。」

「A病院には私の派閥の医師やその後輩もいるんだ。やめさせるぞ。」

人脈も広い教授はあの手この手で転職を阻止しようと動いた。

結果、内定は取り消され、大学病院に残ることもできなくなり

しぶしぶ選んだ民間病院で勤務することになりましした。

 

転職活動は希望の転職先を探し、

内定をもらうことだけではありません。

現職での人間関係や、

内部の人事状況など考えて動くことが大切です。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

何となく外の世界が眩しく見えて…。

 

転職なんて全く考えた事のなかったある先生。

 

最近は、医師を対象とした

人材紹介会社の宣伝をよく目にするようになり、

みんなこういう所を利用しているのかなあ?と

漠然と考えていたそうです。

 

ある時、上司と意見の食い違いがあり、

辞めてもいいかな…と考え、

大手の人材紹介会社につい登録をしてしまったそうです。

 

担当のコンサルタントと会ってみて、

自分よりも全然若く、

少し頼りなく感じたのだけど

いろんな求人を見せられて

この病院はこういう長所があるとか、

この法人は医師の待遇が非常に良いとか、

いい話しばかり聞かされて

ついその気になってきた。

 

思わずその求人の中から1件を選び、

ここを受けてみたいと依頼してしまった。

 

だがそもそも転職理由が明確であった訳でもなく、

コンサルタントから良い事ばかりしか聞いていなかったので

実際に面接、見学をしてみると…。

 

美辞麗句だらけの求人内容とは別に、

事前の話しとは全く違っていたそうで。

条件面に関しても聞いていた話しとは異なり、

これでは行く気になれないと…。

 

担当コンサルタントは、

まあこんなもんですよと責任を感じていないし、

転職を思い留まったのでした。

 

紹介会社を使うのは

転職ノウハウのない方にとっては有用ですが、

担当コンサルタントの力量によっては

とんでもない事になります。

 

タッグを組むのは信頼の置ける

コンサルタントでないといけませんね。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録