退職の申し出は辞表を出すべきか?

医師退職注意

 

今までいくつかの病院でご勤務してきましたが、

初めてご自身で新たな職場を探されたA先生。

 

大学医局を退局する際には、

派遣先の病院にそのままお勤めになられて

はや7年。

 

キャリアアップを望んでの転職でしたが、

以前に一緒にお仕事をしていた上司筋の先生にお声を掛けてもらい、

そちらでお世話になる事を決断されたのです。

 

しかし7年間もお世話になった今の病院に対しては

それなりに愛情や感謝の思いがあり、

どのように退職の申し出をすれば良いのか悩まれていました。

 

「やっぱり辞表か何かを提出するのがいいのかなあ?」

 

このようなご相談を受けましたので、

下記にご説明いたします。

 

通常、一般的な退職時に提出するものは、

退職願、退職届、辞表がありますが

それぞれ下記のように分類されているようです。

 

<退職願>
雇用契約の解約を願い出る(申し込む)書類。

会社が承諾することで退職(解約)となります。

出した時点では退職となりません。

また、相手が承諾するまでは撤回することができるのも一つの特徴です。

 

<退職届>
会社への最終的な意思表示であり、届が受理される=退職となります。

退職願と異なり、特別な事情がない限り撤回することはできません。

 

<辞表>
役員のような役職のある人(または公務員)が辞める際に用います。

退職願は「従業員が使用者に対して退職(雇用契約の解約)を申し出るもの」

ですから、使用者側が退職を申し出る場合は退職願ではなく辞表となります。

(課長以上の役職についている人も辞表を使うことがあります。)

同様の理由から、公務員も辞表を使います。

 

以上の事から、

A先生にはすでに次の職場が決まっており、

特に問題がなさそうである事から

退職届が相応しい事をお伝えしました。

 

ただ退職する際の基本的なスタンスは

飛ぶ鳥後を濁さず…だと思いますし、

A先生も今まで長くお勤めになってきた病院ですので

誠実に対応したいお気持ちが強かったので

いきなり書面で切り出すのではなく

まずは口頭でお伝えした方が良いとアドバイスさせて頂きました。

 

その方が誠意も伝わりますし、

今までの感謝の思いも言葉にする事ができますからね。

 

実際に院長にA先生がお伝えしたところ、

こちらこそ長い間有難うと逆に感謝され、

事務方から退職時の書類を渡されてそれを提出。

特に退職届などを出す必要はなかったそうです。

 

正直A先生のようにスムーズに行くケースばかりではなく、

退職の申し出をした段階で強烈な引き留めに合う事も少なくありません。

 

しかし、いきなり退職届を出して、

早く辞めさせてくれ!なんて言うのは

あまり誠実とは言えません。

 

まずは相談ベースから始まり、

病院や医局の状況などの頃合いを見計らって切り出し、

断固たる思いを持っている事をお伝えするのがいいですね。

 

A先生のように7年間という長期のご勤務ばかりではありませんが、

仮に3年だろうが、1年だろうが、

仕事がしやすかろうが、しにくかろうが、

感謝していようが、していなかろうが、

最後は飛ぶ鳥後を濁さず…という姿勢をキープするのが

大切ではないかと思います。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

本当に開業準備を進めていいんですか?

クリニックを開業する医師

 

大学医局に12年在籍して、

その後、派遣先の自治体病院にて

医長を務めているY先生。

 

40代に突入し開業するなら

そろそろ準備を進めていかないと…と

考えておられます。

 

ただすでに3年前に開業した

先輩ドクターに相談をしてみたところ、

まだ焦る年齢ではないし、

もう少し多様な経験を積んだ方が良いのでは?と

アドバイスを頂きました。

 

要はY先生は大学病院と自治体系の病院に長くいた為に、

アルバイトの経験もほとんどないし、

クリニックでの勤務経験も数えるくらいしかない。

 

先輩ドクターが言うのは、

民間病院でシビアな経営を目の当たりにした勤務の経験や

クリニックで制限のある中での診療経験を積んだ上で

開業準備を進めた方が良いとの事でした。

 

実際に昨年開業した知人の先生は、

思うように患者が集まらず、

スタッフも定着せず、

かなり悩んでいるような噂を耳にしています。

 

この先生も大学病院と自治体系の病院でしか

勤務した経験がありませんでしたので、

頷かされる部分はあります。

 

確かに自分は臨床医としての経験は積んできたけれども

開業医として必要な経験はあまり積んでいないのは事実。

 

元々医師を志したのは町医者として、

地域住民の方々のお役に立ちたいという思いがあったので、

開業する事自体に迷いはない。

 

ただ融資を受けて開業するのだから、

失敗は許されないし、したくない。

 

成功している開業医である

先輩ドクターからの貴重なアドバイスだし、

具体的な事例などもお話しを受けたのですが

どれも納得できるものばかりでした。

 

このまま経営的な観点やノウハウ、

クリニックでの診療を知らずして

開業して失敗するよりも、

開業医になる為の経験をしっかりつけて、

学びを得た上で開業した方が良いだろうと

Y先生自身も納得し、

一旦は民間病院やクリニックでの勤務経験を積み、

その上で開業の準備を進めていこう。

そう決断したY先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録