ずっと開業準備をしています…。

 

整形外科医のW先生。
数年前に大学医局を退局して
現在は民間病院で責任あるポジションで働いています。

日々、外来、病棟、手術と忙しくしておられますが、
あと数年で50歳という節目を迎える事もあり
実は50歳は開業医として迎えたいと考えていらっしゃいます。

手術に関しては多少の心残りはあるものの
もうすでにやりきった感もあって
ここから先の医者人生は地域とともに
プライマリの領域で歩もうとお考えです。

そこで病院に出入りしている医薬品卸業者に相談してみると、
喜び勇んで開業支援の担当者が来て
全面サポートを約束してくれました。

と・ところが…。
肝心の開業地が決まりません。
そもそもW先生は開業志向が強かったので
コンセプトもしっかりしているし、
それに合わせた開業地の希望は複数プランお持ちでした。

が、寝ても覚めても担当者からは良い開業物件の話しが出てきません。
それどころか自分の希望と全然違う場所の物件、
広さも階数も周辺環境も全然望んでいるものと違う物件、
そんなものしか出てきません…。

時はどんどん過ぎてしまって、
さすがにW先生もこのままこの業者から出てくるのを待つのは
得策ではないと判断し、
WEBでよく見掛ける開業支援専門と謳う企業に依頼もしてみました。

ところがその業者から案内される開業物件も
卸業者とそう変わらずに、
この地域だと言っても他の地域の案件が送られてくる始末です。

自分の希望はそんなに難しいものなのだろうか?
そもそも希望地には物件がないのだろうか?

そんな事を悩んでいたW先生は、
藁をもすがる思いで
以前、転職の際に世話になった
コンサルタントに相談してみました。

転職の専門家だから
開業に関しては詳しくないだろうなと思っていたのですが、
これがなぜか非常に詳しい…。
下手したら依頼した医薬品卸や開業支援会社の担当者より詳しい…。

旧知の仲なのでどうしてそんなに詳しいの?と聞くと、
W先生、うちは転職支援と開業支援と両方やってるんですよ!との回答。

マ・マジで…。
転職だけだと思ってた…。
開業準備を始めてから早くも1年近くが経ち、
一向に進んでいないW先生としては
彼なら信頼できるし彼に任せた方が話しが進みそうだ…考えて、
医薬品卸、開業支援会社を断り、
その彼に依頼する事にしたのでした。

な・何とそれから1か月後にはまさに望み通りの開業物件が見つかり、
事業計画も明確に立って、
融資の目途も立って物件契約も済みました。
内装業者や医療機器ディーラーとの打合せもこなしつつ
その彼の交渉力で料金は想定よりも低く見積もってもらいました。

次は集患をどうするか?
什器や家具、パソコンなどの細かい物品をどうするか?
話しがどんどんと進んでいき、
W先生としても手応えを感じる事ができています。

今思えば最初に依頼した会社、その次の会社は一体何だったんだろう?
1年も全く動きがなくて、連絡取っても頑張ってます、
もう少しだけ待って下さい…と言うだけ…。

しかも今でもお抱えの業者を紹介してきて、
何とか食い込もうとしてきます。
もう信頼はまったくないのに…。
あれだけ何も進まなかったのに図々しいにも程がありますね。

最初から知人の彼に依頼していれば
すでに開院できていたかもしれないなあ…。
俺の時間を返してくれ~と思うW先生でした。

やはり自分のパートナーとして
動いてくれる人間を誰にするかは大事ですね…。

 

<クリニックの開業について書いた過去記事もご覧下さい>
開業セミナーに何度も参加してみたけど…。
開業に向けた経験値アップは勤務医とは全然違う!?
開業を目指したプランニング…。

 

ルナーヴァ 医師/看護師 転職求人情報 バナー

医師/看護師 最新転職求人情報サイトはこちらから!

 

今までの実績はどの程度考慮されるのか?

医師転職年俸年収給与

 

外科医のM先生。

手術経験も豊富で、気さくな人柄からか、

患者さんはもちろんの事、

同僚医師やナースなどスタッフからも慕われています。

 

そんなM先生も今お勤めの病院で丸5年間勤めてきましたので、

ステップアップを考えて転職活動を始めました。

経験、実績、人物面ともに優れている事から、

見学に行った数か所の病院からは是非当院にお越し下さいと

言ってもらっています。

 

その中で最もM先生が気に入った病院さんで話しを進める事にしたのですが、

肝心な年俸の部分でどうも折り合いません。

 

M先生の希望に少しだけ届かないのです。

今の年俸よりは上がっているのですが、

昇給幅が少し足りないんです。

 

希望まで上げてくれるならすぐに決断してもいいんだけど

このままだと飲めないな…。

 

そう考えていたM先生は今までの実績を病院側に提示し、

これだけできる医師なのだから

希望条件を飲んでくれないか?と伝えました。

 

しかし病院からはNO。

当初の提案した条件を頑なに譲りません。

 

事務長と電話で話す中で、

M先生の今までの実績やご経験は素晴らしいと評価しています。

だから今の年収よりもアップしたご提案をさせて頂きました。

しかしここからさらにアップするには、

当院で実績を上げてからにして頂きたいのです。

当院でも同等レベルの実績を上げて頂ければ、

それは正当に評価しますし、

その時にはM先生のご希望を叶える事は充分に可能です。

 

M先生はこのお話しを蹴りました。

自分の希望を叶えてくれる病院は他にあると判断したのですが、

その後の転職活動の中で希望に届くオファーをしてくれる病院は

残念ながら出てきませんでした。

 

結果、この病院と同等の評価をしてくれた

他の病院で勤める事にしました。

 

ただ給与は同等ですが、設備やマンパワーは明らかに

前のところよりも落ちます。

こんな事ならあそこに決めておけば良かったな…と

後悔するM先生でした。

 

不当に低い評価をされたり、

今までの実績や経験を考慮してくれないなら話しは別ですが、

きちんとした評価はしてくれていた訳ですね。

 

年収アップの幅は、

スタートアップの段階であまり求めない方が良いと思います。

それを受け入れる病院には何か裏事情があったりもします。

 

微増ならOK、

後は入職して実績を挙げて、

その上で昇給をしてもらう。

そういう考え方も必要なのかもしれませんね。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

実現したいものは何なのか?

医師転職悩み

 

本当に自分がしたかったのはこれなのか?

そうお悩みになる先生は少なくありません。

 

O先生もそうでした。

 

今まで外科医として多くのオペに携わってきました。

もちろんこれも好きでやってきた事。

手術が上手くなりたい…

そう思って努力をしてきました。

 

しかし医師として20年目を迎えた頃、

このまま今と同じ仕事をしてきていいのかな?

そうお考えになったのだそうです。

 

病院に対して大きな不満があった訳でもありませんし、

給与などの待遇にはそれなりに満足していたんです。

 

ただ長い医師人生を考えた時に、

過去を振り返った時にはまあまあの満足度。

でもこの先はどうなるんだろう?

 

ずっと外科医として働けるのかな?

何歳までオペを続ける事ができるのかな?

他に道はないんだろうか?

 

そんな事を漠然と考えていた時に、

大学時代の同期と会って話しをする機会がありました。

 

その方は現在訪問診療クリニックを開業して

院長としてご活躍しています。

 

元々は同じ医局にいたのですが、

開業志向が強く、何で開業をするかを考えて、

5年ほど前に訪問診療クリニックを開院したのでした。

 

開院当初は集患に苦戦したらしいですが、

現在では常勤医を2名、非常勤医を5名、

雇用するまでになりました。

 

そんな同期の先生からお話しを伺うと、

O先生も刺激になり、

自分が医師としての後半戦をどう過ごすか…

益々真剣に考えました。

 

同期の先生のように開業という選択肢は

取らない方針ですが、

訪問診療という仕事には関心があります。

うちに来いよ…と同期の先生は言ってくれてますが、

さすがにそれはやりにくいかと…。

 

なんで自分は訪問診療に関心を持つんだろうか?

 

突き詰めて考えていくと、

患者との時間をもっと持ちたい…

そういう思いが強い事に気付きました。

 

今まで手術の前後でしか患者とやり取りはしていないし、

術中は麻酔が効いているから話しもできない。

どんな医師になるのか?なりたいのか?

あんまり考えた事はなかったけど、

最後は患者と寄り添い、ゆったり時間を共有したい。

 

これがやりたい事なんだな…

O先生はそう確信を持ったのでした。

 

本当に実現したいものは何なのか?

 

これは年齢によっても、

医師になった理由によっても、

過ごしてきた過去によっても、

相当に異なるものだとは思います。

 

しかし給料を上げたいとか、

休みが欲しいとか、

当直を減らしたいとか、

いわゆる条件面だけで考えてしまうのは

ご自分の医師としての人生を

つまらないものにしてしまいます。

 

何をしたいのか?

実現したいものは何なのか?

 

真剣に考えた上で新天地を求めた方が

良さそうですね。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

家族にどういう暮らしを提供するのか?

 

外科医として忙しい日々を過ごしてきたG先生。

 

市立病院で外来、病棟、手術とこなしてきて、

休む暇もないほど…。

当直回数も多いし、土日も病院にほとんどいる…。

 

しかも市立病院という事もあるのか、

待遇はあまり良くなく、

同期の先生と話してみるとみな自分よりも

良い給与を貰っているらしい…。

 

口の悪い同期の仲間は、

「お前も早くそんな病院辞めちゃえよ。

俺らもいつまでも若くはないんだぞ。

民間病院に行けばもっと高待遇で迎えて貰えるぞ。」

なんて言う。

 

そんなもんかな…と思いながら、

奥さんに相談してみると、

今よりも良くなるなら

あなたの好きなようにやっていいと。

 

一念発起したG先生は、

医療系の雑誌に掲載されていた病院に応募してみると

理事長や院長が是非うちに来て欲しいと…。

出してきた条件が今の職場よりも300万円ほど高い年俸。

 

これなら妻も喜んでくれるだろうと転職。

 

年俸は上がったものの、

忙しさは今までと変わらず。

それでもG先生は満足していたが

ある時、奥さんがひと言…。

「前よりも良くなっていないじゃない…」

 

何言ってんだ、

年俸がかなり上がったじゃないか!と怒ったG先生。

 

よくよく話しを聞いてみると、

奥様が望んでいたのは年俸アップではなくて、

家にいる時間を増やして欲しい、

家族との時間を大切にして欲しいだったそうで…。

 

収入は増えなくてもいいから、

あなたが子供達と遊んだり、勉強を教えたり、

そういう時間が欲しかったのよ…。

 

今よりも良くなるなら…。

誤解のないようにコンセンサスを取っておかないと…。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録