義理と自分の未来の狭間で…。

医師転職求人選び

 

長年とある病院に勤め続けるI先生。

すでに10年が経ちます。

 

理事長や院長とも長年の関係ができていますから、

I先生に対する信頼は非常に高く、

かなりの裁量と自由を与えてくれています。

またI先生もそんな理事長や院長に対して

大きな感謝と信頼感を持っていらっしゃるんですね。

 

ある意味では順風満帆な医師人生なのですが、

これも時代の流れでしょうか?

理事長、院長の周囲にいる上層部たちの方針が

非常に硬直化した保守的なものに感じられるようになり、

このままこの病院にいたら

自分もそうなってしまうのではないか…。

いやすでになりつつあるのではないか…。

 

なんてったって世代的には幹部はみな60歳オーバー。

守りに入ってもしょうがない年代。

しかし医療制度は年々変わり、

対応が1歩遅れている感が拭えない…。

 

自分はまだ50歳前だし、

そろそろ一念発起して

新たな道に足を踏み出すべき時ではないか?

そんな事を考えるようになったのだそうです。

 

I先生はまだ決断まではできていないものの

転職サイトで求人を眺めてみたり、

開業についての書籍を読んでみたり、

自分自身にどんな道があるのか情報収集をするようになりました。

 

そんなある日、

お!この病院の求人内容は

かなり自分の考えに近いし、

条件も良さそうだし、

かなり興味があるな…という求人を見つけました。

 

数日悩んだ末に問合せをしてみると

求人を出している紹介会社の担当者が

詳細をご説明したいので1度お会いしたいという事です。

時間を作って面談してみると、

I先生が気に入った求人はすでに充足してしまった…と。

 

この求人に近いものは

他にもこんなものがあるといくつも提案するのですが、

正直ピンと来るものはない。

 

その日はそれで終わったものの

翌日からI先生のご希望に近い求人をご案内しますと

頻繁にメールが届くが、

正直どれもピント外れで落胆…。

 

そんな中に同期の開業医から

自分の開業支援を手伝ってくれたコンサルタントが

転職支援もしているから紹介しようかと言ってくれ、

その方とお会いしてみると、

I先生の5年、10年先のキャリアプランを見通してくれ、

数日後にはピッタリの求人まで紹介してくれました。

 

最初に気に入った求人よりもいいかも…と期待して

見学に行ってみると、

これがまた抜群に良い。

しかも条件面も今よりもグッと上がる。

 

スムーズに内定を頂き、

さあどうするか?というところで悩むI先生。

 

I先生も今の職場に対して愛着はありますし、

すぐにでも辞めたいという気持ちはない。

しかしそろそろ飛び出す時期かもしれないという思いもある。

 

院長にそれとなく

もし自分が辞めるとしたら…みたいな話しをしてみたけど、

いや~I先生が辞めるなんて考えられませんよ。

当院の4番バッターですから!と持ち上げてくる…。

 

それから1か月。

I先生は決断ができません。

 

コンサルタントからは

じっくりと納得するまで考えた方が良いと言われているけど、

病院の方はいつまでも待ってくれないだろうし、

早く退職の申し出をしなければ

赴任時期もどんどん遅れてしまいます。

 

どうしよう…。

気ばかり焦って益々決断できないI先生でした。

ルナーヴァ 医師/看護師 転職求人情報 バナー

医師/看護師 最新転職求人情報サイトはこちらから!

 

安易に高条件だけに引っ張られてしまって…。

医師転職条件

 

怒涛の20台後半から30代を過ごしてきたU先生。

ハードな日々であったけれども、

必死になって過ごしてきた日々に後悔はないどころか、

むしろかけがいのないものを手に入れたと感謝しています。

 

しかし40代に突入し、

心身ともに若い頃とは同じように行かず、

そろそろ次のステージに行くべきかと考えておられました。

 

今まで積み上げてきたキャリアを活かしたい。

でも固執するのではなく新たな領域も学んでみたい。

 

そんな事を考えていると、

あれもやりたい、これもやりたいと希望にワクワクしつつ、

すべてを行う事はできなくても、

それなりに可能な施設なら前向きに考えようと思っていました。

 

しかし実際に転職活動をし始めてみると、

年収2500万円超えの求人とか、

当直なしで年俸2000万円とか、

ご自身のキャリアを振り返って

自分なりの将来ビジョンを持っていたはずのU先生も、

ん?そんなオイシイ話しがあるのか?…と

困惑気味です。

 

いくつか医療機関を見学に行ってみたのですが、

どこも帯に短したすきに長し…という感じで

ここがいい!という最善の所が出てきません。

 

これならオイシイ案件に飛びつくのもいいのでは?という

悪魔の囁きに乗ってしまったU先生。

 

当直なし年俸2000万円以上の求人を出している

医療機関に見学に行ってみると

幹部がこぞって顔を出して平身低頭で

是非ともU先生にお越し頂きたいと言います。

しかも年俸には色を付けるという事で

2200万円のオファーをしてくれました。

 

キャリアを中心に考えていたU先生でしたが、

決め手が得られない事から

このオイシイ案件で決断してしまったのです。

 

それから3カ月後…。

U先生は毎日退屈しています。

暇なんです。

患者もまばらですし、

来ても診療という訳ではなく、

自分が医師である誇りも消えそうです…。

 

さすがにこのままではいけないと思ったU先生。

幹部に患者を増やす為のアイデアを提案してみましたが、

いいの、いいの、U先生は毎日来てくれて

座っていればいいんだよ。

これだけの給料貰って楽できるんだからパラダイスでしょ…と

言われてしまいました。

 

別に自分は楽がしたかった訳ではないんだよな…。

医者としてもっと羽ばたくつもりだったのに、

これでは性根までくさってきそうだ…。

いくら高年俸だからっていつまでも続けられない…。

 

あ~あ、条件だけに目が眩んだ自分がバカだった…。

そう後悔しているU先生でした。

 

 

<年収について書いた過去記事もご覧下さい>

大幅年収アップを実現した後の大きな後悔!?

医者の給料ってどれくらいが適正なんだろう?

条件面を重視し過ぎた求人選びの失敗!?

 

ルナーヴァ 医師/看護師 転職求人情報 バナー

医師/看護師 最新転職求人情報サイトはこちらから!

患者への挨拶

医師退職挨拶

 

来年の4月から新しい職場に行く事が

決まったN先生。

 

そうは言っても今の病院は在籍期間が

4年半になりますので、

それなりの愛着もあれば、

感謝の思いもおありのようです。

 

最後まで誠実に、丁寧な仕事をしていこうと

固く心に誓っていました。

 

年明けくらいから、

長く診ている患者さんに対しては

少しずつご挨拶をするようにしました。

 

N先生としては誠意を示したつもりです。

 

ところが後日院長に呼ばれ、

「患者さんには病院から正式なご案内をするまでは

個別のご挨拶は控えて欲しい」と言われました。

 

別に何をやってるんだ!という口調ではなく、

N先生の気持ちはわかるけど、

一応病院としてきちんと案内をするまでは

患者さんには言わないで…という感じだったので

N先生としても了解をしました。

 

N先生の誠実さは素晴らしいと思います。

ですが、患者さん達には病院として

案内をするという組織の論理もありますね。

 

これはそれぞれの医療機関によって

対応の仕方は異なります。

 

退職が決まった段階で、

どのようにすれば良いかを確認した方が

良いですね。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

いつ、誰に、どのように申し出るべきか?

医師退職の申し出

 

あまり世話になった感もないし、

特別に感慨深い訳ではないけど、

いざ他の病院に行く事が決まって

退職を申し出るとなると

意外と切り出しにくいもんだなあと呟くW先生。

 

もう5年もいたから

そんな気にもなるかな…と思っているのですが、

実はW先生は以前の職場からこちらの病院に来る際に

大失敗をしています。

 

退職の申し出をいきなり院長先生にしてしまい、

院長からは非常識だと罵られ、

上司の先生からは大目玉を食らい、

辞めるのにすったもんだしてしまった事があるのです。

 

しかも再来月で辞めますと日数的にも余裕がなく、

病院にいろいろ迷惑を掛けながら

何とか退職させてもらったという経緯がありました。

同じ轍は踏まないと考えているW先生。

 

今回はまず事務長に切り出し様子を伺いました。

すると院長には私の方から伝えるので、

上司の診療部長にはW先生から伝えて欲しいとの事。

 

今回は日数的にも約半年くらいの余裕を見ていますので、

それだけあれば調整は可能ですと事務長もおっしゃいます。

 

診療部長には、この病院云々ではなく、

医師としての成長を目的としている事、

院長はじめ、部長、スタッフには

心から感謝している事などを伝えると、

初めは怪訝な顔をしていた部長先生も、

そういう事なら致し方ないと理解をしてくれました。

 

きっとそれぞれの医療機関で独自のルールがあるのでしょうが、

いきなり院長に切り出すとか、

他の医師や看護師が先に知ってしまうとか、

そういう展開はあまり良い結果に繋がらないと思います。

 

W先生のように、事務長、そして直属の上司という順で

申し出をするのが無難ですね。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録