医局を飛び出さなきゃ良かった…。

当直なしで年収アップ

 

医師15年目…。
医局内でも中堅からベテランに分類されるようになり、
漠然とこのままでいいのか?と考えるようになったK先生。

特段不満がある訳ではないし、
決して現状に文句がある訳でもない。

ただこの先10年、20年を考えると
何となく不安になったのだそうです。

そんな時にたまたまWEB上で見掛けた宣伝広告…。

当直なしで年収300万円アップ!

ホントかよ。
自分だって月に4~5回の当直をしてるけど、
当直がなくなっても年収がアップするなら
それに越した事はないよな…と考えたのだそうです。

その時は特にアクションは起こさなかったけど
ご自身のパソコンには
その後も何度か同じ宣伝広告が出てきたそうで…。
(1度クリックしてしまうと
何度も追い掛けて宣伝されちゃうんですよね)

 

医師/看護師 転職求人アプリ

※画像クリックで、医師転職求人アプリ・ダウンロードサイトに飛びます!<スマホ・タブレットの方のみ>

 

ある日、来年度の医局人事の噂を同僚と話していた時に
わりと遠方のジッツで空きが出るので
誰かが行かねばならない…なんて話しを聞きました。

おいおい、あそこの病院は自宅から2時間…。
さすがに自分はないだろうとは思うものの
診療部長としての受け入れなので
中堅からベテランの医師が行く事になるらしい…と聞くと
まさか、自分が…と何だか胸騒ぎがしたんだそうです。

そういえばこないだ教授が冷たかったな…とか、
准教授がよそよそしかったのはまさか…と
気になり始めると嫌な予感がしてしょうがない…。

そんな時にまた出てきたあの宣伝広告…。
思わず詳しい話しが聞きたいと問合せをしたのだそうです。

後日担当の方とお会いしました。
案内された求人は新たに設立されるクリニックの院長職。

母体となる法人が資金、人材、機器など
すべて揃えてくれるのでK先生のリスクはゼロ。

そして提示された年収は
今より350万円ほど上がった金額だったそうです。

クリニックの院長職なら
それなりに箔も付くだろうし、
当然当直などないし、オンコールもない。
その上で年収もグッと上がるんだから
決して悪い話しではない…。

この年になって遠方の病院に派遣されるくらいなら
いい話しだし、乗ってもいいんじゃないか?

そう考えたK先生は、
辞令が出る前に退職の申し出を行ったんだそうです。

それから1年後…。
結果的に遠方の病院には
医局からは誰も派遣されなかったそうです。
自院で医師を採用したとの事で…。

そしてK先生…。
院長に就任したのは良いですが、
患者さんがあまり来ずに
正直、かなり暇しているそうです。

 

ルナーヴァ 医師/看護師 転職求人情報 バナー

医師/看護師 最新転職求人情報サイトはこちらから!

 

それだけならいいですが、
患者が来院しないのは
K先生の診察に問題があるのでは?とか、
K先生の人柄が患者受けしないのでは?などと言われ、
本部やスタッフから的外れな批判をされているんだそうです。

内心怒り心頭のK先生ですが、
まだ開院して3か月…。
これから見てろよと我慢をしていますが、
何よりクリニックの立地はあまり良くなく、
ビルの5Fというのも不利な条件であり、
集患に繋がるマーケティングなども何もしていません。
おざなりに作ったホームページだけ…。

K先生は本部に対して、
最寄り駅に看板を出してみたらどうだろうか?とか、
電柱広告やバスの車内放送での宣伝を提案するものの
それは儲かってからするものと一蹴されました。

いや、儲かれば宣伝広告などしなくて良いでしょう。
儲ける為にするんじゃないの?と思ったそうですが、
ここで自己主張するよりも、
自分は医師として診療に専念すべきか?とも思い、
来院患者が来ないままに日々を悶々と過ごしているそうです。

しかもこのまま患者が増えなかったら
K先生の給料は下げざるを得ないね…と
脅しまで掛けられているそうです。

自分は早まったのかな…。
あのまま大学に残った方が良かったかな…。

そんな事を思ったりもするそうですが、
今さら後戻りする訳には行かず、
後悔先に立たず…と苦しいK先生でした。

医師/看護師 転職求人アプリ

※画像クリックで、医師転職求人アプリ・ダウンロードサイトに飛びます!<スマホ・タブレットの方のみ>

ルナーヴァ 医師/看護師 転職求人情報 バナー

医師/看護師 最新転職求人情報サイトはこちらから!

 

 

<その他の過去コラムもご覧下さい!>

とにかく現状から逃れたいだけだったのに…。

子供の進路で自分に転職の必要が出てきた!?

自分の存在価値は何だろう?

 

 

ぶっ倒れるまで仕事をした結果…。

 

医師の過重労働が問題になっていますが、

少し前まではほとんどの医師が

当たり前のように過重労働をしていた訳で、

若手医師とベテラン医師の間にギャップが出てきているようです。

 

また病院経営者はただでさえ厳しい経営状況の中で、

人的コストが上がり続ける事は許容できずに

黙って過重労働を厭わない医師を欲しているところもあり、

医療現場ではなかなか働き方改革が

浸透しないようでもありますね。

 

こんな状況の中で必死に医療現場で奮闘してきたS先生。

元来、労働環境に関して疑問を持った事もなく

医者なんてこんなもんだろう…と思っていたようですが、

当直回数は月に7~8回が標準で

場合によってはそれ以上の時もある…。

しかも当直でなくとも何だかんだで病院に泊まる事もあり、

オンコールは当番ではなくても

ほぼ365日対応している状態です。

 

そもそも医師になったのは、

1人でも多くの患者を救いたい…という思いだった事もあり、

そこに患者がいれば自分の事など後回しにして

即応してきておりました。

 

若い頃は心身ともにパワーで乗り切れたものの、

段々年を取るごとに疲労を感じるようになったそうです…。

 

このままでは拙いかもしれない…なんて事を

考えるようになったある日…。

ついに身体に限界が来てしまったようで、

過労で倒れて入院する事になってしまいました。

 

当初は数日~1週間程度あれば

回復するだろうと思われていたのですが、

2週間、3週間と長引いてしまい、

そして何より心が折れてしまったようで

現場に戻る事に恐怖を感じるようになったそうなんです。

 

そうこうしている内に病院側の反応も、

養生して早く戻ってきてという好意的なものから

いつになったら戻って来れるの?

無理なら無理で進退をはっきりしなさいよ…という

心無いものに変わってきたようにS先生は感じたようです。

 

長年勤めてきた病院ですし、

それなりに貢献してきたと自負しています。

しかし早く復帰しなければ…と思えば思うほどに

身体は動かなくなる…。

 

悩みに悩んだS先生ですが、

世話になった病院だけに迷惑を掛けるのは本意ではなく、

一旦リセット、退職する事にしたのだそうです。

 

S先生曰く、

告げた事務長の表情がほっとしたようだった。

きっと彼も上層部から相当のプレッシャーを受けていたのだろう。

これで良かったのだ…。

 

それから1か月後、

だいぶ心身ともに復調してきて、

さあこれからどうするか?と考えた時に、

果たして今までのような働き方で良いのだろうか?

他にどんな働き方があるのだろうか?

そう考えてエージェントに相談してみる事にしました。

 

1社はネット上で良く見掛ける知名度の高い会社です。

こちらはとにかく求人を何件も送り付けてきて、

どれにしますか?早く決めましょうと急かしてきます。

 

もう1社は以前からS先生が注目していた会社で、

小さな会社だけども医師への思いが伝わってくる

とてもきめ細かなコンサルティングをしているようです。

 

こちらはS先生の心身の回復と、

根本的な働き方の変化と解決を目指して

様々な提案をしてきてくれます。

 

また同じような体調不良を起こさぬように、

複数の働き方を提示し、

それぞれのメリット、デメリット、

そして条件面の詳細だけではなく

その後のキャリアプランについても相談に乗ってくれ、

数回に渡るディスカッションの末、

S先生にとってこれだ!と思うプランが見つかり、

それに応じた求人を紹介してもらったそうです。

 

今、S先生はそちらで充実した日々をお過ごしです。

キャリアという意味では小休止しているかもしれないけど、

少なくともキープはできているし、

時間に余裕ができた事で新たな勉強をする事もできています。

 

もうしばらくこちらで頑張り、

次はステップアップを図ろうと

その担当者とも話しをしているようです。

 

あの頃の働き方はやっぱり異常だった…。

あのまま進んでいたらもっと深刻な事になっていたかもしれない。

いくら患者の為と雖も自分がぶっ倒れたら

逆に患者に迷惑を掛ける事になるしね…。

 

別に楽をしたい訳ではないんだよね。

でもやり過ぎはダメだよね…。

ちょうど良い働き方が見つかって良かった…。

そう胸をなでおろすS先生でした。

 

<医師の働き方について書いた過去記事もご覧下さい!>

何歳までにどうなっておくべきか?

ブレのない一貫性のあるキャリアを構築できるのか?

医局に頼れない時代だから…。

 

ルナーヴァ 医師/看護師 転職求人情報 バナー

医師/看護師 最新転職求人情報サイトはこちらから!

 

医師としての終盤戦をどう生きるか?

 

もうすぐ還暦を迎えるK先生。

自分でも今までよくやってきた…と思うけれども、

まだまだ気力、体力ともに衰えを感じる訳でもなく

医師としての自分が求められるなら

あと10年くらいは続けられそうだな…と考えています。

 

幸い今の病院でも続ける事が可能です。

60歳以降は1年毎の更新になってしまうようだけど、

少なくとも必要とはしてくれているようです。

 

さすがに若い頃のように

月に何回も当直に入ったり、

休みの日まで患者を思って病院に顔を出したり、

それこそ24時間365日がオンコール状態だったりするのは

勘弁して欲しいけど、

今の病院は在籍医師数が決して多いとは言えないので、

その点が不安ではあります。

 

そんな時に奥様から、

「今まで医師としてわき目もふらずに働いてきたんだから、

そろそろペースを落としてもいいんじゃないの?

少しは家庭の事も顧みて欲しいし、

のんびり旅行にも行きたいわ。

多少お給料が減っても構わないから、

時間を作る事も考えてみてよ。

あなた自身も最後にご自分の好きな事、

やりたい医療をしてみたらいかが?」

なんて事を言われました。

 

う~ん、K先生は考えさせられました…。

確かに今までの自分は必死に走ってきて、

家庭の事はないがしろにしていた事は否めない…。

長男も、長女も女房が育てたようなもんだし、

しっかりと支えてくれた女房に対して

恩返しもしなきゃいけないな…。

 

それと最後に自分のやりたい事か…。

確かに自分が医者を志したのは

赤ひげ先生のような家庭医に憧れていたはずなのに、

なぜか急性期の最前線で働いてきた。

 

今さら家庭医なんて転身できるのかわからないけど、

一考の余地はありそうだし、

新しい事にチャレンジするなら今が最後だろう…。

 

別に今までの医者人生が間違っていたとは思わない。

後悔なんか全くないけれど、

でも他の道もあったのは確かだし

医者としての最後の10年…。

今までとは違う医者として毎日を過ごすのもいいかもな…。

 

K先生は今でも悩んでいます。

ですが気持ちは段々と固まりつつあります。

 

当サイトは失敗事例集ですが、

K先生は特に失敗をした訳ではありません。

しかしひとつ間違えると後悔する事にも繋がらない

大事な人生の転機であるのは間違いありません。

 

若手だろうが、中堅だろうが、ベテランだろうが、

自分の前にある選択肢の中でのいずれかを選ぶのか?は

慎重かつ大胆に決断しなければなりませんね。

 

きっとK先生だったら

失敗の方向には行かないと思います。

10年後にあの時の判断は間違いではなかった…と思えるような

自分らしい医師としての終盤戦をお過ごしになるでしょう。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

 

この条件は相場通りなのか?

 

40代前半のM先生。

長く大学医局に在籍していましたが、

思う所があり初めての転職活動を開始しました。

 

もともと実家から離れた大学に通っており

そのまま大学医局に入局していたのですが、

両親もだいぶ年を取ってきたので

そろそろ近くに戻ろうという事で

首都圏の病院を探そうとされていました。

 

ところが今まで医局を出る事なんて考えた事もなかったM先生。

転職といったって何から始めて良いかわかりません。

まして十数年以上出身地を離れていた事もあり、

近隣の病院事情もよくわかりません。

 

ちょうど当直をしていた時に読んでいた医療系の雑誌に

実家近くの病院が求人を出しており、

取り合えず応募してみるか…と

軽い気持ちで連絡をしてみました。

 

地元の中規模病院といったところですが、

是非1度ご見学にお越し下さいとの事で伺ってみると、

理事長、院長、診療部長、事務長などが

とても丁寧な対応をしてくれて好感を持ちました。

 

ここで決めてもいいかな…という思いもありましたが、

さすがに1箇所だけで決めるのも…という考えもあり、

どうしようかと悩んでいたのですが、

事務長から頂いた条件は今の年収よりも200万円ほどアップします。

 

もしかして俺って価値ある?とか、

そこまで俺の事を欲してくれてるの?などと

素直に嬉しく思う気持ちが半分と、

交渉すればもっと年収が上がったりするのか?という気持ちもあります。

 

決めるにしてもせめてもう1箇所だけ見学してみようと考え、

もう少し実家に近い病院の求人を見つけましたので

こちらにも応募してみました。

 

見学に行き、条件提示を受けると

何とこちらは今の年収と同等であり、

しかも当直回数はこちらの方が多く、

なおかつ自分の専門領域以外の診療も求められるようです。

 

う~ん、年収を考えると逆なら腑に落ちるのですが、

楽な方が高いなんて…。

何か裏があるのかな?と考え込んでしまいます。

 

結果的には前者の病院にお世話になる事に決め、

実際に入職しても働きやすい環境で満足できたのですが、

いったい医者の年収相場って何なんだろう…。

自分の価値って正確にはどれくらいの年収なんだろう…と

悶々とした日々を過ごしたのも事実。

 

地元に戻ってみると、

後者の病院は評判が悪く

医師の定着率も非常に悪いという事を知りました。

 

変に勘ぐって後者の病院に入職していたら

大変な事になったな…。

 

自分だけで情報収集するには限界があるし、

次はプロの人に頼ろう…と思うM先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

ハードな勤務に嫌気が指して…だけでは足りない!

医師ハード勤務

 

若手医師から敬遠されている

ハードな診療科目である○○科のK先生。

 

そもそも急変患者が多い科目だし、

実際に緊急オペも頻繁…、

オンコールにビクビクする毎日だし、

当直も他科と比較して多いし、

その割には給与など待遇が恵まれている訳でもない…。

 

今までは若さとプライドで乗り越えてきたけれど、

さすがに体力的にも厳しくなってきて、

俺の人生、このままでいいのかな…なんて

考えるようになってきました。

 

そんなある日、

何と後輩医師2名が退職するとの話しを耳にしました。

 

ただでさえ医師が足りないのに、

若い医師2名が辞めるとなると…

K先生への負担が一気に増すのは目に見えています。

 

先を越された感もあるK先生は

この2名の先生と話しをしましたが、

「この環境じゃもう持ちません」

「他の病院に行けば勤務は楽になり待遇も良くなります」

「心身ともに疲れてしまって…もう限界なんです」

と、まさにK先生と同じことを考えての退職であります。

 

さすがに上層部も危機感を感じて

新しい医師の採用に動いてはいるようですが、

果たしてどうなる事やら…。

 

上司からも、K先生は大丈夫だよね?と聞かれましたが、

はい、大丈夫ですと答えられる訳がなく、

いえ、正直自分もどうなるかわかりません…と

思わず答えてしまいました。

 

すると嫌がらせのように当直回数を増やされ、

オンコールの呼び出しもさらに増えてきました。

 

ご自身のやってきた事に対しては自負しているけど、

正直もう自分の専門分野でなくとも良いから

もっと楽になりたい…。

そんな心境になってきてしまっています。

 

そしてたまたま見掛けた

一般内科のクリニック院長職の募集…。

しかも給与面も今より少し良くなる。

なおかつ当然当直から解放される…。

 

これだ!と思い応募したK先生は、

あれよあれよという間に話しが進んで

こちらでお世話になる事に決まりました。

 

1年後…。

確かに勤務はかなり楽になりました。

当直はないし、オンコールもないし、

緊急対応もないし、オペもない。

 

ただそういった負の面がなくなるのと同時に、

やりがいもなくなり、

かなりモチベーションが下がってしまっているのも事実です。

 

また看護師や事務のスタッフからは日々細かい注文がありますし、

経営本部からは患者数や売上の厳しいチェックも入ります。

 

良くなった面もあるけど、悪くなった面もある…。

果たしてこれで本当に良かったのか…。

 

辞める前にもっと情報収集すれば良かったなあ。

いろんな人に相談すれば良かったなあ。

いくつかの選択肢を持てれば良かったなあ。

 

もう戻れない…感もありますし、

この先どうなるのか、やっぱり不安です。

 

もっと自分の将来についてよく考えてから動けば良かった…。

そう後悔しているK先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

メールに返信する時間がなくて…。

産婦人科医転職

 

産婦人科医のF先生。

大変に多忙な毎日を過ごされています。

 

病院からの緊急呼び出しも頻繁であり、

分娩のプレッシャーもきつく、

年齢的にも無理が利かなくなってきているのもあり、

転職を検討し始めました。

 

産婦人科医としてのキャリアを捨てるのは

かなり寂しいけど、

自分が倒れてしまったら家族が…と考えての

一念発起です。

 

ある人材紹介会社から

婦人科クリニックを紹介されて、

当直から解放される事や、

その割には給与も良い事から、

ここに応募してみる事にしたのですが…。

 

とにかくご多忙なF先生…。

 

担当のコンサルタントから

面接日の候補がメールされてきても、

気付くのは候補日を過ぎてからという有様で、

電話も受ける事ができない状況です。

 

クリニック側もキャリアのある先生だし、

忙しいのはわかるから

気長に待ちますよと言われていたものの、

結局応募してみますと言ってから

半年経っても面接まで進めず…。

 

このクリニックの求人に他から医師の応募があり、

そちらの先生で決める事になり、

申し訳ないけど

今回は見送らせて下さいとなってしまいました。

 

担当コンサルタントからその旨のメールが来ていたのですが、

そのメールに気付いたのも数か月後…。

 

せっかくの良い求人でしたが

F先生は諦めるしかなくなり、

こんなに忙しくちゃ転職もできないや…と

嘆いていらっしゃいます。

 

電話やメール。

せめてそれくらいはできる状況を作らないと、

さすがに話しは先に進みませんね…。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

医師免許証を忘れた…。

面接医師免許証

 

年度末で今お勤めの病院をお辞めになる事が

決まっているK先生。

 

引き継ぎなど、

非常に多忙な中に転職活動をしています。

 

明後日にとある病院に面接、見学に行く事が

決まっていたのですが、

忙しくて履歴書も準備できていない…。

 

何せ履歴書など作った事もないし、

こんなもんでいいのかなあと思いながら

前日の当直中に何とかかんとか仕上げました。

 

面接当日に履歴書持参で病院に伺うと、

とても人の良い事務長が対応してくれました。

 

K先生、お願いしていた履歴書と医師免許証を

先にお預かりしても宜しいでしょうか?

 

あ、やっべ~。履歴書に気を取られていて

医師免許証を忘れた…。

いかんともしがたいので、

正直に事務長に医師免許証を忘れてしまったので

後日お持ちしますと伝えると、

あらら…と怪訝な表情をされてしまいました。

 

昨今、偽医者問題などが話題になり、

病院側も医師である事の確認は厳格に行うようになっています。

わざと忘れた訳ではありませんし、

結果的にはこの病院でK先生は働く事になりました。

 

雨降って地固まる…ではないですが、

雨はやっぱり降らない方が良いですよね…。

 

医師免許証。

面接、見学の際には言われなくとも

持参しておいた方が無難です。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

何箇所か見てみたい…。

医師転職希望条件

 

大学医局に18年、民間の総合病院で12年。

呼吸器内科医として経験を積んできたN先生。

 

それこそ最後の勤め先を探すくらいのお気持ちで

転職活動を開始しました。

 

今まで家族を犠牲にしてきた所もあったので

今回は自宅にできるだけ近いという希望は叶えたかったし、

当直はできるだけ少なくしたい。

そして緊急呼び出しなども極力ない所がいい。

 

そうは言ってもあんまり暇なのは性分に合わないし、

給与だって今よりも大きく下がるのは勘弁して欲しい。

 

今まで培ってきた専門性も活かしていきたいし、

内科なら何でも診るというようにはなりたいくない。

 

と、いろいろ希望条件を上げていくと

自宅から30分圏内の中には

該当する医療機関が非常に少ないのです。

 

N先生は複数個所を見学に行ってから決めたいという

ご希望を持っているのですが、

正直、それも叶わないような状態です。

 

妥協点を探っていかねばならないのですが、

N先生として今回は長く勤める所だから

あんまり妥協はしたくない…と。

 

これでは数箇所見学に行く事もできませんし、

そもそもご希望に合う募集自体がないのですから

お話しが進みません。

 

結果的にN先生はその後、

1年経っても転職できていません。

 

ご希望条件を頑なに守っていては可能性は広がりません。

優先順位を付けて、低い部分については妥協する。

 

実は見学に行って、理事長や院長と面談して、

先方に評価をしてもらえれば

妥協した部分が考慮して貰えるなんて事は

よくある話しです。

 

頑固になり過ぎてはいけませんね…。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

履歴書、職務経歴書なんて作ったことない…。

医師履歴書職務経歴書

 

大学医局に15年。

不惑の年代になり、

これからどうするかと悩んでいたD先生。

 

新教授が来て、

医局内もバタバタしており、

これから先のポストも望めず

このまま医局にいても先が見えているなあ…。

 

D先生は前の教授に可愛がられていた事もあり、

新教授からは何かと目を付けられてしまっており

一念発起して転職を検討し始めました。

 

当然D先生に転職経験はなく、

何をどうしたら良いのかもわかりません。

 

当直の時に医局に置いてあった医療系の雑誌に

掲載している求人医療機関に電話をしてみると、

是非ご見学にいらして下さいという事で。

 

その際に履歴書、職務経歴書を持ってきてと言われたのですが、

どんなものを作れば良いのかわからず、

ネット上で書き方を見ながら取り合えず作成。

 

ところが根が真面目なD先生は、

書き始めると止まらなくなり、

過去の実績や今後の希望条件など、

なんと8枚もの職務経歴書を作ってしまいました。

 

応募した病院に行って事務長に渡すと、

非常に驚いた様子。

 

院長との面接でも苦笑いしながら

書類を見ていて、

う~ん、ここまではやらんで良かったかあと反省。

 

手書きでチョロチョロと経歴を書いただけのものや、

ごく簡単にA4一枚にまとめたものよりはいいですが、

あまりにもボリュームが多いのは

先方も読み込むのが大変です。

 

面接の場で話しを膨らませ、

お互いの理解を高める為に必要なものですので、

あまりにも立派な書類を作る必要はありません。

 

それだけアピールしたい事があるのは素晴らしいですが、

この辺りは社会の一般常識を順守した方が良さそうですね。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

募集要項と実態にあまりにも乖離があり過ぎる…。

医師募集要項失敗

 

地方都市の総合病院でお勤めになっているW先生。

 

実家が都心部にあり、

両親もそれなりの年齢になってきて

さすがにいつまでも放ってはおけないとの事で

妻や子供たちも都心部に行く事に賛成である事から

転居を伴う転職を検討し始める。

 

地方にお住まいになっている事から、

転職に関する情報がなかなかなく、

たまたま医局に置いてあった医療系の雑誌に

掲載していたある病院の求人に問い合わせてみる。

 

そもそもその求人欄は小スペースであり、

情報量も非常に限られており、

ホームページは確認したものの

正直実態はよくわからないままの問合せ。

 

しかし電話に出た事務長は非常に丁寧で、

是非1度病院に見学にお越し下さいと言うので

深く考えずに見学に行ってみた。

 

院長、副院長、診療部長、事務長が歓待して、

とても丁寧に院内を案内してくれた。

 

その晩は一席設けてくれて、

看護部長なども参加して

非常に人間関係が良く見えた…。

 

しかも翌日にもしW先生が当院に来て下さるならと

提示してくれた条件が非常に良く、

これなら妻も喜んでくれるだろうと

前向きに検討する旨を伝えて帰宅。

 

案の定、奥さんもなかなか良い病院らしいし、

条件も文句なしだから、

貴方がいいならいいんじゃない?と言ってくれ、

W先生はこちらの病院に行く事を決断。

 

それから約半年。

残念ながら見学時と実態では院内の雰囲気は

180度異なり、人間関係も殺伐とした感じ…。

 

当直は月に2~3回という事だったが、

非常勤やスポットの先生が

どうしても見つからないと頭を下げられると

新米だし、ここで嫌というのも良くないと

1度受けたら、その後も頻繁に依頼されるようになり、

結果的には月に5~6回、多い時にはそれ以上もある。

 

給与面も事前には聞いていなかった控除の項目が多く、

何だかんだと手取りでは以前より年収ダウン…。

 

院長や診療部長も見学時とは人が変わったようで、

あれだけ頭を下げていたのに

いざ赴任してみると、あーしろこーしろと

理不尽な命令が多い…。

 

地方に住んでいたので、

そう何度も上京できない事情はあったにせよ

あまりにも実態を知らずに入職してしまった事を後悔する事に。

 

いくら近隣の病院事情を知らなかったとはいえ、

もう少し情報収集をして、

よく調べてから決めれば良かった…と悔しい思いをされています。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録