安易に高条件だけに引っ張られてしまって…。

医師転職条件

 

怒涛の20台後半から30代を過ごしてきたU先生。

ハードな日々であったけれども、

必死になって過ごしてきた日々に後悔はないどころか、

むしろかけがいのないものを手に入れたと感謝しています。

 

しかし40代に突入し、

心身ともに若い頃とは同じように行かず、

そろそろ次のステージに行くべきかと考えておられました。

 

今まで積み上げてきたキャリアを活かしたい。

でも固執するのではなく新たな領域も学んでみたい。

 

そんな事を考えていると、

あれもやりたい、これもやりたいと希望にワクワクしつつ、

すべてを行う事はできなくても、

それなりに可能な施設なら前向きに考えようと思っていました。

 

しかし実際に転職活動をし始めてみると、

年収2500万円超えの求人とか、

当直なしで年俸2000万円とか、

ご自身のキャリアを振り返って

自分なりの将来ビジョンを持っていたはずのU先生も、

ん?そんなオイシイ話しがあるのか?…と

困惑気味です。

 

いくつか医療機関を見学に行ってみたのですが、

どこも帯に短したすきに長し…という感じで

ここがいい!という最善の所が出てきません。

 

これならオイシイ案件に飛びつくのもいいのでは?という

悪魔の囁きに乗ってしまったU先生。

 

当直なし年俸2000万円以上の求人を出している

医療機関に見学に行ってみると

幹部がこぞって顔を出して平身低頭で

是非ともU先生にお越し頂きたいと言います。

しかも年俸には色を付けるという事で

2200万円のオファーをしてくれました。

 

キャリアを中心に考えていたU先生でしたが、

決め手が得られない事から

このオイシイ案件で決断してしまったのです。

 

それから3カ月後…。

U先生は毎日退屈しています。

暇なんです。

患者もまばらですし、

来ても診療という訳ではなく、

自分が医師である誇りも消えそうです…。

 

さすがにこのままではいけないと思ったU先生。

幹部に患者を増やす為のアイデアを提案してみましたが、

いいの、いいの、U先生は毎日来てくれて

座っていればいいんだよ。

これだけの給料貰って楽できるんだからパラダイスでしょ…と

言われてしまいました。

 

別に自分は楽がしたかった訳ではないんだよな…。

医者としてもっと羽ばたくつもりだったのに、

これでは性根までくさってきそうだ…。

いくら高年俸だからっていつまでも続けられない…。

 

あ~あ、条件だけに目が眩んだ自分がバカだった…。

そう後悔しているU先生でした。

 

 

<年収について書いた過去記事もご覧下さい>

大幅年収アップを実現した後の大きな後悔!?

医者の給料ってどれくらいが適正なんだろう?

条件面を重視し過ぎた求人選びの失敗!?

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

医者の給料ってどれくらいが適正なんだろう?

 

長く自治体系の病院で

ご勤務されている消化器科内科医のM先生。

 

先日、以前この病院で同僚だった先生とお会いする事があって、

久しぶりにお酒を飲みながら近況報告をし合いました。

 

そこで話題になったのが給料…。

昔の同僚の先生は

「もうあの時には戻れないよ。

M先生はハードな勤務の割に薄給な状況でよくやってられるね…。」と

おっしゃったそうです。

 

M先生としては、

こんなもんだろう…と

特に不満はなかったのですが、

同僚の先生は、

「それはM先生が世間知らずという事さ。

実際に自分はあの時よりかなりアップしているし、

我々と同年代の先生の水準と比較すると

だいぶ下の方だというのは現実としてあるんだよ。」

 

そうなのか…。

今まであまり年収の事など気にせずに

とにかく目の前の患者さんの為だけに働いてきたけど、

そろそろ自分の事も考えた方がいいのかもな…。

医者もQOLを高めた働き方を…なんて言うしな…。

 

段々と気になってきたM先生。

WEBで求人サイトなどを見ると

1800万円以上とか、2000万円以上も可などと

高給を打ち出して医師を募集している医療機関は少なくありません。

 

よし自分も一念発起して

女房子供に楽をさせてあげるか!と考えて、

高待遇、高年俸の求人が多数ある事を謳っている

紹介会社に問合せをしてみました。

 

すると担当のコンサルタントの方とお会いする事になり、

いくらくらいの年収がご希望かと聞かれたので、

2000万円前後ですかね~と特に何も考えずに答えました。

 

翌日からメールで高年収の求人が送られてきます。

しかしその中で自分の専門性を活かせるようなものはなく、

自由診療のクリニック案件などばかり…。

 

いくら高年俸だからってそりゃないと…と思いつつ、

自分の専門である消化器内科の案件に絞って欲しいと連絡すると、

今度は地方の求人ばかりが送られてきて、

なかには離島やへき地なども含まれています。

 

確かに消化器内科で高年俸だけど

単身赴任する訳には行かないんだよな…。

その旨お伝えすると、その後はパッタリと求人案内がなくなりました。

 

やっぱり自分には高年収なんて無理なんだよな…と諦めていた時、

元同僚の先生とやり取りをしてみると、

「そりゃ2000万円は求め過ぎでしょう(笑)。

今よりも少しでも良くなるというように考えたら」と言われ、

まあそりゃそうだと思い他の紹介会社に問合せすると、

「M先生のスキルや経験であれば、

〇万円~〇万円が適正と考えられます。

しかしこの中でも上限に近い方ですと

デメリットとしてこのような事が考えられますが、

それはM先生にとって受け入れられますか?」と

非常に親身になって相談に乗ってくれます。

 

そんなやり取りを繰り返して、

M先生は目標を年収1650万円に定めて

いくつかの病院で面接を受けてみました。

 

内定を頂いた病院の中で

1か所は目標の1650万円ジャストの提示、

もう1か所は目標を少し超える1680万円の提示。

 

担当する診療内容や他の条件面は双方同レベルでしたので、

M先生は1680万円の病院を選びました。

それでも今と比較したら100万円以上の年収アップです。

 

最初はよくわからずに欲を掻いてしまったけど、

現実的な話しを元に動き直して良かった。

 

そりゃ年収は誰もが高い方が良いのでしょうが、

医師としての魂を売らねばならなくなったり、

家族に迷惑を掛けるようではいけませんよね。

 

今回はM先生ご自身も納得だし、

奥様も喜んでくれて良い転職になったそうです。

 

あのまま欲を掻いていたら

今頃どうなっていたんだろう…とホッとするM先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

この条件は相場通りなのか?

 

40代前半のM先生。

長く大学医局に在籍していましたが、

思う所があり初めての転職活動を開始しました。

 

もともと実家から離れた大学に通っており

そのまま大学医局に入局していたのですが、

両親もだいぶ年を取ってきたので

そろそろ近くに戻ろうという事で

首都圏の病院を探そうとされていました。

 

ところが今まで医局を出る事なんて考えた事もなかったM先生。

転職といったって何から始めて良いかわかりません。

まして十数年以上出身地を離れていた事もあり、

近隣の病院事情もよくわかりません。

 

ちょうど当直をしていた時に読んでいた医療系の雑誌に

実家近くの病院が求人を出しており、

取り合えず応募してみるか…と

軽い気持ちで連絡をしてみました。

 

地元の中規模病院といったところですが、

是非1度ご見学にお越し下さいとの事で伺ってみると、

理事長、院長、診療部長、事務長などが

とても丁寧な対応をしてくれて好感を持ちました。

 

ここで決めてもいいかな…という思いもありましたが、

さすがに1箇所だけで決めるのも…という考えもあり、

どうしようかと悩んでいたのですが、

事務長から頂いた条件は今の年収よりも200万円ほどアップします。

 

もしかして俺って価値ある?とか、

そこまで俺の事を欲してくれてるの?などと

素直に嬉しく思う気持ちが半分と、

交渉すればもっと年収が上がったりするのか?という気持ちもあります。

 

決めるにしてもせめてもう1箇所だけ見学してみようと考え、

もう少し実家に近い病院の求人を見つけましたので

こちらにも応募してみました。

 

見学に行き、条件提示を受けると

何とこちらは今の年収と同等であり、

しかも当直回数はこちらの方が多く、

なおかつ自分の専門領域以外の診療も求められるようです。

 

う~ん、年収を考えると逆なら腑に落ちるのですが、

楽な方が高いなんて…。

何か裏があるのかな?と考え込んでしまいます。

 

結果的には前者の病院にお世話になる事に決め、

実際に入職しても働きやすい環境で満足できたのですが、

いったい医者の年収相場って何なんだろう…。

自分の価値って正確にはどれくらいの年収なんだろう…と

悶々とした日々を過ごしたのも事実。

 

地元に戻ってみると、

後者の病院は評判が悪く

医師の定着率も非常に悪いという事を知りました。

 

変に勘ぐって後者の病院に入職していたら

大変な事になったな…。

 

自分だけで情報収集するには限界があるし、

次はプロの人に頼ろう…と思うM先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

今までの実績はどの程度考慮されるのか?

医師転職年俸年収給与

 

外科医のM先生。

手術経験も豊富で、気さくな人柄からか、

患者さんはもちろんの事、

同僚医師やナースなどスタッフからも慕われています。

 

そんなM先生も今お勤めの病院で丸5年間勤めてきましたので、

ステップアップを考えて転職活動を始めました。

経験、実績、人物面ともに優れている事から、

見学に行った数か所の病院からは是非当院にお越し下さいと

言ってもらっています。

 

その中で最もM先生が気に入った病院さんで話しを進める事にしたのですが、

肝心な年俸の部分でどうも折り合いません。

 

M先生の希望に少しだけ届かないのです。

今の年俸よりは上がっているのですが、

昇給幅が少し足りないんです。

 

希望まで上げてくれるならすぐに決断してもいいんだけど

このままだと飲めないな…。

 

そう考えていたM先生は今までの実績を病院側に提示し、

これだけできる医師なのだから

希望条件を飲んでくれないか?と伝えました。

 

しかし病院からはNO。

当初の提案した条件を頑なに譲りません。

 

事務長と電話で話す中で、

M先生の今までの実績やご経験は素晴らしいと評価しています。

だから今の年収よりもアップしたご提案をさせて頂きました。

しかしここからさらにアップするには、

当院で実績を上げてからにして頂きたいのです。

当院でも同等レベルの実績を上げて頂ければ、

それは正当に評価しますし、

その時にはM先生のご希望を叶える事は充分に可能です。

 

M先生はこのお話しを蹴りました。

自分の希望を叶えてくれる病院は他にあると判断したのですが、

その後の転職活動の中で希望に届くオファーをしてくれる病院は

残念ながら出てきませんでした。

 

結果、この病院と同等の評価をしてくれた

他の病院で勤める事にしました。

 

ただ給与は同等ですが、設備やマンパワーは明らかに

前のところよりも落ちます。

こんな事ならあそこに決めておけば良かったな…と

後悔するM先生でした。

 

不当に低い評価をされたり、

今までの実績や経験を考慮してくれないなら話しは別ですが、

きちんとした評価はしてくれていた訳ですね。

 

年収アップの幅は、

スタートアップの段階であまり求めない方が良いと思います。

それを受け入れる病院には何か裏事情があったりもします。

 

微増ならOK、

後は入職して実績を挙げて、

その上で昇給をしてもらう。

そういう考え方も必要なのかもしれませんね。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

条件面を重視し過ぎた求人選びの失敗!?

医師転職所Y兼

 

まだ30代前半とお若いS先生。

野心家でもあります。

 

臨床研修から市中病院に出て臨床経験を積み、

さらなるステップアップを求めて

民間病院をいくつか渡り歩いておられます。

 

同年代のドクターと比較すれば、

それなりの年収を得ていたのですが

評価=年収と考えて、

次なる階段を登ろうと考えていらっしゃいます。

 

そんな時に入ってきたのが、

100%自由診療のクリニック院長のお話しです。

 

何と年収は今よりも1.5倍になります。

これだ!と飛びついたS先生。

ところが…。

オーナーは某企業。

儲かると思って自由診療のクリニックを開設したものの、

患者は思うように集まらず、

赤字での運営です。

 

S先生としては、高年収=評価と考えていましたし、

自分はこれだけの年収を貰って当然と自信満々だったのですが、

オーナーからはS先生の能力が低いから患者が来ない。

これでは今の年収は維持できないと脅かされる始末。

 

S先生自身も危機感を感じて、

マーケティングやら、集患対策やら、

諸々勉強をし始めましたが、

オーナー側からは冷たい視線を浴びせられており、

資金やマンパワーのサポートはなく…。

 

結果的に患者は来ず、1年経たずに閉院…。

オーナーに振り回されてしまったS先生。

 

また新たな転職先を探し始めましたが、

年齢の割に転職回数が多く、

自由診療から保険診療に戻ってくる事に怪訝な顔をされ、

なかなか高条件のオファーとなりません。

 

お金は大事だけど、

お金だけじゃないんだな…。

こういうのをキャリアに傷を付けるって言うんだな…。

 

しみじみ感じたS先生。

今は年収を下げて元の専門領域に戻り、

再度の修行、臨床経験を積み上げておられます。

 

なぜ転職をするのか?

何を実現したいのか?

 

こういうライフプランやキャリアパスは

事前にしっかりと考えておかねばなりませんね。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

しつこい紹介会社は勘弁だ!

医師 紹介会社 エージェント

 

随分前の事ですが、

転職を考えた際に紹介会社に問合せをした事があるS先生。

 

その際の対応が不誠実で、

もう2度と紹介会社なんて使うものか!と思っていたのですが、

今、お勤めの病院の経営陣が変わり

S先生の望まない方向に経営改善が進んでおり、

次の職場を考えたい…。

さあ、どうしようか…。

 

S先生が以前紹介会社とやり取りをしたのは、

4年前の事でした。

 

最近、紹介会社というものを

WEB上や医療系の雑誌などでよく見掛けるようになったし、

〇〇先生はどこそこの紹介会社を使って転職したとか、

△△先生は紹介会社経由の病院に転職して年収が上がったとか、

そんな噂話を聞くようになったので、

少し気になっていたのだそうです。

 

S先生自身は、今すぐの転職を考えている訳ではなく、

自分もこういう会社を利用すれば、

もっと良い待遇の病院が見つかるのかな?と考えていました。

 

そんなある日、

自分が興味を持っていた病院の求人を掲載してあるサイトがあり、

「この求人に興味がある先生はこちらからお問合せ下さい」という

案内に思わず連絡を取ったのがスタートです。

 

WEBから必要項目を入力して送信してみたところ、

何と5分以内に連絡が来ました。

 

人気のある求人なので一刻も早い応募が必要だ…との事。

い・いや、自分はそんなつもりじゃなかったし、

いきなりそんな事を言われても…と戸惑うS先生。

 

もう少し詳しい情報が欲しかっただけで、

いきなり応募なんて、そこまで考えてないと

その場は一旦お断りしました。

 

ところが翌日も、その翌日も電話が掛かってきて、

まあ取らなかったとはいえ、ちょっとしつこいなあ…と。

しかも毎日メールも送られてきて、

1度お会いして打合せがしたいとか、

他にも良い求人があるので案内したいとか…。

 

しつこいのが嫌いなS先生は、

ちょっと頭にきてしまって無視していました。

その後も何度も電話とメールが来て、

3カ月くらいは頻繁だった、

半年くらいは時々来てた、

1年くらい稀にあったので、

ホントにしつこいなあ…と辟易したんだそうです。

 

そんな事があったので、

2度と紹介会社なんて使うか…と考えていたのですが、

望まない形で新しい職場を探さねばならなくなってきて、

さて、どうするか…。

 

そんな時、同じ職場の他科の先生が

お辞めになる事が明らかになりました。

 

この先生とは愚痴を言い合う仲だったS先生。

診療後に声を掛けてみると、

先に悪いね…、ちょうど良い求人があったので、

そちらでお世話になる事にしたよ。

S先生も早く脱出した方がいいんじゃない?とおっしゃいます。

 

その求人はどこで探したの?と聞くと、

少し前に大学の後輩が転職をして、

その時に手伝ってくれた紹介会社がスゴく良かったというので

紹介してもらって会ってみたんだ。

 

S先生が心配しているような

無理に話しを進めるなんて全くなかったし、

状況によっては今のところで踏ん張る事も大切とも言ってたしね…。

 

自分は信頼が置けて、

結果的にも良い職場が見つかったし、

S先生が関心あるなら紹介してあげるよ…と言ってくれました。

 

ちょうど今S先生は担当者とやり取りをしています。

しつこさや無理強いが全くないどころか、

医療業界を良く知り、適切なアドバイスもくれるそうです。

 

やっぱり大ぴっらに宣伝広告してる所以外でも、

真摯なサポートをしてくれる所があるもんですねと

しみじみおっしゃっています。

 

今度こそ、いい職場が見つかるといいですね。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

新たな職場の欠点や短所が見えてきて…。

 

どんな方でも、どんな職場でも、

多かれ少なかれ欠点や短所はありますよね…。

大学医局を辞めて初めての転職を実現した

K先生は入職して3カ月…。

諸々悩んでおります。

 

医局にはもう居場所はないし、

これ以上在籍し続けてもあまりいい事はないと考えて

一念発起して民間病院に転職をしたK先生。

 

大学病院ほどに忙しくはないし、

そうは言っても暇な感じでもないし、

それなりの症例経験を積める環境ではあるようです。

 

また条件面に関しては

年収はそこそこ上がったようで満足していますし、

赴任手当、住宅手当などもあり、入職時は助かりました。

 

休みの日にコールが掛かる事もあまりなく、

当直も月に2~3回と今までと比較すると

トータルで考えるとかなり良くなっています。

 

しかし、どうしても大学病院と比較すると

劣る部分はある訳で…。

 

検査機器など機械類が古い…。

 

オペ室の体制が整っていない…。

 

同僚医師の診療が信用できない…。

 

看護師のサポートに不満がある…。

 

モチベーションの低いスタッフが在籍している…。

 

当初からそれなりの覚悟は持っていたつもりでしたが、

実際に直面してみると想像していたものと違って、

実に悩ましい…。

 

診療上で戸惑ったり、困ったりする事も

度々発生してしまい、これじゃ前の方が全然良かった…。

そう思わざるを得ない事もしばしば…。

 

不満、不信、不安…。

K先生は現状に対して非常にネガティブに受け止めてしまい、

こんなんじゃやってられない…と思う日々。

 

耐えかねたK先生は、

ある時に院長と話しをしました。

 

幸い院長は物わかりの良い先生で、

K先生の考えに対して理解をしてくれます。

そしてこうおっしゃいました。

 

「私も当院に赴任してきた時には同じ事を感じました」

 

院長がこの病院に赴任してきたのは8年前…。

最初は副院長として入職をされたのですが、

その時はもっとひどい状況だったそうです。

 

「K先生もその時の私と似たような状況なのでしょう。

お気持ちはとてもよくわかります。問題はこの後です。

私はご縁があって来たこの病院を少しでも良くしようと思い、

亀のような歩みですが、私なりに改善をしてきました。

もちろん私と同じようにしなさいとは言えません。

K先生がどうしても当院に我慢ならず、

他の病院に移りたいとおっしゃるなら致し方ありません。

しかしもし一緒に当院を少しでも良くしたいとお考えになって頂けるなら

私と一緒に当院の改革に手を貸して頂けませんか?」

 

そうおっしゃいます。

「当院だけでなく、どこの病院にも長所もあれば短所もあります。

K先生は短所が目についてしまっていますが、

意外と当院も長所はあって、そこには心地よさもあるんですよ。

 

「焦る必要はありませんから、

当院の長所も短所もしっかり見つめて下さい。

その上でここで何かを成し遂げたいと思って下さるなら

私と一緒に当院をより良い病院にしてまいりましょう。」

 

そう諭されて、その時はそんなもんかな?と半信半疑だったK先生ですが、

それから冷静な視点でこの病院を観察してみました。

 

すると確かに不足の部分は少なくないけれども、

実は余剰とも言える部分も意外とあって、

もっと良い病院になる為のポテンシャルは確かにありそうです。

 

それは患者さんやそのご家族の表情を見ているとわかります。

安心と信頼が表情に現れており、

それに応える為に医師を始め、

全スタッフが一丸となって取り組んでいるのです。

ただ経験値の浅さや、効率が悪くて上手く行っていないだけで、

やろうとしている事は間違っていない。

 

自分がアドバイスしたり、

システムを改善すればもっと良くなりそうです。

 

まだ100%の納得をした訳ではありませんが、

自分なりのこの病院への貢献はしてみよう…。

若干院長に乗せられた感はあるものの、

しばらく上手く騙されてみるか…。

もしかしたら大きなやりがいになるかもしれないし…。

 

そもそも自分がこの病院を選んだのは、

条件面が良かったというのもあるけど

何となく雰囲気の良さを感じたからでもあるんだよな…。

 

少なくとも院長と話して良かった。

あの時に辞めていたら、ちょっと短絡的に過ぎたしな…。

話してみる事で悩みって解決していくんだな。

そう考えて、日々院内改革に勤しむK先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

何となくの不安、不満、そして閉塞感を打破したくて…。

医師不安不満転職

 

医師になって10年目のU先生。

ずっと大学医局に在籍していて、

いろんな市中病院にも行かせてもらい

とても勉強にはなっているんだけど…。

 

もともと地元の大学から都心の大学医局に入ったのだし、

周りは優秀な人が多いし、

このままだと医局内で出世する見込みはないしなあ。

 

博士号を取るまで頑張るか…

専門医を取ったらもういいかな…

いつかは開業とかも考えた方がいいのかな…

それに向けた経験も積んでおくべきか…

いや自分は経営者になりたい訳ではないから

勤務医として長く働けるようにした方がよいか…

教授や医局長の覚えがいい訳でもないし、

医局にしがみつく理由はないよなあ…

 

いろんな不安、不満がうずまきながらも

ご自身の未来について悩むU先生。

 

そんな時に年収大幅アップが可能!

2000万円、3000万円の事例多数!

そんな宣伝広告を見て、

自分にもそんな可能性があるのかな?

やっぱりお金はあるに越した事はないし、

ちょっと話しを聞いてみるか…。

 

そう考えたU先生は、

その紹介会社に問合せをしてみました。

 

待合せにやってきたのは20代の男性。

どう見ても経験豊富には見えません。

 

ご自分の悩みや考えている事を伝えても、

それならここはどうですか?と

求人を案内するばかりで

確かに年収は今よりも大幅にアップしそうだけど、

自分の考えている方向性とか、

将来あるべき姿とか、

そんな話しは一切考慮されずに

とにかくどの求人を選びますかという話しばかり。

 

だいたい担当者は医療の事をよくわかっていないし、

そもそも社会人としての経験も浅く、

礼儀や言葉遣いもなっていない…。

 

この先、どうしようかなあ。

自分にはどんな選択肢があるのかなあ。

真面目に悩んでいたU先生にとっては、

しっかり相談に乗ってくれる事を期待していたのに

全くそういう展開にならない事で

幻滅してしまいました。

当然、その方とはそれきり…。

 

人を惑わせるような宣伝広告をしている紹介会社に

問合せをしてもロクな事はないですね。

 

未だに悶々とした日々を過ごすU先生です…。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

腹の探り合い…。

医師転職条件交渉

 

大学医局を退局し、初めての転職となるA先生。

 

医局派遣で市中病院にご勤務をした経験はあるものの、

ご自身の転職となると勝手が違い、

右も左もわからないままのスタートです。

 

求人誌や求人サイトを見ながら、

気になる病院に応募をしてみると

どこもスムーズに面接に至り、

あっという間に内定が出て、

今までよりも良い条件をオファーされます。

 

しかもご自身の希望はかなりの確度で叶えられ、

何だ、結構簡単なものだな…と思い始めた矢先の事…。

 

そろそろどの病院にするか決めないとなと考え、

最も好印象であった病院の事務長に会い、

詰めの交渉をしてみると、

担当業務、勤務曜日や研究日、学会参加、導入したい機器など

全てが簡単に受け入れられるので

年収に関しても提示された金額からのアップを言い出すと、

それもOK。

 

そこまで自分を評価してくれているのか?という喜びと、

もっと高条件を引き出せるのでは?という

欲が出てきてしまいました。

 

その後は事務長と腹の探り合い…。

ある程度まではご希望を飲んでくれていた先方も

段々と態度を硬化させてきて…。

 

挙句の果てには、

先生はうちにお越しになるお気持ちはおありなんですか?

これ以上の条件の釣り上げは当院では無理ですと

言われてしまいました。

 

業界水準とか、相場観をお持ちでなかったA先生は、

交渉自体が目的化してしまい、

ご自身の希望があまりにも簡単に通ってしまう現実に

狂わされてしまったのかもしれません…。

 

こうなるとさすがにこちらの病院には行きにくくなってしまい、

他の病院にしようかな…と考えていたら、

この病院の院長よりご連絡を頂き、

A先生の悪いようにはしないから

当院で医師として患者の為に共に汗を流しましょうと

真っ直ぐな思いをぶつけられ、

反省をするとともに、医師としての本分を思い出し、

余計な事を考えるのはここまでにして、

真面目に仕事しようと反省し、

こちらにお世話になる事をご決断されました。

 

今でも時々事務長とは、

あの時はまいりましたよ、

あそこまでのタフネゴシエーターはA先生だけです

と冷やかされるようですが、

充実した診療体制とやりがいのある職場に満足しているようです。

 

あんまり欲深いのは良くないですね~と

苦笑いするA先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

高条件に釣られてしまい…。

医師求人高年収

 

年俸2000万円以上!

 

このような求人広告には

人はつい目が行ってしまうものだと思います。

 

世間一般と比較すると

医師の年収は高給と言えますが、

その業務量、責任感、プレッシャーを考えると

妥当ではないでしょうか。

 

ただそうは言っても年俸2000万円を超える求人は

科目にもよりますが、

そう多くはありませんよね…。

 

大学医局を辞めて、

首都圏の総合病院にお勤めになっていたY先生。

 

大学在籍当時よりも年俸は上がっていたものの、

小学校を卒業したお子さんが私立中学に進み、

下の子は小学校から私立に通う事になり、

少しでも給与を増やしたい事情ができてしまいました。

 

そんな状況でしたので、

年俸2000万円!に目が眩んでしまったのでしょう。

思わず応募してしまったのでした。

 

この求人は、ある医療法人が新規に開設する

クリニックの院長求人だったのですが、

院長は診察に専念できるように本部がフォローする、

診察はY先生の専門を活かして、

原則的には好きなように診察して良い、

自由にやって良い、

その上で年俸2000万円。

 

しかも業績によっては

インセンティブも付けてくれるという事で、

Y先生は受諾しました。

 

結果は1年持たずにこちらを去る事になってしまいました。

 

本部から送られてきた事務長は、

まるでY先生を監視するかのようで

何かあるとすぐに本部に報告をしている様子。

 

新規開設のクリニックなのに、

患者数の増加をいつも求められ、

診療報酬の点数を稼ぐ為に、

もっと検査を増やして欲しいとか、

サプリメントを奨めて欲しいとか、

要望はかなり具体的で、

どこに自由があるんだ?

俺の好きなように診察していいなんて

嘘っぱちじゃないか。

 

クリニックの立地場所もあまり良くないのに、

患者数が増えない責任はY先生にあるとまで言われる始末。

しかもこのままでは年俸は下げざるを得ない…と。

 

お金が必要という事情はあるものの、

さすがにこの環境では医師としての

プライドが許せないと考え退職。

 

今は総合病院に戻られたのでした。

 

きれいなバラには棘がある…。

高待遇の裏にはやはり何かあるもんですね。

気を付けないと…。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録