安易に高条件だけに引っ張られてしまって…。

医師転職条件

 

怒涛の20台後半から30代を過ごしてきたU先生。

ハードな日々であったけれども、

必死になって過ごしてきた日々に後悔はないどころか、

むしろかけがいのないものを手に入れたと感謝しています。

 

しかし40代に突入し、

心身ともに若い頃とは同じように行かず、

そろそろ次のステージに行くべきかと考えておられました。

 

今まで積み上げてきたキャリアを活かしたい。

でも固執するのではなく新たな領域も学んでみたい。

 

そんな事を考えていると、

あれもやりたい、これもやりたいと希望にワクワクしつつ、

すべてを行う事はできなくても、

それなりに可能な施設なら前向きに考えようと思っていました。

 

しかし実際に転職活動をし始めてみると、

年収2500万円超えの求人とか、

当直なしで年俸2000万円とか、

ご自身のキャリアを振り返って

自分なりの将来ビジョンを持っていたはずのU先生も、

ん?そんなオイシイ話しがあるのか?…と

困惑気味です。

 

いくつか医療機関を見学に行ってみたのですが、

どこも帯に短したすきに長し…という感じで

ここがいい!という最善の所が出てきません。

 

これならオイシイ案件に飛びつくのもいいのでは?という

悪魔の囁きに乗ってしまったU先生。

 

当直なし年俸2000万円以上の求人を出している

医療機関に見学に行ってみると

幹部がこぞって顔を出して平身低頭で

是非ともU先生にお越し頂きたいと言います。

しかも年俸には色を付けるという事で

2200万円のオファーをしてくれました。

 

キャリアを中心に考えていたU先生でしたが、

決め手が得られない事から

このオイシイ案件で決断してしまったのです。

 

それから3カ月後…。

U先生は毎日退屈しています。

暇なんです。

患者もまばらですし、

来ても診療という訳ではなく、

自分が医師である誇りも消えそうです…。

 

さすがにこのままではいけないと思ったU先生。

幹部に患者を増やす為のアイデアを提案してみましたが、

いいの、いいの、U先生は毎日来てくれて

座っていればいいんだよ。

これだけの給料貰って楽できるんだからパラダイスでしょ…と

言われてしまいました。

 

別に自分は楽がしたかった訳ではないんだよな…。

医者としてもっと羽ばたくつもりだったのに、

これでは性根までくさってきそうだ…。

いくら高年俸だからっていつまでも続けられない…。

 

あ~あ、条件だけに目が眩んだ自分がバカだった…。

そう後悔しているU先生でした。

 

 

<年収について書いた過去記事もご覧下さい>

大幅年収アップを実現した後の大きな後悔!?

医者の給料ってどれくらいが適正なんだろう?

条件面を重視し過ぎた求人選びの失敗!?

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

エージェントの作った応募書類があまりにも杜撰で…。

 

今までご自身で転職活動などした事のなかったC先生。

大学医局からの派遣や先輩医師からのお声掛けで
病院を移籍してきた為に
転職の仕方などよくわかっていらっしゃいません。

訳あって今お勤めの病院から転職をしたいと考え始めて、
WEB上でよく見掛ける大手の紹介会社に登録してみました。

担当者とお会いして、
ご自身の経歴や希望など聞かれた事を答えました。

すると何件かの求人を案内されて、
この中で選ぶなら…という感じで
ここの病院がいいですかね?と言うと
数日後に早速見学に行く事になりました。

何しろ一般的な転職活動などした事もありませんでしたので、
紹介会社の担当者の言う事を信じて、
その通りに進めたのですが、
いざその病院に行ってみますと…。

院長と事務長が対応してくれて
立派な院長室に通されました。

紹介会社の担当者も付いてきてくれたのは良いのですが、
その方の提出したプロフィールシートが
恥ずかしいくらいに空白だらけで…。

自分に聞くなり、作らせてくれれば、
もっとしっかりしたものができたはずなのに、
1回の面談の中だけの話しで作ったので
概略しか書かれていない訳です。

院長と事務長も目を合わせて、
こりゃひどいね…みたいな反応です。

ただその後口頭でいろいろ質問をされましたが、
それに関してはきっちりと答えました。
そして結果的には内定も出ました。

ですが、C先生は何となく引け目を感じて
こちらはお断りをする事にしました。

条件も決して悪くなかったですし、
決めてもいいかな…という気持ちも多少ありましたが、
何だか弱みを掴まれているように感じてしまったんだそうです。

罪深きは紹介会社の担当者ですね…。
最初の段階でしっかりした書類を作成していれば
こんな事にならなかったかもしれません。

C先生も、
もうあの会社は付き合いたくない。
あちこちで宣伝しているから
いい会社だと思ったのに…とおっしゃっています。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

紹介会社から欲しい情報は何か?

医師 紹介会社 活用

 

美容皮膚科医のM先生。

以前に利用した紹介会社経由で入職した

今のクリニックを退職するつもりです。

 

というのも、聞いていた業務内容と異なる点が

あまりにも多く、カウンセリングばかりで

このままでは自分の成長がないと感じておられます。

 

そもそも利用した紹介会社は以前からの知人であり、

声を掛けたらすぐに求人を紹介してくれて、

いろいろ気になる所はあったものの

知り合いだからまあいいかと決めたのです。

 

結果的にアンマッチです。

M先生の望んでいた仕事と、

クリニックの望んでいた医師像は全く合っていません。

 

転職の際に必要なものはいろいろありますが、

求人というのはもちろんそのひとつです。

しかし求人だけを紹介するのが紹介会社の本質ではありません。

残念ながら求人だけになっている会社が多いですが…。

 

M先生が最も望んでいたのは

そこでどういう業務に携われるのか?でした。

こういう業務をしたいという希望が明確だったのです。

 

ですが求人ありきで動いている紹介会社は

M先生の希望を薄くしか理解せず、

クライアントファーストでいい美容皮膚科医がいますよと

なかばゴリ押しするような形で繋いでしまったのです。

 

内定後の条件の調整もおざなりで

給与だけ希望に合ってればいいでしょうくらいの

感じだったのだそうです。

 

M先生が欲しい情報はそのクリニックで

どんな業務に携われるのか?でした。

 

もちろん先生によっては、

給与などの待遇面を知りたい方もいるでしょうし、

医療機関の設立からの経緯や特徴であったり、

経営方針や診療スタイルであったり、

院長の方針や人柄、

一緒に仕事をする他の先生方の事、

いろいろあると思うんですね。

 

単に求人さえ紹介してもらえれば

その後は自分で全部やるからいいという先生もいますし、

実は求人云々よりもご自身のキャリア相談をしたい方もいますし、

将来の開業に向けて選択肢を広げたいとか、

ワークライフバランスを取る為に転職マーケットを

リサーチしておきたいとか。

 

ご自身がどんな状況で、何を求めているのか。

これが明らかになれば選ぶべき紹介会社も見えてくると思います。

 

ただ残念ながら在籍しているコンサルタントの力量によって

受ける事のできるサービスは大きく異なりますし、

多くの紹介会社が求人以外に

提供できるものを持っていないのも事実です。

 

まずは自分が欲しい情報は何なのか?を

明らかにする事から未来は広がっていくのだと思います。

情報と人脈ですね。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

 

大手だから安心と思ったのに…。

 

初めて人材紹介会社に登録してみたS先生。

 

WEB上でよく見掛けるし、

大手だから大丈夫だろうと

老舗の紹介会社に登録してみました。

 

ご希望を詳しく伺いたいとの事で

担当コンサルタントとお会いしてみたのですが

これが若い…。

おそらく20代後半。

 

40代前半のS先生は大丈夫かな?と思ったのですが、

担当は決められたフォーマット通りに、

希望する病院の規模は?担当業務は?給与は?と

型どおりに話しを進めます。

 

しかも医療的な話しになると

歯切れが悪く、どうやら医療は詳しくなさそう…。

君はこの仕事を初めて何年目なんだい?と聞いてみると

3年目と答えますが、おそらく1~2年だろうな。

あまりにも医療を知らな過ぎる。

 

運が悪いなあと思ったS先生ですが、

その日はそれで別れました。

 

翌日から怒涛の求人案内が始まりました。

 

少ない日でも2~3件、多い日は10件近く。

毎日とは言わないまでも、

週に何日かはメールで求人が送られてきます。

 

最初の内は目を通していたS先生ですが、

あれだけ詳しく希望を聞いたにも関わらず

送られてくる求人はだいたいズレていて

そうじゃないんだよな~というものばかりで

メールが来ても開封すらしなくなってしまいました。

 

若いのがダメだとは言わないけど、

医療を知らな過ぎるってのは致命的だな…。

 

WEB上では大手だから安心とか、

コンサルタントは経験豊富なんて宣伝してるけど

やっぱり宣伝文句は信じちゃいけないなあ。

 

困ったS先生は同僚医師に相談をしてみると、

それならいい人がいるよと紹介してくれました。

 

このコンサルタントはベテランで医療も詳しく、

様々な事例や転職ノウハウも提供してくれます。

しかもS先生の希望を察知し、

話しはトントン拍子に進みました。

 

翌日送られてきた求人は2件。

ですが両者ともにS先生のイメージにピッタリ。

両病院ともに見学に行ってみましたが

甲乙つけがたいほどに気に入りました。

 

担当コンサルタントと今後の展開を話し合う中で

S先生も自分の人生が見えてきて

片方の病院にお世話になる事を決断しました。

 

最初からこの人と出会えれば良かった…。

まあ大手でコケたから出会えたとも言えるけど。

 

今でも大手のコンサルからは

定期的に求人案内がされているそうです。

開封すらしてないようですが…。

1度など担当の上司から電話が掛かってきて

S先生は本気で転職をする気があるんですか?と

詰問される始末。

もうお宅は結構です…とハッキリとお伝えしたのに

メールは送られてくるそうです…。

 

大手でも良い会社はあるでしょうし、

優れたコンサルタントも在籍しているとは思います。

ですが、そうでないケースもあるという事は

知っておいた方が良さそうですね…。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

決まってから言えばいいや…。

医師転職嫁ブロック

 

sキャリア志向の強いある先生。

 

今の職場も3年となり、

そろそろ新しい環境でキャリアアップをしたくて

転職活動を開始。

 

人格、実力、経験ともに素晴らしく

あっという間にご希望の条件を満たす病院を見つける。

 

ただご自宅からは今よりもかなり遠くなり、

先生ご自身は転居すればいいやと考え、

話しを進めていた。

 

その間、奥様、お子様には一切相談せず、

うちの女房は僕の言う事には従ってくれるし、

いつも貴方の好きな通りにやればいいと言ってくれるので

高を括っていたのだが…。

 

新しい職場とは条件面など同意が取れて、

今の職場に退職の申し出を済ませ、

さあ後は新しい病院でバリバリ働くぞという段階で

奥様に伝える。

 

今度新しい病院で働く事にしたから。

ちょっと遠いから近くに引っ越しをしよう。

 

ま・まさかの展開。

自分を尊重してくれる奥様がかなりの剣幕で大反対。

来年にはお子様が小学生になるというタイミングもあり、

行くならアンタ1人で行きなさいよ…。

 

想定外の展開に先生も驚き…。

しかし単身赴任する気にはなれず、

新しい病院には詫びを入れつつお断り。

そして今の病院にも頭を下げて

もう1度勤めさせて頂きたいと懇願する。

幸い今の病院が認めてくれたので良かったが、

先生は大恥を掻いたよと苦笑する。

 

転職は人生の転機。

それは家族にとってもそうですね。

家族への相談は早めにすべきという事例です。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録