とにかく現状から逃れたいだけだったのに…。

医師転職キャリア

 

ちょうど30歳になったN先生。
大学病院にてハードな勤務を続けています。

医局の人員不足もあり、
若手医師の負担は増すばかりの状況の中で
高い志と患者の為にもご自身の成長が必要と思い
医療現場で奮闘する毎日です。

今までその事自体に疑問を感じる事はなく
むしろ高いモチベーションで挑んできたのですが、
ある時ご自身が体調不良で寝込む事になってしまい
その時にいろいろ考えさせられたそうです…。

人の為もいいけど、
自分がこんな状況じゃ誰も助けられないよな…。

こんな生活を続けていて、
患者さんより先に自分が逝ってしまったら意味ないよな…。

 

医師/看護師 転職求人アプリ

※画像クリックで、医師転職求人アプリ・ダウンロードサイトに飛びます!<スマホ・タブレットの方のみ>

 

ようやく体調も回復して
通常業務には戻ったのですが、
この疑問は心の中で大きくなっていくばかり…。

まだまだ医師として一人前とは言えない自分だけれども
ぶっ倒れる前に何とかしなきゃ…と考えて
大学を退局する事を考えて転職活動を始めてみました。

経験の浅い自分など
採用してくれる病院は少ないだろう…。
条件的にも決して良くはないだろう…と考えていたのですが、
これが意外な事にどこも前向きに考えてくれて、
しかも条件的にも今よりも良くなりそうなんです。

マジか…。
こんな自分でも迎え入れてくれる所があるなんて…。

N先生は意外な状況を目の前に、
最初は今よりもハードでなければどこでもいいと考えていたのに
段々と欲が出てきて条件や待遇面を気にし始めました。

すると最初は歓迎モードだった病院側も
段々と態度を硬化させてきて、
なかには経験豊富な先生を採用できたので
今回の話しはなかった事に…と言い出した病院まで…。

マ・マズイ…。
やっぱり自分の身の丈を知らないと…。

当初の考えに戻って、
ハードワークだけ避けられる病院を
選んだのだそうです。

危なく欲に負けそうになったN先生。
結局、キャリアプランとか
人生設計がないままに次の職場選びを始めたのが
良くなかったようですね…。

 

 

医師/看護師 転職求人アプリ

※画像クリックで、医師転職求人アプリ・ダウンロードサイトに飛びます!<スマホ・タブレットの方のみ>

ルナーヴァ 医師/看護師 転職求人情報 バナー

医師/看護師 最新転職求人情報サイトはこちらから!

聞いていた話しと全然違う~!

医師転職条件

 

内科医のT先生。

今まで大学病院をはじめとして、

民間病院、クリニックなど

様々な仕事をしてきたけれども

まだこれだ!という仕事には携わってない気がしていました。

 

悶々とした日々を過ごしながらも

常に自分にとって充実感を持てる仕事を探しています。

 

そんなある日、紹介会社のサイトで

某クリニックの雇われ院長の求人を見つけました。

何となく自分に合いそうな…。

これならやりがいも持てるのではないかなあと興味津々。

 

紹介会社に問い合わせてみると

早速詳細をご説明したいのでお会いしたい…と。

 

後日お会いすると担当者とその上司が来ました。

お2人はいかにこの求人が魅力的であるかを

熱意を持って語ってきます。

 

T先生としては、

これなら良いかも…と思い話しを進める事にしました。

 

そして入職後3か月…。

事前に聞いていた話しと食い違う事が発覚しました。

 

T先生には責任やリスクは全くないとの事でしたが、

いやはやそんな事は全くありません。

行政の手続き、銀行口座、患者からのクレームなど

様々なリスクがある事がわかりました。

 

そして給与に関しても

当初聞いていた給与には諸々の条件があって

その条件をクリアしなければ満額は頂けません。

 

オーナーはある企業だったのですが、

医療と関わるのは初めてで、

医療人としてのモラルも持っておらず

経営的に収益のみ見ています。

 

これは拙い…。

ここを選んだのは大失敗ではないか?

そんな不安を抱えながら焦るT先生。

 

仲介した紹介会社に訴えても、

それは最初に説明したじゃないですか!と

強行的な姿勢です。

 

このままでは引きずり込まれてしまう…。

自分は医療人としてのモラルは捨てられない。

 

T先生はせっかく決まった職場でしたが、

半年経たずに辞める事にしました。

 

オーナー側からも、

紹介会社からも、

詭弁を弄した引き留めに合いましたが、

自分の主張は全く認められずに

リスクはT先生が抱えて

オイシイ部分はオーナーが吸い取る構図は変わらずです。

 

T先生曰く、

人間不信に陥りそうでした…。

誰もが信じられなくて…。

でもオイシイ話しに飛びついた自分が悪いんですよね。

自分のキャリアに傷をつけてしまった…と

猛省しています…との事でした。

 

*当記事が本年最後の新規更新となります。

次回は年明け1月8日にアップいたしますので、

今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

<過去ブログもご覧下さい!>

開業セミナーに何度も参加してみたけど…。

医局に頼れない時代だから…。

開業準備を誰と進めるか?

 

ルナーヴァ 医師/看護師 転職求人情報 バナー

医師/看護師 最新転職求人情報サイトはこちらから!

 

業者に翻弄されてご自身の夢は叶えられず…。

 

大学病院にて長くご勤務してきた40代前半のY先生。

専門は消化器内科ですが、

内科は幅広く診察してきましたので、

一般内科、消化器内科で開業しようと考えておられます。

 

若い頃から40代に突入したら開業準備を進めようと考えており、

大学医局での仕事もやり切った感を持っており、

ご自身としても医師としての経験をたっぷり積んで、

さあ、これから!と意欲を持って開業準備をスタートしました。

 

いくつかの開業セミナーに参加してみると、

様々な業者さんが声を掛けてきてくれます。

その中から好感の持てる担当者の方々数人に連絡を取り、

開業地や物件について問合せしてみました。

 

各社それぞれ様々な提案をしてくれましたが、

Y先生にとってドンピシャのものではありません。

ご自身としては長年の夢を叶える為の開業なのですから、

ここは妥協できないと考えて

各社にご自分の考えを丁寧に再度お伝えしました。

 

ところがその後に提案されたものも納得できるようなものではなく、

どうしてわかってもらえないかな…と憤りながらも

協力してもらっているのだから何度でも伝えなければ…と考え、

その都度、自分の考えや方針を伝えていきました。

 

しかし段々と提案してくれる業者は減ってきて、

提案の頻度もどんどん少なくなってしまいました…。

 

ん、俺が我儘すぎるのかな…。

このままでは誰も協力してくれなくなってしまう…。

そんな事を考えて少し柔らかく、頼るような連絡をしてみたものの

Y先生のご希望に添える案件は少なくて…という返答が返ってきます。

 

ん…、少し妥協しなきゃダメか…と考え、

エリアや希望の内容を広げてみたのだけど

あまり状況は変わらずしまいです…。

 

埒が明かないと考えたY先生。

やり取りをしていた業者の中で最も信頼できそうだと考えていた

某社の担当の方とお会いしてみると、

Y先生のお考えやお気持ちは充分わかるんですけど、

現実味としてなかなか難しいんです。

我々としてもお金にならないご支援はいつまでもできるものでもなく、

ちょっとこれ以上のサポートは難しいんですよね…。

おそらく他社さんも一緒なんじゃないですか?と言われてしまいました。

 

う~ん、これは困った…。

何もかも自分だけでやるなんて無理だし、

もっと大幅な妥協をしなければならないという事か…。

それも致し方なしと考えたY先生は、この担当者の方に

もっと妥協をするのでどうしたら良いか?と尋ねてみますと

今まで私が提案してきた物件の中で選んで下さいと言われました。

 

帰宅後、再度今まで頂いた物件を見直してみましたが、

正直いずれも食指が動かないような案件です。

しかしこの期に及んではそんな事も言ってられません。

消去法で最後まで残った案件で妥協する事にして

担当者に連絡を取ってみました。

 

それからは開業準備も動き始めました。

内装業者との打合せ、医療機器、電子カルテなど

様々な打合せを忙しくこなしていく中で

これで良かったんだ…とご自身を納得させるY先生。

 

しかし…。開院して半年…。

思うように患者さんは来院してくれません。

 

最初の開業地、開業物件に関して妥協をしたY先生は、

不必要なまでに業者の意向を尊重してしまい、

当初描いていたご自身のプランを少しずつ、少しずつ

諦めてしまっていたのでした。

 

誰も手伝ってくれなくなったら開業できない…という恐れを感じて

業者の言いなりになってしまった部分もあります。

 

その後、開業医の先輩方と話してみると

皆さん異口同音に多少の妥協は致し方ないけど

行き過ぎた妥協をし過ぎると絶対に上手く行かないとおっしゃいます…。

 

せっかく夢である開業を叶えたのに

これで良かったのか…と悩み深いY先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

新たな職場の欠点や短所が見えてきて…。

 

どんな方でも、どんな職場でも、

多かれ少なかれ欠点や短所はありますよね…。

大学医局を辞めて初めての転職を実現した

K先生は入職して3カ月…。

諸々悩んでおります。

 

医局にはもう居場所はないし、

これ以上在籍し続けてもあまりいい事はないと考えて

一念発起して民間病院に転職をしたK先生。

 

大学病院ほどに忙しくはないし、

そうは言っても暇な感じでもないし、

それなりの症例経験を積める環境ではあるようです。

 

また条件面に関しては

年収はそこそこ上がったようで満足していますし、

赴任手当、住宅手当などもあり、入職時は助かりました。

 

休みの日にコールが掛かる事もあまりなく、

当直も月に2~3回と今までと比較すると

トータルで考えるとかなり良くなっています。

 

しかし、どうしても大学病院と比較すると

劣る部分はある訳で…。

 

検査機器など機械類が古い…。

 

オペ室の体制が整っていない…。

 

同僚医師の診療が信用できない…。

 

看護師のサポートに不満がある…。

 

モチベーションの低いスタッフが在籍している…。

 

当初からそれなりの覚悟は持っていたつもりでしたが、

実際に直面してみると想像していたものと違って、

実に悩ましい…。

 

診療上で戸惑ったり、困ったりする事も

度々発生してしまい、これじゃ前の方が全然良かった…。

そう思わざるを得ない事もしばしば…。

 

不満、不信、不安…。

K先生は現状に対して非常にネガティブに受け止めてしまい、

こんなんじゃやってられない…と思う日々。

 

耐えかねたK先生は、

ある時に院長と話しをしました。

 

幸い院長は物わかりの良い先生で、

K先生の考えに対して理解をしてくれます。

そしてこうおっしゃいました。

 

「私も当院に赴任してきた時には同じ事を感じました」

 

院長がこの病院に赴任してきたのは8年前…。

最初は副院長として入職をされたのですが、

その時はもっとひどい状況だったそうです。

 

「K先生もその時の私と似たような状況なのでしょう。

お気持ちはとてもよくわかります。問題はこの後です。

私はご縁があって来たこの病院を少しでも良くしようと思い、

亀のような歩みですが、私なりに改善をしてきました。

もちろん私と同じようにしなさいとは言えません。

K先生がどうしても当院に我慢ならず、

他の病院に移りたいとおっしゃるなら致し方ありません。

しかしもし一緒に当院を少しでも良くしたいとお考えになって頂けるなら

私と一緒に当院の改革に手を貸して頂けませんか?」

 

そうおっしゃいます。

「当院だけでなく、どこの病院にも長所もあれば短所もあります。

K先生は短所が目についてしまっていますが、

意外と当院も長所はあって、そこには心地よさもあるんですよ。

 

「焦る必要はありませんから、

当院の長所も短所もしっかり見つめて下さい。

その上でここで何かを成し遂げたいと思って下さるなら

私と一緒に当院をより良い病院にしてまいりましょう。」

 

そう諭されて、その時はそんなもんかな?と半信半疑だったK先生ですが、

それから冷静な視点でこの病院を観察してみました。

 

すると確かに不足の部分は少なくないけれども、

実は余剰とも言える部分も意外とあって、

もっと良い病院になる為のポテンシャルは確かにありそうです。

 

それは患者さんやそのご家族の表情を見ているとわかります。

安心と信頼が表情に現れており、

それに応える為に医師を始め、

全スタッフが一丸となって取り組んでいるのです。

ただ経験値の浅さや、効率が悪くて上手く行っていないだけで、

やろうとしている事は間違っていない。

 

自分がアドバイスしたり、

システムを改善すればもっと良くなりそうです。

 

まだ100%の納得をした訳ではありませんが、

自分なりのこの病院への貢献はしてみよう…。

若干院長に乗せられた感はあるものの、

しばらく上手く騙されてみるか…。

もしかしたら大きなやりがいになるかもしれないし…。

 

そもそも自分がこの病院を選んだのは、

条件面が良かったというのもあるけど

何となく雰囲気の良さを感じたからでもあるんだよな…。

 

少なくとも院長と話して良かった。

あの時に辞めていたら、ちょっと短絡的に過ぎたしな…。

話してみる事で悩みって解決していくんだな。

そう考えて、日々院内改革に勤しむK先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

もしかしたら自分はあまりにも他責すぎたんだろうか?

 

大学医局に所属し続けて18年…。

これからどうしようかと悩むT先生。

 

臨床、研究、教育といろいろ携わらせてもらったけど、

ここ数年はジッツの中でも

遠方にある市中病院に派遣されています。

 

もともと医局の中で出世したいという意欲もないし、

論文を書くのは嫌いではないけど

学会などで発表するのはあまり好きでない。

研究ったって特別に取り組みたいものがある訳でもなく、

何となくやってきただけかも…。

学生に教えるのも特に好きでも嫌いでもなく、

熱い思いがある訳ではない…。

 

自分自身でも中途半端かな…と思いつつも

臨床現場では日々忙しくしており、

それがやり甲斐や生き甲斐になっているのは確か…。

 

もしかして臨床に専念した方がいいのかな…。

大学に残る意味ってあるのかな?

 

そんな事を考えながら、

遠方の病院に往復4時間も掛けて通勤する毎日…。

 

ある日、教授に呼び出されて話しをすると、

世間話の中でも、君は一体何をしたいんだ?

このまま医局に居座ってもいい事なんてないぞ、

そろそろ身の振り方を考えた方がいいんじゃないか?

ハッキリとは言わないまでも

ニュアンスとしてヒシヒシ伝わってきます…。

 

つい外に出たい…と教授に言ってしまったのですが、

すると教授は激怒。

医局に人が不足している中でそんな事を言うんじゃない…と。

 

さっきまでお前なんかいらないくらいの事を言ってたのに

話しが違うじゃないか…。

自分なんて遠方の病院への派遣要員なのかな…。

教授への不信感は募るばかりです。

 

辞めるべきか、留まるべきか…。

 

今まで医局を出るなんて事、

まったく考えてなかったな…。

ずーっと在籍し続けるものだと思ってた…。

でもそういう時代じゃないんだし、

教授も信頼できないし、

こんな状態なのに他に選択肢のない自分の人生…。

 

今からでも遅くないのかな?

新しい医者人生を歩もうかな?

 

同期がなぜ開業をしたのか、

先輩がなぜ民間病院に転身したのか?

後輩がなぜ転科して新たな領域に1歩を踏み出したのか?

今さらながらよくわかった…。

 

もっと将来について真剣に考えて、

リスクマネージメントや

プランニングをしておけば良かった…。

 

ゆりかごから墓場まで…そういう時代は終わったんだな。

しみじみ思うT先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

非公開求人って…騙された!?

医師転職非公開求人

 

「○○県内で医者として仕事できなくしてやろうか?」

そう教授に言われたのは2年前の事でした。

 

大学病院や医局からの派遣先病院だけでなく、

外の医療機関でも勉強がしてみたいと

教授に相談した時に突如言われたのです。

 

別に医局を辞めたいと言った訳でもなく、

ただただ茫然として、驚愕してしまったM先生。

 

それ以来、教授が近くにいるだけで

恐怖感を感じてしまうようになりました。

 

このままここにいてはいけない…。

そう思いながらもなかなか踏ん切りが付かなかったのですが、

今まで目を掛けてくれていた先輩ドクターが開業をする事になり、

医局を辞める事が決まってから、

もうこれ以上はいれない、相談に乗ってくれる人もいない…。

そう考えて、転職活動を始める事にしました。

 

今までずっと大学医局に在籍していて、

医局を抜けるなんて考えた事もありませんでしたから

どのように転職活動を進めてよいかもわからないM先生です。

 

ネット上でよく見掛ける大手の紹介会社に登録して、

担当のキャリアアドバイザーとお会いしました。

 

すると私どもは非公開求人をたくさん持っていますので

M先生にも満足頂ける求人をご案内できますと

自信を持って言うので安心していました。

 

数日後、非公開求人の中から

M先生にピッタリの案件が出てきましたと連絡が入り、

確かに希望に合うものでした。

 

プロの方はさすがだな…と思い、

こちらでお話しを進めて下さいとお伝えしますと

面接・見学の日程を決めましょうと調整を進めました。

 

ところが…、

医師の求人について情報収集をしていたM先生は、

案内してもらった非公開の求人案件が

他社サイトでは普通に公開されて募集されている事を

発見しました。

 

担当に連絡して聞いてみると、

しどろもどろの回答…。

 

別に非公開でも何でもなく、

ただこの会社が求人に箔を持たせる為に

非公開と謳っている事が明らかになったのです。

 

価値ある非公開と聞いたから

医局にもわからないように動けそうだし、

他にはなさそうな貴重なものと思っていたのに

紹介会社の戦略に騙されたように感じてしまったM先生。

 

結局この会社とのお付き合いは止めて、

今もまだ医局に在籍しておられます。

ホントは1日でも早く退局したいのに…。

 

非公開求人と言ってもいろいろあります。

紹介会社の都合で非公開と言っているケースもありますので、

騙されないようにしないとですね。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

聞くべき事、確認すべき事を整理しておかないと…。

整形外科医転職

 

整形外科医のY先生。

今までは大学病院勤めや医局からの派遣病院、

その後、民間病院に転身してからも

ずっと常勤先が忙しくて

バイトをする暇もありませんでした。

 

それなりに充実した毎日を過ごしていますし

待遇もまあ満足をしていましたので、

必要性を感じていなかったというのもありますが、

実はお子様が医学部を目指すと宣言した事もあり

もう少し稼ぐ必要が出てきたのです。

 

非常勤やスポットを中心にしているサイトから

研究日になっている毎週水曜日のバイト求人を見つけました。

総合クリニックとして複数科目を標榜している所です。

興味を持って応募をしてみました。

 

すると是非1度見学にいらして下さいとの事で、

伺ってみると…

 

院内をざっと見学させてもらい、

診療部長とお会いして

いくつか専門領域や得意・苦手な領域の質問を受けて

お応えすると、いつから来れますか?

ではお願いしますと非常に簡単に話しは進みました。

 

実はこういう面談などほとんど経験のなかったY先生は

結構緊張をしていたのですが、

あっさりと話しが進んだ事から、

こんなもんか~と思いながらも受諾したのでした。

 

ところが…、サイトには

9:00~17:00の勤務で日給が10万円と書かれていたのに

受付が17時までで患者さんが多く

毎回18時過ぎにならないと仕事が終わらない事。

残業代は支払われない事、

通勤の交通費は日給に含まれる事など

後々想定外の話しが出てきました。

 

そして整形外科だけでなく、

一般外科的な処置も依頼をされるようになり、

挙句の果てには内科の先生がいない時には

総合診療医として内科的な疾患も

診るようになってきてしまったのです。

 

さすがにY先生も困り、

診療部長に話しをしてみると

面談の時に、何か質問はありますか?とか、

他に聞いておきたい事はありますか?と

君に聞いたら何もありません、大丈夫ですと

言ったではないかと逆に叱責されてしまいます。

 

確かに大丈夫ですとは言ったけど、

こんないいように使われてしまうのは困っちゃうなあ。

やっぱりこういう事は専門家に入って貰わないと

自分が泣くしかないんだなあ…。

 

後悔と反省するY先生ですが、

そちらのクリニックは早々に辞めて

知人の医師より紹介してもらったコンサルタントに

新たに探してもらったクリニックで

現在は気持ち良く働いていらっしゃいます。

 

面談の際にはしっかりと確認をする事、

不慣れならプロに任せる事。

大事な事ですよね。

 

持つべきものは友、そして人脈でしょうか。

専門家は上手く活用した方が

自分の為にもなりますね。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

内定からどの程度待たせてよいか、またその伝え方は?

医師転職内定

 

初めての転職となるN先生。

今まで長く大学に所属してきましたが、

頻繁な異動や派遣先病院があまりにも遠方で

嫌気が指して退局する事を決断しました。

 

とは言え、転職なんて今まで考えた事もなかったし、

どうすればいいのか?

何から始めたらいいのか?

右も左もわからない状態です。

 

少し前に転職をした後輩に聞いてみると、

ヤフーやグーグルで「医師 求人」と検索を掛ければ

いくつか求人サイトが出てきますから

その中で気になった病院に連絡すればいいんですよ…との事。

 

言われた通りに検索してみると、

いくつもの求人サイトがあり、

コマめにチェックしてみると

どこも掲載してある病院には変わり映えがないようで…。

 

試しに1件くらい問い合わせてみるか…と

気軽な気持ちで少し気になったある病院に連絡。

 

すると是非1度ご見学にいらして下さいとの事。

これも経験だなと行ってみると

事務長が駅まで出迎えに来てくれて

病院に到着すると院長がようこそ!と歓迎ムード。

 

院長と話しをして、

病院の現状や課題、N先生にお願いしたい事などを伺い、

院内をくまなく見学させてもらいました。

途中ですれ違うナースやコメディカルスタッフ達も

笑顔で挨拶をしてくれて、

大学病院とは随分違うなあと感じながらも

N先生も好印象を持ったのでした。

 

帰り際、もし当院にお越し頂けるなら…という事で

条件提示も受けましたが、今よりもかなり年収アップ。

 

おっと、こんなに良くなるのか。

雰囲気も良さそうだし、

院長とも相性が良さそうだし、

ここに決めちゃってもいいかなとも思いましたが、

まずは手始めに…という事で連絡した病院。

もう1箇所、2箇所は見てみたいなあと考えておりました。

 

ところがその後、

主治医になっている患者さんの容態が悪化したり、

業務が立て込んでしまって

なかなか転職活動ができない状態になってしまいました。

 

3週間後にようやく落ち着きを見せたので、

さあ、他も探してみようと思ったのですが

内定を頂いた病院からもそろそろ決断して欲しいという

連絡が入りました。

 

ん~、他も見たいから

あと1週間だけ待って欲しいと率直に伝えたのですが、

すでに3週間も待たせている訳で、

どうやら先方さんには悪い印象を与えてしまったようです。

 

まだ他を見たいんですか?

当院では不満があるという事ですか?

 

いや、そういう訳ではないんだけど…と思いつつも

翌週にもう1箇所だけ見学に行く算段を付けました。

実際に行ってみるとまあ悪くはないけど

最初の病院の方が明らかに良い。

 

翌日に最初の病院に連絡をしてみると、

他から応募のあった先生がいるので、

少し待って欲しいと言われてしまいました。

挙句の果てにはそちらの先生に来て頂く事に決まったと…。

 

N先生としては最初からこちらに決めておけば良かった…

という事になってしまいましたが、

やはり待たせる場合には先方の事情も考慮しないといけませんし、

待って欲しい理由も上手く考えないといけませんね。

後悔先に立たず…なN先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

新しいルールに適応する。

 

大学病院を退局し、

民間病院で2カ所の勤務経験があるM先生。

 

今まで非常勤やスポットではクリニックで

お勤めになった事がありましたが、

今回はご事情があり初めてクリニックで

常勤でのご勤務をされる事になりました。

 

ある程度クリニックでの仕事に関しては

理解をしているつもりでしたが、

こちらのクリニックさんは診療科目も多岐に渡り、

在籍医師数も多く、

患者さんも大変に多い為に、

独自のルールが結構あって最初は戸惑う事が多かったのです。

 

時には看護師からも「先生、それは…」と

注意を受ける事もあり、

ここ…、やりにくい…と思ってしまう事もありました。

 

それに気づいてくれた院長が、

なぜこういうルールがあるのか?を丁寧に教えてくれて、

どのように対処すれば自然と溶け込めるのかを

アドバイスしてくれました。

 

ただルールが厳然とあると思っていたM先生ですが、

ルールができた経緯を知る事で、

なるほど、それは効率的だと理解でき

それからは上手くルールに乗っかって

スムーズに仕事をする事ができるようになりました。

 

ルールだけを押し付けられても

経験豊富な先生にとっては納得できない事もありますが、

やはり経緯を知る事で理解できるものもあると思います。

 

新しい職場にはそれぞれのルールがあるのが普通です。

 

ただ従うのも悪くはないですが、

できればなぜそういうルールができたのか?を知り、

本当の意味で納得して気持ち良く

仕事をしていきたいものですね。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

 

人間関係を築こう。

 

ある先生がおっしゃっていました…。

 

大学病院よりも民間病院の方が

人間関係がいいですね~。

 

全てがそうだとは思わないですが、

そういう傾向はあるかもしれません。

 

大学病院は、ある部分では教授になる為の

戦いという側面もあるでしょうから…。

 

もちろんそれだけが大学病院に在籍する理由ではありませんが、

多くの医師から民間病院の方が…と伺います。

 

ピラミッド型組織の角度が違うのかもしれませんし、

臨床が中心となるので余裕が持てるのかもしれませんし、

大学を退局する事でホッとされているのかもしれません。

 

だからこそ民間病院に転身する際には、

是非人間関係を構築して頂きたいと思います。

 

昨年大学から民間病院に移ったK先生は、

そこで失敗してしまいました。

 

院長や部長など上司との関係は良かったんです。

同僚医師とも決して悪い関係ではなかったんです。

問題になってしまったのはナースでした。

 

K先生としては特別に意識をしていた訳ではなかったのですが、

看護師に対して上から目線がスゴイとか、

看護師に対しての言葉使いが強いとか、

質問しても応えてくれないとか、

何故か看護部内では悪評が立ってしまったんですね。

 

師長や看護部長からも注意を受けて、

え!そうなの、気を付けなきゃ…とは思ったものの、

そもそも意識をしていた訳ではないので、

変わりようがありません。

 

挙句の果てには院長や部長の耳にも入り、

K先生、気を付けてくれなきゃ困るよ。

看護師達を敵にしてはいかんぞ…。

 

それ以降は必要以上に気を使うK先生でした。

看護師だけという訳ではありませんが、

新しい職場では人間関係の構築は大事です。

 

上司、同僚医師、看護師、コメディカルスタッフ、事務など

いずれとも良い関係を作って頂ければと思います。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録