来春からの新しい職場をじっくり探したいのに…。

医師転職紹介会社

 

転職理由は人それぞれです。

本当に様々な理由があると感じます。

 

当然、こういった背景をよく理解した上で

次の職場探しをせねばなりません。

紹介会社を活用するにしても、

この背景を理解せずに、

会社都合のやり方を押し付けてくるような所は

パートナーとして相応しくありませんね。

 

外科医のN先生。

現在は民間病院で働く40代前半の先生です。

 

大学医局を退局してこちらの病院に来たのですが、

当初から大変に良くして頂いているようで

N先生としても大きな不満がある訳ではありません。

 

ただこちらの病院に勤務し始めてから丸4年が経ち5年目に突入、

どうしても症例に偏りがある為に、

このままだと外科医の領域の中でも

偏りが出てしまうかもしれないと危惧しており、

もっと様々な症例経験を積める病院に行きたいと考え始めたのでした。

 

ただ今まで転職活動をした事がある訳でもなく、

医局人事が大半で、今の病院に来たのは人づてです。

 

多様な症例経験を積める環境は、

やはりプロに探してもらうのが良いだろうと考えて

最近利用する医師が増えている紹介会社に依頼する事にしました。

 

担当者とお会いすると、

何だかオドオドした若い方で頼りになりません。

N先生の考えている事を伝えても

どこまで伝わったのか不安に思うくらいで、

それよりも場所、通勤、給与、病床数、待遇など

いわゆる条件面の話しばかりしてきます。

 

N先生としては、

すぐに転職しなければならない状況でもなく、

じっくりスタンスで本当に症例経験を積める環境に行きたいので、

希望に合う所を時間が掛かってもいいから探して欲しいと

何度もお願いしてその場は別れました。

 

来年春まで約1年あるし、

これだけあれば吟味した良い病院が見つかるだろう…と

考えていたのですが…。

 

翌日から担当者より何件も求人が案内されてきます。

あれだけ症例経験を積める職場と言ったのに、

内科が中心の病院であったり、

常勤の外科医が1人しかいなかったり、

どうもピントが合っていません。

 

やっぱり彼はわかっていなかったか…と思いつつ、

何件も何件も希望と違う求人を送り付けてくるものですから、

私が希望しているのは症例経験を積める職場です。

それ以外の所は希望しませんと返信をしました。

 

すると担当者の上司の方から連絡が入り、

今まで送り付けてきた求人の中から

ピックアップした数件について説明があり、

1度見学に行きましょうと促してきます。

 

いやだから〇〇病院は外科の症例自体が少ないし、

△△病院は1人医長の案件だし、

▢▢病院は転居しないと通勤できないし、

全然希望に合ってないんだよ…という状態です。

 

さすがにN先生としてもこの会社では無理だな…と悟りました。

何万件も求人があると言うし、

あちこちで宣伝広告を見掛ける会社だから

ここならいいだろうと思ったけど全く医療者をわかっていない…。

 

他の会社はどうなんだろうな…。

また同じような感じならもう紹介会社など頼りにならんな。

結局、今の病院に勤めながら、

どこかいい所ないかな…と悶々とするN先生でした。

 

 

<紹介会社について書いた過去記事もご覧下さい!>

WEB上で検索を掛けて紹介会社を選んだ失敗事例!

大手だから安心と思ったのに…。

ペコペコして誤魔化しばかりのコンサルタント!

 

ルナーヴァ 医師/看護師 転職求人情報 バナー

医師/看護師 最新転職求人情報サイトはこちらから!

 

え!管理医師にならなきゃいけないの?

 

前々から興味のあった美容医療の分野に転身しようとしたE先生。
もともとは外科医ですので、全くの未経験ではあったけれども、
それでも学ばせてくれるならチャレンジしようと考えてました。

美容医療専門のサイトに登録してみたら、
週2日で勤務できるクリニックがあると
サイトを運営している紹介会社から連絡が入り
詳しい話しを聞いてみる事にしました。

もともと美容皮膚科が入っていたクリニックが閉院し、
そこを居抜きで購入したオーナーが
新しくクリニックを開設するという事です。

開設管理者となる医師は別にいて
非常勤でお越しになる先生もいらっしゃるとの事だったので、
未経験でも教えてもらえるそうなので
これは良い機会と考えて入職する事に決めました。

そして入職後、事前に聞いていた話しと諸々違って…。

驚いたのは管理医師に就任して欲しいとの事。
そして院長にも就いて欲しいというのです。

日給も高待遇だったので決断したのですが、
なんと高待遇は管理医師就任が前提なんだそうです。

え、だって自分は週2日の勤務だし、
それでも管理医師にならなきゃいけないの?
と言うか、その前になれるの?

おまけに自分が勤務する日はドクターが1人で、
教えてくれる人はいません。

未経験なのに頼れる人もおらず、
ナースにああしろ、こうしろと言われる始末。

事前に聞いていたのは、
週2日の非常勤での勤務で教えてもらえる環境という事。

う~ん、話しがどんどん聞いていた内容と
違ってきてしまっています。

院長だとか管理医師だとか言われても
正直よくわからないし、
相談できる人もいないし…。

どうしよう…と悩んでいた時に
〇〇日までに就任して頂かないと
この話し自体をなしにせざるを得ないと脅される始末です。

困り果てたE先生は、
WEBでいろいろ検索を掛けて調べてみると、
どうもこの話し自体が怪しくてしょうがないと思えてきました。

たまたま辿り着いたブログに詳しい事が書いてあり、
まさに自分の境遇とピッタリ…。
この著者に話せば何かわかるはずと問合せをしてみると
即応してくれて様々アドバイスをしてくれました。

結論はやっぱりこの話しはおかしい。
受けない方が良い…。

安心したE先生は意を強く持ってこの話しをお断りしました。
すると先方は提示した日給は院長としてのものだから
勤務した分は院長としての手当を削ってお支払いするとか、
もう明日から勤務しなくて良いですとか、
あまりにも誠意のない対応です。

E先生はやっぱり断って良かったと思うとともに、
腑に落ちない部分がたくさんあって
本当は主張したい部分もあったけれど
これ以上揉めるのも得策ではないと考えて
そのまま身を引いたのでした。

契約書を見直しても
そこに記載されていない事項ばかりを求められて、
最初から騙そうとしていたとしか思えません。

ちょっと引っ掛かりつつあったけど、
そのまま完全にドツボにはまる前に気づいて良かった…。
やっぱり新しい事を始めるのには、
その道のプロの人と動いた方がいいんだな…と
気づきを得る事ができたE先生でした。

 

<紹介会社について書いた過去記事もご覧下さい>
しつこい紹介会社は勘弁だ!
WEB上で検索を掛けて紹介会社を選んだ失敗事例!
3万件の求人に自分に合うものはない!?

 

ルナーヴァ 医師/看護師 転職求人情報 バナー

医師/看護師 最新転職求人情報サイトはこちらから!

 

今までの実績はどの程度考慮されるのか?

医師転職年俸年収給与

 

外科医のM先生。

手術経験も豊富で、気さくな人柄からか、

患者さんはもちろんの事、

同僚医師やナースなどスタッフからも慕われています。

 

そんなM先生も今お勤めの病院で丸5年間勤めてきましたので、

ステップアップを考えて転職活動を始めました。

経験、実績、人物面ともに優れている事から、

見学に行った数か所の病院からは是非当院にお越し下さいと

言ってもらっています。

 

その中で最もM先生が気に入った病院さんで話しを進める事にしたのですが、

肝心な年俸の部分でどうも折り合いません。

 

M先生の希望に少しだけ届かないのです。

今の年俸よりは上がっているのですが、

昇給幅が少し足りないんです。

 

希望まで上げてくれるならすぐに決断してもいいんだけど

このままだと飲めないな…。

 

そう考えていたM先生は今までの実績を病院側に提示し、

これだけできる医師なのだから

希望条件を飲んでくれないか?と伝えました。

 

しかし病院からはNO。

当初の提案した条件を頑なに譲りません。

 

事務長と電話で話す中で、

M先生の今までの実績やご経験は素晴らしいと評価しています。

だから今の年収よりもアップしたご提案をさせて頂きました。

しかしここからさらにアップするには、

当院で実績を上げてからにして頂きたいのです。

当院でも同等レベルの実績を上げて頂ければ、

それは正当に評価しますし、

その時にはM先生のご希望を叶える事は充分に可能です。

 

M先生はこのお話しを蹴りました。

自分の希望を叶えてくれる病院は他にあると判断したのですが、

その後の転職活動の中で希望に届くオファーをしてくれる病院は

残念ながら出てきませんでした。

 

結果、この病院と同等の評価をしてくれた

他の病院で勤める事にしました。

 

ただ給与は同等ですが、設備やマンパワーは明らかに

前のところよりも落ちます。

こんな事ならあそこに決めておけば良かったな…と

後悔するM先生でした。

 

不当に低い評価をされたり、

今までの実績や経験を考慮してくれないなら話しは別ですが、

きちんとした評価はしてくれていた訳ですね。

 

年収アップの幅は、

スタートアップの段階であまり求めない方が良いと思います。

それを受け入れる病院には何か裏事情があったりもします。

 

微増ならOK、

後は入職して実績を挙げて、

その上で昇給をしてもらう。

そういう考え方も必要なのかもしれませんね。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

面接前に調べておかないと…。準備不足で大失敗…。

医師転職面接

 

外科医のH先生。

経験豊富で、オペの症例数も多く、

多様な疾患にも対応できる

どこに行っても重宝される先生です。

 

大学医局には13年在籍したのですが、

その後は民間病院で腕に磨きを掛けています。

 

退局してから今の職場で3箇所め。

特に不満があった訳ではありませんが、

在籍期間が2年を過ぎたので

さらなるキャリアアップを目論んで

転職活動を開始しました。

 

以前の職場を探してくれた人材紹介会社の

コンサルタントは信頼が置けたので

今回もその方に依頼しました。

 

数日後に案内された病院をパッと見て、

うん、ここなら新しい経験が積めそうだと満足して

見学日を調子してもらい、

いざ面接当日…。

 

信頼しているコンサルタントからの紹介ですので、

安心をし切っていたのですが、

当日担当者は風邪を引いて来れなくなってしまったのです。

変わりの方が来るのでもなく、

H先生はお1人で病院に行きました。

 

面接に出てきたのは非常に厳格そうな院長と、

さらに輪を掛けて厳格そうで眉間に皺を寄せている副院長。

そして百戦錬磨っぽい事務長の3人。

 

院長は循環器内科、副院長は呼吸器内科という事で、

外科のH先生とは何となく合わなそうな感じ…。

 

厳格そうな2人が、

なぜ当院を志望されたのですか?

当院ではどういう診療をしていきたいですか?

当院で実現したいものは何ですか?

医師としてどういうポリシーを掲げて診療していますか?

と、とても固い質問をしてきたのですが、

そもそも信頼している担当からの紹介なので

あまり病院の事を調べずに来てしまったH先生。

 

もっとフランクな面談になると思っていたのに

想定外の固い面接で、

下調べをしてこなかった事を後悔する事に…。

 

しどろもどろになりながらも何とか答えていたのですが、

その内に副院長の眉間の皺が益々深くなってきています。

 

H先生は当院の事をあまり知らずにお越しになったのですか?

と手厳しいひと言が…。

 

さすがにバレたか…と観念したH先生は

すみませんと詫びて退散したのでした。

 

後でわかったのは、

信頼していた担当者は風邪を引いていたのではなく

他の先生の面接に同席していたとの事。

 

病院からは不採用になるわ、

担当者との信頼関係は崩れるわ、

踏んだり蹴ったりのH先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

実現したいものは何なのか?

医師転職悩み

 

本当に自分がしたかったのはこれなのか?

そうお悩みになる先生は少なくありません。

 

O先生もそうでした。

 

今まで外科医として多くのオペに携わってきました。

もちろんこれも好きでやってきた事。

手術が上手くなりたい…

そう思って努力をしてきました。

 

しかし医師として20年目を迎えた頃、

このまま今と同じ仕事をしてきていいのかな?

そうお考えになったのだそうです。

 

病院に対して大きな不満があった訳でもありませんし、

給与などの待遇にはそれなりに満足していたんです。

 

ただ長い医師人生を考えた時に、

過去を振り返った時にはまあまあの満足度。

でもこの先はどうなるんだろう?

 

ずっと外科医として働けるのかな?

何歳までオペを続ける事ができるのかな?

他に道はないんだろうか?

 

そんな事を漠然と考えていた時に、

大学時代の同期と会って話しをする機会がありました。

 

その方は現在訪問診療クリニックを開業して

院長としてご活躍しています。

 

元々は同じ医局にいたのですが、

開業志向が強く、何で開業をするかを考えて、

5年ほど前に訪問診療クリニックを開院したのでした。

 

開院当初は集患に苦戦したらしいですが、

現在では常勤医を2名、非常勤医を5名、

雇用するまでになりました。

 

そんな同期の先生からお話しを伺うと、

O先生も刺激になり、

自分が医師としての後半戦をどう過ごすか…

益々真剣に考えました。

 

同期の先生のように開業という選択肢は

取らない方針ですが、

訪問診療という仕事には関心があります。

うちに来いよ…と同期の先生は言ってくれてますが、

さすがにそれはやりにくいかと…。

 

なんで自分は訪問診療に関心を持つんだろうか?

 

突き詰めて考えていくと、

患者との時間をもっと持ちたい…

そういう思いが強い事に気付きました。

 

今まで手術の前後でしか患者とやり取りはしていないし、

術中は麻酔が効いているから話しもできない。

どんな医師になるのか?なりたいのか?

あんまり考えた事はなかったけど、

最後は患者と寄り添い、ゆったり時間を共有したい。

 

これがやりたい事なんだな…

O先生はそう確信を持ったのでした。

 

本当に実現したいものは何なのか?

 

これは年齢によっても、

医師になった理由によっても、

過ごしてきた過去によっても、

相当に異なるものだとは思います。

 

しかし給料を上げたいとか、

休みが欲しいとか、

当直を減らしたいとか、

いわゆる条件面だけで考えてしまうのは

ご自分の医師としての人生を

つまらないものにしてしまいます。

 

何をしたいのか?

実現したいものは何なのか?

 

真剣に考えた上で新天地を求めた方が

良さそうですね。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

何歳までにどうなっておくべきか?

医師開業プラン

 

50代後半のE先生。

開業を検討しているという事でご相談にいらっしゃる。

 

大学医学部を卒業後、

附属の大学病院で約3年は外科医として従事。

 

その後は、民間の病院やクリニックを転々としており、

常勤でお勤めの時期もあれば、

非常勤やスポットで、いわゆるフリーランス的な

働き方をしている時期もある。

 

科目も外科をスタートに、

内科をしてみたり、美容に取り組んでみたり、

産業医をしてみたり、

病院、クリニック入り乱れて

良く言えば多様な経験を積み重ねるが

悪く言えば専門性はなく、

ご本人もなるようになると思って

適当な人生を歩んできてしまった…との事。

 

開業に関しても、

これと言ってやりたい事もないし、

あちこち転々としてきて

さすがにこれ以上転々とするのも良くないと考えて

開業すれば落ち着くかと思って…とおっしゃいます。

 

ただ開業のプランもほとんどなく、

資金面などの準備も全くなく、

年齢的な事も考えて多額の融資を受けて

敢えてリスクを背負うのは避けた方がいいのではないかと

アドバイスをさせて頂きました。

 

開業をして頂くだけなら手はありますが、

先生のこれからの人生と、

開業後のご苦労を考えると

それは得策ではないように思いますと

正直に申し上げますと、

E先生曰く、親身になってアドバイスをくれて有難う。

 

自分でも今までの人生に悔いがあるし、

棒に振ってしまった感はあるんだ…。

最後のご奉公だけでもしたいんだけど…と

おっしゃるので、転職のお手伝いをしましょうか?と

提案すると是非との事。

 

多様な経験、

そして最後のご奉公という先生の思いを表す為には

町医者として、かかりつけ医のような仕事が良いと思い

訪問診療を提案し、今では訪問診療医として大活躍しています。

 

E先生より、私のような人生を送るな!と

お若い先生には伝えて下さいとおっしゃってます。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

家族にどういう暮らしを提供するのか?

 

外科医として忙しい日々を過ごしてきたG先生。

 

市立病院で外来、病棟、手術とこなしてきて、

休む暇もないほど…。

当直回数も多いし、土日も病院にほとんどいる…。

 

しかも市立病院という事もあるのか、

待遇はあまり良くなく、

同期の先生と話してみるとみな自分よりも

良い給与を貰っているらしい…。

 

口の悪い同期の仲間は、

「お前も早くそんな病院辞めちゃえよ。

俺らもいつまでも若くはないんだぞ。

民間病院に行けばもっと高待遇で迎えて貰えるぞ。」

なんて言う。

 

そんなもんかな…と思いながら、

奥さんに相談してみると、

今よりも良くなるなら

あなたの好きなようにやっていいと。

 

一念発起したG先生は、

医療系の雑誌に掲載されていた病院に応募してみると

理事長や院長が是非うちに来て欲しいと…。

出してきた条件が今の職場よりも300万円ほど高い年俸。

 

これなら妻も喜んでくれるだろうと転職。

 

年俸は上がったものの、

忙しさは今までと変わらず。

それでもG先生は満足していたが

ある時、奥さんがひと言…。

「前よりも良くなっていないじゃない…」

 

何言ってんだ、

年俸がかなり上がったじゃないか!と怒ったG先生。

 

よくよく話しを聞いてみると、

奥様が望んでいたのは年俸アップではなくて、

家にいる時間を増やして欲しい、

家族との時間を大切にして欲しいだったそうで…。

 

収入は増えなくてもいいから、

あなたが子供達と遊んだり、勉強を教えたり、

そういう時間が欲しかったのよ…。

 

今よりも良くなるなら…。

誤解のないようにコンセンサスを取っておかないと…。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

事前に確認すべきポイントを整理しておきましょう。

医師面接チェックポイント

 

医療機関との面接は

求職希望の医師と、医療機関の都合の良い調整して行うので、

当然、医療機関が診療中である稼働時間と非稼働時間帯のどちらかになる。

 

それでも絶対見逃せないポイントは必ずチェックするようにしましょう。

「絶対に見逃してはならないポイントが面接にはあります。」

 

たとえば病院勤務だったら

・医局の雰囲気 殺伐とした感じは人間関係が良くない場合も多い

・自身の科目の診療部長の人柄と雰囲気  ずっと一緒に働く医師の相性は大切

・外科医だったらオペ室 オペは外科系医師の一番の活躍の場。

外科医が病院でどのような立ち位置なにかがわかります。

 

冒頭にもあったように

医療機関の稼働時間と非稼働時間で見学できる項目は変わってきますが

面接時に重視する項目の見学ができるように

エージェントに相談するようにしましょう。

もし都合つかずそれがかなわなかった場合は、

次回それだけのために見学の時間を設けてもらうのも可能です。

 

重視するポイントは、なにがあっても譲らず、必ず確認しましょう。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録