ずっと開業準備をしています…。

 

整形外科医のW先生。
数年前に大学医局を退局して
現在は民間病院で責任あるポジションで働いています。

日々、外来、病棟、手術と忙しくしておられますが、
あと数年で50歳という節目を迎える事もあり
実は50歳は開業医として迎えたいと考えていらっしゃいます。

手術に関しては多少の心残りはあるものの
もうすでにやりきった感もあって
ここから先の医者人生は地域とともに
プライマリの領域で歩もうとお考えです。

そこで病院に出入りしている医薬品卸業者に相談してみると、
喜び勇んで開業支援の担当者が来て
全面サポートを約束してくれました。

と・ところが…。
肝心の開業地が決まりません。
そもそもW先生は開業志向が強かったので
コンセプトもしっかりしているし、
それに合わせた開業地の希望は複数プランお持ちでした。

が、寝ても覚めても担当者からは良い開業物件の話しが出てきません。
それどころか自分の希望と全然違う場所の物件、
広さも階数も周辺環境も全然望んでいるものと違う物件、
そんなものしか出てきません…。

時はどんどん過ぎてしまって、
さすがにW先生もこのままこの業者から出てくるのを待つのは
得策ではないと判断し、
WEBでよく見掛ける開業支援専門と謳う企業に依頼もしてみました。

ところがその業者から案内される開業物件も
卸業者とそう変わらずに、
この地域だと言っても他の地域の案件が送られてくる始末です。

自分の希望はそんなに難しいものなのだろうか?
そもそも希望地には物件がないのだろうか?

そんな事を悩んでいたW先生は、
藁をもすがる思いで
以前、転職の際に世話になった
コンサルタントに相談してみました。

転職の専門家だから
開業に関しては詳しくないだろうなと思っていたのですが、
これがなぜか非常に詳しい…。
下手したら依頼した医薬品卸や開業支援会社の担当者より詳しい…。

旧知の仲なのでどうしてそんなに詳しいの?と聞くと、
W先生、うちは転職支援と開業支援と両方やってるんですよ!との回答。

マ・マジで…。
転職だけだと思ってた…。
開業準備を始めてから早くも1年近くが経ち、
一向に進んでいないW先生としては
彼なら信頼できるし彼に任せた方が話しが進みそうだ…考えて、
医薬品卸、開業支援会社を断り、
その彼に依頼する事にしたのでした。

な・何とそれから1か月後にはまさに望み通りの開業物件が見つかり、
事業計画も明確に立って、
融資の目途も立って物件契約も済みました。
内装業者や医療機器ディーラーとの打合せもこなしつつ
その彼の交渉力で料金は想定よりも低く見積もってもらいました。

次は集患をどうするか?
什器や家具、パソコンなどの細かい物品をどうするか?
話しがどんどんと進んでいき、
W先生としても手応えを感じる事ができています。

今思えば最初に依頼した会社、その次の会社は一体何だったんだろう?
1年も全く動きがなくて、連絡取っても頑張ってます、
もう少しだけ待って下さい…と言うだけ…。

しかも今でもお抱えの業者を紹介してきて、
何とか食い込もうとしてきます。
もう信頼はまったくないのに…。
あれだけ何も進まなかったのに図々しいにも程がありますね。

最初から知人の彼に依頼していれば
すでに開院できていたかもしれないなあ…。
俺の時間を返してくれ~と思うW先生でした。

やはり自分のパートナーとして
動いてくれる人間を誰にするかは大事ですね…。

 

<クリニックの開業について書いた過去記事もご覧下さい>
開業セミナーに何度も参加してみたけど…。
開業に向けた経験値アップは勤務医とは全然違う!?
開業を目指したプランニング…。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

ヤバイ…遅刻だ…。

医師面接遅刻

 

昨年開業したばかりのK先生。

段々と軌道には乗ってきたものの

まだ損益分岐点は超えてきません。

もうひと踏ん張りが必要な状況です。

 

それと開業してみて肌身に染みてわかったのは、

周囲に医師がいないという寂しさ…。

相談もできないし、

すべて自分で判断しないといけない。

当たり前の事だけど、実際に味わってみて

よく理解できました。

 

もう少しお金を稼がないと…

他の医師から学ぶ事も必要だな…

 

2つの理由から休診日にバイトを入れようと考え

ある総合病院の外来バイトに応募。

 

是非1度ご見学がてら面談にいらして下さいと言われ、

その当日…。

 

業者とのランチミーティングを終えて

駆けつけるつもりが

話しが長引いてしまい

ふと時計を見ると、や、やばい…。

 

クリニックから病院まで約30分。

約束の時間まであと30分…。

 

慌てて身支度を整え、ダッシュで出て、

タクシーをつかまえて病院に向かったものの

やはり約束の時間には間に合わない…。

 

10分遅れで病院に到着しました。

 

最初に応対した事務長は笑顔で接してくれたものの

面接に出てきた内科部長は明らかに機嫌が悪そうです。

平謝りしたものの、ウム…だけの反応。

 

後日、案の定お断りを受けてしまいました。

 

自分だってスタッフを採用する時に、

遅刻をするような人は取らないもんな…。

 

そう反省しきりのK先生ですが、

バイトの面接だからと油断してはいけませんね…。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

開業を目指したプランニング…。

医師開業キャリア

 

開業してちょうど3年目に入ったS内科医院。

院長のS先生は医院の経営が上手く行っておらず

悩みがかなり深いご様子。

 

開院してしばらくはそれなりに患者さんが来院していたので

このまま行けば順調に進むかと思っていたのですが、

新患はそれなりに来て頂けているものの、

再診の患者さんがあまり来ていないそうです。

 

院長は大学病院に15年と長く勤めており、

退局と同時に開業。

 

駅近の人通りの多い優良物件が見つかった事もあり、

地域の認知度は高いようです。

 

新患が多いのに再診が少ないとは、

何か院長に問題があるんだろうか…?

 

やはりありました。

ハッキリ言ってしまうと院長は

外来があまり好きではないし、

人付き合いもいい方ではないし、

患者に対してもかなりぶっきらぼう…。

時には患者に対して厳しい口調で詰問する事もあり、

これでは再来院はしないですよね。

 

そもそも本当は大学病院に居続けたかったそうで

自分を可愛がってくれていた教授が交代した事により

地方の病院に派遣されたり、

あまり評判の良くない病院に行かされたりして、

医局に居づらくなってしまったんだそうです。

 

大学を飛び出そうと決心した院長ですが、

それまで開業という選択肢など考えた事もなく、

今さら民間病院でもないだろう、

どうせなら自分の好きなようにやれる開業でもするか…と

かなり安易に考えて開業したそうです。

 

準備不足、計画不足。

そして医師としては優秀でも、

開業医としては問題がある院長の言動。

 

3年が経っても経営状態は損益分岐を行ったり来たりで

黒字か、赤字か、どっちに転がるのかわからない

トントンの状態。

 

おそらく勤務医としてはかなり優秀な先生なのだと思います。

 

しかし優秀な勤務医だからと言って

開業して上手く行くものでもありません。

 

開業して成功する為には、

開業医となるべく、

その為のキャリアプランを考えねばならないと思います。

 

大学病院を飛び出ていきなり開業ではなく、

民間病院で経験を深めたり、

クリニックでの勤務経験を積んだり、

機会があれば雇われ院長のようなポジションで

仕事をしてみる事も必要でしょう。

 

いつかは開業とお考えであれば、

その為のキャリア形成をしていかねばなりません。

 

院長曰く、開業を舐めていた…。

もっと綿密な計画と、丁寧な準備をするべきだった…。

自分も多様な経験をしておくべきだった…。

 

後の祭りにならないように、

開業を目指している先生は、

計画と準備をしていきましょう。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

家族にどういう暮らしを提供するのか?

 

外科医として忙しい日々を過ごしてきたG先生。

 

市立病院で外来、病棟、手術とこなしてきて、

休む暇もないほど…。

当直回数も多いし、土日も病院にほとんどいる…。

 

しかも市立病院という事もあるのか、

待遇はあまり良くなく、

同期の先生と話してみるとみな自分よりも

良い給与を貰っているらしい…。

 

口の悪い同期の仲間は、

「お前も早くそんな病院辞めちゃえよ。

俺らもいつまでも若くはないんだぞ。

民間病院に行けばもっと高待遇で迎えて貰えるぞ。」

なんて言う。

 

そんなもんかな…と思いながら、

奥さんに相談してみると、

今よりも良くなるなら

あなたの好きなようにやっていいと。

 

一念発起したG先生は、

医療系の雑誌に掲載されていた病院に応募してみると

理事長や院長が是非うちに来て欲しいと…。

出してきた条件が今の職場よりも300万円ほど高い年俸。

 

これなら妻も喜んでくれるだろうと転職。

 

年俸は上がったものの、

忙しさは今までと変わらず。

それでもG先生は満足していたが

ある時、奥さんがひと言…。

「前よりも良くなっていないじゃない…」

 

何言ってんだ、

年俸がかなり上がったじゃないか!と怒ったG先生。

 

よくよく話しを聞いてみると、

奥様が望んでいたのは年俸アップではなくて、

家にいる時間を増やして欲しい、

家族との時間を大切にして欲しいだったそうで…。

 

収入は増えなくてもいいから、

あなたが子供達と遊んだり、勉強を教えたり、

そういう時間が欲しかったのよ…。

 

今よりも良くなるなら…。

誤解のないようにコンセンサスを取っておかないと…。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録