求人内容が実態と違う!

医師転職求人内容失敗

 

今まで様々な医療機関で働いてきたけれども、

そのほとんどが大学医局関連だったY先生。

この度、初めて自分で転職活動をしてみる事にしました。

 

まずネットで検索をしてみると、

とんでもない数の求人サイト、転職サイトが出てきます。

 

こんなにあるのか…と思いながらも、

研究熱心なY先生は各サイトを見ながら

最も信頼できそうなサイトから気になる求人を見つけ、

ご自身で直接、医療機関に連絡をしてみました。

 

サイトの求人にも、

病院のホームページにも募集があるとの事でしたが、

何と、募集枠は埋まってしまい、

該当科目に関しては充足してしまったとの事でした。

 

憤慨しながらも

もう1件の気になった病院に連絡すると、

是非とも見学にお越し下さいとの事。

なかなか高条件の求人でしたので

楽しみに伺ってみますと、

想像とは違って何だか院内は殺伐としています。

患者さんも少ないように感じて、

この病院…大丈夫かなあ?と不安を感じました。

 

院長と面接をしましたが、

高圧的な態度で

先生が来たかったらどうぞ…という雰囲気…。

しかも事務長から提示された条件は、

サイトで見た求人とは異なり、

給与は少なく、当直やオンコールも多いのです。

 

ダメだ、こりゃ…と憤りつつ、

気を取り直してサイトをチェックすると

なかなか良さそうな所を見つけました。

 

今度は紹介会社経由の求人のようで

問合せ先は紹介会社になっています。

 

取りあえず問合せをしてみると、

担当者らしき人がすぐにでもお会いしたい…と。

 

時間を作って面談をしてみると、

Y先生ご希望の病院はすでに充足しているのですが、

もっと他にもいい所がありますと

いくつかの求人を打診されました。

 

ですが一向にY先生の希望に合わず、

その旨を伝えると

他にも非公開の求人がたくさんあって、

こちらもご覧下さいと言われて見てみましたが、

あれ?これは自分が最初に連絡した病院じゃないか!?

充足って言われたけど非公開で募集してるって

いったいどういう事??

 

他の求人も見ましたが、

サイトで見掛けた事のあるものばかりで、

え?非公開求人ってどういう事?

他のサイトで見たんだけど…と

Y先生はこの紹介会社が信用できなくなってしまいました。

 

その後、転職活動自体が上手く進まず、

結局は先輩ドクターが仲良くしており繋いでくれた

小規模な紹介会社のコンサルタントの方に良い病院を紹介してもらい、

そこにお世話になる事に決めたそうです。

 

Y先生、求人主導の転職は上手く行きませんよ。

私どもがY先生のご希望に合う求人をイチから探します。

お任せ下さい!と言っていたけど、

まさにその通りになった…。

 

やっぱり転職ってのも人脈だなあ。

先輩がいなければ今でも探していたかもしれない…。

自分だけで動くのも大変なんだな…と

かなりご苦労されたY先生でした。

医師/看護師 転職求人アプリ

※画像クリックで、医師転職求人アプリ・ダウンロードサイトに飛びます!<スマホ・タブレットの方のみ>

ルナーヴァ 医師/看護師 転職求人情報 バナー

医師/看護師 最新転職求人情報サイトはこちらから!

 

<過去コラムもご覧下さい!>

来春からの新しい職場をじっくり探したいのに…。

求人を何件も貰ったのでついその中から選んでしまった…。

自分自身の将来ビジョンは?

 

 

最初に出会った希望にピッタリの医療機関…。

心臓血管外科医転職

 

心臓血管外科医のS先生。
今までは大学医局およびその関連病院で長くお勤めです。

お子さんの進学などもあり、
今回は退局して民間病院にお勤めする事を検討しています。

転職活動など特にした事のないS先生は
最近、周囲でも利用しているようなので
紹介会社に依頼しました。

同僚から大手は求人件数は多いけど、
医療機関の内情はよくわかっていないし
担当も若くてスキル不足の人が
少なくないようだと聞いていましたので、
ベテランの担当者が多く、
きめ細かいサポートをウリとしている
中小の紹介会社を選びました。

担当の人間とお会いしてみると、
ふむ…なるほど、医療業界にも精通しているし、
医療機関側とのネットワークも豊富で
多くの実績とノウハウを持っていそうであり
安心してお願いする事にしました。

それから1週間も立たずに、
心からおススメできる
医療機関が見つかりましたと提案されたところが
何とS先生の希望にピッタリ…。

おお、期待はしていたけど
まさかいきなりこんなにいい案件が見つかるとは
思っていなかったぞ。
出し惜しみせずにドンピシャの所を
最初からご案内しますと言ってたけど
こんな展開になるとは…。

嬉しい気持ち半分と、
ホントに大丈夫かな?
他も見た方が良いかな?という気持ち半分でしたが、
これは逃がせないと考えたS先生は
取り合えず見学、面接に行ってみました。

院長と診療部長、事務長が対応してくれたのですが、
S先生の希望やビジョンも共有できており
非常に濃密な話し合いができました。

その上、条件面も
S先生の希望よりも若干良い提案をしてくれています。

病院の雰囲気や伝統なども好感が持てて
同じ科の先生とも顔合せできたし、
正直、断る理由がまったくありません。

う~ん、ここで決めてもいいんだが、
どうなんだろうか…。
他も見た方がいいのか?う~ん…。

悩みに悩んだS先生。

非常に良い求人を紹介してくれた担当には悪いけど
どうしてもこのまま進める事に不安があり、
ネット上で良く見掛ける大手紹介会社に
問合せをしてみました。

すると次から次へと何件もの求人が送られてきます。
しかしS先生が知りたい情報はそこにはなく、
中には評判の悪い医療機関も交じっており
う~ん、やっぱりこれ以上のものは出てきそうにないな…と
ようやく確信が持てたのだそうです。

ここは出し惜しみなく1番良いものを出すという
彼の言葉を信じようと決意して
最初の病院にお世話になる事にしたそうです。

それから半年後…。
あの時の決断は正しかった。
毎日とても充実しているし、待遇面も何の問題もない。
ここなら長く勤める事ができそうだ。

本当に良いご縁を繋いでくれて…。
担当の人には頭が上がらず、
今でも悩み事などが出れば相談に乗ってもらっているそうです。

<過去のコラムもご覧下さい!>
あまりにも多くの求人を見過ぎてよくわからなくなってしまった…。
最初の見学で望ましいところに当たったのだが…。
何箇所か見てみたい…。

 

医師/看護師 転職求人アプリ

※画像クリックで、医師転職求人アプリ・ダウンロードサイトに飛びます!<スマホ・タブレットの方のみ>

ルナーヴァ 医師/看護師 転職求人情報 バナー

医師/看護師 最新転職求人情報サイトはこちらから!

非公開求人に騙された!

 

最近、WEB上を賑わせている非公開求人…。

〇〇〇求人なんて表現をしている紹介会社もあるけど、
そんな希少な求人があるなら…と興味を示していたX先生。

今の職場にそれほど不満があった訳ではないのですが、
より良い条件を求めて、
大手の紹介会社に問合せをしてみました。

担当者とお会いしてみると、
いかにも価値ある求人のように切り出した案件がありました。

これはX先生だからお伝えするのですが…。

この求人はX先生のような方にしかご案内しません。

他の紹介会社からは絶対に案内されない貴重な求人なんです。

初対面なのにそこまで熱く案内するなら
余程いい求人なのだろうと考えたX先生は、
そこまで言うなら1度見学に行ってみようかな…と。

実際に行ってみると、
どうも担当者と先方の事務長がツーカーの仲らしく、
X先生に聞こえないように内緒話をしていたそうです。

しかも院長、事務長からも驚くほどの高条件が提示されたのは良いのですが、
どうも担当者と目配せしながらの怪しい雰囲気…。

これは安易に乗ったら危ない話しだぞ…と
X先生はピンと来たそうです。

もちろん内定が出たのですが、
X先生はお断りしました。

すると担当者は激怒。
院長や事務長の顔を潰すんですか!
行く気がないならなんで見学なんか行くんですか!
私たちの時間を返して下さいよ!

はあ~?
お前にそんな事を言われる筋合いないよ…と思いつつも、
やっぱりお前らグルだったんだろ…と確信。
だいたい上手い話しには裏があるんですよね~。

ちなみにこの病院の話しをドクター仲間や
知人の転職コンサルタントにしてみたら、
あの病院の手だよな。俺もその話しをもらったよ…とか、
あ~、あそこの病院とあの会社はつるんでるからね~とか、
あそこは経営状態が悪化していて背に腹は代えられないから何でもやるだろ…。

まあロクな話しが出てこない…。
そもそも非公開求人って
非公開にする明確な理由がない限りは
だいたいが紹介会社の都合だと考えた方が良いですね。

健全な医療機関は非公開にして医師を募集する理由があまりないんです。
堂々とオープンにして募集しますよ。

途中でおかしいと気づいて良かったよ…と
胸をなでおろすX先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

あまりにも多くの求人を見過ぎてよくわからなくなってしまった…。

 

現状に停滞感を感じており、

心機一転で成長できる環境を探したいと考えるB先生。

 

ご自身の将来の可能性をいろいろ考えて、

かなりビジョンは明確になっていらっしゃいます。

 

しかしそのビジョンに向かうためには

どの医療機関に勤めるか?については悩ましく、

そもそも表面上の情報は多くとも内情はわかりませんので、

とにかくいろいろと見てみて取捨選択するしかないかな…と

お考えになっています。

 

B先生は様々な求人サイトを見て、

興味のある医療機関があればどんどん問合せを入れてみました。

 

ただ直接、医療機関に連絡できる事は稀で、

そのほとんどが人材紹介会社経由となっており

気づけば10数社の会社とやり取りするようになっていました。

 

パソコンを開けば必ずと言っていいほど

数社から求人情報が送られてきています。

 

最初はしっかりと目を通し、

個別の案件に対しても自分なりの評価を行い、

話しを進めるべきか却下すべきか考えておったのですが、

あまりにも多くの求人が送られてくる為に

正直B先生もよくわからなくなってしまいました。

 

だってM社から送られてきた△病院の求人内容と

R社から送られてきた△病院の求人内容は

似て非なるものになっていますし、

問合せてもM社とR社の担当者の言う事も全く異なり、

何が何だかよくわかりません。

 

その上、次から次へと新しい求人が送られてくるものの

自分のビジョンとは全く違うものも多く、

1件1件リサーチするのもバカらしくなってきました。

 

そもそもしっかりとしたビジョンを持っていたはずのB先生ですが、

段々と条件ばかりで判断するようになってしまい、

挙句の果てにはもう何でもいいかな…

と思うようにすらなってきてしまいました。

 

実際にあまりにも担当者から勧められるので

3件ほど面接、見学にも行ってみましたが、

差し障りのない感じの対応で内情がよくわからず、

まったく決め手に欠けるという状況でもありました。

 

致し方なくB先生は一旦転職活動をストップしました。

自分でもよくわからなくなってしまっているからです。

 

あまりにも多くの求人を見てビジョンが揺れており、

紹介会社とのやり取りもあまりにも増えてしまい、

どこがどこだか把握できなくなってしまっています。

 

このままで良い方向に進むと思えない…。

そう感じたからこそすべてを保留する事にしました。

 

いろいろ見てみたい…。

そう考えていたのが失敗だったようです。

自分に合わない所や、自分のビジョンと異なる所、

そういう所を何か所見ても意味がない…。

 

そう気づいたB先生は、

次は慎重には慎重を期して、

それこそ一発必中で決めるくらいのつもりで活動できるように

粛々と情報収集、ノウハウの吸収に勤しんでいます。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

すごくいい病院なんだけど…、自分には合わない…。

 

麻酔科医のI先生。

50代半ばのベテランドクターであり、

スキル、経験ともにどこに出しても恥ずかしくない

医療機関にとっては喉から手が出るほどに

採用したい先生でもあります。

 

麻酔科という特性もあり、

I先生はわりと自由なキャリアを積んできたのですが、

そろそろ安定的に働こうと考えて、

民間の中~大規模の総合病院を希望しておられました。

 

いくつも話しは入ってきたのですが、

その中で気になる3か所の病院に見学に行ってみますと

どこも歓迎モードであり、

条件面も期待通りで、どこも甲乙つけがたく、

その中で最も設備が充実していて、

新しく施設も建て替えた病院を選びました。

 

入職して1年後…。

どうやらI先生は再びの転職活動をされています。

 

今の病院はさあ、

すごくいいんだよ。

 

経営陣もまともだし、

スタッフもやる気があって真面目だし、

他のドクター達もモチベーションが高いしね。

 

正直、こっちも思わず乗せられるくらいだし、

もう文句なしの環境なんだ…。

 

ただ…

ただ…、自分には合わない…。

 

何と言うか…

組織が若すぎるというか…。

何か…疲れちゃうんだよね…。

 

ホント全然不満なんてないし、

心底いい病院だと思うんだ。

でも、なぜか自分には合わない感じがして

しょうがないんだよね…。

 

これはすごく難しい問題ですが、

組織の風土とか、文化とか、伝統とか、

そういうものに自分がマッチしていないと感じておられるようです。

 

最後は施設や設備を重視してご決断されたからでしょうか?

一緒に働く人たちの事が視野に入っていなかったようです。

 

これを失敗と言うべきなのかは

私自身も悩みますが、

どこで働くかも重要なのですが、

誰と働くかもそれに匹敵する以上に大事なんだ…という

好事例かと思いご紹介させて頂きました。

 

ベストマッチングというのは

本当に難しいものですね…。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

 

 

うちのホームページは大丈夫か?

クリニック開業ホームページ

 

開業準備を進めるU先生。

ここまで様々な業者さんと打合せを行い、

ようやく徐々に形となりつつあるのですが

心配な事がひとつできてしまいました…。

 

内装工事や医療機器に予算を大きく割いた為に、

ホームページは格安で制作してくれる業者さんに

お願いせざるを得なくなってしまったのですが、

その業者さんはクリニックのホームページに関しての実績は

たったの2件しかありません。

 

正直価格優先で決めましたし、

ホームページがそれほど集患に影響するとは考えませんでしたので、

それなりのものができればいいや…と高を括っておりました。

 

しかしここにきて、

医療機関のホームページ上で不適切な表現を

きっかけとした医療トラブルが発生しており、

医療機関の広告規制のガイドラインが厳しくなってきて

掲載すべき事項、掲載すべきでない事項が厳格化してきている事を知り、

担当者は医療には詳しくない…と言っていたのが

不安に思うようになったのです。

 

すでに製作はスタートしていましたので、

U先生は今さら業者を変更する訳にも行かず

ご自身でガイドラインを勉強し、

上がってきたサイトを一文字ずつチェックしました。

 

いくつか微妙に思う文言があり、

修正依頼を掛けて再度チェック…。

結構な手間です。

 

こんな事なら最初から医療をよくわかっている

ホームページ制作業者にお願いしておけば良かった…と

後悔先に立たず…のU先生でした。

 

おそらく今後医療機関の宣伝広告に関しては

益々厳格化されるものと思います。

 

医療機関において実績が豊富で、

担当者が医療をよくわかっていないと

話しがスムーズに進まず

後々手間が増える事になりかねませんね…。

気を付けて下さい。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

知人の会社だから安心していたのに…。

 

8年目のG先生。

現在お勤めの医療機関は

ある紹介会社から紹介をしてもらったのですが、

残念ながら諸々問題が出てきており、

次の転職を考えていらっしゃいます。

 

事前に聞いていた話しとの乖離が大きく、

仕事内容も、条件も、あまりにも食い違いがあって

一刻も早く辞めたいそうです。

 

それを紹介者に伝えても、

何とかもう少し頑張って…と、なだめるそうですが

紹介料金の返金規定を超えるまではという

悪質な打算が目当てであり、

紹介責任については全く触れません。

 

残念ながら非常に低レベルの会社のようです。

 

G先生は同じ目に合いたくないと考え、

時々イベントでお会いする事があった

知り合いが紹介会社の経営者であったので

その方に依頼をしたそうです。

 

ところが…。

社長自らG先生の担当者になってくれたのはいいものの

ん?この人医療の事わかってるの?とか、

一緒に面接に行ってもただ隣に座っているだけで

何の役にも立たなかったりとか、

挙句の果てにはとにかく1度入職しましょうなどと

無理に押し込もうとまでする…。

 

断っても平気で勧めてくるし、

日本語がわかってないんじゃないか?とまで思うような

酷い対応が続いたそうです。

 

何だよ、紹介会社なんてどこもこんなもんかよ…と

怒り心頭のG先生でしたが、

出入りのディーラーと話しをしていた時に、

転職ならまともな業者を知ってますよと言うので

紹介してもらいました。

 

話しをしてみて、最初の5分で今までと違う。

ここまで親身になってくれて、

経営理念や営業方針も実に真っ当です。

3度めの正直か…なんて考えながらお願いをしてみました所、

話しはトントン拍子に進み、

今ではこの会社に紹介してもらった医療機関で

毎日充実した日々を過ごしています。

 

単に求人を紹介するだけでなく

メンタル面もフォローしてくれて、

今回の職場だけでなく、

5年後、10年後についても一緒に考えてくれる。

 

紹介してくれたディーラーに心から感謝している

G先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

非公開求人って…騙された!?

医師転職非公開求人

 

「○○県内で医者として仕事できなくしてやろうか?」

そう教授に言われたのは2年前の事でした。

 

大学病院や医局からの派遣先病院だけでなく、

外の医療機関でも勉強がしてみたいと

教授に相談した時に突如言われたのです。

 

別に医局を辞めたいと言った訳でもなく、

ただただ茫然として、驚愕してしまったM先生。

 

それ以来、教授が近くにいるだけで

恐怖感を感じてしまうようになりました。

 

このままここにいてはいけない…。

そう思いながらもなかなか踏ん切りが付かなかったのですが、

今まで目を掛けてくれていた先輩ドクターが開業をする事になり、

医局を辞める事が決まってから、

もうこれ以上はいれない、相談に乗ってくれる人もいない…。

そう考えて、転職活動を始める事にしました。

 

今までずっと大学医局に在籍していて、

医局を抜けるなんて考えた事もありませんでしたから

どのように転職活動を進めてよいかもわからないM先生です。

 

ネット上でよく見掛ける大手の紹介会社に登録して、

担当のキャリアアドバイザーとお会いしました。

 

すると私どもは非公開求人をたくさん持っていますので

M先生にも満足頂ける求人をご案内できますと

自信を持って言うので安心していました。

 

数日後、非公開求人の中から

M先生にピッタリの案件が出てきましたと連絡が入り、

確かに希望に合うものでした。

 

プロの方はさすがだな…と思い、

こちらでお話しを進めて下さいとお伝えしますと

面接・見学の日程を決めましょうと調整を進めました。

 

ところが…、

医師の求人について情報収集をしていたM先生は、

案内してもらった非公開の求人案件が

他社サイトでは普通に公開されて募集されている事を

発見しました。

 

担当に連絡して聞いてみると、

しどろもどろの回答…。

 

別に非公開でも何でもなく、

ただこの会社が求人に箔を持たせる為に

非公開と謳っている事が明らかになったのです。

 

価値ある非公開と聞いたから

医局にもわからないように動けそうだし、

他にはなさそうな貴重なものと思っていたのに

紹介会社の戦略に騙されたように感じてしまったM先生。

 

結局この会社とのお付き合いは止めて、

今もまだ医局に在籍しておられます。

ホントは1日でも早く退局したいのに…。

 

非公開求人と言ってもいろいろあります。

紹介会社の都合で非公開と言っているケースもありますので、

騙されないようにしないとですね。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

信頼関係は構築できるのか?

医師の紹介会社への信頼

 

様々な統計がありますので、

本当のところは何とも言えないのですが

人材紹介会社を活用している医師は

全体の2~3割と言われております。

 

開業医や大学医局に所属している先生は

あまり利用する事もないでしょうから、

(ごく一部で非常勤はあるようです)

現実的かなとも思います。

 

そんな中で現在お勤めの医療機関と

その前にお勤めだった医療機関を

紹介会社を経由して見つけたS先生の事例です。

 

S先生は大学を出て

始めて民間病院に転職する際には

ご自身の人脈でお探しになったそうですが

後々いろんなしがらみがあって苦労したそうで

これなら紹介会社を活用した方が良いと判断し、

次の病院は紹介会社経由で探しました。

 

その時は紹介会社って言っても

よくわからないままに依頼したらしく、

言われるがままになってしまったそうです。

 

反省点としては、

もっと自分の希望を担当のコンサルに理解して貰う事、

案内された求人に関して自分でもリサーチする事、

この2点は後々考えると

もう少しすべきだったなあと考えていらっしゃいます。

 

それを踏まえて2回目の紹介会社の利用をしたのですが、

残念ながら最初の時よりもコンサルタントが若く、

知識も経験も不足しているように感じました。

 

大丈夫かな?と思いつつも、

大手の良く見聞きする会社だったので

ご自身の考えている事を率直に伝えたのですが、

これがのれんに腕押し…。

 

理解をしてくれたのか、

できていないのかよくわからない…。

 

翌日から何件もの求人を案内してくれているのですが

正直希望に合うものはだいたい1割くらいです。

たまたまその1割の中に気になっていた病院があったので

繋いでもらったのですが、

その病院の事もよくわかっていないようで、

なおかつスピードも遅い…。

 

これは頼りにならないと考えたS先生は、

先方の事務長と直接やり取りをして

見学⇒内定⇒条件交渉もほとんどご自身で行いました。

 

事務長には、申し訳ないけれども

担当のコンサルタントが信用できなくて…と

率直に伝えると、うちは構いませんよとの事。

 

結局こちらの病院にお世話になる事になったのですが、

後から同僚に聞いた話しでは

同じような経験を持つ先生よりも少し条件は悪いみたい…。

やっぱり素人が交渉してもダメだなと思いつつも、

あのまま担当に任せても良い事はなかっただろうと諦めモード。

 

次の時は信頼できる担当者でないと

お願いしないようにしようと固く誓うS先生でした。

 

WEB上で紹介会社を探すとこうなりますね。

やはり良いコンサルタントは少数ですし

出会えるかは運次第の所もありますからね。

 

1番良いのは、紹介をして貰う事です。

知人の医師や様々な業者さんに聞いてみて下さい。

良い転職のコンサルタントを知らないか?と。

 

普通の方なら変なコンサルタントを紹介はしないでしょうから、

良いコンサルタントと出会える可能性はWEBよりも高いです。

 

転職という人生の転機には、

やはり信頼できるパートナーが必要ですね。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

宣伝広告との格差があまりにも大きすぎて。

 

医師の転職支援をしている某紹介会社から

案内された医療機関に転職したところ、

事前に聞いていた話しとの食い違いが

あまりにも大きくて憤慨しているW先生。

 

聞いた事のある大手企業だし、

医療系の雑誌やイベント、学会でも見掛けるし

特にWEB上ではあちこちに宣伝広告を出している。

これだけ宣伝広告費を掛けているという事は

それだけ実績を出して利益を出しているんだろうと考え

登録、求人紹介、面接、内定、条件交渉、入職と

事はスムーズに進んだのですが…。

 

まずおかしいな…と思ったのは、

入職初日、同僚の医師や

コメディカルスタッフ達の様子が変なんです。

歓迎ムードが全くなかったそうです。

どうせすぐ辞めちゃうんでしょ…

みたいな感じだったそうです。

 

違和感を感じながらも

やるだけやってみるかと考えていたW先生ですが、

専門とは違う患者さんを任されたり、

当直回数が月に3~4回と聞いていたのに

実際には7~8回あったりして、

どうもおかしい…。

 

挙句の果てには給与が違う…。

当初聞いていた金額よりも少ない…。

 

さすがに事務長にクレームを言うと

知らぬ存ぜぬで逃げようとする。

 

仕方ないので紹介会社に連絡をしてみると、

担当者は言い訳ばかり…。

 

この医療機関の事を事前にどれだけ知っていたのか?

院長や事務長とは何度くらい会っているのか?と問うと、

病院に足を運んだ事はない…。

求人をWEB上で頂いただけ…。

 

おいおい…。

宣伝広告では厳選された非公開求人が多数あるとか、

医師の希望を叶えるとか、

医師のお悩みを解決しますとか、

○件以上の求人があるので理想の求人が見つかるとか、

専任のコンサルタントが親身にサポートするとか、

これはいったいどういう事だ…。

 

転職支援というのは、

会社の規模とか、設立してからの年数とか、

求人数とか、あんまり関係ないんですね。

 

担当のコンサルタントの力量。

これが最も大事です。

どうしても大手はマンパワーを確保する為に

若手社員ばかりとか、経験の浅い人間が多いとか、

そうならざるを得ないんですね。

また実際に会うまでは

どんな人が担当になるのかもわかりませんしね…。

 

宣伝広告にお金を掛けるという事は、

それだけ経費が掛かっているという事でもあり、

人件費を削らざるを得なかったりもします。

 

W先生は結果的に早期退職となりました。

紹介会社からはお詫びのひとつもなかったそうです。

こんな会社2度と利用するものか!と

ご立腹のW先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録