開業に向けた経験値アップは勤務医とは全然違う!?

 

ちょうど45歳になったN先生。

昔から40代半ばになったら開業しよう…と

漠然と考えていました。

 

20年ほど大学医局に在籍して

いくつもの関連病院でも経験を積んできましたから、

開業してもしっかり診察する自信はあります。

 

しかしいざ開業を考えた時に、

何から手を付けて良いのか?

どうやって患者さんを呼び込むのか?

どんなクリニックにしていくべきか?

なかなか明確になりません…。

 

そこでN先生は、

普段から仲良くしていたMRに聞いてみますと

医薬品卸業者では開業支援をしていると聞き、

病院に出入りしている大手業者に声を掛けてみました。

 

するとすぐに担当者を紹介してくれ、

開業地はどこにするか?

どんな物件がいいのか?

良い医療モールがあるのだが…と

開業に向けて話しをどんどん進められました…が、

N先生にとっては違和感だらけで

俺、このまま開業していいのかな?と

大きな不安が圧し掛かってきたのです。

 

自分の中で準備や計画がされていない状況の中で

やれ開業地だ、物件だと言われても

漠然とした回答しか申せません。

そんな自分に愕然としてこのまま開業は危険だ…と

思ったそうなのです。

 

そこで2年前に開業した先輩ドクターを訪ねました。

するとそのドクターは、

「N先生の気持ちはわかるよ。自分もそうだったし…。

でも自分の場合はコンサルタントが非常に親身になってくれて

良いアドバイスをくれたから何とかここまでやってこれたんだよ。

もし良ければ紹介しようか?」とおっしゃってくれて、

その先輩ドクターの開業支援を担当した方とお会いしてみました。

 

以前の医薬品卸業者のように、

どんな風に開業していくかを話されるかと思いきや、

その担当者は、

「N先生はここ半年や1年で開業しなければならない理由がありますか?

もし急がなくても良いなら、

2年後、3年後というプランニングを立てませんか?」と言われたのです。

 

その方が言うには、

「N先生は医師としてどこに出しても恥ずかしくない方だと思います。

しかし経営者として、管理者としてのご経験は、

まだこれからだと思うのです。

もちろん開業して実地で身に付けていくのも悪くはないですが、

N先生のご年齢を考えるとそこまで焦る必要はないと思います。

民間病院でのご経験、クリニックでの勤務経験、

そういった経験をされてからの開業でも良いと思うのですが…。」と

言われました。

 

た・確かに…。

そう思ったN先生は、

ここで3年後の春に開業する事を計画しました。

 

2年間は民間病院で、

診療部長や、医長などのような責任あるポジションで経験を積み、

その後の1年間はクリニックでの勤務をする。

 

こうしておぼろげながらもご自身の中で

開業に向けたプランニングが見えてきました。

 

実はN先生はすでに開業して1年半が経ちます。

非常に上手く行っています。

開業3か月で損益分岐点を超えてきて、

その後も患者さんは増え続けています。

 

計画通りにキャリアを積み、

その途中、途中で先輩ドクターに紹介してもらった

開業支援のコンサルタントとディスカッションを行い、

事業計画を立てつつ、開業準備を進めていったのです。

 

クリニックに勤めながらの1年間で、

かなり現場を理解し、自分ならこうする…という点をいくつも持ち、

それを実現するご自分らしいクリニック像を見付ける事ができました。

 

大学医局を退局して

あのまま開業していたら…と思うと

ゾッとするとN先生は今では笑えます。

 

医師としての経験だけでなく、

経営者や管理職としての経験を積んで、

その上で開業したからこその成功なんですね。

 

競合医院も少なくないし、

昔のように開業すれば患者さんが来る時代じゃないだけに、

医師として以外のキャリアを積む事も大事ですね…と

しみじみおっしゃるN先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

開業コンサルタント抜きの開業準備!?

クリニック開業準備

 

ある医療モールにて開業準備を進めるY先生。

3階建てで、調剤薬局と5つの診療科が入る予定です。

 

当初、医療モールでの開業はあまり乗り気でなかったY先生ですが、

立地条件の良さと、人通りが非常に多い事、

思ったよりも競合が少なく、

宣伝広告などもモールの運営業者が積極的である事から

これなら変に毛嫌いする必要はないか…と考え、

医療モールにて開院する事に決断しました。

 

開業準備を進めていく中で、

ある日、モールの運営者が主催して

他科の先生方と食事をする機会がありました。

 

Y先生は先輩医師から紹介を受けた

開業コンサルタントとタッグを組んで準備を進めていたのですが、

何と他の先生方は誰1人開業コンサルタントに依頼していません。

 

あれ?自分も依頼する必要がなかったのかな?とも思いましたが、

話しを聞いていると、え!それまだやってないの?とか、

そこの準備を進めなくて大丈夫なの?と

他の先生方が心配になってきました。

それくらいに準備が進んでいないように

Y先生には感じられたのだそうです。

 

実際Y先生はよくわからない中でも、

開業コンサルタントがスケジュール管理をしっかりしており、

次はこれを検討して下さいとか、

各業者間との折衝やアポも非常にスムーズで

何ひとつ不安なく話しを進めていたからです。

 

そして開院1か月前…。

ご自身のクリニックは準備はほぼ終わり、

新たに採用したスタッフ達と模擬診療をしたり、

近隣にポスティングに行ったり、

もういつ開院しても大丈夫な状況でしたが、

他の先生方を見てみると、

まだ内装工事をしていたり、

医療機器の搬入がまだだったり、

スタッフが決まらないと嘆いていたり…。

 

だ・大丈夫なのかな?と傍目から見ても

心配になるY先生でした。

 

そう言えばY先生が依頼した開業コンサルタントも、

「開院自体はコンサルタントが

関わらなくてもできる事はできるんです。

ただスケジュール、資金、機器、什器、人材などを

開院日までにきっちり揃えて、

最小限の手間で計画通りに進める為には

コンサルタントがいた方がY先生が楽だと思います。

お金で安心と手間を買うと思って下さい。」

と言っていたのを思い出しました。

 

開院直前になって他の先生方の様子を見ると

なるほど…こういう事だったんだな…

あの時にケチらなくて良かった…としみじみ思うY先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

宣伝広告の予算はどれくらい取るべきか?

クリニック開業宣伝広告予算

 

ある医療モールにて開業をした耳鼻咽喉科のT先生。

 

このモールを企画開発した企業は誰もが知る超大手企業であり、

宣伝広告に関しては企業の方で行うとの事でしたので、

集患対策に関してはほぼノータッチで開院日を迎えました。

何とホームページすら作らなかったそうです。

 

ところが開院してみると、

確かにモールの企画開発業者は力を入れて

宣伝広告をしているようで、

同じモールに入居した他院には患者はかなり集まってますが、

どうも自分の所には他院ほど来ていない感じがする…。

 

出入りの卸業者の担当に聞いてみると、

内科と小児科のクリニックが宣伝広告に力を割いているようで

耳鼻咽喉科に近い領域の診療もしているそうで…。

 

しかもこの内科、小児科はホームページもしっかり作り込み、

地域の住宅地にはポスティングをしたり、

最寄駅や近隣の電柱に看板を設置してもいるようです。

 

遅ればせながらT先生も何らかの手を打たねば…と

危機感を感じて考え始めたのですが

そもそも宣伝広告に投資をする発想がなかったので

資金的に余裕がある訳でもありません。

 

売上に対する宣伝広告費の割合は、

立地条件や診療科目によってかなり異なりますが、

少なくみても3~5%は掛けてもおかしくないでしょう。

 

競合が多かったり、

自費診療の比率が高い業態であれば5~10%、

時には15~20%の宣伝広告費を掛ける所もあります。

 

T先生の場合は、

モールの運営者がそれなりの広告をしていますので

3~5%の宣伝広告費で充分と思われますが、

痛いのは開院時にほぼ何もしてこなかった事です。

 

売上は患者が来院して初めて立つものですから、

最初の段階で集患対策を練らなかったのは失敗と言えます。

実際に銀行借り入れを複数回行うのは難しく、

最初の融資の段階で宣伝広告費も計算に入れないと

後々では月々の支払いを切り詰めて行わねばならなくなります。

 

ざっくりですが、

少なく見積もっても開院時には

100~200万くらいの宣伝広告費は

見積もっておいた方が無難でしょうね。

状況によってはもう少し増額しても良いと思います。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録