医療法人の経営者が激変した…。

クリニック経営者

 

勤務医は疲れた…。
しかし開業するほどの意欲もない…。

そんなS先生が選んだ職場は、
ある医療法人の分院長、つまり雇われ院長でした。

医療法人の経営者は、
すでに複数のクリニックを成功に導いており、
S先生が診療に専念できる体制を作るし、
バックアップ体制は万全ですとおっしゃいます。

しかも契約なども非常に丁寧に説明してくれて、
S先生にとって不利な点もなく、
安心して入職を決めたのでした…。

それから2年後…。

入職してからの2年間。
S先生と経営者との関係は良好でした。

しかしここ最近経営者との会話が
ギクシャクするようになり、
S先生はストレスを溜める事になってしまったそうです。

診療はS先生、それ以外は経営者と
上手く役割分担ができ、かつ機能していたのですが、
急に経営者が診療にも口出しをするようになり、
やれ検査を増やして欲しいとか、
やれ健康診断の受け入れを増やして欲しいとか…。

要は売上を急に求めるようになったのだそうです。

不信に感じたS先生は、
本部とクリニックの仲介役となっている
事務方にそれとなく聞いてみますと…。

今まで順調に伸びてきた事業だが、
出店を急ぎ過ぎた事もあり、
段々と収益が悪化してきた…とか、
肝入りの新規事業に資金を投入した事が
裏目に出始めた…とか、
どうやらS先生のクリニックには関係のない所で
経営が苦しくなっているようなんですね。

S先生も今まで現場に対して敬意を持って、
尊重してくれた経営者には感謝の思いはあります。

しかし今後診療に関して
あれこれ口出しされるとなると
それはちょっと困った事になるな…と
心配はしていたのだそうです。

が、しかし…。
不安は的中…。

経営者自らや、幹部が、
毎日のようにクリニックにやってきて、
来なくても電話やメールで、
ああして欲しい、こうして欲しいと
医療者として問題があるような事まで
求めてくるようになってきたのだそうです。

S先生は正論を主張したのですが、
経営者からは法人が潰れてしまってもいいんですか?
運営費用を出さなくなってもいいんですか?など
なかば脅しのような言葉を投げ掛けるようになったそうです。

スタッフもおかしな雰囲気を感じたのか、
1人辞め、もう1人辞めて…と
退職する者が出ても補充は来ず、
現場は疲弊するばかり…。

挙句の果てには、
〇月〇日までに▢▢円の売上を上げよ…と
営業のような通達が出たのだそうです。

これでは続けられない…。
そう感じたS先生は辞意を伝え、
すったもんだの上で退職する事になったそうです。

患者さんやスタッフの今後は心配だけれども、
この経営者とはもうやってられない…。

今まで良きパートナーとして
タッグを組んできたのに…。
あのままいてくれたら長く続けられたのに…。

立派な人だと思っていたけど、
やはり変わってしまうものなんだなあ…。

残念な思いを持ちつつも、
次の職場探しは慎重になるS先生でした。

 

<過去コラムもご覧下さい!>

医師としての終盤戦をどう生きるか?

非公開求人に騙された!

大学病院勤務。転職が決まってから教授に伝えたら…。

 

 

何となくの不安、不満、そして閉塞感を打破したくて…。

医師不安不満転職

 

医師になって10年目のU先生。

ずっと大学医局に在籍していて、

いろんな市中病院にも行かせてもらい

とても勉強にはなっているんだけど…。

 

もともと地元の大学から都心の大学医局に入ったのだし、

周りは優秀な人が多いし、

このままだと医局内で出世する見込みはないしなあ。

 

博士号を取るまで頑張るか…

専門医を取ったらもういいかな…

いつかは開業とかも考えた方がいいのかな…

それに向けた経験も積んでおくべきか…

いや自分は経営者になりたい訳ではないから

勤務医として長く働けるようにした方がよいか…

教授や医局長の覚えがいい訳でもないし、

医局にしがみつく理由はないよなあ…

 

いろんな不安、不満がうずまきながらも

ご自身の未来について悩むU先生。

 

そんな時に年収大幅アップが可能!

2000万円、3000万円の事例多数!

そんな宣伝広告を見て、

自分にもそんな可能性があるのかな?

やっぱりお金はあるに越した事はないし、

ちょっと話しを聞いてみるか…。

 

そう考えたU先生は、

その紹介会社に問合せをしてみました。

 

待合せにやってきたのは20代の男性。

どう見ても経験豊富には見えません。

 

ご自分の悩みや考えている事を伝えても、

それならここはどうですか?と

求人を案内するばかりで

確かに年収は今よりも大幅にアップしそうだけど、

自分の考えている方向性とか、

将来あるべき姿とか、

そんな話しは一切考慮されずに

とにかくどの求人を選びますかという話しばかり。

 

だいたい担当者は医療の事をよくわかっていないし、

そもそも社会人としての経験も浅く、

礼儀や言葉遣いもなっていない…。

 

この先、どうしようかなあ。

自分にはどんな選択肢があるのかなあ。

真面目に悩んでいたU先生にとっては、

しっかり相談に乗ってくれる事を期待していたのに

全くそういう展開にならない事で

幻滅してしまいました。

当然、その方とはそれきり…。

 

人を惑わせるような宣伝広告をしている紹介会社に

問合せをしてもロクな事はないですね。

 

未だに悶々とした日々を過ごすU先生です…。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

面接するのなんて初めてだから…。

クリニックスタッフ面接

 

着々と開業準備が整ってきたS先生。

自分なりに経営方針やビジョンを持ち、

その実現の為に相応しい準備が進んでいます。

 

そんなS先生ですが、

仕事の場では患者さんとのコミュニケーションも上手く、

スタッフ達とも協力していけるのですが、

本来は口数も少なく、

どちらかというと孤独を愛するような

性格でいらっしゃるようです。

 

勤務医の時代とは異なり

開業すれば何十年とその地に落ち着く訳だし、

スタッフとも末永く一緒に仕事をしたい。

 

だからこそスタッフ選びには慎重でいたい。

でも、自分を理解してくれて、

相性が合うような人たちがそう上手く来てくれるだろうか。

まして自分は面接をするのなんて初めてだし、

上手い具合に選考ができるものだろうか。

そんな悩みを持っていらっしゃいます。

 

と言いますのも、

ちょうど1年前に開業した医局の先輩のクリニックでは、

雇用したスタッフが開院前に早くも辞めたとか、

スタッフ同士の人間関係が悪くて揉めてばかりとか、

陰で院長の悪口を言いふらしているとか、

ネガティブな話しを聞いており、

元々人付き合いに難があるS先生をより不安にさせているのでした。

 

幸い募集を掛けると看護師、医療事務ともに

複数名の応募が来ました。

 

院内の人間関係をどうにかして良くしたいS先生は

開業コンサルタントに依頼して、

書類選考、面接、内定、入職の一連の採用フローを

一緒に行う事にしました。

 

特に大事な面接にはすべて立ち会ってもらい、

3者で面接をする事にしたのですがこれが大成功。

 

S先生はコンサルタントが詳細を説明し、

いくつかの質問を投げ掛けて、

求職者の人となりや考え方を理解する事ができ、

その上でご自身の経営方針やビジョンを語り、

それに対する反応を冷静に見る事ができました。

 

10数名の面接を終えて、

S先生とコンサルタントはどの方を採用すべきか

ミーティングをすると不思議とほぼ一致。

うち5名の方に入職して頂く事となりました。

 

開業前はオープニングスタッフを

是が非でも揃えねばならないと

余計なプレッシャーを抱える事になります。

 

よってミスマッチする人材を抱え込み、

後々苦労する事が少なくないようです。

 

すべてを自分だけで抱え込むのではなく、

採用経験のある第三者を活用するのも

ひとつの手ですね。

 

結果的にS先生は開院して丸1年が経っても

誰も辞める事なく

和気藹々と仲良く仕事ができているそうです。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

開業をしないプランニング…。

医師開業相談転職

 

開業のご相談で訪れたY先生。

 

お話しを伺ってみると、

大学医局を始めとして勤めてきた病院では

あまり良い人間関係を築く事ができずに、

1~2年で移籍、転職を繰り返してきたのだそうです。

 

また仕事の方でも一応専門医は取得したものの

これが俺の専門だ!とか、

この分野を追求してみたいという思いが持てずに、

何となく流されてきてしまったのが現実との事。

 

開業医については特に熱い思いがある訳でもなく、

自分のような医師は開業した方がいいんだろうな…と

漠然と考え始めたからとの事でした。

 

もちろんこのままご希望通り開業を推し進めても良いのですが、

開業にはリスクが伴いますし、

現実的には人、モノ、資金などの

リアルなマネージメント能力も問われてきます。

 

またY先生のお話しを聞いていく中で、

実は興味を深く持っている分野があり、

追求したいものはあったのだが

医局のしがらみや上司の都合、

人間関係が阻害要因となって

やりたい事がやれなかったのではないか?という

疑問があったのです。

 

その点を詳しく聞いてみると、

ドンピシャでした。

出てくる、出てくる、やりたい事が…。

 

Y先生、先生は何となく開業をお考えかもしれませんが、

勤務医としてやりたい事がやれる環境があるなら

そちらの方が良いのではありませんか?

 

そう聞くと答えはYES。

よって開業から転職へ道を変え、

やりたい事を徹底的にヒアリング。

 

そしてそのやりたい事が実現できる病院を

ご紹介しました。

今もこの病院でご勤務されていますが、

実に充実した毎日を過ごしています。

 

もしあの時、何となくで開業してしまっていたら

自分は上手く行かなかったと思う。

準備も計画もなかったし…。

 

ただ勤務医としてもプランニングがなかったし、

やりたい事をやろうという強い気持ちもなかった。

 

自分自身にもっと早く向き合って、

キャリアプランニングを考えていたら

数年早くやりたい事ができたのかもしれません。

 

若干の後悔と、それでも今やりたい事ができている事に

感謝しています。

 

何となくの開業…。

目的のない開業…。

準備や計画のない開業…。

 

これは避けるべきですし、

勤務医で行くからといって将来を考えていく事は

大事なんですね。

 

気付いて良かったです。

悩んでいる若いドクターがいれば

自分の経験した事を是非伝えてあげて下さいと

おっしゃっています。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録