非公開求人に騙された!

 

最近、WEB上を賑わせている非公開求人…。

〇〇〇求人なんて表現をしている紹介会社もあるけど、
そんな希少な求人があるなら…と興味を示していたX先生。

今の職場にそれほど不満があった訳ではないのですが、
より良い条件を求めて、
大手の紹介会社に問合せをしてみました。

担当者とお会いしてみると、
いかにも価値ある求人のように切り出した案件がありました。

これはX先生だからお伝えするのですが…。

この求人はX先生のような方にしかご案内しません。

他の紹介会社からは絶対に案内されない貴重な求人なんです。

初対面なのにそこまで熱く案内するなら
余程いい求人なのだろうと考えたX先生は、
そこまで言うなら1度見学に行ってみようかな…と。

実際に行ってみると、
どうも担当者と先方の事務長がツーカーの仲らしく、
X先生に聞こえないように内緒話をしていたそうです。

しかも院長、事務長からも驚くほどの高条件が提示されたのは良いのですが、
どうも担当者と目配せしながらの怪しい雰囲気…。

これは安易に乗ったら危ない話しだぞ…と
X先生はピンと来たそうです。

もちろん内定が出たのですが、
X先生はお断りしました。

すると担当者は激怒。
院長や事務長の顔を潰すんですか!
行く気がないならなんで見学なんか行くんですか!
私たちの時間を返して下さいよ!

はあ~?
お前にそんな事を言われる筋合いないよ…と思いつつも、
やっぱりお前らグルだったんだろ…と確信。
だいたい上手い話しには裏があるんですよね~。

ちなみにこの病院の話しをドクター仲間や
知人の転職コンサルタントにしてみたら、
あの病院の手だよな。俺もその話しをもらったよ…とか、
あ~、あそこの病院とあの会社はつるんでるからね~とか、
あそこは経営状態が悪化していて背に腹は代えられないから何でもやるだろ…。

まあロクな話しが出てこない…。
そもそも非公開求人って
非公開にする明確な理由がない限りは
だいたいが紹介会社の都合だと考えた方が良いですね。

健全な医療機関は非公開にして医師を募集する理由があまりないんです。
堂々とオープンにして募集しますよ。

途中でおかしいと気づいて良かったよ…と
胸をなでおろすX先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

まだまだもっともっと…と求めすぎた結果…。

 

大学医局から民間病院に転身しようと

初めての転職活動をするA先生。

 

なにぶん初めての事ですから勝手が良くわかりません。

 

しかし求人サイトや求人誌で見つけた医療機関に

自ら電話を掛けて問合せすると、

どこも歓迎モードで迎え入れてくれ

見学⇒面接⇒内定・条件提示と順調に進みました。

 

お!?医局では重宝されなかった自分だけど、

意外と引く手あまたなのか?なんて思ってたA先生。

 

4か所に問合せして何と4か所とも内定を頂き、

多少の高低はあるものの

いずれもそれなりの条件を出してきたのです。

 

ただ正直この4か所…。

帯に短したすきに長しでありまして

決定打がないのも事実。

 

どうしようかな…と悩むA先生。

 

しばらくするとその内の1つの病院の事務長より連絡が入り、

「その後、いかがでしょうか?

当院としては是非ともA先生にお越し頂きたいんです」と言います。

 

実際に悩んでいるA先生としては、

正直にまだ悩んでいるんです。

他の候補もありますし…と申し上げると、

「実は院長とも話したのですが、

当院の誠意の証としてご提示した年俸ですが、

プラス100万円しようと決めました。

A先生にお越し頂きたい気持ちの表れとお考え下さい」

とおっしゃるのです。

 

おお、この病院はただでさえ年俸は良かったのに

プラス100万円なんて太っ腹だなあ。

そんなに自分に来て欲しいのか…。

 

内心ホクホクしながらも、

もう少し検討させて欲しいと電話を切りました。

 

しばらくしてから

他の病院からも連絡が入り、是非とも当院へ…とおっしゃいます。

いや~、実は他の候補の病院が年俸を100万円上げると言うので

自分もかなり悩んでいるんですよ…と言うと

その場では明言しなかったものの

後日、当院は150万円の年俸アップをします…と言うではありませんか!?

 

ま・マジ…?

そんなに俺に来て欲しいわけ??

 

こんな状況を繰り返し、

年俸は当初の提示額から200万円上がりました。

と・ところが…。

 

これならまだ行けると欲を掻いてしまったA先生。

 

最初に100万円UPを申し出てきた病院の事務長から連絡があり、

A先生としてはまだ上がるだろうと思っていたのですが、

実は他は200万円も上げてきてるんですと述べると、

「当院はそこまでは無理です。

誠に残念ですが前回の提示額が当院のできる限界値です…」と言い、

今回はご縁がなくて残念です…と下りてしまったのです。

 

あら?お宅はそこまでなのね、

まあそれなら他で決めようかなと考えていたのですが、

150万円UPの病院もこれ以上は無理と言い、

200万円UPの病院も何だか態度が冷淡になってきました。

 

う~ん、何だか雲行きが怪しくなってしまった…。

ちょっと欲深すぎたか…。

 

結局、A先生は当初から年俸アップは無理と言っていた病院に

お世話になる事になりました…。

 

医者の年俸の相場ってのも良くわからないし、

上手く交渉もできなかったなあ。

やっぱりネゴシエーションはプロに任せた方がいいんだな…。

 

逃がした魚は大きい…。

そんな心境のA先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

何も知らないままの面接で大失敗…。

 

大学医局の在籍も10年を過ぎて、

そろそろ自分らしい

医師人生を送ってみたいと考えているA先生。

 

開業も考えなくもないけど、

まずは民間病院ってどんな所かを知ってみたいと

転職活動をスタートしました。

 

そうは言っても超多忙な日々を過ごすA先生。

どうしても自分の事は後回しになってしまって、

なかなか思うような活動ができません…。

 

ようやく見つけた求人先についても、

詳細を調べる余裕などもなく

当日になって慌てて準備して行く始末です。

 

しかもいくつか問合せをした所があったので、

内容がゴッチャになっている状態です。

ホントは前日にはしっかり調べて

準備万端で行こうと思っていたのですが、

担当患者の急変がありそれどころではなくなってしまいました。

 

正直頭の中は混乱しています…。

あれ、今日のところは〇〇だったっけ?

 

向かいの電車の中で

スマホで情報収集をしましたが

付け焼刃である事は否めず

A先生自身も不安を持ちながらの面談です。

そして悪い予感というものは的中してしまうもので…。

 

待ち受けていたのは院長、診療科長、事務長でしたが、

院長と事務長は笑顔で迎えてくれたものの

診療科長は直属の上長になる為か、

自分の事をしっかり見極めようと厳格な対応です。

 

なぜA先生はなぜ当院を志望したのか?とか、

A先生は当院で何を実現したいのか?と問われても、

しどろもどろの回答になってしまいました…。

 

そりゃそうです。

A先生は自分でも混乱している事を認識しているのですから

下手な回答をしてしまうと他院と勘違いしている可能性もあるんです。

 

とにかく無難な回答をせざるを得ず、

本当ならもっと意欲的で、

しっかりした目的があるのですが、

A先生としては悔しい面談となってしまいました。

 

医師不足である事から、

実はこの面談を経て内定を頂いたA先生ですが、

腑に落ちない…というのが正直な感想です。

 

他に選択肢を作れず、

A先生ご自身も致し方ないか…と入職を決めたのですが、

どうもスッキリしない…。

 

自業自得だけど、

何だかもったいないし、

納得感が薄くて残念な思いをしているA先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

当日の朝になってバタバタ…。

 

忙しい日々を過ごす心臓血管外科医のH先生。

正直あまりにも忙しすぎて、

目の前に起こる事を捌いていくので精一杯。

40代も後半に差し掛かり、

このペースで50代を迎えるのはさすがに不安になってきて

転職も視野に入れねば…と思い、

少しずつ活動を始めてみました。

 

ある求人サイトに掲載されていた病院に関心を持ち、

問合せをしてみると是非ご見学にお越し下さいとの事で

この目で見てみないと何とも言えないし、

今まで転職活動なんてした事なかったから

まずは1度行ってみるか…と考えました。

 

ところが…。

とにかく忙しい毎日…。

履歴書なども作る暇はなく、

それどころか病院の事を調べる時間もありません。

 

見学に伺う日の前日も当直であり、

朝起きてゆっくりする暇もなく

履歴書を作って、慌てて出掛けざるを得ない状況です。

 

病院の最寄り駅近くのカフェで、

ざっと病院概要はチェックしたものの

付け焼刃である事は否めません。

 

見学自体は歓迎ムードで院内を非常に丁寧に案内してくれましたが、

院長や心臓血管外科部長との面談では、

自分の考えている事、目指している事など、

半分も伝える事ができずに、

また先方の事情や募集の背景などを把握できるような

気の利いた質問をする事もできずに、

せっかくの先方の歓迎ムードを活かしきれずに

消化不良であったように思えて仕方ありません。

 

数日後、先方からは内定及び条件提示の連絡を頂きましたが、

H先生としては判断材料が揃っておらず、

このまま決断して良いものか…悩んでしまっています。

 

ああ、もう少し時間があれば

慎重に検討して気持ち良く決断できるのに…と

嘆くH先生。

 

履歴書の作成、見学日の調整、

求人の詳細や裏側、募集の背景、

条件の調整などは先生ご自身が行うのは

かなりキツイと思います。

 

仮に時間があってもノウハウがなければ

判断するのは難しいですからね…。

H先生のようなハード勤務をされていれば尚更です。

 

こういうケースでは人材紹介会社を活用するのもひとつの手です。

しかしどの会社、どの担当者に依頼するのかは

慎重に選ばなければなりませんけど…。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

医療機関側の事情も思いやれると…。

医師転職破談

 

数年前から人材紹介会社を活用して、

すでに3カ所の医療機関への転職経験のあるY先生。

 

いずれの医療機関もそれなりの満足感はあったものの、

あくなき向上心と継続的なキャリアアップを図って

2~3年で転職を繰り返しています。

 

転職自体をかなりポジティブに考えており、

今回も自身のさらなる成長と待遇向上を目的として

転職活動を開始。

 

前々から関心のあったいくつかの病院にアプローチし、

Y先生は内定、条件オファーを頂いた病院を検討。

 

その中で、最も関心を持っていたある病院をピックアップ。

 

院長の経営方針も自分の考えと合うし、

設備や機器も充実していて、

何より条件面も他と比較して若干良い。

 

Y先生としてはこのまま受諾し、

お世話になっても良かったのですが

担当している紹介会社のコンサルタントに

「まあこのままでも充分だとは思ってます。

ただあとほんの少しでも待遇が上がったら即OKなんだけど、

一応君の方で交渉できないかな?」と伝えました。

 

担当は、Y先生の本音を見誤り、

ニュアンスを捉え間違え、

このままでは決まると思っていた案件が飛ぶかも…と

自分の数字の事を考えて、

病院の事務長に強硬に待遇アップを交渉しました。

 

病院としてはY先生を最大限に評価し、

現状ではできる限りの提示をしていましたので

担当からの話しに困惑、

そして院長とも相談して出した結論はこれ以上は難しい。

 

この段階で担当がY先生に報告すれば

「まあそうだよね。充分誠意の伝わる条件だし、

これでOKです。」となったのですが、

担当は「これではY先生に合わせる顔がない」という点と

自分の数字が飛ぶかも…という個人的事情もあり、

「事務長、そんなんではY先生を失いますよ。

何とかして下さい」なんて事を言ってしまいました。

 

病院側としてはY先生への未練はあるものの、

これ以上は無理との結論は変えずに、破談。

 

担当から破談になった話しを聞いたY先生は

「え!なんでそうなるの?」と不思議でしたが、

無能な担当を信じた自分の非を嘆きました…。

 

それから1年半後…。

Y先生の後輩がその病院に入職。

学会で後輩から

「いい先生だったんだけどね。

こちら側の事情も少しは考えて頂かないと

何でもかんでもOKという訳にはいかないからね。

と事務長が言っていた…。」

と聞きました。

 

ああ、あの時に色気を出さずに受諾していたら…という後悔と

ああ、担当が自分の真意を理解して、

無理のない範囲での交渉をしていたら…という

ダブルの後悔をする事になってしまったY先生でした。

 

後悔先に立たず…ですね。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

業界水準を知っておく。

医師転職年収水準

 

脳神経外科医として長年ハードな勤務をしてきたS先生。

 

40代も後半に差し掛かり、

今後の事を考えて総合診療医に転科を検討しています。

 

スペシャリストからゼネラリストへの転身という事もあり、

内心いろいろな思いがあるものの、

いつまでもハードな環境に身を置く事は

現実的にかなりキツイ…。

 

スピード感やハードさを落とさざるを得ないので、

それは致し方ないと割り切っていたつもりだったのですが…。

 

いざ転職活動を始めてみるとわりと好感触であり、

いくつか内定も頂く事ができた。

 

しかし給与は今までより10%~20%下がる事が多く、

自分はスペシャリストの道を諦めるのだから

せめて給与くらいは今まで通りを維持したい…。

 

そう考えて、病院側に交渉してみたり、

新たな病院の面接を受けてみたりしたものの

なかなか思うような条件提示はない…。

 

知人の内科医に話しを聞いてみると、

その水準は総合診療科では出ないだろうと言われ、

救急対応や緊急のオペなどがある科目とは違い

そもそもの水準が違うんだよ…と諭されました。

 

そうかと思い、様々な求人サイトでチェックしてみると

確かに脳神経外科とは水準が違う。

 

それなら致し方ないかと考え、

ある病院を選んだS先生ですが

身体にも心にもゆとりが持てて

給与ダウンを飲んでもそれ以上のメリットがある事を知り

今はゆったりぎみにご勤務をされています。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

あれ?見学はなしなの?

医師転職院内見学

 

年度末で大学医局をお辞めになるA先生。

 

2カ所の民間病院に面接に行き、

是非当院にお越し下さいと

割と好条件で内定も頂いております。

この2カ所は甲乙つけがたく、

どっちを選んでもいいかなと考えておりました。

 

ただもう1箇所だけ、

どうしても気になる病院があり、

そこがA先生にとっては最優先でした。

 

ここがダメならこの2カ所のどちらかで決めるけど、

できたらここに行きたいんだよな…というのが本音。

 

さて、本命の病院の面接。

院長、事務長が出てきて、

とても暖かく迎えてくれ、

その場で条件提示も受けました。

 

前の2カ所と同レベルでしたが、

A先生としてはこの病院に思いがあります。

 

後は院内を見学させてもらって、

設備の充実度やスタッフの働きぶりに好感が持てたら

ここで決めようかな…と考えていたのですが、

面接が終わると、

ではじっくりお考えになってご連絡下さいと

事務長に言われてしまいました。

 

え!院内は見学させて貰えませんか?と聞くと、

(はあ、見学するの?)というあからさまに

面倒くさそうな表情…。

 

その嫌そうな顔を見て、

あ、大丈夫です、結構ですとA先生は辞退したのですが、

内心では中を見せられない事情でもあるのか?

前の2カ所の病院は隈なく案内してくれたのに…と

心配になりました。

 

翌日にたまたま医師仲間の集まりがあって、

仲の良い先生にこの話しをしてみたら、

「お前あそこは止めた方がいいぞ。

いかにも良い病院です…みたいな宣伝をしているけど

内情は医師が定着せず、荒れてるらしいぞ。」

なんて話しを聞きました。

 

う~ん、さすがに院内も見学させてくれない訳だし、

仲間の話しを全部信頼する訳ではないけど、

不安はあるよな…。

そもそも第一希望ではあったけど、

他の2カ所の方が誠実で、来て欲しいと気持ちがあったな。

 

という事で、A先生は第一希望の病院は断り、

最初の2カ所の内の片方にお世話になる事に決めました。

 

結果、これが大正解。

今は非常に充実した毎日を過ごしています。

残念ながら第一希望だった病院は

かなりの経営不振に陥っているそうです。

あの時、あそこに行かなくて良かった…。

つくづくそう考えていらっしゃいます。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

二転三転して自分を見失ってしまった…。

医師転職条件交渉

 

大学医局を辞めて、初めて転職した今の総合病院。

すでに勤め始めてから7年が経ち、

そろそろ新しい環境でバリバリ働きたいなと

考えていたF先生。

 

40代半ばという脂の乗り切った先生でもあり、

求人サイトで見つけた病院に応募すると

トントン拍子で面接、内定、条件提示と

話しが進んでいった。

 

よし、これなら今の病院はすぐ辞めて、

新天地で思いっ切り働くぞ!と考えていたのですが、

最初に提示された条件が

先方都合で変わってしまい、

まあそこは重視していないからいいやと受諾したのに

その後も、やれ入職日を早めて貰えないかとか、

研究日の曜日を変えて貰えないかとか、

先に非常勤で診療をスタートできないかとか、

いろいろと話しが出てきてしまった。

 

最初は運命のようにこの病院で働く意欲が高かったのに、

段々とモチベーションが下がっていくとともに、

先方病院への信頼も薄れていく始末。

 

本当のここの病院に入職していいのかな?

今の病院に残った方がいいのかな?

そもそも何で俺は転職しようとしたのかな?

と悶々とした日々を送る事になってしまったそうです。

 

やはり条件交渉はプロに任せた方が良いですね。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

面接時には質問をしましょう。

医師面接質問

 

待ちに待った面接当日。

駅前からタクシーで病院へ向かうタクシーの中で

「他社からエントリーの先生も1名面接するそうです。

なので、なるべくご自身の経験をアピールしてください。」

と言われた。

 

病院に到着後、来客室へ通される。

そこで待っていた病院長と事務長はとても穏やか。

まずは先方から病院紹介。

 

病院紹介の途中で、

現在の医師の患者対応が長いこと、

事務処理が遅いこと、

その他問題点を話していた。

 

自分のほうが優れていると感じることが多かったので

これは自分の経験をアピールするチャンスだと感じた私は

ひとつひとつ、自分のアピールポイントを話していった。

チャンス

 

丁寧に説明しないといけないと感じたので、

早口で自分ができるすべてを話そうとした。

気が付くと20分くらい一人で話していただろうか。

 

事務長から「なにか質問はありませんか?」と聞かれたので

なにか質問しようか考えていると

伝え忘れたことがあることに気づいたので

自分の経験で伝えそびれたことを話した。

 

その後、再度「質問はありますか」とは尋ねられなかったので

面接は終了。

 

自分の経験はばっちりアピールできたはずなので

落ちることはないだろう。

あとはどんな条件提示が出るか楽しみだ。

 

数日後、面接結果は内定の連絡が来た。

条件提示はまずまず。

どうしようかなと考えていると

たくさん質問したいことが出てきた。

エージェント越しに質問するも

事務長から返事が来る内容は少し物足りない。

もう少し現場サイドの意見がほしい。

 

そうこうやり取りして考えていると

「他社経由の先生も内定もらって就任意思を示しているそうです。

先生の回答を早めにもらえますか?」

とエージェントから連絡が来てしまった。

 

面接で院長に会えたのに、なんで質問をしなかったんだろう?

そう考えても後悔。

結局もやもやした気持ちのまま、内定を受託。

就任希望の連絡をした。

 

この選択が正しかったのだろうか?

勤務しないとわからない。

就任までのこの数ヶ月、もやもやが続くだろう。

その後、自分はどうなるんだろう。

他の案件も再度探すべきか・・・・・。

この先どうなるか不安だ。

 

聞きたいことを直接聞くチャンスは面接なのだから

もっとバランスよく面接をしないといけないと思ったのだった。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

もっと考えてから選ぶべきだった…。

医師転職失敗

 

自分の力を更に発揮したい

先輩の人数が多い環境よりも

人数が少ない環境で勝負したい。

そして、給与ももっと欲しい。

漠然と転職を考えるようになった

医師10年目の夏。

 

紹介会社に登録すると、

さっそく担当者から連絡があり面談を実施。

希望の条件を伝えると

求人がいくつか送られてきた。

 

その中で希望に近いものがあったので

面接に行った。

面接相手は理事長と院長、そして事務長。

仕事のあとの面接だったので院内見学する頃には

院内は暗く、残っているスタッフも少なかった。

 

翌日の昼休みにメールをチェックすると

紹介会社から内定の連絡がきていた。

メールには

「内定おめでとうございます!条件提示も素晴らしいです。」

とのこと。

条件を見るとたしかに高待遇だ。

 

面接時の院長たちの対応も良かったので

ここに決めようと決意。

その5ヶ月後には入職をした。

 

勤務を始めると専門科目以外の仕事がずいぶん多いことに気がついた。

カンファもほとんどなく、院内で粛々と外来患者の対応に追われる。

病棟も担当しているけれど高齢者の病棟を任されたので

ほとんどやりがいも無い。

 

やりたいことと大幅に違う環境がそこにはあった。

待遇はいいけれど、この仕事だったら

さらに15年後、20年後に体力が落ちてきた頃にやってもいいなぁ。

 

そう思ってもう1回転職会社に相談しようと思った。

でも入職したばかりなので1年は仕事しないと社会的信用も失いそうだな。

でも早めに動いたほうがいいかな。

身動きがとれない状態に気づいた時に、

もう少し慎重に動けばよかったなと反省。

 

自己責任といえばそれまでだが

もう少し担当者がアドバイスくれてもよかったかな。

次は、優先順位を整理して相談しようと思ってます。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録