医療法人の経営者が激変した…。

クリニック経営者

 

勤務医は疲れた…。
しかし開業するほどの意欲もない…。

そんなS先生が選んだ職場は、
ある医療法人の分院長、つまり雇われ院長でした。

医療法人の経営者は、
すでに複数のクリニックを成功に導いており、
S先生が診療に専念できる体制を作るし、
バックアップ体制は万全ですとおっしゃいます。

しかも契約なども非常に丁寧に説明してくれて、
S先生にとって不利な点もなく、
安心して入職を決めたのでした…。

それから2年後…。

入職してからの2年間。
S先生と経営者との関係は良好でした。

しかしここ最近経営者との会話が
ギクシャクするようになり、
S先生はストレスを溜める事になってしまったそうです。

診療はS先生、それ以外は経営者と
上手く役割分担ができ、かつ機能していたのですが、
急に経営者が診療にも口出しをするようになり、
やれ検査を増やして欲しいとか、
やれ健康診断の受け入れを増やして欲しいとか…。

要は売上を急に求めるようになったのだそうです。

不信に感じたS先生は、
本部とクリニックの仲介役となっている
事務方にそれとなく聞いてみますと…。

今まで順調に伸びてきた事業だが、
出店を急ぎ過ぎた事もあり、
段々と収益が悪化してきた…とか、
肝入りの新規事業に資金を投入した事が
裏目に出始めた…とか、
どうやらS先生のクリニックには関係のない所で
経営が苦しくなっているようなんですね。

S先生も今まで現場に対して敬意を持って、
尊重してくれた経営者には感謝の思いはあります。

しかし今後診療に関して
あれこれ口出しされるとなると
それはちょっと困った事になるな…と
心配はしていたのだそうです。

が、しかし…。
不安は的中…。

経営者自らや、幹部が、
毎日のようにクリニックにやってきて、
来なくても電話やメールで、
ああして欲しい、こうして欲しいと
医療者として問題があるような事まで
求めてくるようになってきたのだそうです。

S先生は正論を主張したのですが、
経営者からは法人が潰れてしまってもいいんですか?
運営費用を出さなくなってもいいんですか?など
なかば脅しのような言葉を投げ掛けるようになったそうです。

スタッフもおかしな雰囲気を感じたのか、
1人辞め、もう1人辞めて…と
退職する者が出ても補充は来ず、
現場は疲弊するばかり…。

挙句の果てには、
〇月〇日までに▢▢円の売上を上げよ…と
営業のような通達が出たのだそうです。

これでは続けられない…。
そう感じたS先生は辞意を伝え、
すったもんだの上で退職する事になったそうです。

患者さんやスタッフの今後は心配だけれども、
この経営者とはもうやってられない…。

今まで良きパートナーとして
タッグを組んできたのに…。
あのままいてくれたら長く続けられたのに…。

立派な人だと思っていたけど、
やはり変わってしまうものなんだなあ…。

残念な思いを持ちつつも、
次の職場探しは慎重になるS先生でした。

 

<過去コラムもご覧下さい!>

医師としての終盤戦をどう生きるか?

非公開求人に騙された!

大学病院勤務。転職が決まってから教授に伝えたら…。

 

 

焦り過ぎて軋轢を生んでしまった…。

 

呼吸器内科のN先生。

前のお勤め先では待遇面の不満も大きく、

それよりも何よりも院内の人間関係が良くなく、

自分自身も上層部からないがしろにされている事を感じており、

このままでは毎日が辛い…と考えて、

思い切って転職活動をスタートしました。

 

縁あって入職する事になった某総合病院ですが、

見学時から理事長、院長、事務長たちの歓迎モードや

出された条件にも大満足で、

気持ち良く入職する事ができたのですが…。

 

N先生の希望はほぼ叶えられる事となり、

それどころか赴任手当、当直回数、学会参加などの諸条件は

N先生の思う以上の内容であり、

しかも年俸も1,3倍もアップする事となり、

N先生としては高評価を嬉しく思うとともに

これは入職したら上層部に後悔させないように

活躍しなきゃイカンぞ…と多少プレッシャーも感じていたのです。

 

入職日当日…。

事務長からオリエンテーションを受けて

同僚となる先生方、看護部、リハビリ、技師さんなど

あちこちに顔を出したのですが、

N先生は前の職場のようになってたまるか…という気持ちがあり

かなりピリピリした表情だったそうです。

 

特に自分と関わりの深い方々には、

ちょっと高圧的な態度を取られてしまったそうなんですね。

 

そもそもN先生は人当たりの柔らかい方なのですが、

せっかく高い評価をくれた病院に対して恩返ししようという思いも強く、

肩肘を張りすぎていたのかもしれません。

 

周囲との人間関係を築く前に、

N先生ってちょっと怖いね…

何だかN先生っていつも怒ってるよね…

そんな評判が立ってしまったのです。

 

どうやら看護部長から院長に対してクレームが付いたようで

「N先生、そんなに焦らなくていいから。

まずは周囲とコミュニケーションを取って良い関係性を作って下さいよ。

能力や経験に関しては全く心配していないので、

焦らずに、少しずつ当院の風土に馴染んで下さいね」と言われました。

 

ご自身ではただ必死だっただけなのですが、

周囲と軋轢を生んでいるとは思いませんでした…。

猛省して、人間関係構築からやり直しているそうです。

 

最初が肝心…とは言うものの、

気合いが空回りしてしまうのは宜しくありませんね。

朱に交われば赤くなる…。

まずは院内の色に染まって、

その後に自分なりの赤さを発揮するのがいいんでしょうね~。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

あまりにも簡易な履歴書…。

 

消化器内科医のH先生。

経営難から病院の経営陣が変わり、

それ以降は仕事が非常にやりにくくなっているそうです。

 

そもそも大学医局から派遣されて今の病院に来て、

前の経営陣とは相性が良く、

居心地が良かった為にそのまま移籍したこの病院。

 

まさか経営陣が一掃されるなんて想像もしておらず、

しかも新経営陣とここまでそりが合わないとは思いもせず、

なぜか追い詰められてしまっています。

 

こんな状態には耐えられないと

慌てて転職活動を始めたH先生。

 

WEB上で見つけた近くの病院に問合せをしてみると

是非ご見学にいらして下さいと好感触。

 

履歴書と医師免許証を持ってきて下さいと言われたので、

初めて履歴書を作ってみました。

 

とは言えH先生は大学医局から今の病院に移っただけで、

特に記載する事もなく、

それこそ氏名、住所、電話などの個人情報と

学歴、職歴をざっと記載したのですが、

A4用紙1枚で余白がかなりある状態です。

 

あちこち転々としているよりはいいだろうと考え、

そのまま当日持参をしたのですが、

面談時に院長に手渡すと

明らかに怪訝な表情をされてしまいました。

 

同席していた事務長と顔を合わせて

苦笑しているのが伝わってきます。

 

う~ん、やはりあまりにも簡単すぎたか…。

もう少し臨床経験など詳しく書けば良かった…と後悔しつつも

院長からいろいろと質問され、

汚名返上とばかり明確に、かつ詳細まできっちりと説明しました。

 

無事にこちらの病院に入職する事が決まり、

それなりに満足した日々を過ごしているH先生。

 

歓迎会を開いてくれた時に院長から、

「H先生の履歴書はすごいんだぞ。

5秒で読み終えてしまうんだ」と笑い話にされてしまいました。

 

苦笑いするしかなかったH先生ですが、

偶然にも理解のある院長の病院で良かったですが、

場合によっては不採用になってしまったかもしれません。

 

WEB上で検索を掛ければ

履歴書の記載方法など数多く出てきますので

参考にしてしっかりした応募書類を準備したいものですね。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

 

この条件は相場通りなのか?

 

40代前半のM先生。

長く大学医局に在籍していましたが、

思う所があり初めての転職活動を開始しました。

 

もともと実家から離れた大学に通っており

そのまま大学医局に入局していたのですが、

両親もだいぶ年を取ってきたので

そろそろ近くに戻ろうという事で

首都圏の病院を探そうとされていました。

 

ところが今まで医局を出る事なんて考えた事もなかったM先生。

転職といったって何から始めて良いかわかりません。

まして十数年以上出身地を離れていた事もあり、

近隣の病院事情もよくわかりません。

 

ちょうど当直をしていた時に読んでいた医療系の雑誌に

実家近くの病院が求人を出しており、

取り合えず応募してみるか…と

軽い気持ちで連絡をしてみました。

 

地元の中規模病院といったところですが、

是非1度ご見学にお越し下さいとの事で伺ってみると、

理事長、院長、診療部長、事務長などが

とても丁寧な対応をしてくれて好感を持ちました。

 

ここで決めてもいいかな…という思いもありましたが、

さすがに1箇所だけで決めるのも…という考えもあり、

どうしようかと悩んでいたのですが、

事務長から頂いた条件は今の年収よりも200万円ほどアップします。

 

もしかして俺って価値ある?とか、

そこまで俺の事を欲してくれてるの?などと

素直に嬉しく思う気持ちが半分と、

交渉すればもっと年収が上がったりするのか?という気持ちもあります。

 

決めるにしてもせめてもう1箇所だけ見学してみようと考え、

もう少し実家に近い病院の求人を見つけましたので

こちらにも応募してみました。

 

見学に行き、条件提示を受けると

何とこちらは今の年収と同等であり、

しかも当直回数はこちらの方が多く、

なおかつ自分の専門領域以外の診療も求められるようです。

 

う~ん、年収を考えると逆なら腑に落ちるのですが、

楽な方が高いなんて…。

何か裏があるのかな?と考え込んでしまいます。

 

結果的には前者の病院にお世話になる事に決め、

実際に入職しても働きやすい環境で満足できたのですが、

いったい医者の年収相場って何なんだろう…。

自分の価値って正確にはどれくらいの年収なんだろう…と

悶々とした日々を過ごしたのも事実。

 

地元に戻ってみると、

後者の病院は評判が悪く

医師の定着率も非常に悪いという事を知りました。

 

変に勘ぐって後者の病院に入職していたら

大変な事になったな…。

 

自分だけで情報収集するには限界があるし、

次はプロの人に頼ろう…と思うM先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

相手の事務長が交渉上手だった…。

 

もうすぐ50歳になるT先生。

30代半ばに大学医局を飛び出してから

実に様々な経験をしてきました。

 

最初はおっかなびっくりに民間病院で勤務をスタートしたのですが、

それからは2年~3年後ごとに職場を移っており、

大病院、中小病院、専門病院、総合クリニック、街の小さなクリニック、

雇われ院長の経験もあり、

実は起業もしており細々と会社経営もしています。

 

そんなT先生だから、

業者との折衝で合ったり、

スタッフとのコミュニケーションであったり、

とても円滑に行っていますので、

人と交渉するという事に自信を持っていました。

 

50歳を目前に控えてT先生にはやりたい事があり、

たまたまその夢が実現できそうな病院の求人を発見しました。

 

問合せをしてみると、

先方の事務長は是非1度ご見学にいらして下さいとの事。

 

ご自分に自信のあるT先生は、

よっし、院長にも気に入られて、

高条件で入職するか!と気合いを入れて臨んだのです。

 

実際に、院長からは当院はT先生のような方をお待ちしていました。

是非お越し下さいとおっしゃってくれたのですが、

それでは詳細については事務長と詰めて下さい…と席を立ちました。

 

ところがこの事務長…。

元銀行マン、医療系商社、調剤薬局グループと渡り歩いてきた

百戦錬磨の方でなかなか手強い。

 

T先生は、ご自身の望む条件を率直に伝えて、

これが叶うならば入職するつもりだ、

院長も気に入ってくれたようだし、

条件面で同意できれば

お互いにとって良い話しになりますねと申し上げるものの

事務長はノラリクラリ…。

 

T先生の条件を飲んでもいいんだけど、

それには…といくつか病院都合の交換条件を出してきたり、

T先生は素晴らしいドクターだと言いながら、

でもご経歴から察するに〇〇についてはご経験が不足しているとか…。

 

その日は妥結できずに、

別途話し合いをする事になりました。

 

後日、事務長との話し合いに挑むT先生。

仕事内容には大きな魅力を感じていますが、

事務長との交渉は正直言って面倒くさい…。

 

実際に話し合いがスタートしても

相も変わらずノラリクラリ…。

 

もういいや…。

この仕事を経験できるだけでも儲けものだし

細かい条件は妥協しよう…。

結局、T先生は事務長が出してきた条件を

渋々ながら飲んだのでした…。

 

入職後3カ月…。

同僚医師とも仲良くなり、

腹を割った話しもするようになりました。

 

するとみなあの事務長はさ…と

事務長の交渉上手に負けたようで…。

面倒くさくなってつい飲んじゃうんだよなあ。

ある医療機器メーカーも、医薬品卸も、

あの事務長にはお手上げって言ってたぞ。

 

敗北感を感じながらも、

仕事内容としては満足しているT先生は

苦笑いをしつつ頑張っています。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

 

契約は大事だからと細かい事を気にし過ぎて…。

医師転職失敗

 

転職時の契約。

今まで気にした事もなかったけど、

民間病院に移るのだから

しっかり確認しないと…と不安に思うF先生。

 

きちんとしておかないと

後々不利になるぞと同僚医師から言われて

悪質なケースを聞かされて

少し心配になり過ぎてしまって…。

 

確かに契約書面を締結しないとか、

内容があまりにも簡素で

法的に求められている事項も記載されていないとか、

そういう場合は問題がありますし、

そこには何らかの隠された意図があったりもします。

 

しかし、採用時にすべてを書面に落とし込むのは

これはこれでなかなか難しく、

逆に口約束にしておかないと後々問題になるものもあります。

 

F先生は事前に内定通知書を頂き、

その後、雇用契約書を出してもらいました。

 

概ね内容は納得できて、

特に不備は感じなかったのですが、

念には念を押して…と1つ1つの項目をチェックし、

疑問点を先方の事務長に訪ねていったのですが…。

 

最初は先方事務長も誠実に答えてくれたのですが、

あまりにも何度も何度も、細かい点を質問されるので、

どうも嫌気が指してしまったようです。

 

それでも心配なF先生から契約書面を見せてもらったのですが、

これはもう法的には何ら問題がなく

どこに出しても恥ずかしくないしっかりした契約書でした。

 

第三者のプロにお墨付きをもらって

ようやく安心したF先生。

 

入職して数日後、事務長に、

「F先生、うちはそんなひどい事は絶対しませんから。

顧問の社会保険労務士にも確認をしてもらってますし、

何より先生方に安心して勤務してもらわないと

病院自体の経営なんて成り立たないですからね。

私も長年医師の採用に携わってきましたけど、

こんなに細かい点を追及されたのは初めてです…。」と

苦笑いしながら言われました。

 

確かに契約を書面にして確認をする事は大事です。

ですがあまりにも細かい点を気にし過ぎるのは

かえって心証を悪くしますし、

ご不安があれば弁護士や社会保険労務士、

採用に詳しい人間にチェックをしてもらえばいいと思います。

 

必要以上に心配になって、

不安になり過ぎて、神経質に質問をし過ぎるのは、

入職した後にも影響がありますから、

法的に問題ないか?

自分が不利になる漏れなどはないか?

確認すべき事項だけしっかり確認しましょう。

時には専門家の力も借りてしまいましょう。

 

どこかで聞いた中途半端な知識で

ご自身で交渉するよりも

余程安心できますからね。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

知人の会社だから安心していたのに…。

 

8年目のG先生。

現在お勤めの医療機関は

ある紹介会社から紹介をしてもらったのですが、

残念ながら諸々問題が出てきており、

次の転職を考えていらっしゃいます。

 

事前に聞いていた話しとの乖離が大きく、

仕事内容も、条件も、あまりにも食い違いがあって

一刻も早く辞めたいそうです。

 

それを紹介者に伝えても、

何とかもう少し頑張って…と、なだめるそうですが

紹介料金の返金規定を超えるまではという

悪質な打算が目当てであり、

紹介責任については全く触れません。

 

残念ながら非常に低レベルの会社のようです。

 

G先生は同じ目に合いたくないと考え、

時々イベントでお会いする事があった

知り合いが紹介会社の経営者であったので

その方に依頼をしたそうです。

 

ところが…。

社長自らG先生の担当者になってくれたのはいいものの

ん?この人医療の事わかってるの?とか、

一緒に面接に行ってもただ隣に座っているだけで

何の役にも立たなかったりとか、

挙句の果てにはとにかく1度入職しましょうなどと

無理に押し込もうとまでする…。

 

断っても平気で勧めてくるし、

日本語がわかってないんじゃないか?とまで思うような

酷い対応が続いたそうです。

 

何だよ、紹介会社なんてどこもこんなもんかよ…と

怒り心頭のG先生でしたが、

出入りのディーラーと話しをしていた時に、

転職ならまともな業者を知ってますよと言うので

紹介してもらいました。

 

話しをしてみて、最初の5分で今までと違う。

ここまで親身になってくれて、

経営理念や営業方針も実に真っ当です。

3度めの正直か…なんて考えながらお願いをしてみました所、

話しはトントン拍子に進み、

今ではこの会社に紹介してもらった医療機関で

毎日充実した日々を過ごしています。

 

単に求人を紹介するだけでなく

メンタル面もフォローしてくれて、

今回の職場だけでなく、

5年後、10年後についても一緒に考えてくれる。

 

紹介してくれたディーラーに心から感謝している

G先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

大幅年収アップを実現した後の大きな後悔!?

医師年収アップ

 

ハードな勤務の割に金銭的な報いがないと

かねがね不満を持っていたH先生。

 

同期や友人ドクターに聞いてみても

自分よりも多少貰っているようだし、

何よりハードさが違う…。

 

自分も40代に突入したし、

適正な給与水準とそれに相応しい勤務スタイルを

そろそろ望みたいところだ。

 

そう考えて転職したのが2年前…。

大いに後悔しているんだそうです。

 

確かに給与は大幅に上がりました。

前の職場よりも300~400万円も上がったそうです。

 

中小病院の域を出ないのですが、

そこまでして俺を欲しているのか?と感激して

入職したまでは良かったのですが…。

 

常勤医師の在籍数が少なく、

しかも60代、70代のベテラン医師が多い。

よって救急対応やオンコール、当直など

負担の大きな業務はほぼH先生が請け負うそうです。

 

非常勤の先生が来てくれる時は良いのですが、

学会などで休んだり、急遽の予定で来れない時は

事務方は詫びるものの結局H先生が担当するしかない…。

12連勤とか、3日連続当直とか、月に8~10回の当直とか、

かなりハードに働かざるを得ません。

 

おまけにベテラン先生たちのモチベーションは低く、

それは患者の為にどうなんだ?という事も全然平気…。

おかげで看護師たちもH先生に頼り切り…。

仕事は増える一方だし、責任も増す一方です。

 

いくら収入アップを望んでいたとはいえ、

こんな環境である事は想像もできませんでした。

 

そもそも自分は100万でも、

150万でも上がればいいなと考えていたのに、

つい300万円以上のアップを提示されて

思わず浮かれてしまった…。

 

その結果がプライベートの犠牲と

心身ともに疲弊する毎日…。

 

もっと現実的な部分を調べてから決断すべきだったし、

お金に流され過ぎてしまうのはいけないんだなあ…。

後悔先に立たずなH先生ですが、

今の病院から自分が抜けたらどうなってしまうんだろう?と

不安もあって簡単に辞める事もできないそうです。

 

待遇、条件はトータルで考えないと

痛い目に合ってしまうね~と嘆いているH先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

サポートの範囲がこんなに違うなんて…。

医師 紹介会社 コンサルタント

 

消化器内科医のH先生。

今お勤めの病院はある紹介会社のコンサルタントより

紹介を受けて入職しました。

 

細かい点を言えばいろいろあるのですが、

まあまあ、それなりに満足はしています。

ただ解せないのはそのコンサルタントとの関係です。

 

やり取りをしていた際には、

私は先生が入職した後も徹底フォローします、

私たちの関係は入職して終わりではありませんと

明言していたのに

入職した後は1度も顔を合わせておりません。

 

それどころか連絡をしても

折り返しの電話はないし、

メールの返信も来ない。

 

あの言葉は何だったんだ…と

ご立腹しています。

 

それから4年…。

そろそろさらなるキャリアアップを求めて

次の職場を考え始めたのですが、

当然以前の会社、そのコンサルタントは

最初から依頼するつもりはありません。

 

大学院時代の同僚医師に紹介してもらった

あるコンサルタントとお会いしてみると…。

 

以前とは段違い…。

話しをしただけでその差をまざまざと感じました。

 

単に希望条件だけを聞くのではなく、

これからの未来をどう作り上げていくのか、

自分でも気づいていなかった長所やアピールポイントも

上手く引き出してくれて、可能性を広げてくれる。

 

後日、案内してくれた求人もまさにピッタリ。

まあまあ満足どころか、ワクワクするようなレベル。

 

面接に行った際にも、

病院側との関係が良いのが一目瞭然だし、

上手く自分を売り込んでくれるし、

病院側にも自分の望む業務内容を提案してくれる。

 

案の定、非常に良い話し合いになり、

条件も想定よりも良いオファーを頂いた。

もちろん即決で入職する事を決めたH先生でした。

 

しかも数か月ごとにメールで近況を伺ってくれ、

近くに来た際には顔を出してもくれる。

 

奥様も医師であるH先生は、

うちの妻も次の職場を考えているので

お手伝いして欲しいと依頼しました。

 

それだけ自分の右腕のような存在として

至れり尽くせりの対応に大満足であったのです。

 

同じ人材紹介会社でも、

同じコンサルタントでもこんなに違うんだ…。

もっと早くこの人と出会えれば良かったな。

いや出会えただけでも良しとするか…。

 

人の縁に感謝し、

紹介してくれた同僚ドクターにご馳走をした

H先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

すべてを一旦ゼロリセットしないと…。

 

ちょうど昨年の4月に入職したD先生。

院長はじめ上層部からも期待をされていて

D先生ご自身もやる気に満ち溢れています。

 

入職初日から同僚医師や看護師達に対して

疑問をぶつけ、より良い方法を提案し、

病院を良くしたい強い思いで働き始めました。

 

ところが周囲にそれは良く思われず、

D先生は自分の好き勝手に変えようとするとか、

うちのやり方を全く守ってくれないとか、

院内で悪評が立ってしまったのです。

 

これは医師に限った話しではありませんが、

新しい職場に赴任した際には

気を付けて頂きたい事のひとつです。

 

特に経験が豊富であったり、

多くの実績を持っている先生の場合は

意識しておいた方が良いかもしれません。

 

もちろん新たな職場の受け入れ方にもよるのですが、

(全部お任せで改革を求められるなどの場合は除外)

基本的にどこの職場でも独自のルールや

仕事の進め方がありますよね。

 

優秀な方ほど非効率や不便さに目が付くものですが、

いきなり変えようとするのは得策ではありません。

 

朱に交われば朱くなる…。

 

まずはそれぞれの職場の文化や伝統を知り、

周囲との関係性を構築しながら提案をして

自分なりの朱色を少しずつ出していくのが賢明ですね。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録