非公開求人に騙された!

 

最近、WEB上を賑わせている非公開求人…。

〇〇〇求人なんて表現をしている紹介会社もあるけど、
そんな希少な求人があるなら…と興味を示していたX先生。

今の職場にそれほど不満があった訳ではないのですが、
より良い条件を求めて、
大手の紹介会社に問合せをしてみました。

担当者とお会いしてみると、
いかにも価値ある求人のように切り出した案件がありました。

これはX先生だからお伝えするのですが…。

この求人はX先生のような方にしかご案内しません。

他の紹介会社からは絶対に案内されない貴重な求人なんです。

初対面なのにそこまで熱く案内するなら
余程いい求人なのだろうと考えたX先生は、
そこまで言うなら1度見学に行ってみようかな…と。

実際に行ってみると、
どうも担当者と先方の事務長がツーカーの仲らしく、
X先生に聞こえないように内緒話をしていたそうです。

しかも院長、事務長からも驚くほどの高条件が提示されたのは良いのですが、
どうも担当者と目配せしながらの怪しい雰囲気…。

これは安易に乗ったら危ない話しだぞ…と
X先生はピンと来たそうです。

もちろん内定が出たのですが、
X先生はお断りしました。

すると担当者は激怒。
院長や事務長の顔を潰すんですか!
行く気がないならなんで見学なんか行くんですか!
私たちの時間を返して下さいよ!

はあ~?
お前にそんな事を言われる筋合いないよ…と思いつつも、
やっぱりお前らグルだったんだろ…と確信。
だいたい上手い話しには裏があるんですよね~。

ちなみにこの病院の話しをドクター仲間や
知人の転職コンサルタントにしてみたら、
あの病院の手だよな。俺もその話しをもらったよ…とか、
あ~、あそこの病院とあの会社はつるんでるからね~とか、
あそこは経営状態が悪化していて背に腹は代えられないから何でもやるだろ…。

まあロクな話しが出てこない…。
そもそも非公開求人って
非公開にする明確な理由がない限りは
だいたいが紹介会社の都合だと考えた方が良いですね。

健全な医療機関は非公開にして医師を募集する理由があまりないんです。
堂々とオープンにして募集しますよ。

途中でおかしいと気づいて良かったよ…と
胸をなでおろすX先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

エージェントの作った応募書類があまりにも杜撰で…。

 

今までご自身で転職活動などした事のなかったC先生。

大学医局からの派遣や先輩医師からのお声掛けで
病院を移籍してきた為に
転職の仕方などよくわかっていらっしゃいません。

訳あって今お勤めの病院から転職をしたいと考え始めて、
WEB上でよく見掛ける大手の紹介会社に登録してみました。

担当者とお会いして、
ご自身の経歴や希望など聞かれた事を答えました。

すると何件かの求人を案内されて、
この中で選ぶなら…という感じで
ここの病院がいいですかね?と言うと
数日後に早速見学に行く事になりました。

何しろ一般的な転職活動などした事もありませんでしたので、
紹介会社の担当者の言う事を信じて、
その通りに進めたのですが、
いざその病院に行ってみますと…。

院長と事務長が対応してくれて
立派な院長室に通されました。

紹介会社の担当者も付いてきてくれたのは良いのですが、
その方の提出したプロフィールシートが
恥ずかしいくらいに空白だらけで…。

自分に聞くなり、作らせてくれれば、
もっとしっかりしたものができたはずなのに、
1回の面談の中だけの話しで作ったので
概略しか書かれていない訳です。

院長と事務長も目を合わせて、
こりゃひどいね…みたいな反応です。

ただその後口頭でいろいろ質問をされましたが、
それに関してはきっちりと答えました。
そして結果的には内定も出ました。

ですが、C先生は何となく引け目を感じて
こちらはお断りをする事にしました。

条件も決して悪くなかったですし、
決めてもいいかな…という気持ちも多少ありましたが、
何だか弱みを掴まれているように感じてしまったんだそうです。

罪深きは紹介会社の担当者ですね…。
最初の段階でしっかりした書類を作成していれば
こんな事にならなかったかもしれません。

C先生も、
もうあの会社は付き合いたくない。
あちこちで宣伝しているから
いい会社だと思ったのに…とおっしゃっています。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

まだまだもっともっと…と求めすぎた結果…。

 

大学医局から民間病院に転身しようと

初めての転職活動をするA先生。

 

なにぶん初めての事ですから勝手が良くわかりません。

 

しかし求人サイトや求人誌で見つけた医療機関に

自ら電話を掛けて問合せすると、

どこも歓迎モードで迎え入れてくれ

見学⇒面接⇒内定・条件提示と順調に進みました。

 

お!?医局では重宝されなかった自分だけど、

意外と引く手あまたなのか?なんて思ってたA先生。

 

4か所に問合せして何と4か所とも内定を頂き、

多少の高低はあるものの

いずれもそれなりの条件を出してきたのです。

 

ただ正直この4か所…。

帯に短したすきに長しでありまして

決定打がないのも事実。

 

どうしようかな…と悩むA先生。

 

しばらくするとその内の1つの病院の事務長より連絡が入り、

「その後、いかがでしょうか?

当院としては是非ともA先生にお越し頂きたいんです」と言います。

 

実際に悩んでいるA先生としては、

正直にまだ悩んでいるんです。

他の候補もありますし…と申し上げると、

「実は院長とも話したのですが、

当院の誠意の証としてご提示した年俸ですが、

プラス100万円しようと決めました。

A先生にお越し頂きたい気持ちの表れとお考え下さい」

とおっしゃるのです。

 

おお、この病院はただでさえ年俸は良かったのに

プラス100万円なんて太っ腹だなあ。

そんなに自分に来て欲しいのか…。

 

内心ホクホクしながらも、

もう少し検討させて欲しいと電話を切りました。

 

しばらくしてから

他の病院からも連絡が入り、是非とも当院へ…とおっしゃいます。

いや~、実は他の候補の病院が年俸を100万円上げると言うので

自分もかなり悩んでいるんですよ…と言うと

その場では明言しなかったものの

後日、当院は150万円の年俸アップをします…と言うではありませんか!?

 

ま・マジ…?

そんなに俺に来て欲しいわけ??

 

こんな状況を繰り返し、

年俸は当初の提示額から200万円上がりました。

と・ところが…。

 

これならまだ行けると欲を掻いてしまったA先生。

 

最初に100万円UPを申し出てきた病院の事務長から連絡があり、

A先生としてはまだ上がるだろうと思っていたのですが、

実は他は200万円も上げてきてるんですと述べると、

「当院はそこまでは無理です。

誠に残念ですが前回の提示額が当院のできる限界値です…」と言い、

今回はご縁がなくて残念です…と下りてしまったのです。

 

あら?お宅はそこまでなのね、

まあそれなら他で決めようかなと考えていたのですが、

150万円UPの病院もこれ以上は無理と言い、

200万円UPの病院も何だか態度が冷淡になってきました。

 

う~ん、何だか雲行きが怪しくなってしまった…。

ちょっと欲深すぎたか…。

 

結局、A先生は当初から年俸アップは無理と言っていた病院に

お世話になる事になりました…。

 

医者の年俸の相場ってのも良くわからないし、

上手く交渉もできなかったなあ。

やっぱりネゴシエーションはプロに任せた方がいいんだな…。

 

逃がした魚は大きい…。

そんな心境のA先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

相手の事務長が交渉上手だった…。

 

もうすぐ50歳になるT先生。

30代半ばに大学医局を飛び出してから

実に様々な経験をしてきました。

 

最初はおっかなびっくりに民間病院で勤務をスタートしたのですが、

それからは2年~3年後ごとに職場を移っており、

大病院、中小病院、専門病院、総合クリニック、街の小さなクリニック、

雇われ院長の経験もあり、

実は起業もしており細々と会社経営もしています。

 

そんなT先生だから、

業者との折衝で合ったり、

スタッフとのコミュニケーションであったり、

とても円滑に行っていますので、

人と交渉するという事に自信を持っていました。

 

50歳を目前に控えてT先生にはやりたい事があり、

たまたまその夢が実現できそうな病院の求人を発見しました。

 

問合せをしてみると、

先方の事務長は是非1度ご見学にいらして下さいとの事。

 

ご自分に自信のあるT先生は、

よっし、院長にも気に入られて、

高条件で入職するか!と気合いを入れて臨んだのです。

 

実際に、院長からは当院はT先生のような方をお待ちしていました。

是非お越し下さいとおっしゃってくれたのですが、

それでは詳細については事務長と詰めて下さい…と席を立ちました。

 

ところがこの事務長…。

元銀行マン、医療系商社、調剤薬局グループと渡り歩いてきた

百戦錬磨の方でなかなか手強い。

 

T先生は、ご自身の望む条件を率直に伝えて、

これが叶うならば入職するつもりだ、

院長も気に入ってくれたようだし、

条件面で同意できれば

お互いにとって良い話しになりますねと申し上げるものの

事務長はノラリクラリ…。

 

T先生の条件を飲んでもいいんだけど、

それには…といくつか病院都合の交換条件を出してきたり、

T先生は素晴らしいドクターだと言いながら、

でもご経歴から察するに〇〇についてはご経験が不足しているとか…。

 

その日は妥結できずに、

別途話し合いをする事になりました。

 

後日、事務長との話し合いに挑むT先生。

仕事内容には大きな魅力を感じていますが、

事務長との交渉は正直言って面倒くさい…。

 

実際に話し合いがスタートしても

相も変わらずノラリクラリ…。

 

もういいや…。

この仕事を経験できるだけでも儲けものだし

細かい条件は妥協しよう…。

結局、T先生は事務長が出してきた条件を

渋々ながら飲んだのでした…。

 

入職後3カ月…。

同僚医師とも仲良くなり、

腹を割った話しもするようになりました。

 

するとみなあの事務長はさ…と

事務長の交渉上手に負けたようで…。

面倒くさくなってつい飲んじゃうんだよなあ。

ある医療機器メーカーも、医薬品卸も、

あの事務長にはお手上げって言ってたぞ。

 

敗北感を感じながらも、

仕事内容としては満足しているT先生は

苦笑いをしつつ頑張っています。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

 

事務長との連絡を丁寧に取っておこう!

医師転職タイミング

 

大学医局を辞めてから

民間病院に転身し、

2度めの転職となるI先生。

 

前回は以前医局に在籍していた先輩に声を掛けて貰って

転職をしたので先輩に任せ切りでした。

よって言われた通りにしただけで

転職をする際にどんな手続きがあるのかは

全くわかりません。

 

今回の転職はご自身で応募してなので

何から何まで自分でやらねばなりません。

 

面接に行った際に、

その辺りの不安を伝えると

事務長が私がフォローしますので

お任せ下さいと言ってくれています。

 

I先生としては安心ができたのですが、

その後は仕事が忙しく

すっかり頭の片隅に追いやられてしまいました。

 

しばらくしてから事務長よりI先生の携帯電話に連絡があり、

「I先生、何度かメールをしているのですが、

メールチェックされてますか?」との事。

 

しばらくメールを確認していなかったI先生は

慌ててメールチェックしてみると

事務長から7通のメールが来ていました。

 

何をどうすれば良いのか、

とてもわかりやすく、まとめて書かれてあり、

大変恐縮するI先生でした。

 

早速、手続きの準備を行い、

事務長の方でも迅速に対応をしてくれましたので

特に問題なく、スムーズに進みました。

 

またこれをきっかけにして事務長とは仲良くなり、

その他、不安な事などは

何でも話し合える関係になる事ができました。

 

お陰で入職日には何の不安もなく、

スムーズなスタートを切れました。

 

事務方は上手く使えば自分も楽になりますし、

反対に使われるのではやっかいな存在になってしまいます。

 

特に転職のタイミングでは

事務長と人間関係を作る事で

計り知れないメリットがありますから

こまめに連絡を取っておくと良いですね。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

いつ、誰に、どのように申し出るべきか?

医師退職の申し出

 

あまり世話になった感もないし、

特別に感慨深い訳ではないけど、

いざ他の病院に行く事が決まって

退職を申し出るとなると

意外と切り出しにくいもんだなあと呟くW先生。

 

もう5年もいたから

そんな気にもなるかな…と思っているのですが、

実はW先生は以前の職場からこちらの病院に来る際に

大失敗をしています。

 

退職の申し出をいきなり院長先生にしてしまい、

院長からは非常識だと罵られ、

上司の先生からは大目玉を食らい、

辞めるのにすったもんだしてしまった事があるのです。

 

しかも再来月で辞めますと日数的にも余裕がなく、

病院にいろいろ迷惑を掛けながら

何とか退職させてもらったという経緯がありました。

同じ轍は踏まないと考えているW先生。

 

今回はまず事務長に切り出し様子を伺いました。

すると院長には私の方から伝えるので、

上司の診療部長にはW先生から伝えて欲しいとの事。

 

今回は日数的にも約半年くらいの余裕を見ていますので、

それだけあれば調整は可能ですと事務長もおっしゃいます。

 

診療部長には、この病院云々ではなく、

医師としての成長を目的としている事、

院長はじめ、部長、スタッフには

心から感謝している事などを伝えると、

初めは怪訝な顔をしていた部長先生も、

そういう事なら致し方ないと理解をしてくれました。

 

きっとそれぞれの医療機関で独自のルールがあるのでしょうが、

いきなり院長に切り出すとか、

他の医師や看護師が先に知ってしまうとか、

そういう展開はあまり良い結果に繋がらないと思います。

 

W先生のように、事務長、そして直属の上司という順で

申し出をするのが無難ですね。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

先輩の紹介だから…。

先輩ドクターからの紹介

 

自治体系の病院に勤めて10年が過ぎたK先生。

 

医師不足によってハードワークを余儀なくされ

このままでいいのか?と悩んでいた時、

大学の先輩と久しぶりにお会いしました。

 

元々頼りにしていた先輩で

かなりお世話になっていた事もあり、

ご自身の境遇を率直にお伝えしたところ

 

「今の病院だと改善は見込めないのではないか?

良かったらうちの病院を見てみないか?

院長には自分の方から話しを通してあげる」

 

と有難いお言葉を頂戴し、

信頼している先輩だからこそ

K先生もその気になりました。

 

病院に見学に行くと、

院長と一緒に先輩ドクターと事務長が

暖かく出迎えてくれ、

少なくとも今よりは業務も軽減されるし、

待遇も多少だけど良くなるし、

何より旧知の中の先輩が在籍している事が

安心材料となり、

こちらにお世話になる事を決めました。

 

勤務を開始して半年。

実際に働き始めてみて概ね満足はしています。

 

業務量自体は適切な範囲だし、

先輩もいろいろ目を掛けてくれて面倒見てくれるし、

院長や他の先生方との関係性も良好です。

 

問題は1点だけ…。

給与が以前と変わらない事です。

事前の話しでは多少なりとも上がるはずでしたが、

事務長より「最初の1年間は我慢して下さい」と…。

 

話しが違うではないかと抗議すると、

先輩の先生の名前を出し、

○○先生に恥をかかすおつもりですか?と…。

 

それとこれとは別だと思いながらも、

とても親身になってくれて、

感謝と尊敬をしている先輩だからこそ

迷惑を掛けるような事はしたくなく

忸怩たる思いで引き下がったのでした。

 

先輩の紹介だから安心という部分は確実にありますが、

先輩の紹介だからのやりにくさもあり得ます。

この辺りは天秤にかけて判断しないと、

後々にも悪影響を及ぼしたりもしますね。

気を付けて頂きたいポイントです。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

演説のようになってしまった…。

医師転職面接

 

ビジョンをしっかりお持ちのY先生。

ご自身のキャリアプランをしっかり考えて、

ピッタリの病院を見つけました。

 

希望に相当に近いので、

Y先生も気合いが入っています。

 

面接当日、院長、診療部長、事務長の3名と

お会いしたY先生は、

ビシッとスーツを着て、

質問にも明確に応えており、

お三方の表情も実にいい感じです。

 

段々と乗ってきたY先生は、

好条件を獲得する為にも

いかに自分が優秀な医師なのか、

採用すべき人物なのかをわかって欲しいと

気合いが入り過ぎてしまいました。

 

挙句の果てには先方からの質問に、

5分以上お応えするようになり、

まるで演説をしているかのよう…。

 

お三方の表情も段々と曇ってきて、

逆にそれを見たY先生は名誉挽回とさらに

頑張り過ぎて演説してしまう始末…。

 

面接終了後、Y先生はグッタリ…。

さすがにしゃべり過ぎたか…。

最初はいい感じだったのに、

最後は早く話し終わらないかなあ…ってなってたもんな。

 

面接って難しい…。

そうつぶやくY先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

医師免許証を忘れた…。

面接医師免許証

 

年度末で今お勤めの病院をお辞めになる事が

決まっているK先生。

 

引き継ぎなど、

非常に多忙な中に転職活動をしています。

 

明後日にとある病院に面接、見学に行く事が

決まっていたのですが、

忙しくて履歴書も準備できていない…。

 

何せ履歴書など作った事もないし、

こんなもんでいいのかなあと思いながら

前日の当直中に何とかかんとか仕上げました。

 

面接当日に履歴書持参で病院に伺うと、

とても人の良い事務長が対応してくれました。

 

K先生、お願いしていた履歴書と医師免許証を

先にお預かりしても宜しいでしょうか?

 

あ、やっべ~。履歴書に気を取られていて

医師免許証を忘れた…。

いかんともしがたいので、

正直に事務長に医師免許証を忘れてしまったので

後日お持ちしますと伝えると、

あらら…と怪訝な表情をされてしまいました。

 

昨今、偽医者問題などが話題になり、

病院側も医師である事の確認は厳格に行うようになっています。

わざと忘れた訳ではありませんし、

結果的にはこの病院でK先生は働く事になりました。

 

雨降って地固まる…ではないですが、

雨はやっぱり降らない方が良いですよね…。

 

医師免許証。

面接、見学の際には言われなくとも

持参しておいた方が無難です。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

面接には心の準備も必要です。

医師面接緊張

 

紹介会社に登録をして2ヶ月が経過。

情報収集を重ねた結果、

ようやく興味があるので見学・面接をしたい!と思える

医療機関を見つけることが出来た。

 

あとは面接当日を迎えるだけだ。

そして迎えた面接当日。

着慣れないスーツを来て面接先の病院に向かう。

病院受付でエージェントが挨拶をして

事務長が来るのを待つ。

 

院長室に通されると

そこには理事長と院長がいた。

 

名刺交換の方法もわからずに

ぎくしゃくと挨拶をすると一気に緊張してしまった。

しばらく無言が続く。

 

エージェントは黙ったままだ。

助け舟出してほしいと思うが書類をじっと見てるだけ。

「質問はありますか?」と聞かれたが

「ありません」と答えてしまった。

勤務を想定して、いくつか質問したいことがあったのに。

アピールしたかった自身の経験も伝えることができずに面接が終わる。

きっと表情も硬かったはずだ。

最後の挨拶だけ丁寧にできたが後も祭り。

 

翌日、不採用の連絡が来た。

第一志望の転職先だったのに不採用になってしまった。

このあと受けた病院の面接には合格して転職はしたが

それから数年経つ今でも、第一志望の病院に行きたかったと

後悔の念に駆られることが多い。

 

面接がどういう場所か、

どういう雰囲気なのか

もっと想定して望むべきだった。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録