うちのホームページって違法なの?

クリニックホームページ

 

クリニックを開業して1年…。

まだまだ満足はできませんが
徐々に患者さんも増えてきて、
何とか順調に経営してきたT先生。

先日、何度か通院してくれている
良い関係を作れている患者さんから言われたそうです。

T先生、こないだ久しぶりにホームページ見たんですけど
あれ、マズくないですか?と指摘されました。

絶対安心とか、私にお任せ下さいとか、
患者さんの感想とか、
そういう表現の仕方はいけないんじゃないですか?と…。

その患者さんとは人間関係ができていたので、
むしろ有難くアドバイスを頂いたのですが、
これはひとつ間違えたら
医療機関ネットパトロールに通報されてもおかしくありません。

診療とクリニックの運営に忙しくしていたT先生は、
医療機関のホームページなどが規制される事は
ニュースなどで確認していたものの、
うちは自費診療もないし、大丈夫だろうと
高を括っていたのでした。

いや~、よく知っている患者さんで良かった。
これはすぐに対処しなければ…と
開院時にホームページを作成してくれた業者に連絡を取ったのでした。

ところが…。
当時の担当者は退職したとの事。

特に後任は設けておらず、
社として対応しますと言います。

具体的にこの点とこの点を修正して下さいと伝えると
それをメールで送って下さいと…。

今、電話で伝えたろうが…と思いつつ、
しょうがないのでメールをしたT先生。

ところが翌日になっても、
2日経っても、1週間経っても修正されません。

さすがに堪忍袋の緒が切れたT先生は
再度この会社に連絡したのですが、
順次対応してますのでもう少しお待ち下さいと
素っ気ない対応…。

依頼してから10日後…。
ようやく修正はしてくれたものの
自分の指示した内容とは若干異なっており、
再度依頼…。

それから1週間後。
ようやく修正は完了しました。

指摘してくれた患者さんが来院した時には
お礼を申し上げて、
修正が完了した事を報告できたので良かったですが、
まさかこんなに時間が掛かるとは…。

開院前の時は、
担当者がWEBには詳しいけど
医療の事をわかっておらずに苦労したんだよな…。

これから益々医療機関のホームページは
規制が厳しくなっていきそうだし、
もう少し医療に詳しい業者に変えた方が良さそうだな…。

今回は仲の良い患者さんが気づいてくれて良かったけど、
次も同じようにいくとは限らないもんな…。

サイトのリニューアルも含めて、
数社から見積りを取っているそうです…。

うちのホームページは大丈夫か?

クリニック開業ホームページ

 

開業準備を進めるU先生。

ここまで様々な業者さんと打合せを行い、

ようやく徐々に形となりつつあるのですが

心配な事がひとつできてしまいました…。

 

内装工事や医療機器に予算を大きく割いた為に、

ホームページは格安で制作してくれる業者さんに

お願いせざるを得なくなってしまったのですが、

その業者さんはクリニックのホームページに関しての実績は

たったの2件しかありません。

 

正直価格優先で決めましたし、

ホームページがそれほど集患に影響するとは考えませんでしたので、

それなりのものができればいいや…と高を括っておりました。

 

しかしここにきて、

医療機関のホームページ上で不適切な表現を

きっかけとした医療トラブルが発生しており、

医療機関の広告規制のガイドラインが厳しくなってきて

掲載すべき事項、掲載すべきでない事項が厳格化してきている事を知り、

担当者は医療には詳しくない…と言っていたのが

不安に思うようになったのです。

 

すでに製作はスタートしていましたので、

U先生は今さら業者を変更する訳にも行かず

ご自身でガイドラインを勉強し、

上がってきたサイトを一文字ずつチェックしました。

 

いくつか微妙に思う文言があり、

修正依頼を掛けて再度チェック…。

結構な手間です。

 

こんな事なら最初から医療をよくわかっている

ホームページ制作業者にお願いしておけば良かった…と

後悔先に立たず…のU先生でした。

 

おそらく今後医療機関の宣伝広告に関しては

益々厳格化されるものと思います。

 

医療機関において実績が豊富で、

担当者が医療をよくわかっていないと

話しがスムーズに進まず

後々手間が増える事になりかねませんね…。

気を付けて下さい。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

意外と高い宣伝広告費…ケチって後々後悔…。

クリニック開業宣伝広告

 

お父様も開業医であるU先生。

そのままお父様の医院を継いでも良かったのだけど、

新しい道路ができて、街の様相はどんどん変わっています。

人通りも変わり、競合医院も増えてきているんです。

 

お父様の医院も患者数が徐々に減ってきており、

すでに開院して30年も経っている事もあり、

お父様もここを引き継ぐよりも

近隣で新たな場所を探した方が良いのではないかと

おっしゃっています。

 

そこでU先生は地元の不動産屋さんに依頼してみると、

現医院よりも利便性の高いところに

ちょうど良い物件を見つけることができました。

 

お父様も好立地に賛成してくれ、

新たな場所で新規開業をすることで準備を進めていきました。

 

すでに30年もクリニックを経営してきたお父様からのアドバイスを受け、

とても順調に準備は進んだのですが、

議論になったのは宣伝広告です。

 

お父様は、駅に看板を出すべきだ、電柱広告も合わせて行うべきだ、

そうおっしゃるのですが、U先生としてはそれはひと昔前の広告手法だし、

今時はネットで検索を掛ける人が多いから

ホームページなどに注力すべきだと考えています。

 

結果的には両方すべきという事になったのですが、

すると予算をオーバーする宣伝広告費になってしまいます。

 

U先生はご自身のお考えであるWEBでの広告費は削りたくなく、

効果が見えないのに多額の資金を必要とする

駅や電柱での広告を最小限度に抑える事にしました。

 

開院して6カ月…。

患者数は思うように伸びていません。

 

来院してくれた患者アンケートを見てみると

「目の前を通り掛かって…」

「クリニックの看板を見て…」という来院動機が多く、

ホームぺージを見てという動機はほとんど目にしません。

 

地域特性や患者層。

非常に重要なファクターですが、

U先生が開院する地域は高齢者も多く、

まだWEBで検索する方がそう多くはないのですね。

 

こんな事なら父の言う通り、

駅や電柱の広告に費用を掛けておくべきだった…。

都会ではないのだし、患者層も若くはないので、

それに合わせるべきだった…。

 

後悔先に立たず…ですが、

やはりマーケティングは難しいと反省しきりのU先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

求人情報ってどうやって探せばいいの?

医師転職求人

 

大学医局を退職しようと決心したY先生。

特に大きな不満があった訳ではありませんが、

だからと言って医局に在籍し続ける理由もなく

専門医を取得してから2年、

お礼奉公も済ませたと考えて転職する事を決めました。

 

とは言え、転職活動なんてした事はないし、

何から手を付けていいのやら…。

 

取り敢えずはご自身の履歴書、職務経歴書を作ってみました。

ですが職歴のきれいなY先生ですからすぐに作り終わりました。

ご自身の過去の経験を振り返ってみたり、

今後何をしたいのか、何を求めているのか、

そういった面を考えるには価値はありましたが…。

 

さて次は応募先を探さねばなりません。

当直の際に医局に置いてあった

医療系雑誌の求人欄などを見てみましたが、

情報量が少なくて全く判断ができません。

 

求人を出している病院のホームページを見ても、

求人欄すらないサイトも多いし、

あってもほとんど参考にならない情報しか掲載されていません。

 

インターネット上では、

様々な求人サイトがありますが、

どこも似たような感じの情報しか載っていないし、

同じ医療機関ばかり載っているような気もする。

 

それでも他に手段がないので、

いくつかの求人サイトを研究してみたY先生ですが

観察してわかってきた事があります。

 

掲載されている求人には、

医療機関から直接出された求人と

紹介会社が医療機関から依頼を受けて出している求人がある事。

 

求人サイトの運営会社が、

エムスリー、メドピア、日経キャリアなど

知名度が高く、本業は他にある企業のものと、

求人件数は少ないけれども

医療機関からの直接求人のみ掲載しているサイト、

他には人材紹介会社が運営しているサイトと

いくつかある事もわかってきました。

 

紹介会社に対してあまり良いイメージを持っていないY先生は、

できれば利用しないで転職したいと考えていますが、

どうやら求人を圧倒的に持っているのは紹介会社であり、

それを利用しないという事は

求人を自ら探さねばならないという事に気づきました。

 

通勤可能範囲にあり、

自分の専門である診療科目があり、

病院の方針やビジョンと自分の考えがマッチしていて、

文化や伝統に好感が持てて、

我儘はそれほど言わないけれど

それなりの待遇で迎えてくれる病院…。

 

元来凝り性であるY先生は、

サイト上から収集した情報や

仲間の医師や、職場のナースなどからも情報を得て

エクセルで管理しています。

 

……と、この手法自体は大変に素晴らしいものですし、

Y先生の探求心には頭が下がる思いですが、

転職しようと決意してからはや1年半…。

 

仕事をしながらこのようなリサーチをしていましたので、

データはどんどん積み上がるものの

肝心な転職活動は全く前に進みません。

調べれば調べるほどに良い情報だけではなく、

悪い情報も耳に入ってきて、

どこに応募すれば良いのか…。

ご自身でもわからなくなってしまっています。

 

このままではいつ転職できるのか…。

Y先生も危機感を感じていますが、

踏ん切りがつかない毎日を過ごしておられます。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

 

院外広告、院内広告、WEB広告!?

 

開院日をあと2か月後に控える内科医のA先生。

事業計画を作り、銀行からの融資も決まり、

良い開業物件も見つかり、

内装工事も順調に進んで、

医療機器や什器もほぼ決まりました。

順調に開業準備が進んでいます。

 

ここからはいかにして開院日以降に

患者さんに来て頂くか…を考えに考えています。

 

何社かのホームページ作成業者から話しを聞きましたが、

やはりどこもホームページでの集患に力を入れるべきと

力説します。

 

そういう時代だとは思うA先生ですが、

結構な金額が掛かりますし、

ホームページに注力するとすれば

他の宣伝広告費を削らざるを得ません。

 

ホームページ中心で行くか、

その他の広告も含めてバランス型で行くか、

悩みに悩むA先生…。

 

ところが最後にお会いしたホームページ業者は

ホームページだけで集患できるものではない、

その他の宣伝広告も含めてバランス型で行くべき。

ロゴマークやテイストの統一性は持たせた方がいいが、

ホームページだけに多額の資金を投入するのは

リスクが大きすぎる…と言うではありませんか。

 

もっと話しを聞いていくと、

歯科医院や自費診療の比率が高いクリニックなら

話しは違うのだが、

一般的な内科クリニックの場合は、

地域密着型となるだろうし、

地元の高齢者たちはホームページではなく

駅の看板や電柱広告、折り込み広告の方が

認知されるとアドバイスを貰いました。

 

結果的にA先生はこの最後の業者に依頼し、

バランス型の宣伝広告をする事に決めたのです。

 

駅の看板は競合も多く、料金も高いので今回は見送り。

電柱はちょうど良い場所に空きがあったので数本だが契約。

ホームページはシンプルかつ自分で更新できるように作成。

開院3日前に新聞の折り込み広告を大々的に行い、

あとは地道にクリニック前でチラシ配布。

スタッフも近隣にポスティングに行ってくれるなど協力的。

 

そして迎えた開院日。

想像していた来院数の2倍の患者さんが来てくれました。

アンケートを見ると、

チラシを見た、電柱を見た、ホームページを見たという方々が

ちょうど同数であり、バランスが良いです。

 

この宣伝施策は間違ってなかった…と

ホッと胸をなで下ろすA先生でした。

 

中には100万~200万円もの金額を

ホームページに掛けるケースもあるようですが、

院長の個性や経歴、クリニックのビジョン、

開院場所に合った宣伝広告の手法を取るべきですね。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

マーケティングはホームページだけではない!

クリニック開業マーケティング

 

すでに開業して3カ月が経つH先生。

思うように患者さんが集まらずに

集患対策に悩んでいました。

 

と言いますのも…

ご自身の経験やスキルに自信を持っているH先生。

確かに今まで積み上げてきたキャリアは

どこに出しても恥ずかしくない立派なものです。

 

ましてご自身の中では良い物件を見つけた手応えもありますし、

医療機器も良いものを揃え、

内装もシックで癒しのある患者受けするものを

こしらえたつもりです。

 

よし、これなら俺は絶対成功するぜと自信満々だったのですが、

集患をどのようにするのかまでは意識が向きませんでした。

 

自分だったら患者が患者を呼ぶ展開を作れるだろうと

特にこれといった集患策を打つ事をしなかったのです。

 

開院日、来院した患者さんは3名でした。

H先生の専門性が活きるような患者さんではなく

ごく普通の風邪、腹痛など…。

 

ひと桁台の患者数が1週間続き、1カ月続き…

さすがの自信家のH先生にも焦りが出てきました。

 

やはりホームページくらいは作った方が良いかと考え、

業者を数社読んで話しを聞いてみましたが、

どこも料金が高いように感じて、結局見送りです。

 

ただその中の1社だけ、

担当者が気になる言葉を使っていました。

 

ホームページを作ったからと言って患者は増えません。

あくまでもマーケティング戦略の一環としての

ホームページであり、ホームページ単体では

集患効果はそれほどないです…。

 

どの業者も、いかに高品質のHPを作るかや、

いかに安価に良いものを作るかや、

そんな提案ばかりするのに、

この業者だけはむしろHPを否定するような…

マーケティング全体の話しをする…。

 

ホームページの効果の程は何とも言えないが、

マーケティング自体は考えねばならないと

危機感を感じていたH先生は、

この業者さんだけ再度の面談をしてみました。

 

すると、H先生の専門性を活かす為のクリニック展開や、

その場合の患者ターゲット、

その地域におけるターゲットの分布図、

そこへ訴えかける集患方法、

クリニックの知名度を上げる為のブランディング戦略など、

今までマーケティングをないがしろにしてきたH先生にとっては

目から鱗のような話しが聞けました。

 

単にホームページ制作を提案するのではなく、

この地域でクリニックがどういうポジショニングを取るべきか、

トータルなマーケティング施策を提案してくれたんですね。

 

しかも料金的には、

某業者のホームページのみの金額よりも安価で、

だからと言って陳腐なサイトを作る訳でもなく

非常に納得のいくものでした。

 

ロゴマークの制作からH先生の個性や思いを汲み込んで、

地域住民の方へはチラシ配布やポスティングなど

ダイレクトマーケティングも実行してくれ、

新聞の折り込み広告や電柱広告なども含めて、

その上でその母体となるホームページを制作。

それだけでなく院内の広告についても

映像を駆使してわかりやすい案内も作りました。

 

するとどうでしょう…。

段々と患者さんが増えてきました。

しかもH先生の専門性が活かせる患者さん達が

集まってきたのです。

 

開業当初、自分自身があまりにもマーケティングを軽視してきた事、

ホームページを作りゃいいんでしょ…くらいの感覚から

脱皮させてくれたこのマーケティング会社との出会いを

H先生は心から感謝しているようです。

 

いい場所に開院すれば患者は集まる。

もうそういう時代ではなくなっていますね。

どこに開院しても競合はそれなりにありますし、

他院との差別化をどう図るのか?

 

これからの開業には

マーケティング的な発想が欠かせません。

しかも単なるHP制作会社ではなく、

トータルで提案してくれる優良な会社は少数派ですから

良き業者とのタッグが必要不可欠ですね。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録