こんな高条件はないと思っていたのに…。

医師高待遇求人

 

今まで大学医局で長く勤めてきたE先生。

後輩ドクターが退局する事になり、
送別会でいろいろ話しを聞きました。

民間の総合病院に転職する事、
その求人はエージェントより紹介してもらった事、
今よりもかなり待遇が良くなる事、
その割にはハードな勤務から解放されそうである事、
自分は真剣に転職を考えていた訳ではなかったけれども
あまりにも良い求人だったので考えざるを得なかった事…等
E先生にとっては青天の霹靂のような話しでした。

よく考えてみれば後輩のドクターのように
自分も転職なんか考えた事はない。

今まで大学に在籍している事に疑問など持った事もないけど
そんなに高条件で、楽になるなら考えた方がいいかもな…。

漠然とそんな事を考え始めたE先生は、
WEB上で良く見掛ける紹介会社に問合せをしてみました。

 

医師/看護師 転職求人アプリ

※画像クリックで、医師転職求人アプリ・ダウンロードサイトに飛びます!<スマホ・タブレットの方のみ>

 

担当の人とお会いしてみると
頼りなさそうな若者…。

E先生は取り合えず後輩ドクターから聞いたように
自分の希望を担当者の人に伝えました。
さすがに我が儘を言い過ぎかな…というくらいに…。

E先生ご自身もそもそも転職したいというよりも、
どんなもんかなあと様子見のような所がありましたので
どうせ希望通りのものは出てこないだろうと思っていたそうです。

しかし3日後、担当者よりメールが届き、
E先生のご希望にピッタリのものが出てきましたと
案内が来ているではないですか!?

内容を見ても確かにその通り…。
当直はない、オンコールもない、年収も高い…。
E先生はちょっと怪しさを感じたらしいですが、
まあそんなに良い求人だったら
話しだけでも聞いてみるかと思い見学に行ったそうです。

理事長が直々にお迎えして、
是非E先生のような方にお越し頂きたいと平身低頭、
しかもその場で年収アップまで約束。

う~ん、こんな話しがあっていいのか?
自分が今まで大学でやってきた事は何だったんだ?

 

ルナーヴァ 医師/看護師 転職求人情報 バナー

医師/看護師 最新転職求人情報サイトはこちらから!

 

疑問に思いつつも
後輩ドクターから聞いた話し以上に良い条件…。
思わずE先生はこの話しに乗ったそうなのですが…。

1年後…。
E先生は憤慨しています。

当初聞いていた条件は反故にされて、
来年度からは給与を下げると理事長に言われました。

あれだけ平身低頭で是非と言っていた理事長も
入職してからは人が変わったように
患者を集めろ、検査をしろ、薬を出せ、と
結局金儲けしたいだけか?というような態度に豹変…。

後輩ドクターに連絡すると、
その先生も困っていたそうです。

こちらは人間関係がすさまじく悪く、
殺伐とした雰囲気で、
毎月のように医者やスタッフが辞めていく…と。

結局、不思議なくらいに高条件な求人には
やっぱり裏があるんですね。

失敗した…。
後悔先に立たず…と身に染みたE先生でした。

<過去記事もご覧下さい!>
求人を何件も貰ったのでついその中から選んでしまった…。
求人の内容を全然把握していないコンサルタント…。
非公開求人に騙された!

 

 

医師/看護師 転職求人アプリ

※画像クリックで、医師転職求人アプリ・ダウンロードサイトに飛びます!<スマホ・タブレットの方のみ>

ルナーヴァ 医師/看護師 転職求人情報 バナー

医師/看護師 最新転職求人情報サイトはこちらから!

 

 

そ・相談できないコンサルタント…。

医師紹介会社

 

40代後半の整形外科医のS先生。
長く大学医局に所属してきて、
今は医局からの派遣で民間病院で責任あるポジションで
仕事をしています。

すでに今の職場は2年が過ぎていますが、
院長はじめコメディカル、事務方も
非常に仕事をやりやすい環境を作ってくれており
充実した日々を過ごしていたのだそうです。

しかし医局も人手不足に陥っている事から
次年度から大学に戻って来い!という指令が飛んできました。

 

医師/看護師 転職求人アプリ

※画像クリックで、医師転職求人アプリ・ダウンロードサイトに飛びます!<スマホ・タブレットの方のみ>

 

S先生としては
このまま今の病院にいてもいいな…と思っていたので
また大学のハードな環境に戻る事には
正直、戸惑いがあったのだそうです。

院長はとても残念がっているし、
できる事ならS先生には
当院にずっといて欲しいと言ってくれるけど
さすがに大学とは事を荒立てるような事はしたくなく、
いかんともしがたい…という様子です。

S先生にとっては
今の居心地の良い病院に残るという選択肢はなく、
大学に戻るか、大学を飛び出すか、という
いずれかの選択肢しかなかったのですね。

今までは当然大学に戻るという選択をしてきた訳ですが、
50歳という節目の年齢を前にして、
いろいろ思うところがあったのだそうです。

医局内での出世の目途もなさそうだし、
自分としてもやり切った感があるのも確か…。

しかし今まで退局する事など考えた事もなかったし、
果たして今の自分にどれだけの価値があるのか?
どんな選択肢があるのか?

悶々と悩みながらも
WEB上でよく見掛ける紹介会社に問合せをしてみました。

 

ルナーヴァ 医師/看護師 転職求人情報 バナー

医師/看護師 最新転職求人情報サイトはこちらから!

 

 

1度詳しいお話しを伺いたいとの事で
担当の人とお会いしたのですが、
爽やかな好青年ではあるけれども
どう見ても、わ・若い…。

大丈夫なのかな?
でも一応名の知れてる会社にいる訳だからと思い直して、
上記のような事を伝えてみたところ…。

ご事情は了解しました。
それでS先生は次の職場はどんな所をお探しですか?
お給料はどれくらいが望ましいですか?
当直は月に何回くらいできますか?

と矢継ぎ早にされる質問は、
すでに転職する事が前提になっている…。

いえ、私は相談だけでも可という事だったので、
自分の今後をどうすべきか?相談したかったんですよ…と
再度伝えても担当の方はキョトンとした顔をして
だから次の職場について聞いているのに?という様子です。

ん~、やっぱりわかってもらえないか…。
自分は転職をするのではなくて、
転職をしようとした場合には
どんなメリット、デメリットがあるのか?
転職しない場合はどうなのか?

他の同年代のドクター達はどうか?
医師としての人生の選択肢というか、
もっと幅広い相談をしたかったんだけどな…。

若い人だからダメって事はないけど、
彼らは転職が前提でないと話しができないみたいだし、
相談だけでもお気軽にというのは宣伝文句なんだな。

残念だけどこの人は無理だ…。

 

 

医師/看護師 転職求人アプリ

※画像クリックで、医師転職求人アプリ・ダウンロードサイトに飛びます!<スマホ・タブレットの方のみ>

ルナーヴァ 医師/看護師 転職求人情報 バナー

医師/看護師 最新転職求人情報サイトはこちらから!

 

 

<過去記事もご覧下さい!>

<紹介会社について書いた過去記事もご覧下さい!>

WEB上で検索を掛けて紹介会社を選んだ失敗事例!

他社には声を掛けないで下さい!という脅し…。

情報提供をしていない紹介会社は危険?

 

こ・こんな若造に何がわかるんだ!?

 

医師になって20年。

大学医局に所属し続けてきたJ先生。

 

自分としては医師としての折り返し点を回り、

最後のラストスパートをどのように挑むのか?

 

医師としての集大成に向かって

真剣にキャリアプランを考えていました。

 

自分には特別な人脈などないし、

どの病院が自分に合うのか、

自分の考え方に合う望ましい病院はどこなのか、

そういう事はやはりプロと一緒に動いた方が良いだろうと判断し、

人材紹介会社に依頼する事にしました。

 

どこの会社が良いのか?もよくわからない為に、

取り合えずWEB上でよく見掛ける会社を

3社ほどピックアップして問合せを入れてみたのです。

 

3社ともに反応は早かったです。

すぐさまにJ先生のご希望条件を伺いたいと連絡が入り、

それぞれアポイントを取ったのでした。

 

ところが担当者との待ち合わせ場所に行くと驚きました…。

どう見ても20代半ば…。

おいおいこっちは自分の人生かけて来てるのに

こんな若者で大丈夫か?とは思ったものの

いや知名度の高い会社だし若くても優秀なのかもしれないと思い直して

打合せをスタートしたのですが…。

 

ダ・ダメだ…。

医療の事を知らなさ過ぎる…。

 

型通りの希望条件を聞いて

それに合う求人を紹介して見学に連れていく事しか考えていない…。

フォーマットの聞き取りシートを持っていて、

それ以外の話しは雑談すらできない…。

医療を知らないのは百歩譲るとしても

知性と教養があまりにも欠けている…。

こんな若造に俺は何を依頼するんだ?

できる訳がない…。

 

決して人として悪い訳ではないものの、

あまりにもな経験不足、知識不足…。

申し訳ないけど…とこの方には丁重にお断りを入れました。

 

しかし他の2社もやっぱり似たような展開でした。

まあ比較的まともかな?という担当者はいたものの

この人と一緒に活動するなんてとても思えません…。

 

人材紹介会社の人ってのはこの程度なのか?

どこも同じレベルなのか?

これでは自分で動くしかないのか?

そんな事を考え始めたJ先生ですが、

以前にある先輩ドクターが転職した際に

紹介会社を使っていた事を思い出し、

自分の現状と先輩がどういう会社と

どのような付き合いをしているのか伺ってみました。

 

すると大手の紹介会社ではよくあるパターンだな。

数多くの求人を見たいなら大手もいいけど、

本当の意味でのパートナーを見つけたいなら中小だよ。

ベテランの経験も知識も豊富な人たちがいるからね。

自分は中小の本当に信頼できる人と

転職後もずっと付き合っているよ…との事でした。

 

その先輩に紹介されて中小の担当者とお会いしてみましたが、

もうレベルが違うというか、段違いです。

年齢も自分と近くて、プライベートな部分でも共感してもらえます。

結果、こちらの担当者と一緒に動き、

良い転職をする事ができたのでした。

 

若いのがすべてダメだとは思わないけど、

経験、知識を身に付けるには時間が掛かるからね~。

やっぱり自分のパートナーは相応しい人になって欲しいし、

今回は道を誤らなくて良かったよ…と語るJ先生でした。

 

<コンサルタントについて書いた過去ブログもご覧下さい>
求人の内容を全然把握していないコンサルタント…。
ザ・サラリーマンな担当コンサルタントは使えない!
どういう開業コンサルタントを選ぶべきか?

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

非公開求人に騙された!

 

最近、WEB上を賑わせている非公開求人…。

〇〇〇求人なんて表現をしている紹介会社もあるけど、
そんな希少な求人があるなら…と興味を示していたX先生。

今の職場にそれほど不満があった訳ではないのですが、
より良い条件を求めて、
大手の紹介会社に問合せをしてみました。

担当者とお会いしてみると、
いかにも価値ある求人のように切り出した案件がありました。

これはX先生だからお伝えするのですが…。

この求人はX先生のような方にしかご案内しません。

他の紹介会社からは絶対に案内されない貴重な求人なんです。

初対面なのにそこまで熱く案内するなら
余程いい求人なのだろうと考えたX先生は、
そこまで言うなら1度見学に行ってみようかな…と。

実際に行ってみると、
どうも担当者と先方の事務長がツーカーの仲らしく、
X先生に聞こえないように内緒話をしていたそうです。

しかも院長、事務長からも驚くほどの高条件が提示されたのは良いのですが、
どうも担当者と目配せしながらの怪しい雰囲気…。

これは安易に乗ったら危ない話しだぞ…と
X先生はピンと来たそうです。

もちろん内定が出たのですが、
X先生はお断りしました。

すると担当者は激怒。
院長や事務長の顔を潰すんですか!
行く気がないならなんで見学なんか行くんですか!
私たちの時間を返して下さいよ!

はあ~?
お前にそんな事を言われる筋合いないよ…と思いつつも、
やっぱりお前らグルだったんだろ…と確信。
だいたい上手い話しには裏があるんですよね~。

ちなみにこの病院の話しをドクター仲間や
知人の転職コンサルタントにしてみたら、
あの病院の手だよな。俺もその話しをもらったよ…とか、
あ~、あそこの病院とあの会社はつるんでるからね~とか、
あそこは経営状態が悪化していて背に腹は代えられないから何でもやるだろ…。

まあロクな話しが出てこない…。
そもそも非公開求人って
非公開にする明確な理由がない限りは
だいたいが紹介会社の都合だと考えた方が良いですね。

健全な医療機関は非公開にして医師を募集する理由があまりないんです。
堂々とオープンにして募集しますよ。

途中でおかしいと気づいて良かったよ…と
胸をなでおろすX先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

当日無断キャンセルで激怒されてしまった…。

 

一般内科医のH先生。

内科の領域では何でも来いという

総合的な診療ができる強みがある裏腹に

これといった専門性がない事が弱みでもあります。

 

そんなH先生ですから

ご自身のキャリアという面では

若干不安を持っていて

将来の為にも何らかの証明が欲しいと常々思っていました。

 

たまたま参加した学会で

非常に勉強になる発表をされていたある先生に興味を持ち、

知人のドクターの伝手で話しをする機会に恵まれ、

ご自身のキャリアの悩みを打ち明けますと

「もしH先生に興味があれば当院でお仕事してみませんか?

一応、当院は知名度も高い病院ですし、

多様な症例経験を積む事もできます。

きっとH先生の将来のために当院に所属していた事は

プラスになると思いますよ」とお声掛けを頂いたのでした。

 

確かにその病院は名門と言われる病院でもあるし、

これから自分が転職をしたり、開業をする事があっても、

ネームバリュー的には効果的だろうな…。

せっかくのお誘いだし話しくらいは聞いてみたいな…と考え、

その先生にご紹介された事務長と連絡を取り合い、

ある日の仕事終わりの時間帯に面接、見学に伺う事にしました。

 

し・しかし…。

日頃の忙しさに翻弄されていて

つい当日の予定を失念してしまっていたH先生。

 

当日に何度も携帯電話に連絡が入っていて

約束の時間から2時間後にようやく気付く有様…。

慌てて連絡をしたものの

すでにその日は連絡が取れずに

翌朝平身低頭で連絡を入れてお詫びをしたのですが、

時すでに遅し…。

 

学会で出会った先生の顔を潰す事にもなり、

院長、事務長もみなさん忙しいさなかに時間を作ったのに

無断でキャンセルしたのですから

激怒されても当然と言えば当然です。

 

そして何よりもH先生にとっては

チャンスと言える機会を逃がす事にもなってしまいました…。

 

事が事ですから誰かに当日声掛けてね…なんてお願いする訳にも行かず、

かえって自分の評判を下げてしまったH先生。

情けなくて穴があったら入りたい気分だったそうです…。

 

今後はこういう時にアナウンスを入れてくれる

コンサルタントを付けて置こうと誓ったんだそうです。

後悔先に立たず…ですね。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

 

逃げの開業!?

クリニック開業

 

長く大学医局に所属するY先生。

スペシャルな業績を上げた訳ではないけれど、

上司からは安定した評価を受けているし、

後輩からも世話好きな先輩ドクターとして慕われている。

 

そんな人柄を持つY先生だから、

臨床現場でも患者さんからの評判も良く、

Y先生自身も充実した日々を過ごされていました。

 

ところが教授選でY先生の応援していた先生が負けて、

他大学から新たな教授が赴任して以降…

そんな生活が一変する事になってしまったのでした…。

 

新任教授としては、

自分を応援しなかった先生に対して

やはり面白くなかったのでしょうか…。

まさに白い巨塔の世界がそこにはあったのでした。

 

Y先生に対しても

陰に陽にイジメまでは行かないまでも

派遣先の病院が自宅から片道3時間近く掛かる所に変わったり、

研究チームから外されたり…

段々と先輩、後輩の他のドクターからの

目線も冷たいものになっているように感じて、

このままじゃマズい…と危機感を感じるようになってきました。

 

しかし真面目なY先生は今まで大学医局を辞めるなんて事は

全く持って考えた事などなく、

このまま冷や飯を食わされるのであれば

早く次の道を考えねば…と焦るY先生。

 

そんな時、ある学会ですでに開業をしている

同期の先生と久しぶりにお会いしました。

 

当時から非常に仲良くしていた方なので

現在の自分の置かれているを率直に話してみると

「お前なら開業してもいいんじゃないか?

俺だってそこそこ食ってけるんだから

お前なら成功する事、間違いなしだろう。」

そんな事を言われて、ついその気になったY先生。

 

今まで開業なんて考えてもいなかったのに…

何の準備も計画もなかったのに…

開業してどうなりたいかも考えていなかったのに…

ただ現状から離れたいだけで

その気になって開業準備を進めてしまったのです。

 

しかも大学病院に出入りしていた

顔見知りの医薬品卸業者を開業コンサルタントに選び、

とにもかくにも開業する事にしたのです…。

 

何の下調べもなく、

こうなりたいというビジョンもなく、

何となく物件を選び、

言われるがままに内装を決めて、

医療機器を購入し、

何とか開院まではこぎつけました。

 

しかし患者さんが思ったよりも来ずに、

不安な日々を過ごすY先生。

 

何より、これでいいのか?

自分が望んでいた世界はこれなのか?

開業以外に道はなかったのか?

 

ご自身が最も悶々としています。

もしかしたら自分は逃げたかっただけなのか?

逃げるにしても他の道と比較検討すべきだったのではないか?

 

今さら遅いよな…

でもホントにこれで良かったのかな?

悩みが深いY先生でした。

 

やはり事前の準備・計画が最も大事なんですよね…。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

 

自らは転職をした事がない転職支援のコンサルタント!?

医師 紹介会社 担当者

 

今までは大学医局からの派遣であったり、

先輩ドクターや元同僚の先生から請われて転職をしてきて、

実質ご自身で転職活動をするのは初めてであるS先生。

 

正直、何をどうすればいいのかわからないし、

おかしな病院に行くのも嫌なので

最近あちこちで目にする医師の人材紹介会社に依頼する事にしました。

 

WEBから問い合わせをすると、

すぐに会って打合せしましょうと連絡が入り、

後日お会いする事にしました。

 

担当の方とお会いしての第一印象は、

「わ・若い…。大丈夫なの?」でした。

 

聞けば20代半ば…。

この仕事を初めてまだ2年めだそうです。

 

一生懸命さは感じるものの、

医療業界の知識もないし、特に医療に関心が強い訳でもない。

おまけに医師の仕事もよくわからないみたいだし、

医師に対して特に思いもないみたい…。

 

そして最も不安に思ったのが、

転職の経験もなく、

この若さから考えると人生経験もそれほどなく、

転職のノウハウやアドバイスを期待できないという点です。

 

本人は一生懸命やりますとか、

先生のために心を尽くしますとは言うものの、

さすがに安心して任せるというレベルまでは行きません。

 

さて、この先どうなるか…と心配だったのですが、

案の定、やり取りはたどたどしく、

求人は何件も紹介してくるのですが

希望とは全くズレていて、

しかも肝心要のコアな部分を理解してくれない事に

イライラが募るばかりです。

 

最も腹立たしかったのは、

とにかく決めたい、数字が欲しいという思いが強すぎて、

それがS先生にも見え見えだった事だそうです。

 

おいおい、先生の為に尽くしますってのは嘘なのかよ。

どう見たって自分の為に尽くしてるじゃんか…。

 

求人は何件も何件も案内してくるのですが、

どう転職活動を行えば良いのか?

求人はどのように選ぶべきなのか?

どんな求人が自分に合うのか?などの

ノウハウやアドバイスに関しては全く触れずに、

やっぱり自分自身すら転職した事がないのだから

転職希望者の気持ちはわからないよな…。

 

もっと経験豊富な人にお願いしないと

いつまで経っても良い転職はできそうにないな…。

 

そう考えたS先生は、

担当の方には一旦転職活動を保留しますと伝えて、

他社に依頼する事にしたのでした。

 

それでも時々求人の案内の連絡は来るそうですけど。

 

医者もそうだけど、

若手がダメという事ではないけど、

やっぱり頼れるのはある程度の経験を積んだ人だよね。

 

自分の人生に影響があるんだから、

妥協できないよね。

経験、ノウハウがある人じゃないとダメなんだ…と

つくづく感じたよ…とおっしゃるS先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

相手の事務長が交渉上手だった…。

 

もうすぐ50歳になるT先生。

30代半ばに大学医局を飛び出してから

実に様々な経験をしてきました。

 

最初はおっかなびっくりに民間病院で勤務をスタートしたのですが、

それからは2年~3年後ごとに職場を移っており、

大病院、中小病院、専門病院、総合クリニック、街の小さなクリニック、

雇われ院長の経験もあり、

実は起業もしており細々と会社経営もしています。

 

そんなT先生だから、

業者との折衝で合ったり、

スタッフとのコミュニケーションであったり、

とても円滑に行っていますので、

人と交渉するという事に自信を持っていました。

 

50歳を目前に控えてT先生にはやりたい事があり、

たまたまその夢が実現できそうな病院の求人を発見しました。

 

問合せをしてみると、

先方の事務長は是非1度ご見学にいらして下さいとの事。

 

ご自分に自信のあるT先生は、

よっし、院長にも気に入られて、

高条件で入職するか!と気合いを入れて臨んだのです。

 

実際に、院長からは当院はT先生のような方をお待ちしていました。

是非お越し下さいとおっしゃってくれたのですが、

それでは詳細については事務長と詰めて下さい…と席を立ちました。

 

ところがこの事務長…。

元銀行マン、医療系商社、調剤薬局グループと渡り歩いてきた

百戦錬磨の方でなかなか手強い。

 

T先生は、ご自身の望む条件を率直に伝えて、

これが叶うならば入職するつもりだ、

院長も気に入ってくれたようだし、

条件面で同意できれば

お互いにとって良い話しになりますねと申し上げるものの

事務長はノラリクラリ…。

 

T先生の条件を飲んでもいいんだけど、

それには…といくつか病院都合の交換条件を出してきたり、

T先生は素晴らしいドクターだと言いながら、

でもご経歴から察するに〇〇についてはご経験が不足しているとか…。

 

その日は妥結できずに、

別途話し合いをする事になりました。

 

後日、事務長との話し合いに挑むT先生。

仕事内容には大きな魅力を感じていますが、

事務長との交渉は正直言って面倒くさい…。

 

実際に話し合いがスタートしても

相も変わらずノラリクラリ…。

 

もういいや…。

この仕事を経験できるだけでも儲けものだし

細かい条件は妥協しよう…。

結局、T先生は事務長が出してきた条件を

渋々ながら飲んだのでした…。

 

入職後3カ月…。

同僚医師とも仲良くなり、

腹を割った話しもするようになりました。

 

するとみなあの事務長はさ…と

事務長の交渉上手に負けたようで…。

面倒くさくなってつい飲んじゃうんだよなあ。

ある医療機器メーカーも、医薬品卸も、

あの事務長にはお手上げって言ってたぞ。

 

敗北感を感じながらも、

仕事内容としては満足しているT先生は

苦笑いをしつつ頑張っています。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

 

勧められるがままに、詳しく知らずに面接…。

医師転職活動紹介会社

 

様々な事情が重なって新しい勤め先を探し始めたU先生。

本音を言えばこのまま残りたい気持ちの方が強いのですが、

残る事にも大きなデメリットがあり、

致し方なくの転職活動の開始であります。

 

よってじっくり考えての転職ではありませんし、

これからどうしようかな…と悩みながらの転職です。

 

今まで転職らしい転職をしたことのないU先生。

医局からの派遣であったり、

先輩ドクターから請われて移ったりだったので、

いわゆる転職活動と言ってもどうすれば良いのかよくわかりません。

 

最近は医師の転職支援をする会社も増えている事は知っていたので

WEB上でよく見掛ける会社に問合せをしてみました。

 

するとあっという間にいくつかの求人を提示され、

その中のひとつの病院に興味があったので

その旨伝えるとすぐに見学日が決まったのでした。

 

あれよあれよと話しが進み、戸惑いながらのU先生でしたが、

まあ行ってみないと実情はよくわからないし、

まずは話しだけでも聞いてみようと思って話しを進めたのでした。

 

当日、最寄り駅で担当者と待合せしたU先生、

簡単なブリーフィングを受けていざ病院へ。

 

出迎えてくれた事務長と一緒にいきなり院長室に行き、

厳格そうな院長と面談…。

 

U先生は当院のどこに興味を持ってくれたんだね?

U先生はご自身が当院でどのように貢献できそうかね?

 

単刀直入に核心めいた質問をする院長。

心の準備ができておらずにしどろもどろのU先生。

 

段々と院長の表情が曇ってくるのがわかり、

それがさらに焦りを生む…。

 

正直、事前に病院の事を調べる事もしていなかったし、

何となく条件も良さそうだし、

紹介会社からおススメされたから何となく受けてみたという状況です。

 

紹介会社の担当者も事前にどんな面接になるか教えてくれなかったし、

ブリーフィングでもざっくりした話ししかしませんでした。

まして苦境に陥っているU先生に対して

何らフォローをしてくれる訳でもなく、

この人は何でここにいるんだ?という感じです。

 

院長との面談が終わり、

その後、事務長と一緒に院内を見学しましたが、

全然覚えていません。

 

院長にコテンパンにされてしまった…

何らまともな会話ができなかった…

そんな自分にショックを受けて

その後は事務長と何を話したのか?どこを見学したのか?

うろ覚えのU先生。

 

自分に真剣さが足りなかった。

もっとしっかり事前リサーチをすべきだった。

 

反省しきりのU先生でしたが、

ただただ放置した紹介会社の担当者には

もっと先にいろいろ教えてくれれば…と

小さくない疑念が残ったのでした。

 

WEBでよく見掛ける会社だから良いとは限りませんからね。

もっと親身になってサポートしてくれる会社と

お付き合いをすればこんなことにならなかったのに…。

これからはそういう会社を選んで頂きたいものです。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

 

条件面を重視し過ぎた求人選びの失敗!?

医師転職所Y兼

 

まだ30代前半とお若いS先生。

野心家でもあります。

 

臨床研修から市中病院に出て臨床経験を積み、

さらなるステップアップを求めて

民間病院をいくつか渡り歩いておられます。

 

同年代のドクターと比較すれば、

それなりの年収を得ていたのですが

評価=年収と考えて、

次なる階段を登ろうと考えていらっしゃいます。

 

そんな時に入ってきたのが、

100%自由診療のクリニック院長のお話しです。

 

何と年収は今よりも1.5倍になります。

これだ!と飛びついたS先生。

ところが…。

オーナーは某企業。

儲かると思って自由診療のクリニックを開設したものの、

患者は思うように集まらず、

赤字での運営です。

 

S先生としては、高年収=評価と考えていましたし、

自分はこれだけの年収を貰って当然と自信満々だったのですが、

オーナーからはS先生の能力が低いから患者が来ない。

これでは今の年収は維持できないと脅かされる始末。

 

S先生自身も危機感を感じて、

マーケティングやら、集患対策やら、

諸々勉強をし始めましたが、

オーナー側からは冷たい視線を浴びせられており、

資金やマンパワーのサポートはなく…。

 

結果的に患者は来ず、1年経たずに閉院…。

オーナーに振り回されてしまったS先生。

 

また新たな転職先を探し始めましたが、

年齢の割に転職回数が多く、

自由診療から保険診療に戻ってくる事に怪訝な顔をされ、

なかなか高条件のオファーとなりません。

 

お金は大事だけど、

お金だけじゃないんだな…。

こういうのをキャリアに傷を付けるって言うんだな…。

 

しみじみ感じたS先生。

今は年収を下げて元の専門領域に戻り、

再度の修行、臨床経験を積み上げておられます。

 

なぜ転職をするのか?

何を実現したいのか?

 

こういうライフプランやキャリアパスは

事前にしっかりと考えておかねばなりませんね。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録