もしかして自分はお金に目が眩んだのかも…。

 

医師になって20年目を迎えるE先生。

大学医局に15年在籍し、

その後、民間病院に転身して5年が過ぎました。

 

50代が視野に入ってきて、

子供の進学などお金が必要となってもきています。

 

今までは医師としての成長を最優先して、

条件面よりも症例経験を積めそうな所や

循環器内科医として成長できそうな環境を選んできました。

 

その事自体には全く後悔はないし、

むしろそれなりに満足できるキャリアを積んできたのですが、

昔の同僚の中には開業医となって羽振りがいい先生や

中小病院に院長職についた話しなども耳にするようになり、

若干の焦燥感を持つようになってきていたのです。

 

今お勤めの病院の後輩医師が退職することを知り、

その先生に話し掛けてみると、

「E先生には本当にお世話になりました。

この病院も決して悪くはないんですが、

次の病院がかなり高待遇で迎えてくれるので

辞めざるを得ないと言うか…。

E先生にはご負担をお掛けして申し訳ないのですが…」

とおっしゃいます。

 

そうか…。

それならしょうがない…。

ちなみにどれくらい給料上がるんだい?と聞くと、

「年収で今よりも300万円くらい上がります」。

 

年収300万円アップか。

月収にしても25万円も上がるのか…。

 

それ以降、インターネット上の転職の広告が

目に付くようになったE先生。

 

年収2000万円以上も相談可能とか、

当直なしで年収300万円アップとか、

そんな怪しい文句にホントなのかなあ?と思いつつも

それが本当なら羨ましい限りだ…と

時々求人をチェックするようになりました。

 

そんなある日、

ご自宅から通勤圏内の病院の求人を見つけて、

そこがかなりの高条件で

医師を募集している事を知りました。

 

今の病院で時々連携する事もあり、

その対応を見ると割と好感を持っています。

ある紹介会社が出している求人のようですが、

ともかく興味があるので問合せを入れてみると…。

 

それから1年…。

年収はかなり上がりました。

その分だけ仕事がハードになったのは否めません。

 

当直回数もオンコールを持つ事も増えました。

外部から見ていた時は気づきませんでしたが、

定着率が悪く、医師も頻繁に入れ替わります。

非常勤やスポット勤務の医師が少ないので

常勤医にそれだけ負担が大きくなっています。

 

どうやら非常勤やスポットの医師は

コストが高いので極力少なくして

その分、常勤医の給料を上げて対応させているようです。

 

それだけでなく、看護師をはじめとした

コメディカルスタッフの人数も少なく、

医療従事者をサポートする事務方のスタッフも

前の病院と比較するとかなり少ないようです。

 

なるほど…。

常勤医師の高条件を出すために

こうして効率化を図っているんだな。

悪いとは言わんが

やっぱり高待遇には理由があるんだよな…。

 

正直、お金に対する不満は消えたけど、

それ以外の面での不満が増大してしまった…。

 

もしかしたら自分は

お金に目が眩んでしまったのかもしれない…。

本当にこれで良かったのか…。

大きな決断ミス、

失敗をしてしまったんだろうか…。

悩ましい日々を過ごしているE先生でした。

 

ルナーヴァ 医師/看護師 転職求人情報 バナー

医師/看護師 最新転職求人情報サイトはこちらから!

 

安易に高条件だけに引っ張られてしまって…。

医師転職条件

 

怒涛の20台後半から30代を過ごしてきたU先生。

ハードな日々であったけれども、

必死になって過ごしてきた日々に後悔はないどころか、

むしろかけがいのないものを手に入れたと感謝しています。

 

しかし40代に突入し、

心身ともに若い頃とは同じように行かず、

そろそろ次のステージに行くべきかと考えておられました。

 

今まで積み上げてきたキャリアを活かしたい。

でも固執するのではなく新たな領域も学んでみたい。

 

そんな事を考えていると、

あれもやりたい、これもやりたいと希望にワクワクしつつ、

すべてを行う事はできなくても、

それなりに可能な施設なら前向きに考えようと思っていました。

 

しかし実際に転職活動をし始めてみると、

年収2500万円超えの求人とか、

当直なしで年俸2000万円とか、

ご自身のキャリアを振り返って

自分なりの将来ビジョンを持っていたはずのU先生も、

ん?そんなオイシイ話しがあるのか?…と

困惑気味です。

 

いくつか医療機関を見学に行ってみたのですが、

どこも帯に短したすきに長し…という感じで

ここがいい!という最善の所が出てきません。

 

これならオイシイ案件に飛びつくのもいいのでは?という

悪魔の囁きに乗ってしまったU先生。

 

当直なし年俸2000万円以上の求人を出している

医療機関に見学に行ってみると

幹部がこぞって顔を出して平身低頭で

是非ともU先生にお越し頂きたいと言います。

しかも年俸には色を付けるという事で

2200万円のオファーをしてくれました。

 

キャリアを中心に考えていたU先生でしたが、

決め手が得られない事から

このオイシイ案件で決断してしまったのです。

 

それから3カ月後…。

U先生は毎日退屈しています。

暇なんです。

患者もまばらですし、

来ても診療という訳ではなく、

自分が医師である誇りも消えそうです…。

 

さすがにこのままではいけないと思ったU先生。

幹部に患者を増やす為のアイデアを提案してみましたが、

いいの、いいの、U先生は毎日来てくれて

座っていればいいんだよ。

これだけの給料貰って楽できるんだからパラダイスでしょ…と

言われてしまいました。

 

別に自分は楽がしたかった訳ではないんだよな…。

医者としてもっと羽ばたくつもりだったのに、

これでは性根までくさってきそうだ…。

いくら高年俸だからっていつまでも続けられない…。

 

あ~あ、条件だけに目が眩んだ自分がバカだった…。

そう後悔しているU先生でした。

 

 

<年収について書いた過去記事もご覧下さい>

大幅年収アップを実現した後の大きな後悔!?

医者の給料ってどれくらいが適正なんだろう?

条件面を重視し過ぎた求人選びの失敗!?

 

ルナーヴァ 医師/看護師 転職求人情報 バナー

医師/看護師 最新転職求人情報サイトはこちらから!

当日無断キャンセルで激怒されてしまった…。

 

一般内科医のH先生。

内科の領域では何でも来いという

総合的な診療ができる強みがある裏腹に

これといった専門性がない事が弱みでもあります。

 

そんなH先生ですから

ご自身のキャリアという面では

若干不安を持っていて

将来の為にも何らかの証明が欲しいと常々思っていました。

 

たまたま参加した学会で

非常に勉強になる発表をされていたある先生に興味を持ち、

知人のドクターの伝手で話しをする機会に恵まれ、

ご自身のキャリアの悩みを打ち明けますと

「もしH先生に興味があれば当院でお仕事してみませんか?

一応、当院は知名度も高い病院ですし、

多様な症例経験を積む事もできます。

きっとH先生の将来のために当院に所属していた事は

プラスになると思いますよ」とお声掛けを頂いたのでした。

 

確かにその病院は名門と言われる病院でもあるし、

これから自分が転職をしたり、開業をする事があっても、

ネームバリュー的には効果的だろうな…。

せっかくのお誘いだし話しくらいは聞いてみたいな…と考え、

その先生にご紹介された事務長と連絡を取り合い、

ある日の仕事終わりの時間帯に面接、見学に伺う事にしました。

 

し・しかし…。

日頃の忙しさに翻弄されていて

つい当日の予定を失念してしまっていたH先生。

 

当日に何度も携帯電話に連絡が入っていて

約束の時間から2時間後にようやく気付く有様…。

慌てて連絡をしたものの

すでにその日は連絡が取れずに

翌朝平身低頭で連絡を入れてお詫びをしたのですが、

時すでに遅し…。

 

学会で出会った先生の顔を潰す事にもなり、

院長、事務長もみなさん忙しいさなかに時間を作ったのに

無断でキャンセルしたのですから

激怒されても当然と言えば当然です。

 

そして何よりもH先生にとっては

チャンスと言える機会を逃がす事にもなってしまいました…。

 

事が事ですから誰かに当日声掛けてね…なんてお願いする訳にも行かず、

かえって自分の評判を下げてしまったH先生。

情けなくて穴があったら入りたい気分だったそうです…。

 

今後はこういう時にアナウンスを入れてくれる

コンサルタントを付けて置こうと誓ったんだそうです。

後悔先に立たず…ですね。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

 

すごくいい病院なんだけど…、自分には合わない…。

 

麻酔科医のI先生。

50代半ばのベテランドクターであり、

スキル、経験ともにどこに出しても恥ずかしくない

医療機関にとっては喉から手が出るほどに

採用したい先生でもあります。

 

麻酔科という特性もあり、

I先生はわりと自由なキャリアを積んできたのですが、

そろそろ安定的に働こうと考えて、

民間の中~大規模の総合病院を希望しておられました。

 

いくつも話しは入ってきたのですが、

その中で気になる3か所の病院に見学に行ってみますと

どこも歓迎モードであり、

条件面も期待通りで、どこも甲乙つけがたく、

その中で最も設備が充実していて、

新しく施設も建て替えた病院を選びました。

 

入職して1年後…。

どうやらI先生は再びの転職活動をされています。

 

今の病院はさあ、

すごくいいんだよ。

 

経営陣もまともだし、

スタッフもやる気があって真面目だし、

他のドクター達もモチベーションが高いしね。

 

正直、こっちも思わず乗せられるくらいだし、

もう文句なしの環境なんだ…。

 

ただ…

ただ…、自分には合わない…。

 

何と言うか…

組織が若すぎるというか…。

何か…疲れちゃうんだよね…。

 

ホント全然不満なんてないし、

心底いい病院だと思うんだ。

でも、なぜか自分には合わない感じがして

しょうがないんだよね…。

 

これはすごく難しい問題ですが、

組織の風土とか、文化とか、伝統とか、

そういうものに自分がマッチしていないと感じておられるようです。

 

最後は施設や設備を重視してご決断されたからでしょうか?

一緒に働く人たちの事が視野に入っていなかったようです。

 

これを失敗と言うべきなのかは

私自身も悩みますが、

どこで働くかも重要なのですが、

誰と働くかもそれに匹敵する以上に大事なんだ…という

好事例かと思いご紹介させて頂きました。

 

ベストマッチングというのは

本当に難しいものですね…。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

 

 

求人紹介しかできないようだ…。

 

もうすぐ50代になるI先生。

今まで大学医局に所属してきて、

それなりに貢献してきたという自負はあるそうです。

 

しかし自分より若く優秀な先生も出てきて、

医局内でこれ以上の出世は見込めなくなってきたし、

研究、教育の領域でも自分の仕事としてはやり切った感があって

ここから引退までの医師としての後半戦…。

臨床分野で充実した日々を過ごしたいとお考えです。

 

今まで医局からの派遣で市中病院で勤務した事はありましたが、

ご自身で転職活動をした事はなかったので、

最近目にする事が多くなっている

人材紹介会社に依頼してみる事にしました。

 

WEB上で良く見掛ける会社に問合せを入れてみると

キャリアシートを送って欲しいと言われ、

雛形が送られてきたので作成して返送すると、

いくつかの求人が送られてきました。

 

ふむ、確かにキャリアシートに希望欄があって、

何となくこんな感じかな…と記載はしたけど

正直よくわからないままに書いただけだし、

まさかそれが自分の希望になるとは思っていませんでした。

 

実際に送られてきた求人を見ても、

当たらずも遠からず…という案件ばかりで

どうもピンと来ません。

 

I先生としては…

自分にどんな可能性があるのか?

自分では気づいていない選択肢などはあるのか?

 

こういった内容を相談しながら進めたかったので、

素直にそれをお伝えしたのですが、

それに対する返答は

「前回の求人はお気に召さなかったようなので

選りすぐりの別の求人をお送りします」との事です…。

 

う~ん、そうじゃないんだけどな…と思いつつ

送られてきた求人を見てみましたが、

特に前回と変わり映えしないようで

どうも心を揺さぶられるようなものはありません。

 

その旨をメールに書いて

1度ご相談に乗って頂けませんか?と送ってみると、

「それでは今回はいかがでしょうか?」と

送られてきたのはまた新たな求人でした。

 

さすがに堪忍袋の緒が切れたI先生は、

この会社(なのか担当者)では無理だな…と感じて、

他の会社に依頼する事にしました。

 

後々わかった事ですが、

求人案内しかできない会社と、

きちんと医師と面談して相談に乗りつつ

キャリアパスを考えてくれる会社があって、

ほとんどの会社が前者に該当するという事…。

 

何度も転職をしているようなドクターならまだしも、

そうでない医師には後者のような会社でないと

なかなか満足する求人とは出会えないんですね…。

 

結果的にI先生は

丁寧にサポートしてくれるコンサルタントと出会い、

非常に満足できる病院に入職する事ができたのですが、

もしあのまま何となく選んでしまったら、

きっとよくわからないままに入職してしまい

不満足な結果になってしまったんだろうな…。

 

求人に翻弄されなくて良かった…。

そうつくづく思うI先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

はい、これに署名捺印して…という雇用契約…。

 

自分で言うのも何だが、

私は医者になるのに必死だったので

世間知らずなんですよ…と自嘲気味に語るY先生。

 

大学医局の中では不器用ながらも

キャリアを積み重ねてきたものの

50歳を目前にして退局する決断をしました。

 

初めての転職活動という事で、

よくわからないままに進めてきたけど

何とかそれなりに納得できる病院が見つかり、

入職の準備を進めております。

 

入職の手続きをする際に

事務長から1枚の書類を渡されて、

「これ、雇用契約ですからここの署名と捺印をして下さい」

と言われました。

 

詳細についての説明は全くありません。

 

確かに面接の時に、年俸や手当、

勤務日や曜日、時間については聞いていたものの

内容に触れずにはい、ここにサインして…ってのはどうなんだろう?と

Y先生も腑に落ちませんでしたが、

契約で揉めたくもありませんし、

せっかく見つけた働き口でもありますから

はい、わかりましたと署名捺印しました。

 

ざっと目は通しましたが、

そもそも雇用契約書なんてよくわかりません。

 

年俸だけは間違っていない事は確認できたものの

細かい字で書かれている所までは目を通せませんでしたし、

特に気にしてもいませんでした。

 

急かされている事もあり、

すぐにサインして印を押したのですが…。

 

若干の不安はありながらも、

入職してから特に問題になる事はありませんでした。

 

それから3年後…。

キャリアアップを望んだY先生は、

新しい職場を見つけたので退職の申し出をしました。

 

すると事務長からは、

「Y先生、当院は1年前に申し出ないといけないルールなんですよ。

契約書にも書いてあるじゃないですか。」

と言われてしまいました。

 

Y先生は余裕を持って

半年前に申し出ればいいだろうと思っていたのですが

まさか1年前だなんて…。

 

困り果てたY先生は

知人に相談をすると医療に詳しいコンサルタントを紹介され、

対応策を伝授されて事なきを得ました。

 

やはり不安を抱えたままの契約は避けた方がいいですね。

実害がなかったのでY先生のケースは良かったものの、

給与が聞いていたのと違うとか、

当直やオンコールの回数が増えたのに収入は変わらないとか、

全然休めないとか、

被害に合う先生は少なくないようです。

 

契約は慎重に交わさなかければいけませんね~。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

エージェントのそれぞれの特徴を知っておかないと…。

医師転職エージェント

 

今まで医局からの派遣で

数か所の市中病院での勤務経験はあるものの

この度、退局して

初めてご自身で転職活動をする事になったU先生。

 

正直、右も左もわからない状態ですし、

知人の先生方も紹介会社を活用しているようなので

WEBでよく見掛ける会社に問合せ。

 

U先生が求めていたのは、

・転職活動をどのように行えばいいのか?

・将来的に自分のキャリアをどのように設計すればいいのか?

・自分にどんな可能性があるのか?

こういった事をアドバイスして欲しかったそうです。

 

ところが問合せした会社は、

医療従事者であれば誰もが知る会社でしたが

担当者とお会いしてみると、

ざっとU先生の希望条件を聞いたら

後はこの求人はこの点がおススメであるとか、

この病院は待遇が良いとか、

いわゆる求人に関してのアドバイスしかしなかったそうです。

 

しかもそれが同僚の医師から悪い評判を聞いた病院であったり、

以前にバイトで行った事があって

内情があまりにもひどくて2度と行きたくないと思っている病院であったり、

なぜそこを勧めるのか?理解できなかったそうです。

 

そもそもU先生が求めているのは、

求人だけではなく、もっと転職に関して、

自分自身の未来に対して、

親身に相談に乗って欲しかったのに…。

 

これ以上話しをしていても無駄だと悟ったU先生は、

他に用事があるので…と席を立ち、

その担当者からの連絡はその後ほぼ無視をしたとか…。

 

紹介会社なんてこんなものか…と

幻滅したU先生でしたが、

困っているU先生を見かねた先輩医師が

大手だけでなく中小の方が丁寧な仕事をしているよ、

良かったら自分がお願いしている所を紹介しようか?と

おっしゃってくれました。

 

実際に担当者とお会いしてみると、

前回とは全く異なって、

親身に相談に乗ってくれるではありませんか。

 

半年後には先輩から紹介してもらった会社経由で

新たな職場に赴任したU先生。

 

条件の良し悪しだけではなく、

中長期的なライフプランに沿った可能性を広げてくれ、

ちょっとした疑問や質問にも丁寧に答えてくれる。

安心してお任せする事ができたそうです。

 

同じ紹介会社さんでも特徴はそれぞれ違うんですね。

自分に合う会社と出会う事。

ここが大事だと痛感しましたとおっしゃり、

これは病院探しや、医者探しと一緒かもしれませんねと

苦笑するU先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

想定外の医師人生…。

医師人生設計

 

大学医局に在籍して

たっぷり経験を積む事ができた20~30代。

 

大学から派遣されていた市中病院が気に入り、

内科部長職として医局とも円満に移籍して

充実した日々を過ごした40代。

 

内科医として着実なキャリアを積み、

特に不自由なくここまで生きてきたA先生。

 

ところが…

気に入って長く勤めていた病院の

経営者が変わる事になりました…。

それがまさかの展開を生み出します…。

 

経営状況があまり良くない…。

そんな噂話を耳にする事はありましたが、

まさか身売りの話しが進んでいるとは思いませんでした。

 

新経営者がどんな方針なのか?

最初は戦々恐々としながらも、

良い方向に進むなら歓迎したいし、

協力したいと考えていたA先生。

 

数カ月は特にダイナミックな改革がある訳でもなく、

診療自体は今まで通り…。

人事で変化があった訳でもなく、

特に大きな改革はないのかな…と思い始めた頃、

新経営者に呼び出されたA先生は愕然とする事になりました。

 

院長をはじめとして、

各科の部長に関しては

経営側で新しい医師を招聘するという決定事項が

突きつけられたのです。

 

辞めてくれ…という話しではなく、

新しい内科部長が来るから

進退をそれぞれ考えて欲しいという事です。

 

新任の内科部長の下で働くのも良し、

心機一転で外に出るのも良し、

ご自身で次の人生を考えて下さいと…。

 

漠然とこのまま定年までいてもいいなと考えていた

A先生ですから、まさに青天の霹靂です。

 

正直、新しい内科部長がどんな人かにもよるし、

今さら新しい環境に飛び出すのも面倒くさいという

気持ちもあります。

 

こんな事になるなら、

自分が50歳になったら…とか、

60歳になったら…とか、

もっといろいろ考えておけば良かったなあ…と思うけれども

こうなってしまった以上は後の祭りです。

 

どうしようかなあ…と悩みつつも

どうする事もできず、

プランニングの大切さをしみじみ思い知らされるA先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

 

ライフプランあってこそのキャリアプラン!?

医師キャリアプラン

 

名門病院にて輝かしいキャリアを築いてきたT先生。

いつも引っ張られるようにして

職場を変えてきていましたので、

転職活動らしいものはした事がありません。

 

専門分野の領域では名前が知れ渡っており、

より良い条件での引き抜きや、

T先生のやりたい事を実現できる環境を整える病院に

自然と移っていって業績を上げてきました。

 

そんなT先生ですから

今まで紹介会社なんて全く関心がなかったですし、

自分には無縁の世界と考えていました。

 

しかし…。

きっかけになったのはお子さんです。

 

上の子が中学2年生、下の子が小学6年生。

今まで奥様に任せっきりで、

一緒に遊ぶとか、勉強を見てあげるとか、

ほとんどしてこなかったそうです。

 

上の子は女の子で来年高校受験。

下の子は男の子で来年には中学生となり、

好きなサッカー部に入る予定とか…。

このまま俺は子育てに関わらなくていいんだろうか…。

 

何とすでに10年以上も単身赴任をしてきたそうで、

同じ医師である奥様がご自宅近くの病院で働いている事から、

理解と応援があり、それに甘んじていたのだそうです。

 

今までの自分の生き方に後悔はないけれども、

子供の為に何もしない父親でいいのだろうか…。

そんな考えが浮かんできて頭を悩ませていたそうです。

 

奥様に打ち明けると、

「あなたはその分、多くの患者を助けてきたのだから、

これからもそのままでもいいのよ。

でも自分が子供と一緒に過ごしたいのなら、

ここ1~2年くらいは仕事のスピードを緩めてもいいんじゃない」

そうおっしゃられたそうです。

 

「○○(上の子)は高校生になるんだし、□□だって中学生よ。

面倒を見る事ができるラストチャンスかもね」

 

そんな会話の後、T先生は

1、自宅から30分圏内にある病院

2、自分の専門性を活かす事よりも、

自分で可能な診療なら何でも可。

3、年俸よりも時間を重視。

 

このようなご希望を出されました。

 

タッグを組んだ紹介会社は、

T先生の先輩ドクターからご紹介してもらって

信頼のおけるところ。

 

T先生の事情や考えをよく理解してくれて、

希望条件の中でも最もT先生の満足度の高い所を

ご紹介しましょうと自信満々。

 

結果的にT先生は、

ご希望の3条件を叶えるのはもちろんの事、

想定したよりも諸々の条件を下げずに済みました。

 

それから半年後、

時間もしっかり確保できつつも、

自分のやりたい医療にもそれなりに従事できる。

そして子供たちとも楽しくやっているそうです。

 

いろんな考え方があると思うけど、

自分の決断は今回は正解だったと思う。

キャリアを伸ばす事も大事だけど、

有意義な人生を送る事はもっと大事だもんね。

 

ここ1~2年は自分にとって階段の踊り場みたいなもの。

また階段を上り始める時にも相談に乗って下さいと

担当したコンサルタントの力量を認めているようです。

 

20代、30代はハードワークも必要です。

しかし40代を超えたら、

ふと自分の今までの人生を見直してみる事も

必要なのかもしれませんね。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

選ぶべき人材を間違えた!?

クリニック開業スタッフ採用

 

開業して半年…。

 

準備にはかなりの時間と労力が掛かったけど、

開院から患者来院数は増え続けていて

経営的には順調と言えるN先生。

 

ところが大きな悩みがひとつありまして…。

 

常勤2名、非常勤2名の看護師を採用したのですが、

この内の1人の常勤看護師に頭を抱えているのです。

 

そもそもは常勤1名、非常勤2名で

スタートするつもりだったのですが、

締切寸前に応募のあった看護師さんが

非常に経験値が高くキャリアも豊富な方でした。

しかもご自身のクリニックには必要不可欠な

バッチリの経験を持っています。

 

看護師の布陣はだいたい固まってはいたのですが、

このレベルの方はそうはいないし、

会わずに逃すのはもったいなさ過ぎる。

上手くいけば3人の看護師さん達を束ねる

リーダー的な存在になってくれるかもしれない…。

そんな事を考えて面接をする事にしました。

 

実際に面接をしてみると、

非常に高いモチベーションと

書類上よりも豊富な経験値があるように思えます。

そして後輩への指導や取りまとめ役もお任せ下さいと

実に意欲的でもあります。

 

う~ん、当初の人員計画を変えてでも

採用する価値はありそうだな。

その割には求めている給与水準も高くないし

これは新しいクリニックの為になる

有用な人材との出会いだから

採用すべきなんじゃないか…。

 

そうN先生は考えて採用する事にしました。

ただひとつだけ気になっていたのは、

わりと短期間でお辞めになっているケースが多く

半年から1年くらいで転々とされていたんです。

そこは心配だったのですが…。

 

入職してみると、

年齢的にも看護師さん達の中では最も高く、

キャリアも豊富という事で

リーダー的な存在に自然となっていきました。

N先生としては目論見通りで良かったのですが…。

 

最初に表れた嫌な兆候は遅刻です。

初めての遅刻から、その後は頻繁になっていき、

挙句の果てには急な休みも出てきました。

 

法事だとか、家庭の事情とか、

最初は真っ当な理由だったのですが

飼っている犬を病院に連れて行くとか、

買い物をしてから出勤するとか、

段々と非常識な理由も増えてきました。

 

他のスタッフの手前、

さすがに看過できないと考えたN先生は、

厳しく注意をしたのですが

するとどうでしょう…手の平を返すように

普段の仕事ぶりにも変化が表れて…。

 

院長の診察が遅いとか、

院長の患者に対する態度がなっていないとか、

そんな形で院長批判をするようになり、

他のスタッフに対しても

こんな職場で長く勤めるべきではないとか、

待遇が悪すぎるとか、一緒に辞めよう、

みんなで辞めて院長を困らせよう、などと

とんでもない事を吹聴する始末…。

 

その後もこじれにこじれ…

結局本人にはお辞め頂いたのですが

N先生もこの間はとてつもなく大きなストレスを

抱える事となってしまいました…。

 

幸い他のスタッフとは良好な関係が築けており、

味方になってくれたので良かったですが

いくら優秀そうな方でも

やっぱり転々としている人を雇うのはリスクがあるなあと

しみじみ語るN先生でした。

 

採用ってかくも難しいものですね…。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録