ペコペコして誤魔化しばかりのコンサルタント!

 

大学医局に所属してはや20年…。
自分の中では医師として折り返し地点に来たと感じている
脳神経外科のS先生。

特に大きな不満がある訳ではないのですが、
医師としての後半戦をどのように生きていくべきか?
ちょっと悩ましく思っていました。

というのも現在医局から派遣されている病院が
かなりひどい…。
院長のワンマンが行き過ぎていて、
医師をはじめスタッフ達の定着率が相当低い…。

いつも新しい人が来ては去っていく状況を見ていて、
この病院は大丈夫かな?
こんな病院をジッツにしている我が医局は大丈夫か?
そんな事を考えるようになったのが要因のひとつです。

すぐに転職をしようとまでは考えてはいなかったけど、
今の状況を考えると転職も選択肢に入れてもいいかな?と思い、
WEBで良く見掛ける人材紹介会社に問合せをしてみました。

ところが…。
担当者とお会いしてみると、
すでに転職をする事が前提となっており、
S先生の希望を聞いてそれに合う求人をマッチングする事。

もうこれ以外は考えていないんですね…。
サイト上では丁寧なカウンセリングだとか、
無料でご相談に乗りますとか、
親身で手厚いサポートしますとか、
5年後のキャリアプランを明確にしますとか、
転職しない選択肢も含めて相談可能ですとか、
上手い事を言う割には全くそうではない有様で…。

実際に担当者と話しをしていても、
医療の事をよくわかっていないし、
医師の仕事の事もよくわかっていないし、
経験も浅いようでまったく頼りになりません…。

業界最大級の求人を誇ったり、
転職した医師の満足度が高い事をアピールしていたけど、
ホントかあ?と不思議に思うほどでした…。

こりゃダメだ…と思ったS先生は、
他の会社にも問合せをしてみましたが、
すぐに求人が送られてくる会社とか、
すぐに転職をさせようとする会社を排除して、
あと2社の担当者とお会いして話しをしてみましたが、
最初の会社とまったくレベルは一緒です。

結局のところ、
経験が浅くて知識もないので、
ペコペコして、どういう病院を望んでいるのかを聞き出し、
ペコペコして、どこか受けてみましょうというだけなのですね。

S先生が求めていたのは、
自分にはどんな選択肢があって
どのような可能性があって
それらについて回るメリットやデメリットを知り、
その上でご自身の将来を検討し、
取るべき行動を考えていきたかった訳ですが、
どの会社も求人、求人。

あ、そういうお考えでしたらこの求人などおススメです…とか、
ビジョンが固まっていない先生にはこの求人などいかがですか?と
嫌われないようにペコペコするのが彼らの仕事のようです。

それでも求人に関して詳細まで把握しているならまだしも、
実際には自ら足を運んでいない病院であったり、
内情に関してはデータにある以上の事を知らずに、
何か突っ込むと調べて別途連絡しますとペコペコして逃げるんです。

どいつもこいつもこんなものか…と思っていた所に
先輩ドクターから紹介してもらったコンサルタントとお会いしたら
これがもう段違いでした。

結果、3年後くらいを目途に次の展開を考えようとなったのですが、
医療や医師の仕事に詳しいどころか、
プライベートを含めてどんな相談を投げ掛けても
いくつかの選択肢を提示してくれる。

第一まったくペコペコなどしておらず、
自信満々である事も安心できます。

やっぱりWEB上で検索掛けて選んじゃいけないんだな。
ネットの情報は信じちゃならんとわかっていたつもりだけど、
知らない世界の事はつい信用してしまう…。

でも先輩から良い人を紹介してもらって助かったよ。
これがなければ紹介会社なんか2度と使わん…となってたしね。

ネットも便利だけど、
やっぱり持つべきは友だね~としみじみ思うS先生でした。

 

<転職コンサルタントについて書いた過去ブログもご覧下さい。>
メールのやり取りだけで済ませてしまって…。
信頼関係は構築できるのか?
入社して半年の転職のプロフェッショナル?

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

こ・こんな若造に何がわかるんだ!?

 

医師になって20年。

大学医局に所属し続けてきたJ先生。

 

自分としては医師としての折り返し点を回り、

最後のラストスパートをどのように挑むのか?

 

医師としての集大成に向かって

真剣にキャリアプランを考えていました。

 

自分には特別な人脈などないし、

どの病院が自分に合うのか、

自分の考え方に合う望ましい病院はどこなのか、

そういう事はやはりプロと一緒に動いた方が良いだろうと判断し、

人材紹介会社に依頼する事にしました。

 

どこの会社が良いのか?もよくわからない為に、

取り合えずWEB上でよく見掛ける会社を

3社ほどピックアップして問合せを入れてみたのです。

 

3社ともに反応は早かったです。

すぐさまにJ先生のご希望条件を伺いたいと連絡が入り、

それぞれアポイントを取ったのでした。

 

ところが担当者との待ち合わせ場所に行くと驚きました…。

どう見ても20代半ば…。

おいおいこっちは自分の人生かけて来てるのに

こんな若者で大丈夫か?とは思ったものの

いや知名度の高い会社だし若くても優秀なのかもしれないと思い直して

打合せをスタートしたのですが…。

 

ダ・ダメだ…。

医療の事を知らなさ過ぎる…。

 

型通りの希望条件を聞いて

それに合う求人を紹介して見学に連れていく事しか考えていない…。

フォーマットの聞き取りシートを持っていて、

それ以外の話しは雑談すらできない…。

医療を知らないのは百歩譲るとしても

知性と教養があまりにも欠けている…。

こんな若造に俺は何を依頼するんだ?

できる訳がない…。

 

決して人として悪い訳ではないものの、

あまりにもな経験不足、知識不足…。

申し訳ないけど…とこの方には丁重にお断りを入れました。

 

しかし他の2社もやっぱり似たような展開でした。

まあ比較的まともかな?という担当者はいたものの

この人と一緒に活動するなんてとても思えません…。

 

人材紹介会社の人ってのはこの程度なのか?

どこも同じレベルなのか?

これでは自分で動くしかないのか?

そんな事を考え始めたJ先生ですが、

以前にある先輩ドクターが転職した際に

紹介会社を使っていた事を思い出し、

自分の現状と先輩がどういう会社と

どのような付き合いをしているのか伺ってみました。

 

すると大手の紹介会社ではよくあるパターンだな。

数多くの求人を見たいなら大手もいいけど、

本当の意味でのパートナーを見つけたいなら中小だよ。

ベテランの経験も知識も豊富な人たちがいるからね。

自分は中小の本当に信頼できる人と

転職後もずっと付き合っているよ…との事でした。

 

その先輩に紹介されて中小の担当者とお会いしてみましたが、

もうレベルが違うというか、段違いです。

年齢も自分と近くて、プライベートな部分でも共感してもらえます。

結果、こちらの担当者と一緒に動き、

良い転職をする事ができたのでした。

 

若いのがすべてダメだとは思わないけど、

経験、知識を身に付けるには時間が掛かるからね~。

やっぱり自分のパートナーは相応しい人になって欲しいし、

今回は道を誤らなくて良かったよ…と語るJ先生でした。

 

<コンサルタントについて書いた過去ブログもご覧下さい>
求人の内容を全然把握していないコンサルタント…。
ザ・サラリーマンな担当コンサルタントは使えない!
どういう開業コンサルタントを選ぶべきか?

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

医師もキャリアプランニングを考えなきゃ!

医師キャリアプランニング

 

7年目のN先生。

後期研修を終えて母校の医局に戻り、

臨床、研究に精を出していたのですが

ちょっとした人間関係の躓きで

後先を考えずに退局してしまいました。

 

医師としてこれから…という年代ですし、

専門性を高めるのもこれから…というタイミングです…。

 

決して計画性のあった退職ではなく、

それこそケンカ別れのような状況でしたので

今後の事などほとんど考えておりません…。

 

特に伝手がある訳でもないN先生は、

紹介会社に問合せをしてみました。

担当のコンサルタントとお会いしてみると、

様々な希望条件を聞かれたのですが、

いろいろ不満も溜まっていたN先生は、

「年収は多ければ多い程いいなあ。」

「当直はできるだけしたくないなあ。」

「ハードな勤務は勘弁して欲しいなあ。」

 

自分でもこんな我儘だらけじゃ

紹介してもらえるところなどないんじゃないか?と

思っていたのですが、

担当の方は

「かしこまりました、

早速明日にはご希望に合う求人をご案内致します」

と言うではありませんか。

 

楽しみに待っているとメールが送られてきました。

が、そのほとんどは自由診療…。

 

美容クリニックとか、AGAクリニックとか、

メンズクリニックとか…。

 

そりゃ年収はいいし、当直もないけど、

俺ってそういうのがやりたいの?

確かにいろいろ検討したいから自分の専門分野だけでなく

幅広くご紹介して下さいとは言ったけど、

まさかこんな事になるとは思わなかった…。

 

別に自由診療を悪く思っている訳ではないけど、

自分の未来はそこにあるんだろうか?

そもそも自分のやりたい事は何なんだろうか?

将来どんな医者になりたいんだろうか?

 

思っていたものとは違う求人を見ながら、

自分を振り返るN先生…。

 

このままじゃいけない!

そう気づき、

自らのキャリアプランを真剣に考えるようになりました。

 

自暴自棄になってはいけない。

これからの医師としての人生…、

どうあるべきか、どうありたいか、

自分なりに考えなきゃいけない。

 

踏みとどまって考え続けているN先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

医局に頼れない時代だから…。

医師大学退局

 

もうすぐ50代に突入しようという

内科医のS先生。

 

東京都内の大学を卒業し、

その後は郷里の大学医局に入局し

もうすぐ25年になろうとしています。

 

今まで医局を出ようなんて考えた事もなかったようですが、

若手の先生方が数年で退局し

自分のやりたい事を実現するのを目にしてきて、

また派遣先病院での待遇が徐々に悪くなっており、

このまま医局にいても出世の見込みもないし

そろそろ自分も考えなきゃな…と思うようになったんだそうです。

 

とは言え元々開業志向があった訳でもないし、

派遣先病院の経営状態を見ると

市中病院に行ったから何かが変わるとも思えない。

 

あと20年…。

自分が70歳で引退をするとして

この先20年をどう過ごすのか…。

医局に在籍し続けるべきか…。

それとも一念発起して新たな道を歩み始めるか…。

 

そんな悶々とした日々を過ごしていたS先生ですが、

ある日教授に呼び出されました。

 

〇〇病院に行ってくれ…。

 

どうやら今まで派遣されていた若手の先生から退局の申し出があり、

慰留していたのですが本人の意思が固く、

後任を探さざるを得なくなってしまったのだそうです。

 

別に〇〇病院は悪い評判がある訳でもないし、

決して嫌な訳ではありません。

ただ自宅からは通勤時間が2時間半以上掛かる…。

この年になってまさかそんな遠方の病院に行く事になるなんて…。

 

そもそも今の教授とは付き合いも長く、深く、

人間性もよくわかっているし、関係性も良い方です。

その教授が自分を指名するのだから、

他の先生との調整が上手く行かず

〇〇病院との関係を考えても派遣医師を少なくする訳にも行かず

余程困っての依頼なんだという事はわかります。

 

ですが往復5時間以上の通勤時間は体力的にもキツイ…。

しかも自分の心情としても悩みが大きかっただけに

果たしてこれを受けるべきかどうか…。

 

結論を申し上げますと…

S先生は一旦〇〇病院に赴任する事を了承しました。

ですが1~2年後に退局する旨を前提としての受諾です。

困り果てていた教授は取り敢えず理解してくれたそうです。

 

今、毎日往復5時間以上を掛けて

○○病院に通勤しています。

 

この毎日5時間を有効に使おうと考え、

書籍やWebから積極的に情報収集をしているんだそうです。

 

今後、自分の人生をどうすべきか?

どんな選択肢があるのか?

自分らしいキャリアプランとはどんな形なのか?

内科医の採用ニーズは地元にどの程度あるのか?

妻や子供たちにとって自分がどんな働き方をするのがベストか?

 

いろいろ考えて、悩まれて、

でもおぼろげながらも理想の形が見えつつあるようです。

 

決して医局に長く在籍していた事をマイナスとは思いませんし、

大学にいたから手に入れる事のできたものもたくさんあります。

 

ただ知れば知るほど

医療を取り巻く環境が大きく変わってきている事を知り、

もう少し早く自分の近未来について考えておいた方が良かったな…。

 

そんな事を考えながら

退局に備えて自分のキャリアプラン構築と

新たな職場探しを進めているそうです。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

 

演説のようになってしまった…。

医師転職面接

 

ビジョンをしっかりお持ちのY先生。

ご自身のキャリアプランをしっかり考えて、

ピッタリの病院を見つけました。

 

希望に相当に近いので、

Y先生も気合いが入っています。

 

面接当日、院長、診療部長、事務長の3名と

お会いしたY先生は、

ビシッとスーツを着て、

質問にも明確に応えており、

お三方の表情も実にいい感じです。

 

段々と乗ってきたY先生は、

好条件を獲得する為にも

いかに自分が優秀な医師なのか、

採用すべき人物なのかをわかって欲しいと

気合いが入り過ぎてしまいました。

 

挙句の果てには先方からの質問に、

5分以上お応えするようになり、

まるで演説をしているかのよう…。

 

お三方の表情も段々と曇ってきて、

逆にそれを見たY先生は名誉挽回とさらに

頑張り過ぎて演説してしまう始末…。

 

面接終了後、Y先生はグッタリ…。

さすがにしゃべり過ぎたか…。

最初はいい感じだったのに、

最後は早く話し終わらないかなあ…ってなってたもんな。

 

面接って難しい…。

そうつぶやくY先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

自分自身の将来ビジョンは?

医師キャリア失敗

 

12年目の糖尿病内科医のM先生。

現在も総合病院でバリバリご活躍されています。

 

実は前の病院と今の病院は上司が同じです。

 

上司の先生は非常に優秀な先生でありますし、

尊敬できる方だとも思い、

上司の先生の転職に伴い一緒に病院を移ったのです。

 

ところが…。

月日が流れるとともに

今までの良好な関係が段々と崩れてきてしまい、

もうこれ以上一緒にはやれない…という

残念な状況に陥ってしまいました。

 

そこでふと考えました。

自分はこの先何がしたいんだろうか?

 

今の病院は上司が上層部と話しを付けて

自分もそれに引っ張られた形。

 

何がやりたいとか、

望ましい環境とか

あまりお考えになった事がなかったそうなんですね。

上司に任せておけば、

この上司に付いていきさえすれば

上手く行くだろう…

漠然とそう考えていたと…。

 

その上司と決裂した今、

あまりにも自分自身の事を考えていなかった事に

愕然とするM先生でした。

 

サイトや医療系雑誌などで求人を眺めていても

今ひとつピンとこないし、

考えてみたらそもそも自分で転職活動をするのは初めて…。

 

有難い事に糖尿病内科の求人はたくさんあるんだけど、

給与や勤務日数などの条件、

医局の人員体制に多少の違いはあっても、

どこを重視すべきかよくわからないし、

どれが正解かもわからない…。

 

いっその事、開業しちゃおうかな…とも考えたけど

こっちの方が準備も計画もないし、

どうすればいいのかもわからない…。

 

途方に暮れるM先生ですが、

結局自分が何をしたいのか!

ここを明確にしなければいけないんだよな。

これがキャリアプランを考えるという事か。

そう気づき、今は自分の内側と相談をする毎日です。

 

医局の先輩に誘われたからとか、

同僚がいる病院だからとか、

仲間内の医師に評判の良い病院だからとか、

このような形で勤め先病院を決める先生も

少なくないですが、

それよりも何よりもご自分が何をしたいのか?

5年後、10年後にどうなっていたいのか?

 

これが肝心なんですね。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

次の仕事だけでなく、その先の仕事も考えないと…。

医師転職高条件

 

30代半ばの整形外科医のS先生。

 

専門医も取れたし、

もともと大学医局には長く在籍するつもりがなく

民間病院に飛び出したまでは良かったが、

その病院も部長とソリが合わずに1年ほどで退職。

 

たまたま整形外科クリニックを新設する

知人が勤める医療法人から

高待遇の雇われ院長ポジションを打診され、

よし、これだ!と話しに乗ってしまったが…。

 

オペがしたい…。

 

まだお若い先生はオペが好きで整形外科を選んだのに、

安易にクリニック院長になってしまった為に

オペ設備がなく、オペのない外来だけの日々。

しかも2年間は辞める事ができないそうです。

 

給与面は満足ですが、

毎日毎日オペがしたい…と思いながら

外来患者さんを診察する日々。

 

もう同じ過ちは繰り返さないように

自分が何をやりたいのか?を考えながら

キャリアプランを練り続ける毎日だそうです。

 

プランニングなき決断は

道を誤まりますね~。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

人生の目的をどこに置くべきか?

 

後期研修を終えて自費診療100%の世界に

飛び込んだY医師。

 

最初の数年は同期の中でも

抜きん出た給与を稼いでいたし、

大学病院時代とは異なる刺激的な毎日で

非常に楽しく仕事をしていた。

 

それから2年…。

業界全体の潮目が変わり、

思うように患者が集まらず、

来る患者、来る患者が同じような処置を求めていて

自分のスキルアップも図れない。

 

営業的な患者獲得への取り組みも増えてきて

戸惑う毎日…。

 

自分はなぜ医師になろうと思ったのか?

悩むようになり、

紹介会社などに相談もしてみたけど

案内される求人は自費率が100%の

今と似たようなものばかり…。

 

他の求人は現在の年俸水準を大幅に下げないと

難しいと言われてしまい、

これからどうすべきか…。

 

医者として何がしたいのか?

年俸を大幅に下げても保険診療の世界に戻るべきなのか?

このまま自費診療の世界で生きていくのか?

 

キャリアプランを設計せずに、

興味のある世界に勢いだけで飛び込んでしまい

若干後悔をしつつある毎日…。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録