そんなに焦って転職したい訳ではないんだよ!

医師紹介会社エージェント

 

大学医局の在籍も10年となり、
そろそろ次のステップを考えているH先生。

とはいえ今までは自分の事で精一杯。
専門領域を追求してきた為に
他の先生方がどのように職場を見つけているのか?
医師の転職マーケットがどんなもんか?
まったく想像もつかない様子です。

そこで以前にイベントで知り合った
エージェントの方を思い出し、
連絡を取ってみました。

するとすぐさまアポイントを求められて、
翌日の診療後にお会いする事になったそうです。

H先生としては
いろいろ聞きたい事もあったので
これ幸いと思っていたのですが…。

H先生は連絡した目的などを丁寧に説明し、
質問をし始めたのですが…。

その担当者は、
ご希望の年収は?
弊社は非公開求人も数多くありますので…
病院の規模はどれくらいが望ましいですか?など
H先生の質問をはぐらかしながら
希望条件などを聞き出そうとします。

H先生はそうじゃないんだよね…
だから最初にすぐの転職を考えている訳ではなく、
いろいろ情報を集めて
事前に研究したいって言ったじゃん…と思いながら
適当に応えながら、
他にもいろいろ質問をするのですが
どうも会話が成り立ちません。

挙句の果てには、
そんなH先生のおススメできる求人はこちらです…と
求人票をいくつか出してきて、
どれか興味があるものはありますか?と聞いてきます。

あ~ダメだ…。
この人は一刻も早く転職させる事しか考えていない…。

すみません、ちょっと次の約束があるものですからと
その場は早々に退散したそうです。

翌日から頻繁にその担当者からメールが届きます。
H先生におススメの求人はこちら!と
毎回7~8件の求人が案内されます。

おススメってこんなにあるんだ。
でも全然興味が湧かないんだけど…。

先輩ドクターに聞いてみると、
そりゃ大手のエージェントなんてそんなもんだよ。
良い情報を持っていて、
いろいろ相談に乗ってくれるのは
中小の紹介会社だよ。
まあ中小ならどこでもいい訳じゃないけどね…。

そうか…。
時間の無駄だったなと気づいたH先生でした。

 

<過去のコラムもご覧下さい!>

無能な上司の下では仕事ができない!?

求人の内容を全然把握していないコンサルタント…。

求人を何件も貰ったのでついその中から選んでしまった…。

 

 

こんな高条件はないと思っていたのに…。

医師高待遇求人

 

今まで大学医局で長く勤めてきたE先生。

後輩ドクターが退局する事になり、
送別会でいろいろ話しを聞きました。

民間の総合病院に転職する事、
その求人はエージェントより紹介してもらった事、
今よりもかなり待遇が良くなる事、
その割にはハードな勤務から解放されそうである事、
自分は真剣に転職を考えていた訳ではなかったけれども
あまりにも良い求人だったので考えざるを得なかった事…等
E先生にとっては青天の霹靂のような話しでした。

よく考えてみれば後輩のドクターのように
自分も転職なんか考えた事はない。

今まで大学に在籍している事に疑問など持った事もないけど
そんなに高条件で、楽になるなら考えた方がいいかもな…。

漠然とそんな事を考え始めたE先生は、
WEB上で良く見掛ける紹介会社に問合せをしてみました。

 

医師/看護師 転職求人アプリ

※画像クリックで、医師転職求人アプリ・ダウンロードサイトに飛びます!<スマホ・タブレットの方のみ>

 

担当の人とお会いしてみると
頼りなさそうな若者…。

E先生は取り合えず後輩ドクターから聞いたように
自分の希望を担当者の人に伝えました。
さすがに我が儘を言い過ぎかな…というくらいに…。

E先生ご自身もそもそも転職したいというよりも、
どんなもんかなあと様子見のような所がありましたので
どうせ希望通りのものは出てこないだろうと思っていたそうです。

しかし3日後、担当者よりメールが届き、
E先生のご希望にピッタリのものが出てきましたと
案内が来ているではないですか!?

内容を見ても確かにその通り…。
当直はない、オンコールもない、年収も高い…。
E先生はちょっと怪しさを感じたらしいですが、
まあそんなに良い求人だったら
話しだけでも聞いてみるかと思い見学に行ったそうです。

理事長が直々にお迎えして、
是非E先生のような方にお越し頂きたいと平身低頭、
しかもその場で年収アップまで約束。

う~ん、こんな話しがあっていいのか?
自分が今まで大学でやってきた事は何だったんだ?

 

ルナーヴァ 医師/看護師 転職求人情報 バナー

医師/看護師 最新転職求人情報サイトはこちらから!

 

疑問に思いつつも
後輩ドクターから聞いた話し以上に良い条件…。
思わずE先生はこの話しに乗ったそうなのですが…。

1年後…。
E先生は憤慨しています。

当初聞いていた条件は反故にされて、
来年度からは給与を下げると理事長に言われました。

あれだけ平身低頭で是非と言っていた理事長も
入職してからは人が変わったように
患者を集めろ、検査をしろ、薬を出せ、と
結局金儲けしたいだけか?というような態度に豹変…。

後輩ドクターに連絡すると、
その先生も困っていたそうです。

こちらは人間関係がすさまじく悪く、
殺伐とした雰囲気で、
毎月のように医者やスタッフが辞めていく…と。

結局、不思議なくらいに高条件な求人には
やっぱり裏があるんですね。

失敗した…。
後悔先に立たず…と身に染みたE先生でした。

<過去記事もご覧下さい!>
求人を何件も貰ったのでついその中から選んでしまった…。
求人の内容を全然把握していないコンサルタント…。
非公開求人に騙された!

 

 

医師/看護師 転職求人アプリ

※画像クリックで、医師転職求人アプリ・ダウンロードサイトに飛びます!<スマホ・タブレットの方のみ>

ルナーヴァ 医師/看護師 転職求人情報 バナー

医師/看護師 最新転職求人情報サイトはこちらから!

 

 

え!今日面接だったの?

医師転職面接

 

大学医局に在籍してはや10年のE先生。

今まで特に疑問も感じずに
医局で仕事をする事に誇りを持ってきましたが
民間病院に転身した同期の先生の話しを聞き、
自分も可能性を探ってもいいのかな?と
考えるようになったそうです。

同期の先生は紹介会社を利用したと聞きましたので、
転職経験のないE先生もプロに依頼した方が良いかと考え、
WEB上で検索を掛けてみますと…
何十社も出てきて戸惑ってしまいました。

う~ん、こんなにいろんな会社があるとは思わなかった。
さて、どこに声掛ければいいんだろう?と悩みながらも
やっぱり聞いた事のある会社の方が無難だよな…と思い、
大手の紹介会社に問合せをしたのだそうです。

 

医師/看護師 転職求人アプリ

※画像クリックで、医師転職求人アプリ・ダウンロードサイトに飛びます!<スマホ・タブレットの方のみ>

 

担当の方と面談をすると、
想像よりも若くて、医療の事も知らない様子。
大丈夫か?と不安に思ったそうですが、
翌日から様々な求人を紹介してくれたので
やっぱり大手はいいねえ~と思った矢先…。

1件、気になった求人があったので、
その旨を担当の方に伝えると
面接云々の前に見学に行ってみませんか?
雰囲気を味わってみるだけでも価値はありますよ…との事。

それもそうだなと思い、
決められた日時に病院に伺ってみますと…。

対応に出てきた事務長から、
E先生、履歴書はご用意頂けてますか?と聞かれ、
いえ、今日は見学だけと聞いてきましたので…と伝えると
事務長は怪訝な表情です。

その後、立派な応接に通されて、
登場したのは院長と診療部長…。

え!なに、これ、面接…。

気軽な見学と聞いてきたE先生はパニックになり、
厳格そうな院長からの質問には、
上手く応えられなかったそうです。

 

ルナーヴァ 医師/看護師 転職求人情報 バナー

医師/看護師 最新転職求人情報サイトはこちらから!

 

E先生は当院のどこに関心を持って下さったのか?と聞かれても
取り合えず雰囲気を見にきたE先生には
戸惑うばかりです…。

しどろもどろになりつつ何とか乗り切ったE先生。

病院を出て担当のコンサルタントに連絡。
見学と思ってきたのにいきなり面接をされたんだけど…と
苦言を呈すると、
よくある事ですよ、
でも院長と話しが出来た方が雰囲気は掴めますよね…と
その担当は悪びれもせず言ったそうです。

さすがに怒り心頭のE先生。
もうこの人とは無理だ…と考えて、
この会社との付き合いは止めたんだそうです。

どうしてこういう事になるのか…。
これは紹介会社内の問題です。

彼らはKPIで管理されていますので、
医師が問合せをしてきた段階から、
入職決定までのプロセスを求められるのです。

つまりある医師に、
何件の求人を案内したのか?
何件の面接を組んだのか?
内定は何件もらったのか?

このように管理されれば、
なかには仕事のできない担当者が
嘘を付いてまで数を稼がなきゃならないんですね。

おそらくE先生はその犠牲になってしまったと思われます。

人様に迷惑を掛けるKPI…。
こんな大手紹介会社に騙されないで下さい…。

 

<紹介会社について書いた過去コラムもご覧下さい!>

しつこい紹介会社は勘弁だ!

WEB上で検索を掛けて紹介会社を選んだ失敗事例!

非公開求人に騙された!

 

 

医師/看護師 転職求人アプリ

※画像クリックで、医師転職求人アプリ・ダウンロードサイトに飛びます!<スマホ・タブレットの方のみ>

ルナーヴァ 医師/看護師 転職求人情報 バナー

医師/看護師 最新転職求人情報サイトはこちらから!

 

 

何かいい求人ないかなあ?

 

40代半ばのE先生。

特段現状に大きな不満がある訳ではありませんが、

だからと言ってやりがいや充実感がある訳でもありません。

 

周囲の先生方は、

開業をしたり、転職をしたり、

それぞれのビジョンで新たな人生を歩んでいますが、

ご自身の毎日には変化がなく、

これといったやりたい事もなく、

かなり閉塞感に満ちています。

 

同僚や出入りの業者には、

「どっかいい病院ないかなあ?」とか、

「何かいい求人ないかなあ?」と

声を掛けるのが日課になっています…。

 

そんなある時、知人のMRが、

「私の知り合いの紹介会社のエージェントが

E先生にピッタリの案件を持っていると言うのですが、

話しだけでも聞いてみませんか?」との話しを持ってきました。

 

まあ話しぐらいなら…と思ったE先生は

担当者とお会いしてみました。

 

とある企業が設立するクリニックの院長になって欲しいと。

しかも条件的にはかなりの高待遇…。

 

日々閉塞感を感じていたE先生は

思わず興味を持ってしまいお話しを進める事にしました。

 

オーナー側の企業の担当者は、

E先生の為にできる事は何でもやる、

E先生は一切のリスクを背負う必要がない、

やりたい事を思う存分やってくれていい…。

 

このような事をおっしゃいます。

当直もなくなるし、

給料も相当に良くなるし、

これだけ自分を求めてくれるなら

乗ってもいいかと思い契約をしたのですが…。

 

それから10か月後…。

E先生は窮地に陥っています…。

患者が思うように増えないんです…。

 

E先生から見ると、

そもそもの立地に問題があると思うのですが、

会社側はE先生の診療に問題があると言ってきます。

このままでは給与を減らさざるを得ないとも言います。

その割には宣伝広告を打とうと提案してもNG、

新たな検査機器を購入しようと提案してもNG。

何らE先生の考える集患策は認めてもらえません。

 

こんな話しには乗らなければ良かった…と

後悔先に立たずのE先生ですが、

そもそもご自身の中でプランニングがなかったのが要因ですね。

 

何かいい仕事…ではなく、

ご自身の夢や希望を叶える為に…という発想が必要だった…。

そう反省するE先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

信用が置けるエージェントと置けないエージェントの使い分け!?

 

すでに300社以上もあると言われている

医師及び医療従事者向けの人材紹介会社…。

 

最大手の企業から1人で運営している企業まで、

その規模、理念、方針、運営手法、マッチングスタイルまで

多種多彩であります。

 

すでに10社以上の人材紹介会社を活用しているM先生は、

それぞれの特徴を良く掴み、

その特徴を活かした使い分けをしているそうです。

 

そもそも最初にお付き合いしたのは、

Web上でも良く見掛ける老舗かつ大手の人材紹介会社でした。

 

担当者は30代後半の男性。

M先生はどうもこの担当者と気が合わず、

でも求人案内だけは相当数してくれるので

それなりの距離感を持ってお付き合いをしていたそうです。

 

ところが同僚医師から紹介してもらったエージェントの担当者は

非常に気が合って、医療も詳しく、その考え方、人物面も素晴らしい。

ただ彼の所属する企業は中小企業に毛が生えた小規模運営で、

求人数自体は決して多くはなかったそうです。

 

大手所属の担当者は案内してくれた求人について問い合わせても

実情を良くわかっておらず、他の担当に確認してから連絡すると

いつも逃げの姿勢。

 

ある時、この人から案内された求人について、

小規模企業に所属する担当者に相談をしてみると

とてもスピーディーかつ誠実な対応をしてくれました。

 

表向きの情報だけではなく

かなり突っ込んだ内情までリサーチしてくれたし、

他のドクターの意見や感想まで教えてくれる…。

 

それからM先生は大手の担当者が案内してくれる求人で

ここは気になるな…という所は

この別の担当者に相談するようになったのだそうです。

 

また常勤先だけでなく、アルバイトに関しては、

やはり餅は餅屋だという事で、

アルバイトに強いと評判の会社を利用しており、

非常勤の場合はここか、ここ。

スポットの場合はあそこか、あそこ。

 

こんな感じで上手く使い分けているそうです。

 

もちろん最も大事な常勤先を探す時は、

慎重には慎重を期して、

情報を持っている会社、

コンサルタントの能力、経験、人間力が高い会社、

老舗で医療機関とのパイプが強い会社、

最近伸びてきている新しい会社、

量ではなく質を重視している会社…。

 

このように分類して、

その時々によって使い分けと長所を見極めて

それぞれの強みを最大限に活用しているのだそうです。

 

結局、信用というひと言だけではなくて、

そのエージェントの何を信用して、何が信用できないのか、

それを把握して、上手くミックスさせて、

自分自身の為に、患者の為に、最適解を探しているだけなんですよ…。

そうおっしゃいます。

 

ただモラルとしてはどうか?と自分も思うし、

紹介会社の人にとっては、やっかいな医者だと思われるかもしれないけど、

まだエージェント自身に歴史がなく、

本当の意味での信用が置けないのだからしょうがない…。

 

きっといつかこの人と人生を歩みたいという

パートナーとして相応しい方が出てくると思うから

それまではこんなスタンスで行こうかな…と考えてるんだ。

 

とは言ってもあまり社数が増えてくると、

自分でも、ん?この会社はどこだ?とか、

この担当者は誰だ?なんてことも出てきてしまってる…。

 

あんまり増やし過ぎるのも良くないよね…。

でも、本当に信頼できる人が出てくるまでは

これも致し方ないかな…エージェントの方々も

その内にレベルアップするだろうし、

その時にはすべてお任せできる人が出てくるだろうしね…。

 

この先生よりお話しを伺って、

これはこれでいいのではないか?と思いました。

 

医師だってドクターショッピングされる時代ですし、

より良いサービスを提供してくれる業者を探すのは当たり前。

問題は業者側が本当の意味で医師を満足させる事ができるかどうか?

そういうサービス提供ができるエージェントが増えれば、

きっと医師の転職市場も健全化されるのではないか?と思います。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

退職理由は何?

医師退職理由

 

大学医局への在籍期間も長くなり、

冷静に考えるとこの先ポストは減るだろうし、

自分が何らかの役職に就く事はないだろうなと

お考えになっているE先生。

 

このまま大学に居座るか、

市中病院に転身して新たな医師人生を歩むか、

かなりお悩みになっていたのですが、

実際に転職をするかどうかは別として

動くだけ動いてみて、それから考えようと

転職活動をしてみる事にしました。

 

求人サイトからの直接応募と

人材紹介会社に登録してエージェント経由の応募と

2つの展開で動いてみましたところ…。

 

3カ所の病院を受けて全てで内定を頂けたのでした。

医局の中ではうだつの上がらない医局員の1人と

自己分析をしていたE先生でしたが

まさか全てで内定が出て、

しかも3カ所全てで今よりも年収がアップするので

俺ってもしかしてイケてる?なんて考えたのでした。

 

さて、好条件で内定を頂けたのは良かったのですが、

果たしてこのまま大学を辞めていいのか…。

かなり悩んでいたE先生でしたが、

後押ししたのは奥様でした。

 

子供達もこれから大学に行くのですから、

稼げる時に稼いでくれなきゃ困りますよ…。

 

苦笑いしつつも、

このまま大学医局にいるよりも

もう1度心機一転でやり直そうと一念発起し

転職する事を決断したのでした。

 

医局長は同期の先生だった為に、

気軽に年度末で退職したいんだけど…と伝えると、

そりゃ時期が悪いな、

若手の先生方が数名退局するので

教授も助教授もピリピリしてるんだよ…との事。

 

来年度にする事はできないか?と言われたものの

さすがに1年間も待つ事はできません。

 

余程の理由がないと、

俺も上に上げられないよ…と医局長はおっしゃいます。

 

ふむ…、どうしたものか…と考えていたE先生は、

ナースステーションで看護師達の談笑に耳を傾けた時に、

「親が倒れるとか、実家に帰るとか、

もう看護師は辞めますとか、理由なんて何でもいいんだよ。

どうせそこまで調べないって…」と刺激的な発言を耳にしました。

 

まさか同じようには行かないだろうが、

そういう理由を述べるしかないよな…と考え、

医局長に「親が入院したって事で何とかならないかな」と

相談すると、そういう事ならそれで伝えてみようと

上に話して貰う事になりました。

 

意外や意外、医局長は難しそうな事を言ってましたが、

教授、助教授はすんなり認めてくれて

年度末での退職が可能となったのです。

 

医局内では俺の居場所はないって事か、

まあそれならそれで次で頑張ろうと

気持ちを固めたE先生でした。

 

大学によっては、

教授によっては、

退職などをそう簡単に認めてくれない所も

あるようです。

 

その良し悪しは別として、

退職理由をどうするかは悩ましい所ですね。

こういう話しは医師以外の人から

時にはビジネスマンから

ヒントを貰う事も少なくないようですから

参考にすると良いかもしれませんね。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

事前に確認すべきポイントを整理しておきましょう。

医師面接チェックポイント

 

医療機関との面接は

求職希望の医師と、医療機関の都合の良い調整して行うので、

当然、医療機関が診療中である稼働時間と非稼働時間帯のどちらかになる。

 

それでも絶対見逃せないポイントは必ずチェックするようにしましょう。

「絶対に見逃してはならないポイントが面接にはあります。」

 

たとえば病院勤務だったら

・医局の雰囲気 殺伐とした感じは人間関係が良くない場合も多い

・自身の科目の診療部長の人柄と雰囲気  ずっと一緒に働く医師の相性は大切

・外科医だったらオペ室 オペは外科系医師の一番の活躍の場。

外科医が病院でどのような立ち位置なにかがわかります。

 

冒頭にもあったように

医療機関の稼働時間と非稼働時間で見学できる項目は変わってきますが

面接時に重視する項目の見学ができるように

エージェントに相談するようにしましょう。

もし都合つかずそれがかなわなかった場合は、

次回それだけのために見学の時間を設けてもらうのも可能です。

 

重視するポイントは、なにがあっても譲らず、必ず確認しましょう。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

アピールのし過ぎ…。

医師面接自己アピール

 

「面接は自分のことをアピールする場だけではない。」

 

それを知ったのは、

第一志望の医療機関の面接が終わった後日だった。

 

紹介会社を通しての面接。

担当エージェントはこう言った。

「他にも候補者がいるようなので、

面接当日は先生のご経験をアピールしてください。」

 

そして迎えた面接。

他の先生よりも経験豊富なことをアピールしようと思って

自分の経験やできることを一通り話した。

 

院長が

「同僚になるかもしれない当院のA先生はこういう能力が有ります。」

と説明してくれても

私は「私はその先生よりも○○が出来ます!」

 

だんだん院長たちが険しい顔になってきて険悪な雰囲気になってきたので

能力が低いと思われたのかな?と思い

自分のことを話し続けてしまった。

それが院長たちの話しに

耳を傾けてほしいということのサインだとは気づかずに。

 

結果は不採用だった。

能力的には問題なさそうだけど、

「自己主張が強い印象。

協調性を求める当院では合わないと判断しました。」

とのこと。

 

協調性は自分が大切にしていることの一つなのに

真逆の印象を持たれてしまったようだ。

 

面接対策は、しっかり行う必要があると

第一志望の医療機関が不採用になってから気づいたのだった。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

面接時には質問をしましょう。

医師面接質問

 

待ちに待った面接当日。

駅前からタクシーで病院へ向かうタクシーの中で

「他社からエントリーの先生も1名面接するそうです。

なので、なるべくご自身の経験をアピールしてください。」

と言われた。

 

病院に到着後、来客室へ通される。

そこで待っていた病院長と事務長はとても穏やか。

まずは先方から病院紹介。

 

病院紹介の途中で、

現在の医師の患者対応が長いこと、

事務処理が遅いこと、

その他問題点を話していた。

 

自分のほうが優れていると感じることが多かったので

これは自分の経験をアピールするチャンスだと感じた私は

ひとつひとつ、自分のアピールポイントを話していった。

チャンス

 

丁寧に説明しないといけないと感じたので、

早口で自分ができるすべてを話そうとした。

気が付くと20分くらい一人で話していただろうか。

 

事務長から「なにか質問はありませんか?」と聞かれたので

なにか質問しようか考えていると

伝え忘れたことがあることに気づいたので

自分の経験で伝えそびれたことを話した。

 

その後、再度「質問はありますか」とは尋ねられなかったので

面接は終了。

 

自分の経験はばっちりアピールできたはずなので

落ちることはないだろう。

あとはどんな条件提示が出るか楽しみだ。

 

数日後、面接結果は内定の連絡が来た。

条件提示はまずまず。

どうしようかなと考えていると

たくさん質問したいことが出てきた。

エージェント越しに質問するも

事務長から返事が来る内容は少し物足りない。

もう少し現場サイドの意見がほしい。

 

そうこうやり取りして考えていると

「他社経由の先生も内定もらって就任意思を示しているそうです。

先生の回答を早めにもらえますか?」

とエージェントから連絡が来てしまった。

 

面接で院長に会えたのに、なんで質問をしなかったんだろう?

そう考えても後悔。

結局もやもやした気持ちのまま、内定を受託。

就任希望の連絡をした。

 

この選択が正しかったのだろうか?

勤務しないとわからない。

就任までのこの数ヶ月、もやもやが続くだろう。

その後、自分はどうなるんだろう。

他の案件も再度探すべきか・・・・・。

この先どうなるか不安だ。

 

聞きたいことを直接聞くチャンスは面接なのだから

もっとバランスよく面接をしないといけないと思ったのだった。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

面接には心の準備も必要です。

医師面接緊張

 

紹介会社に登録をして2ヶ月が経過。

情報収集を重ねた結果、

ようやく興味があるので見学・面接をしたい!と思える

医療機関を見つけることが出来た。

 

あとは面接当日を迎えるだけだ。

そして迎えた面接当日。

着慣れないスーツを来て面接先の病院に向かう。

病院受付でエージェントが挨拶をして

事務長が来るのを待つ。

 

院長室に通されると

そこには理事長と院長がいた。

 

名刺交換の方法もわからずに

ぎくしゃくと挨拶をすると一気に緊張してしまった。

しばらく無言が続く。

 

エージェントは黙ったままだ。

助け舟出してほしいと思うが書類をじっと見てるだけ。

「質問はありますか?」と聞かれたが

「ありません」と答えてしまった。

勤務を想定して、いくつか質問したいことがあったのに。

アピールしたかった自身の経験も伝えることができずに面接が終わる。

きっと表情も硬かったはずだ。

最後の挨拶だけ丁寧にできたが後も祭り。

 

翌日、不採用の連絡が来た。

第一志望の転職先だったのに不採用になってしまった。

このあと受けた病院の面接には合格して転職はしたが

それから数年経つ今でも、第一志望の病院に行きたかったと

後悔の念に駆られることが多い。

 

面接がどういう場所か、

どういう雰囲気なのか

もっと想定して望むべきだった。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録