大学病院勤務。転職が決まってから教授に伝えたら…。

大学教授激怒

 

本当にあった話。

大学病院に12年勤務中のA先生。

教授を目指すわけでもないし

もっと仕事を経験したいと

医師斡旋会社に登録。

 

入れるポジション、年収、やりがいなどから

大手グループ病院への転職を決意。

翌年4月入職をすることが10月に決定した。

病院の規定では3ヶ月前退職とのことだったが

少し先に伝えるのが礼儀だと思い

5ヶ月前の11月に教授に伝えたところ

教授は憤慨。

 

「退職するなんてなにを言ってるんだ!」

から始まり

「考えなおしなさい。」

「せめて2年後にしなさい」

 

とのこと。

しかし、内定をもらっていて転職する決意をしているので

「ごめんなさい。もう退職する決意が決まっているので

○○病院に転職します。」

と教授に断言。

 

すると2ヶ月後に転職予定先の病院から内定取り消しの連絡が。

聞くと、怒った教授がA先生の転職先病院の理事長に連絡したらしい。

「A医師を採用したら許さないぞ。」

「A病院には私の派閥の医師やその後輩もいるんだ。やめさせるぞ。」

人脈も広い教授はあの手この手で転職を阻止しようと動いた。

結果、内定は取り消され、大学病院に残ることもできなくなり

しぶしぶ選んだ民間病院で勤務することになりましした。

 

転職活動は希望の転職先を探し、

内定をもらうことだけではありません。

現職での人間関係や、

内部の人事状況など考えて動くことが大切です。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録