求人紹介しかできないようだ…。

 

もうすぐ50代になるI先生。

今まで大学医局に所属してきて、

それなりに貢献してきたという自負はあるそうです。

 

しかし自分より若く優秀な先生も出てきて、

医局内でこれ以上の出世は見込めなくなってきたし、

研究、教育の領域でも自分の仕事としてはやり切った感があって

ここから引退までの医師としての後半戦…。

臨床分野で充実した日々を過ごしたいとお考えです。

 

今まで医局からの派遣で市中病院で勤務した事はありましたが、

ご自身で転職活動をした事はなかったので、

最近目にする事が多くなっている

人材紹介会社に依頼してみる事にしました。

 

WEB上で良く見掛ける会社に問合せを入れてみると

キャリアシートを送って欲しいと言われ、

雛形が送られてきたので作成して返送すると、

いくつかの求人が送られてきました。

 

ふむ、確かにキャリアシートに希望欄があって、

何となくこんな感じかな…と記載はしたけど

正直よくわからないままに書いただけだし、

まさかそれが自分の希望になるとは思っていませんでした。

 

実際に送られてきた求人を見ても、

当たらずも遠からず…という案件ばかりで

どうもピンと来ません。

 

I先生としては…

自分にどんな可能性があるのか?

自分では気づいていない選択肢などはあるのか?

 

こういった内容を相談しながら進めたかったので、

素直にそれをお伝えしたのですが、

それに対する返答は

「前回の求人はお気に召さなかったようなので

選りすぐりの別の求人をお送りします」との事です…。

 

う~ん、そうじゃないんだけどな…と思いつつ

送られてきた求人を見てみましたが、

特に前回と変わり映えしないようで

どうも心を揺さぶられるようなものはありません。

 

その旨をメールに書いて

1度ご相談に乗って頂けませんか?と送ってみると、

「それでは今回はいかがでしょうか?」と

送られてきたのはまた新たな求人でした。

 

さすがに堪忍袋の緒が切れたI先生は、

この会社(なのか担当者)では無理だな…と感じて、

他の会社に依頼する事にしました。

 

後々わかった事ですが、

求人案内しかできない会社と、

きちんと医師と面談して相談に乗りつつ

キャリアパスを考えてくれる会社があって、

ほとんどの会社が前者に該当するという事…。

 

何度も転職をしているようなドクターならまだしも、

そうでない医師には後者のような会社でないと

なかなか満足する求人とは出会えないんですね…。

 

結果的にI先生は

丁寧にサポートしてくれるコンサルタントと出会い、

非常に満足できる病院に入職する事ができたのですが、

もしあのまま何となく選んでしまったら、

きっとよくわからないままに入職してしまい

不満足な結果になってしまったんだろうな…。

 

求人に翻弄されなくて良かった…。

そうつくづく思うI先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

信用が置けるエージェントと置けないエージェントの使い分け!?

 

すでに300社以上もあると言われている

医師及び医療従事者向けの人材紹介会社…。

 

最大手の企業から1人で運営している企業まで、

その規模、理念、方針、運営手法、マッチングスタイルまで

多種多彩であります。

 

すでに10社以上の人材紹介会社を活用しているM先生は、

それぞれの特徴を良く掴み、

その特徴を活かした使い分けをしているそうです。

 

そもそも最初にお付き合いしたのは、

Web上でも良く見掛ける老舗かつ大手の人材紹介会社でした。

 

担当者は30代後半の男性。

M先生はどうもこの担当者と気が合わず、

でも求人案内だけは相当数してくれるので

それなりの距離感を持ってお付き合いをしていたそうです。

 

ところが同僚医師から紹介してもらったエージェントの担当者は

非常に気が合って、医療も詳しく、その考え方、人物面も素晴らしい。

ただ彼の所属する企業は中小企業に毛が生えた小規模運営で、

求人数自体は決して多くはなかったそうです。

 

大手所属の担当者は案内してくれた求人について問い合わせても

実情を良くわかっておらず、他の担当に確認してから連絡すると

いつも逃げの姿勢。

 

ある時、この人から案内された求人について、

小規模企業に所属する担当者に相談をしてみると

とてもスピーディーかつ誠実な対応をしてくれました。

 

表向きの情報だけではなく

かなり突っ込んだ内情までリサーチしてくれたし、

他のドクターの意見や感想まで教えてくれる…。

 

それからM先生は大手の担当者が案内してくれる求人で

ここは気になるな…という所は

この別の担当者に相談するようになったのだそうです。

 

また常勤先だけでなく、アルバイトに関しては、

やはり餅は餅屋だという事で、

アルバイトに強いと評判の会社を利用しており、

非常勤の場合はここか、ここ。

スポットの場合はあそこか、あそこ。

 

こんな感じで上手く使い分けているそうです。

 

もちろん最も大事な常勤先を探す時は、

慎重には慎重を期して、

情報を持っている会社、

コンサルタントの能力、経験、人間力が高い会社、

老舗で医療機関とのパイプが強い会社、

最近伸びてきている新しい会社、

量ではなく質を重視している会社…。

 

このように分類して、

その時々によって使い分けと長所を見極めて

それぞれの強みを最大限に活用しているのだそうです。

 

結局、信用というひと言だけではなくて、

そのエージェントの何を信用して、何が信用できないのか、

それを把握して、上手くミックスさせて、

自分自身の為に、患者の為に、最適解を探しているだけなんですよ…。

そうおっしゃいます。

 

ただモラルとしてはどうか?と自分も思うし、

紹介会社の人にとっては、やっかいな医者だと思われるかもしれないけど、

まだエージェント自身に歴史がなく、

本当の意味での信用が置けないのだからしょうがない…。

 

きっといつかこの人と人生を歩みたいという

パートナーとして相応しい方が出てくると思うから

それまではこんなスタンスで行こうかな…と考えてるんだ。

 

とは言ってもあまり社数が増えてくると、

自分でも、ん?この会社はどこだ?とか、

この担当者は誰だ?なんてことも出てきてしまってる…。

 

あんまり増やし過ぎるのも良くないよね…。

でも、本当に信頼できる人が出てくるまでは

これも致し方ないかな…エージェントの方々も

その内にレベルアップするだろうし、

その時にはすべてお任せできる人が出てくるだろうしね…。

 

この先生よりお話しを伺って、

これはこれでいいのではないか?と思いました。

 

医師だってドクターショッピングされる時代ですし、

より良いサービスを提供してくれる業者を探すのは当たり前。

問題は業者側が本当の意味で医師を満足させる事ができるかどうか?

そういうサービス提供ができるエージェントが増えれば、

きっと医師の転職市場も健全化されるのではないか?と思います。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

しつこい紹介会社は勘弁だ!

医師 紹介会社 エージェント

 

随分前の事ですが、

転職を考えた際に紹介会社に問合せをした事があるS先生。

 

その際の対応が不誠実で、

もう2度と紹介会社なんて使うものか!と思っていたのですが、

今、お勤めの病院の経営陣が変わり

S先生の望まない方向に経営改善が進んでおり、

次の職場を考えたい…。

さあ、どうしようか…。

 

S先生が以前紹介会社とやり取りをしたのは、

4年前の事でした。

 

最近、紹介会社というものを

WEB上や医療系の雑誌などでよく見掛けるようになったし、

〇〇先生はどこそこの紹介会社を使って転職したとか、

△△先生は紹介会社経由の病院に転職して年収が上がったとか、

そんな噂話を聞くようになったので、

少し気になっていたのだそうです。

 

S先生自身は、今すぐの転職を考えている訳ではなく、

自分もこういう会社を利用すれば、

もっと良い待遇の病院が見つかるのかな?と考えていました。

 

そんなある日、

自分が興味を持っていた病院の求人を掲載してあるサイトがあり、

「この求人に興味がある先生はこちらからお問合せ下さい」という

案内に思わず連絡を取ったのがスタートです。

 

WEBから必要項目を入力して送信してみたところ、

何と5分以内に連絡が来ました。

 

人気のある求人なので一刻も早い応募が必要だ…との事。

い・いや、自分はそんなつもりじゃなかったし、

いきなりそんな事を言われても…と戸惑うS先生。

 

もう少し詳しい情報が欲しかっただけで、

いきなり応募なんて、そこまで考えてないと

その場は一旦お断りしました。

 

ところが翌日も、その翌日も電話が掛かってきて、

まあ取らなかったとはいえ、ちょっとしつこいなあ…と。

しかも毎日メールも送られてきて、

1度お会いして打合せがしたいとか、

他にも良い求人があるので案内したいとか…。

 

しつこいのが嫌いなS先生は、

ちょっと頭にきてしまって無視していました。

その後も何度も電話とメールが来て、

3カ月くらいは頻繁だった、

半年くらいは時々来てた、

1年くらい稀にあったので、

ホントにしつこいなあ…と辟易したんだそうです。

 

そんな事があったので、

2度と紹介会社なんて使うか…と考えていたのですが、

望まない形で新しい職場を探さねばならなくなってきて、

さて、どうするか…。

 

そんな時、同じ職場の他科の先生が

お辞めになる事が明らかになりました。

 

この先生とは愚痴を言い合う仲だったS先生。

診療後に声を掛けてみると、

先に悪いね…、ちょうど良い求人があったので、

そちらでお世話になる事にしたよ。

S先生も早く脱出した方がいいんじゃない?とおっしゃいます。

 

その求人はどこで探したの?と聞くと、

少し前に大学の後輩が転職をして、

その時に手伝ってくれた紹介会社がスゴく良かったというので

紹介してもらって会ってみたんだ。

 

S先生が心配しているような

無理に話しを進めるなんて全くなかったし、

状況によっては今のところで踏ん張る事も大切とも言ってたしね…。

 

自分は信頼が置けて、

結果的にも良い職場が見つかったし、

S先生が関心あるなら紹介してあげるよ…と言ってくれました。

 

ちょうど今S先生は担当者とやり取りをしています。

しつこさや無理強いが全くないどころか、

医療業界を良く知り、適切なアドバイスもくれるそうです。

 

やっぱり大ぴっらに宣伝広告してる所以外でも、

真摯なサポートをしてくれる所があるもんですねと

しみじみおっしゃっています。

 

今度こそ、いい職場が見つかるといいですね。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

会社の強みはどこにあるのか?

医療 紹介会社 強み

 

医療系の人材紹介会社は

リーマンショック以降、急激に増えております。

 

医師を専門とする会社、

看護師を専門とする会社、

薬剤師を専門とする会社、

その他コメディカルも含めてですが、

それぞれ得意な領域を持っている会社もあれば、

大手のようにいくつかの部署に分かれて、

○○株式会社 医師支援事業部とか、

看護師支援事業部などのように

複合的に対応しているケースもあります。

 

また経営者がビジネス系の人材紹介会社から

医療系の人材紹介会社に進出したケース、

医療機関で働いていた事務方が設立したケース、

医療系の他のビジネスをしていた方が起業したケース、

と様々なケースがあり、

それによって事業の形態や理念は大きく異なります。

 

ただ一般の方がこういった業界事情を知る事は難しく、

どうしても宣伝広告に引きずられてしまいますよね…。

 

ある総合クリニック(診療科目が複数あり多くの医師が在籍)の

理事長先生は医師の採用に積極的で、

常勤医師、非常勤医師ともに随時募集しており

多くの紹介会社ともお付き合いがあります。

 

その理事長先生がおっしゃっているのは、

 

1、担当のコンサルタントの力量を見抜き、

能力に応じた依頼をする。

 

2、会社の規模によって使い分けをする。

 

3、会社の方針によって依頼内容を変える。

 

この3点が人材紹介会社から良い医師を採用する

コツだとおっしゃっています。

 

あくまでも求人側の立場に立った意見ですが、

これは求職者側の立場でも同様と思います。

 

担当のコンサルタントの能力やモチベーションによって

享受できるサービスの内容は大きく異なります。

 

もし紹介会社に登録して、

コンサルタントとお会いしてガッカリした場合には

その会社とは縁がなかった…と判断した方が良いと思います。

(場合によっては紹介会社側で担当を変更するケースもありますが、

よっぽど運が良くない限りは同レベルのコンサルが多いです。)

 

会社の規模、方針によっての使い分けのポイントは、

①量を捌こうとしているのか?質重視なのか?

②求人広告業的な事業運営なのか?(求人サイト重視)

真の人材紹介事業なのか?

③求人ありきなのか?キャリアありきなのか?

の3点で判断できるかと思います。

 

それぞれの特徴を良く掴み、

ご自身の必要なものを提供してくれる

企業とパートナーシップを作るといいですね。

 

とにかく多くの求人が欲しいのか?

転職ノウハウも含めてキャリアデザインを構築したいのか?

スピード重視なのか?

じっくりスタンスで挑むのか?

 

最後にコンサルタントを見抜く際に

こんな質問をするといいですよというのをお知らせ致します。

 

・この会社に入社して何年目ですか?

・今まで人材紹介業の経験はどれくらいありますか?

・医療に携わってから何年経ちますか?

・現在の医療制度や環境についてどうお考えですか?

・医療はこれからどうあるべきでしょうか?

そして我々医師はどう対応すべきでしょうか?

 

これらの質問でしどろもどろになるコンサルタントは

見切った方が良いと思います。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

サポートの範囲がこんなに違うなんて…。

医師 紹介会社 コンサルタント

 

消化器内科医のH先生。

今お勤めの病院はある紹介会社のコンサルタントより

紹介を受けて入職しました。

 

細かい点を言えばいろいろあるのですが、

まあまあ、それなりに満足はしています。

ただ解せないのはそのコンサルタントとの関係です。

 

やり取りをしていた際には、

私は先生が入職した後も徹底フォローします、

私たちの関係は入職して終わりではありませんと

明言していたのに

入職した後は1度も顔を合わせておりません。

 

それどころか連絡をしても

折り返しの電話はないし、

メールの返信も来ない。

 

あの言葉は何だったんだ…と

ご立腹しています。

 

それから4年…。

そろそろさらなるキャリアアップを求めて

次の職場を考え始めたのですが、

当然以前の会社、そのコンサルタントは

最初から依頼するつもりはありません。

 

大学院時代の同僚医師に紹介してもらった

あるコンサルタントとお会いしてみると…。

 

以前とは段違い…。

話しをしただけでその差をまざまざと感じました。

 

単に希望条件だけを聞くのではなく、

これからの未来をどう作り上げていくのか、

自分でも気づいていなかった長所やアピールポイントも

上手く引き出してくれて、可能性を広げてくれる。

 

後日、案内してくれた求人もまさにピッタリ。

まあまあ満足どころか、ワクワクするようなレベル。

 

面接に行った際にも、

病院側との関係が良いのが一目瞭然だし、

上手く自分を売り込んでくれるし、

病院側にも自分の望む業務内容を提案してくれる。

 

案の定、非常に良い話し合いになり、

条件も想定よりも良いオファーを頂いた。

もちろん即決で入職する事を決めたH先生でした。

 

しかも数か月ごとにメールで近況を伺ってくれ、

近くに来た際には顔を出してもくれる。

 

奥様も医師であるH先生は、

うちの妻も次の職場を考えているので

お手伝いして欲しいと依頼しました。

 

それだけ自分の右腕のような存在として

至れり尽くせりの対応に大満足であったのです。

 

同じ人材紹介会社でも、

同じコンサルタントでもこんなに違うんだ…。

もっと早くこの人と出会えれば良かったな。

いや出会えただけでも良しとするか…。

 

人の縁に感謝し、

紹介してくれた同僚ドクターにご馳走をした

H先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

紹介会社から欲しい情報は何か?

医師 紹介会社 活用

 

美容皮膚科医のM先生。

以前に利用した紹介会社経由で入職した

今のクリニックを退職するつもりです。

 

というのも、聞いていた業務内容と異なる点が

あまりにも多く、カウンセリングばかりで

このままでは自分の成長がないと感じておられます。

 

そもそも利用した紹介会社は以前からの知人であり、

声を掛けたらすぐに求人を紹介してくれて、

いろいろ気になる所はあったものの

知り合いだからまあいいかと決めたのです。

 

結果的にアンマッチです。

M先生の望んでいた仕事と、

クリニックの望んでいた医師像は全く合っていません。

 

転職の際に必要なものはいろいろありますが、

求人というのはもちろんそのひとつです。

しかし求人だけを紹介するのが紹介会社の本質ではありません。

残念ながら求人だけになっている会社が多いですが…。

 

M先生が最も望んでいたのは

そこでどういう業務に携われるのか?でした。

こういう業務をしたいという希望が明確だったのです。

 

ですが求人ありきで動いている紹介会社は

M先生の希望を薄くしか理解せず、

クライアントファーストでいい美容皮膚科医がいますよと

なかばゴリ押しするような形で繋いでしまったのです。

 

内定後の条件の調整もおざなりで

給与だけ希望に合ってればいいでしょうくらいの

感じだったのだそうです。

 

M先生が欲しい情報はそのクリニックで

どんな業務に携われるのか?でした。

 

もちろん先生によっては、

給与などの待遇面を知りたい方もいるでしょうし、

医療機関の設立からの経緯や特徴であったり、

経営方針や診療スタイルであったり、

院長の方針や人柄、

一緒に仕事をする他の先生方の事、

いろいろあると思うんですね。

 

単に求人さえ紹介してもらえれば

その後は自分で全部やるからいいという先生もいますし、

実は求人云々よりもご自身のキャリア相談をしたい方もいますし、

将来の開業に向けて選択肢を広げたいとか、

ワークライフバランスを取る為に転職マーケットを

リサーチしておきたいとか。

 

ご自身がどんな状況で、何を求めているのか。

これが明らかになれば選ぶべき紹介会社も見えてくると思います。

 

ただ残念ながら在籍しているコンサルタントの力量によって

受ける事のできるサービスは大きく異なりますし、

多くの紹介会社が求人以外に

提供できるものを持っていないのも事実です。

 

まずは自分が欲しい情報は何なのか?を

明らかにする事から未来は広がっていくのだと思います。

情報と人脈ですね。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録