退職の申し出をするのが遅くなって大迷惑!?

 

循環器内科医のH先生。

今お勤めの病院は大学医局からの派遣で勤め始めて

とても居心地が良かったのでそのまま転籍した病院です。

 

医長としてそれなりの権限もありましたし、

患者数も多く、症例経験もそこそこ積める環境ではありました。

 

しかしマンネリ化してきている事は否めず、

新しい環境でキャリアアップしたいという思いが沸々と沸き起こり、

転職活動をスタートしました。

 

とは言え大学医局からそのまま今の病院に来ており、

実質転職活動は初めての経験です。

 

知人の医師の伝手を頼ったり、

求人サイトや求人誌でリサーチをしてみたり、

紹介会社に問合せをしてみたり、

様々なルートで動いてみたのですが、

なかなか納得できる案件とは出会えません。

 

そんなある日、

登録しておいたメールマガジンで案内されていた求人が

H先生の目に止まりました。

 

前々から気になっていた病院で、

医師は充足していると聞いていたのですが

患者数が増えている為の増員であり、

ベテランと若手の医師は在籍しているものの

中堅どころが薄い布陣なので

自分のキャリア的にちょうどマッチするのではないかと考えて

応募してみたのです。

 

するとH先生の考えはまさにドンピシャ。

あれよあれよと話しは進み、

出された条件も今よりもかなり良く、

H先生としては文句のない満足できる内容でした。

 

よし、これなら移籍するチャンスだ!と思い、

このお話しにノリノリで乗ったH先生。

 

赴任日は今の勤務先との相談の上ではありましたが、

H先生としては2~3か月もあれば辞められるだろうと

高を括っていたのですが…。

 

診療部長を兼務している副院長に

退職の申し出をしてみると、

ひと言、「遅い」と言われました。

 

「当院の規定では最低でも半年前には申し出る事になっていて、

医長という大役をお任せしているH先生なら

できれば1年前には申し出てもらって

後任や退職後の調整をしてもらわないと…。」

 

副院長のおっしゃる意味も理解はできるけど、

今回の話しは逃したくない…。

 

H先生は平身低頭…

そこを何とか…、

私がもっと早く申し出ておけば良かったのですが、

今回だけは今までの貢献度を鑑みて我儘を通させて頂きたい…。

 

副院長は院長と相談すると言い、

その日は物別れに終わりましたが

後日、H先生がそこまで言うなら特例として認めましょう…と

おっしゃってくれて、ほっと胸をなでおろせました。

 

その後、退職日までの約3か月間…。

まあ…とにかく居心地の悪かったこと…。

他のドクターやナースなどの視線は冷たく、

患者さん達も心なしか態度が冷えてきたようで…。

 

次の職場を見付けるのも大事だけど、

今の職場に対しての下準備も大事なんだな…と

つくづく感じたH先生でした。

 

何とか円満に退職できたのは良かったですが、

ひとつ間違えたら大揉めに揉めてしまったかもしれない

事例ですね…。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

引っ越し準備に大わらわ…。

 

17年目を迎えてついに大学医局をお辞めになったH先生。

 

万感の思いがあるけれど、

医師としての後半戦は自分の本当にやりたい事に
チャレンジしたいと考えて決断しました。

 

所属する医局は某地方都市にあり、

関連病院を近隣の複数県に跨って持っており、

H先生ご自身もいくつもの病院で勤務をしてきましたが

今までは単身赴任でした。

 

今回は大学を退局する事もあり、

子供たちの進学も考えて

初めて首都圏の病院を選びました。

 

教授や准教授とも良い関係を構築しており

退局後も応援をしてくれています。

退職のスケジュールもかなり余裕を持っていた為に

そういった心遣いも良かったのでしょう。

 

問題はプライベートにあり…。

 

単身赴任なら気軽に行けたものの、

今回は家族4人での転居です。

しかも奥様が体調不良で家の事もH先生が行わねばならず、

仕事も引き継ぎなどで忙しく、

てんやわんやの状態です。

 

大学、病院、役所…。

何度往復した事やら…。

 

こんな状態ですから、

やっぱり「抜け」、「漏れ」がどうしても出てしまうもので、

さすがに医者としての仕事にミスはなかったものの

役所関連の手続きはいろいろありまして…。

 

ヤバい、これ連絡してない…。

あ、この提出期限が過ぎている…。

 

ちょっとこのままでは無事に転居して、

新たな職場で働き始める事ができるのか不安になりかけた頃、

ちょうど奥様の体調が回復してきて、

家の事は任せられるようになり、

「あなたは医者以外の事はホントダメね~」なんて言われながらも

滞りなく準備が進んだのでした。

 

結果的に奥様に益々頭が上がらなくなったH先生でしたが、

むしろ奥様への信頼と感謝が増したようです。

 

今は新天地でご家族ともに

充実した日々を過ごされています。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

 

必要な勉強はしっかりと…。

医師非常勤未経験

 

皮膚科、美容皮膚科クリニックでの事例です。

こちらのクリニックさんは非常に患者数が多く、

リピーターや口コミでの広がりも順調で

右肩上がりの成長をされていました。

 

必然的に医師の増員を検討せねばならず、

常勤医、定期非常勤医ともに随時募集している状況です。

 

理事長が後輩指導に熱心で、教え方も上手く、

新たに入職された先生方も早期に戦力となっています。

 

よって皮膚科や美容皮膚科の経験は問わず、

転科の先生も高い興味関心とヤル気さえあれば

受け入れており、それでも上手く運営できていました。

 

そんな中に面接に来たA先生。

形成外科の出身で、経験豊富な先生です。

皮膚科は未経験ながらも医師としての水準は高い。

いずれは美容クリニックを開業したいという事で、

皮膚科領域を学び、美容皮膚科に関しても勉強したい。

 

そんなA先生のキャリアと意気込みを

理事長は好ましく思い、

非常勤でご勤務頂く事となりました。

 

入職までに理事長がA先生にお願いをしたのは、

皮膚科疾患の症状についてまとめられてある

専門サイトを読んでおいて欲しいという事。

ほんの数ページの内容で、

決して難しい勉強ではありません。

 

ところがご自身に自信のあるA先生は

それを怠りました。

 

勤務開始から数日して、

A先生は猛省する事に…。

 

今までの経験から何とかなるだろう…と

考えていたA先生ですが、

未経験の分野ですから何とかなりません。

 

基礎の勉強を怠った為に、

周囲の自分より経験の浅い若手ドクターの方が

仕事を覚えるのが早く、

ドンドン先に進んでしまっています。

 

理事長からもバックアップは惜しまないけど、

勉強して基礎は身に付けて貰わないと

次に進めませんよ…とお小言を貰う始末。

 

結果的にA先生はこちらのクリニックを

早期にお辞めになる事になりました。

 

入職前に依頼された

数ページの勉強をしなかったばかりに

足手まといな存在になってしまったんですね。

 

今回は本当に反省した。

自分が舐めていた。

勉強しないでも通用すると思っていた自分の不明だ。

イチからやり直します…とおっしゃるA先生でした。

 

とても優秀な先生だけに、

油断があったのは確かなのでしょうね。

勉強って大事ですね…。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

事務長との連絡を丁寧に取っておこう!

医師転職タイミング

 

大学医局を辞めてから

民間病院に転身し、

2度めの転職となるI先生。

 

前回は以前医局に在籍していた先輩に声を掛けて貰って

転職をしたので先輩に任せ切りでした。

よって言われた通りにしただけで

転職をする際にどんな手続きがあるのかは

全くわかりません。

 

今回の転職はご自身で応募してなので

何から何まで自分でやらねばなりません。

 

面接に行った際に、

その辺りの不安を伝えると

事務長が私がフォローしますので

お任せ下さいと言ってくれています。

 

I先生としては安心ができたのですが、

その後は仕事が忙しく

すっかり頭の片隅に追いやられてしまいました。

 

しばらくしてから事務長よりI先生の携帯電話に連絡があり、

「I先生、何度かメールをしているのですが、

メールチェックされてますか?」との事。

 

しばらくメールを確認していなかったI先生は

慌ててメールチェックしてみると

事務長から7通のメールが来ていました。

 

何をどうすれば良いのか、

とてもわかりやすく、まとめて書かれてあり、

大変恐縮するI先生でした。

 

早速、手続きの準備を行い、

事務長の方でも迅速に対応をしてくれましたので

特に問題なく、スムーズに進みました。

 

またこれをきっかけにして事務長とは仲良くなり、

その他、不安な事などは

何でも話し合える関係になる事ができました。

 

お陰で入職日には何の不安もなく、

スムーズなスタートを切れました。

 

事務方は上手く使えば自分も楽になりますし、

反対に使われるのではやっかいな存在になってしまいます。

 

特に転職のタイミングでは

事務長と人間関係を作る事で

計り知れないメリットがありますから

こまめに連絡を取っておくと良いですね。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

必要書類の準備はしっかりと…。

医師転職手続き

 

40代後半のF先生。

長く大学病院に在籍してきましたが、

この度、民間病院に転職する事を決めました。

 

不安も大きかったですが、

求人サイトに掲載されている求人に応募してみると

あれよあれよという間に話しは進み、

オファーされた待遇も満足できる病院と出会えたので

ここに決めようとご決断されました。

 

ところが、初めての転職でもあり、

何をどうしたら良いかもよくわからないままに

お話しを進めてしまったF先生。

 

取り合えず次の職場は決まったけど、

次の病院に対して何をすべきか…、

今の病院や自治体などへの手続きも

どうして良いやら…。

 

すでに退局している先生から聞いて、

自分なりに進めたつもりでしたが

これで良いのか不安は募るばかりでした。

 

しかも今の病院の勤務は結構ハードで

少しずつ引き継ぎは初めているけど

主治医となっている患者さんは重症の方が多く

気の休まる時はありません。

 

新しい病院の事務長からは、

事前に提出して欲しい書類一覧という連絡を貰っていたのに、

そのメールに気付くのもかなり遅く、

提出期限はとっくに過ぎていました。

 

慌てて連絡し、急ぎ提出する約束をしたものの

役所に行く時間もなく、

ようやく書類が整ったのは入職1週間前…。

 

事務長からは苦笑いされ、

こんなにギリギリの提出は珍しいですよと

嫌味を言われる始末…。

それでも何とかなったので良かったのですが

F先生としては不要なストレスを抱える日々でした。

 

転職って次の職場を探すだけでなく、

入職までの諸々の手続きもしないといけないんだね。

こんな事ならプロの人と一緒に動けば良かったよ…。

 

確かに面倒くさい手続きは少なくありませんからね。

単なる求人探しだけでなく、

総合的にサポートしてくれる存在は

あった方がご自身が楽になりますね…。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録