聞いていた話しと全然違う~!

医師転職条件

 

内科医のT先生。

今まで大学病院をはじめとして、

民間病院、クリニックなど

様々な仕事をしてきたけれども

まだこれだ!という仕事には携わってない気がしていました。

 

悶々とした日々を過ごしながらも

常に自分にとって充実感を持てる仕事を探しています。

 

そんなある日、紹介会社のサイトで

某クリニックの雇われ院長の求人を見つけました。

何となく自分に合いそうな…。

これならやりがいも持てるのではないかなあと興味津々。

 

紹介会社に問い合わせてみると

早速詳細をご説明したいのでお会いしたい…と。

 

後日お会いすると担当者とその上司が来ました。

お2人はいかにこの求人が魅力的であるかを

熱意を持って語ってきます。

 

T先生としては、

これなら良いかも…と思い話しを進める事にしました。

 

そして入職後3か月…。

事前に聞いていた話しと食い違う事が発覚しました。

 

T先生には責任やリスクは全くないとの事でしたが、

いやはやそんな事は全くありません。

行政の手続き、銀行口座、患者からのクレームなど

様々なリスクがある事がわかりました。

 

そして給与に関しても

当初聞いていた給与には諸々の条件があって

その条件をクリアしなければ満額は頂けません。

 

オーナーはある企業だったのですが、

医療と関わるのは初めてで、

医療人としてのモラルも持っておらず

経営的に収益のみ見ています。

 

これは拙い…。

ここを選んだのは大失敗ではないか?

そんな不安を抱えながら焦るT先生。

 

仲介した紹介会社に訴えても、

それは最初に説明したじゃないですか!と

強行的な姿勢です。

 

このままでは引きずり込まれてしまう…。

自分は医療人としてのモラルは捨てられない。

 

T先生はせっかく決まった職場でしたが、

半年経たずに辞める事にしました。

 

オーナー側からも、

紹介会社からも、

詭弁を弄した引き留めに合いましたが、

自分の主張は全く認められずに

リスクはT先生が抱えて

オイシイ部分はオーナーが吸い取る構図は変わらずです。

 

T先生曰く、

人間不信に陥りそうでした…。

誰もが信じられなくて…。

でもオイシイ話しに飛びついた自分が悪いんですよね。

自分のキャリアに傷をつけてしまった…と

猛省しています…との事でした。

 

*当記事が本年最後の新規更新となります。

次回は年明け1月8日にアップいたしますので、

今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

<過去ブログもご覧下さい!>

開業セミナーに何度も参加してみたけど…。

医局に頼れない時代だから…。

開業準備を誰と進めるか?

 

ルナーヴァ 医師/看護師 転職求人情報 バナー

医師/看護師 最新転職求人情報サイトはこちらから!

 

はい、これに署名捺印して…という雇用契約…。

 

自分で言うのも何だが、

私は医者になるのに必死だったので

世間知らずなんですよ…と自嘲気味に語るY先生。

 

大学医局の中では不器用ながらも

キャリアを積み重ねてきたものの

50歳を目前にして退局する決断をしました。

 

初めての転職活動という事で、

よくわからないままに進めてきたけど

何とかそれなりに納得できる病院が見つかり、

入職の準備を進めております。

 

入職の手続きをする際に

事務長から1枚の書類を渡されて、

「これ、雇用契約ですからここの署名と捺印をして下さい」

と言われました。

 

詳細についての説明は全くありません。

 

確かに面接の時に、年俸や手当、

勤務日や曜日、時間については聞いていたものの

内容に触れずにはい、ここにサインして…ってのはどうなんだろう?と

Y先生も腑に落ちませんでしたが、

契約で揉めたくもありませんし、

せっかく見つけた働き口でもありますから

はい、わかりましたと署名捺印しました。

 

ざっと目は通しましたが、

そもそも雇用契約書なんてよくわかりません。

 

年俸だけは間違っていない事は確認できたものの

細かい字で書かれている所までは目を通せませんでしたし、

特に気にしてもいませんでした。

 

急かされている事もあり、

すぐにサインして印を押したのですが…。

 

若干の不安はありながらも、

入職してから特に問題になる事はありませんでした。

 

それから3年後…。

キャリアアップを望んだY先生は、

新しい職場を見つけたので退職の申し出をしました。

 

すると事務長からは、

「Y先生、当院は1年前に申し出ないといけないルールなんですよ。

契約書にも書いてあるじゃないですか。」

と言われてしまいました。

 

Y先生は余裕を持って

半年前に申し出ればいいだろうと思っていたのですが

まさか1年前だなんて…。

 

困り果てたY先生は

知人に相談をすると医療に詳しいコンサルタントを紹介され、

対応策を伝授されて事なきを得ました。

 

やはり不安を抱えたままの契約は避けた方がいいですね。

実害がなかったのでY先生のケースは良かったものの、

給与が聞いていたのと違うとか、

当直やオンコールの回数が増えたのに収入は変わらないとか、

全然休めないとか、

被害に合う先生は少なくないようです。

 

契約は慎重に交わさなかければいけませんね~。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

契約は大事だからと細かい事を気にし過ぎて…。

医師転職失敗

 

転職時の契約。

今まで気にした事もなかったけど、

民間病院に移るのだから

しっかり確認しないと…と不安に思うF先生。

 

きちんとしておかないと

後々不利になるぞと同僚医師から言われて

悪質なケースを聞かされて

少し心配になり過ぎてしまって…。

 

確かに契約書面を締結しないとか、

内容があまりにも簡素で

法的に求められている事項も記載されていないとか、

そういう場合は問題がありますし、

そこには何らかの隠された意図があったりもします。

 

しかし、採用時にすべてを書面に落とし込むのは

これはこれでなかなか難しく、

逆に口約束にしておかないと後々問題になるものもあります。

 

F先生は事前に内定通知書を頂き、

その後、雇用契約書を出してもらいました。

 

概ね内容は納得できて、

特に不備は感じなかったのですが、

念には念を押して…と1つ1つの項目をチェックし、

疑問点を先方の事務長に訪ねていったのですが…。

 

最初は先方事務長も誠実に答えてくれたのですが、

あまりにも何度も何度も、細かい点を質問されるので、

どうも嫌気が指してしまったようです。

 

それでも心配なF先生から契約書面を見せてもらったのですが、

これはもう法的には何ら問題がなく

どこに出しても恥ずかしくないしっかりした契約書でした。

 

第三者のプロにお墨付きをもらって

ようやく安心したF先生。

 

入職して数日後、事務長に、

「F先生、うちはそんなひどい事は絶対しませんから。

顧問の社会保険労務士にも確認をしてもらってますし、

何より先生方に安心して勤務してもらわないと

病院自体の経営なんて成り立たないですからね。

私も長年医師の採用に携わってきましたけど、

こんなに細かい点を追及されたのは初めてです…。」と

苦笑いしながら言われました。

 

確かに契約を書面にして確認をする事は大事です。

ですがあまりにも細かい点を気にし過ぎるのは

かえって心証を悪くしますし、

ご不安があれば弁護士や社会保険労務士、

採用に詳しい人間にチェックをしてもらえばいいと思います。

 

必要以上に心配になって、

不安になり過ぎて、神経質に質問をし過ぎるのは、

入職した後にも影響がありますから、

法的に問題ないか?

自分が不利になる漏れなどはないか?

確認すべき事項だけしっかり確認しましょう。

時には専門家の力も借りてしまいましょう。

 

どこかで聞いた中途半端な知識で

ご自身で交渉するよりも

余程安心できますからね。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

先輩の紹介だから…。

先輩ドクターからの紹介

 

自治体系の病院に勤めて10年が過ぎたK先生。

 

医師不足によってハードワークを余儀なくされ

このままでいいのか?と悩んでいた時、

大学の先輩と久しぶりにお会いしました。

 

元々頼りにしていた先輩で

かなりお世話になっていた事もあり、

ご自身の境遇を率直にお伝えしたところ

 

「今の病院だと改善は見込めないのではないか?

良かったらうちの病院を見てみないか?

院長には自分の方から話しを通してあげる」

 

と有難いお言葉を頂戴し、

信頼している先輩だからこそ

K先生もその気になりました。

 

病院に見学に行くと、

院長と一緒に先輩ドクターと事務長が

暖かく出迎えてくれ、

少なくとも今よりは業務も軽減されるし、

待遇も多少だけど良くなるし、

何より旧知の中の先輩が在籍している事が

安心材料となり、

こちらにお世話になる事を決めました。

 

勤務を開始して半年。

実際に働き始めてみて概ね満足はしています。

 

業務量自体は適切な範囲だし、

先輩もいろいろ目を掛けてくれて面倒見てくれるし、

院長や他の先生方との関係性も良好です。

 

問題は1点だけ…。

給与が以前と変わらない事です。

事前の話しでは多少なりとも上がるはずでしたが、

事務長より「最初の1年間は我慢して下さい」と…。

 

話しが違うではないかと抗議すると、

先輩の先生の名前を出し、

○○先生に恥をかかすおつもりですか?と…。

 

それとこれとは別だと思いながらも、

とても親身になってくれて、

感謝と尊敬をしている先輩だからこそ

迷惑を掛けるような事はしたくなく

忸怩たる思いで引き下がったのでした。

 

先輩の紹介だから安心という部分は確実にありますが、

先輩の紹介だからのやりにくさもあり得ます。

この辺りは天秤にかけて判断しないと、

後々にも悪影響を及ぼしたりもしますね。

気を付けて頂きたいポイントです。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

契約書面のどこをチェックすべきか?

医師転職契約書

 

30代後半にして

大学医局に所属し続ける意味を見失ってしまい、

市中病院で働く事を決めたY先生。

 

転職活動なんてした事がないし、

何から手を付けたら良いかもわかりません。

 

数ある求人サイトを見ていても、

どれも変わり映えしないように感じるし、

いくつか魅力的な求人を出している病院は見つけたけど、

安易に転職すると痛い目に合うぞ…なんて

先輩ドクターから脅されたり、

求人なんて良い事しか書いていないんだから

内容を全部信じてはいけないぞ…なんて

すでに民間病院で働いている同僚から聞いたりして、

おっかなびっくりといくつかの病院に応募をしてみました。

 

そんな不安だらけのY先生でしたが、

病院見学に行ってみると、

どこも歓迎ムードだし、

院長などお偉いさんも是非当院へ!なんて

自分ごときに頭を下げてくれるし、

どこも今よりかなり良くなる条件面をオファーしてくれるし、

何だよ、俺って意外とイケてる?なんて事を思い始めました。

 

すでに医局長には退職の意向を伝えてあるし、

教授に話しが通っているかはわからないけど

自分としては3月末で辞めるつもりで

一応医局長も認めてはくれている。

 

そうなるとそうのんびりもしておれず、

いくつかの病院の中から

最も気に入った病院にお世話になる事を決めました。

 

そこで初めてみたのが雇用契約書。

 

紙っぺら1枚とは言え、

大事な事だし、きちんとチェックしなきゃと

事務長からの説明を良く聞いたつもりなんですが…

説明が終わり、何かご質問ありますか?と言われても

正直よくわからない…。

いえ、特にありませんと反射的に応えてしまいましたが、

これで大丈夫かな…と不安でもあります。

 

自宅に戻り、

パソコンで「雇用契約書 チェックポイント」と

検索を掛けてみると、

あら、結構出てくる。

しかもとてもわかりやすい解説が書かれており、

貰ってきた雇用契約書と照らし合わせてみると

2点ほど不確かな点が見つかりました。

 

翌日事務長に電話を掛けて聞いてみると

丁寧に説明をしてくれ、

不安は消えました。

 

俺ってやっぱり世間知らずだな…と思いつつも

何気に検索を掛けてみて良かった。

そして疑問に丁寧に応えてくれる病院で良かった。

よし、ここで頑張ろうと

心を固める事のできたY先生でした。

 

わからないものは調べてみる。

先生方は仕事では当然のように行っているのですが

意外と転職シーンではしていませんね。

わからないものはそのままにせず、

しっかりと調べましょう。

 

後々になって条件が違う…なんて

目も当てられませんから。

お気をつけて下さい。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

口約束は危険?

歯科医師雇用契約書

 

さらなるキャリアアップを目指して

転職活動をしていた歯科医師のK先生。

 

いくつかのクリニックに面接に行きましたが、

理事長の診療方針や人柄、機器の充実、待遇面を総合的に考えて、

あるひとつのクリニックに絞り込みました。

 

雇用条件に関しては、

面接の時に説明は受けておりましたが、

勤務を開始する際には

特に細かい説明があった訳ではなく、

じゃあ何日からお願いね…という感じで

ざっくりとスタートしました。

 

実際に勤務をし始めてみると、

あれ?面接の時に聞いていた話しと違うな…という

場面に出くわす事があったのですが

患者数も多く、症例経験は積めていましたので

概ね満足して働いていました。

 

そして1か月後、給料日がきた時に愕然としました。

想定の給与の半額に近い金額…。

理事長に聞いてみると、

事前に説明を受けていない事項が出るわ、出るわ。

 

面接の時に説明した金額はインセンティブを

満額で取った場合の金額である事、

その月の勤務ぶりを見て金額は変動する事、

入職から半年間は試用期間の為に減額がある事。

 

K先生としては全く納得できる話しではありませんでしたが、

せっかく入職したクリニックだし、

それなりの症例経験は積めているのだから

もうしばらくはここで頑張ろうと気を取り直したのですが…。

 

自分よりも少し前に入職した先生が退職したり、

スタッフの定着率も非常に悪かったり、

人間関係も殺伐としていたり、

段々とアラが見えてきて…。

 

入職してから3カ月目の給料を頂いた時に、

治療した患者数も、自費率も、売上も、

飛躍的に向上しているにも関わらず、

最初から金額が全く上がりません。

 

再度理事長と話しをしてみると、

文句があるなら辞めていいと…。

さすがにK先生の堪忍袋の緒も切れました…。

 

退職し、改めて転職活動を行い

決まったクリニックさんは、

口頭での説明だけではなく、

詳細条件の書かれた内定通知書を頂けました。

 

それだけでも充分に安心をしていたのですが、

勤務初日には雇用契約書を締結し、

ひとつひとつの項目を丁寧に説明、確認してくれて

心配は全てなくなりました。

 

それから半年が過ぎましたが、

懸念するような事も全くなく、

気持ち良くお仕事をされていらっしゃいます。

 

やっぱり大事な事は口頭だけで済ませるのではなく、

きちんと文書にしてくれる所じゃないと

ダメですね~とおっしゃるK先生です。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録