意外と見逃しがちだけど要チェックな医局、当直室!?

 

すでに数回の転職経験があるA先生。

転職をして良かったと思えたケースもあれば、

まあまあかなと思うケースもあり、

ここは最悪だ…と失敗したケースもあったそうです。

 

もちろんこの数回の転職経験の中では、

数か所の中から選んできましたので

ご自身の中では院内見学の際にここはチェックしなければ…という

ポイントがあるのだそうです。

 

それは「医局」と「当直室」。

なぜならこの2つは病院が医師に対して

どのように考えているかが現れる場所なのだそうです。

 

実際に過去、高条件とは裏腹に、

とても雑然とした医局の病院があったそうですが、

これだけの高条件なら致し方ないかと入職したところ、

とにかく医者の扱いが低かったそうで…。

 

今までバイトでも、

医局と当直室がきれいな病院は、

医者に対してのリスペクトやフォローアップが

しっかりしている印象が強く、

A先生が病院を見学する際には

この両者が要チェックポイントなのだとか…。

 

過去A先生が味わった失敗事例としては、

 

① 知名度の高い大手病院

 

名門病院だし、著名な先生方も多く在籍しているし、

A先生は自分を必要としてくれている事に喜び、

気合い充分で見学に行ったそうです。

そこで見たのはまるで倉庫のような医局…。

清潔感はなく、白衣、衣服などもあちらこちらに置かれ、

書籍や書類は山積みとなっている…。

 

音楽を聴いている先生もいれば、

だらしなく寝ている先生もいる…。

 

大丈夫か?と不安になったA先生でしたが、

このチャンスを逃すのもどうか?と思い入職しましたが、

やはり悪い予感は当たるもので…。

 

医師とナースなど他の医療従事者との折り合いが悪く、

事務方ともいがみ合っている…。

医師は唯我独尊状態で雰囲気は殺伐としています。

 

結果的にA先生にとってはやりにくい環境であるために

2年ほどでこの病院はお辞めになったのだそうです。

 

② 地方のバイト先病院

 

都内から電車で2時間超。

正直少し遠いのだけど日給が良かったから

引き受けた当直バイト。

 

勤務初日、出勤して事務方に当直室に案内されたのですが、

そこで愕然…。と、とにかく汚い…。

マ、マジ…今時こんなんあり?と嘆くA先生。

おまけにネットにも繋がらないし、

ベッドは簡易なもので硬くて眠るのにもひと苦労。

シャワーもひと昔前のもので、

お湯が出るまでかなり時間が掛かる…。

 

患者数は少ないのでそう忙しくはないものの、

え!それで起こされるの?という些細な事での呼び出しが多く、

日勤帯も診察に対するフォローはほとんどなし…。

 

さすがにこちらも長くは続かず、

丸1年でお辞めになる事となりました。

 

あくまでもA先生の個人的な体験、感想ではありますが、

確かに一理あるかもしれませんね。

 

ご自分なりのチェックポイント…。

持っておくと良いかもしれません。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

チェックポイントはどこ?

医師病院見学チェックポイント

 

消化器内科医のT先生。

 

この度、大学医局を退職し

民間病院で新たなドクター人生を歩む事を

決断されました。

 

今までは大学医局からの派遣という形で

市中病院で勤務した事はあったものの

やはり大学経由と自分自身で探すのは

勝手が全く違います。

 

いくつかの病院に見学に行ってはみたものの

自分の専門領域はわかるのですが、

病院の何をチェックし、

どこを判断基準にして良いかわからず

決断ができないようです。

 

実際に働くのはT先生ですので、

外部が口を挟む問題ではないのですが

1つだけアドバイス。

 

通常は院長か事務長が院内をご案内してくれると思うのですが、

その際に病院で働いている方々、

また患者さんがどんな表情で、どういう佇まいでいるかは

要チェックです。

 

看護師やその他医療系の職種の方々が、

和気藹々とやりがいを持って仕事をしているのか?

 

患者さん達がこの病院に罹る事に

安心と信頼を持っているのかどうか?

単に近くだから来ているだけなのか?

 

この辺りは表情と佇まいを見ると

意外と把握できるものです。

 

また知らないT先生に対してスタッフ達が

挨拶をするかどうか?

院長や事務長が気さくにスタッフに声を掛けているか?

逆に掛けて貰えているのか?

ここも確認しておいた方が良いです。

 

院内の風通しの良さや教育が浸透しているのかは

先生が働く際に良い人間関係が構築できるかどうかの

判断基準になります。

 

その他、病院の導線の問題、設備の問題、

医療機器の問題、院内ルールの問題など、

チェックポイントはいろいろありますが

働く人々と患者さん。

 

この点は実は意外な盲点であって、

要チェックであると思います。

 

ところでT先生ですが、

ご自身の中では見学に行った病院の中で

3番手まで候補を決めていたそうですが

お忍びで再度見学に行き、

上記の観点でご自身の眼で見たところ

第1候補としていた病院よりも第2候補としていた病院の方が

望ましいと考え、今はこの病院で充実した日々を過ごされています。

 

人の問題。

結構大事なチェックポイントですね。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

絶対に見逃せない場所は譲らない!

医師転職病院見学

 

各科目ごとに院内の見学すべきポイントは異なりますが、

そこを見ずして決断を下すのは危険ですよね。

 

麻酔科医のT先生。

非常勤先を探していたのですが、

某紹介会社から提案された病院に行きました。

 

院長との面談は滞りなく終わり、

事務長が院内をご案内するとの事で

2人で回っていたのですが、

肝心なオペ室は現在手術中との事で見学できず。

 

まあいいか…とは思ったものの、

肝心な自分の仕事場を見る事ができなかったのは

若干不安…。

 

日給が良かったし、

あちこちに見学に行くのも面倒臭かったので

この病院で勤務する事に決めました。

 

そして勤務開始初日…。

聞いていなかった事態が続出。

並列での麻酔はしたくないと伝えていたのに

ごく普通に行われている。

他にも衛生上の問題など、

いくつか困った事態があって、

この職場で仕事をしていてはダメだ…。

いつ自分に火の粉が掛かってくるかわからない。

 

勤務初日にしてT先生は辞める事を決意。

やっぱり大事な部分を見学しないってのは

良くなかったなあ。

これがバイトだったからいいものの、

常勤だったら目も当てられない。

譲ってはいけない所は譲ってはいけない。

そう痛感したT先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

あれ?見学はなしなの?

医師転職院内見学

 

年度末で大学医局をお辞めになるA先生。

 

2カ所の民間病院に面接に行き、

是非当院にお越し下さいと

割と好条件で内定も頂いております。

この2カ所は甲乙つけがたく、

どっちを選んでもいいかなと考えておりました。

 

ただもう1箇所だけ、

どうしても気になる病院があり、

そこがA先生にとっては最優先でした。

 

ここがダメならこの2カ所のどちらかで決めるけど、

できたらここに行きたいんだよな…というのが本音。

 

さて、本命の病院の面接。

院長、事務長が出てきて、

とても暖かく迎えてくれ、

その場で条件提示も受けました。

 

前の2カ所と同レベルでしたが、

A先生としてはこの病院に思いがあります。

 

後は院内を見学させてもらって、

設備の充実度やスタッフの働きぶりに好感が持てたら

ここで決めようかな…と考えていたのですが、

面接が終わると、

ではじっくりお考えになってご連絡下さいと

事務長に言われてしまいました。

 

え!院内は見学させて貰えませんか?と聞くと、

(はあ、見学するの?)というあからさまに

面倒くさそうな表情…。

 

その嫌そうな顔を見て、

あ、大丈夫です、結構ですとA先生は辞退したのですが、

内心では中を見せられない事情でもあるのか?

前の2カ所の病院は隈なく案内してくれたのに…と

心配になりました。

 

翌日にたまたま医師仲間の集まりがあって、

仲の良い先生にこの話しをしてみたら、

「お前あそこは止めた方がいいぞ。

いかにも良い病院です…みたいな宣伝をしているけど

内情は医師が定着せず、荒れてるらしいぞ。」

なんて話しを聞きました。

 

う~ん、さすがに院内も見学させてくれない訳だし、

仲間の話しを全部信頼する訳ではないけど、

不安はあるよな…。

そもそも第一希望ではあったけど、

他の2カ所の方が誠実で、来て欲しいと気持ちがあったな。

 

という事で、A先生は第一希望の病院は断り、

最初の2カ所の内の片方にお世話になる事に決めました。

 

結果、これが大正解。

今は非常に充実した毎日を過ごしています。

残念ながら第一希望だった病院は

かなりの経営不振に陥っているそうです。

あの時、あそこに行かなくて良かった…。

つくづくそう考えていらっしゃいます。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

事前に確認すべきポイントを整理しておきましょう。

医師面接チェックポイント

 

医療機関との面接は

求職希望の医師と、医療機関の都合の良い調整して行うので、

当然、医療機関が診療中である稼働時間と非稼働時間帯のどちらかになる。

 

それでも絶対見逃せないポイントは必ずチェックするようにしましょう。

「絶対に見逃してはならないポイントが面接にはあります。」

 

たとえば病院勤務だったら

・医局の雰囲気 殺伐とした感じは人間関係が良くない場合も多い

・自身の科目の診療部長の人柄と雰囲気  ずっと一緒に働く医師の相性は大切

・外科医だったらオペ室 オペは外科系医師の一番の活躍の場。

外科医が病院でどのような立ち位置なにかがわかります。

 

冒頭にもあったように

医療機関の稼働時間と非稼働時間で見学できる項目は変わってきますが

面接時に重視する項目の見学ができるように

エージェントに相談するようにしましょう。

もし都合つかずそれがかなわなかった場合は、

次回それだけのために見学の時間を設けてもらうのも可能です。

 

重視するポイントは、なにがあっても譲らず、必ず確認しましょう。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録