え!今日面接だったの?

医師転職面接

 

大学医局に在籍してはや10年のE先生。

今まで特に疑問も感じずに
医局で仕事をする事に誇りを持ってきましたが
民間病院に転身した同期の先生の話しを聞き、
自分も可能性を探ってもいいのかな?と
考えるようになったそうです。

同期の先生は紹介会社を利用したと聞きましたので、
転職経験のないE先生もプロに依頼した方が良いかと考え、
WEB上で検索を掛けてみますと…
何十社も出てきて戸惑ってしまいました。

う~ん、こんなにいろんな会社があるとは思わなかった。
さて、どこに声掛ければいいんだろう?と悩みながらも
やっぱり聞いた事のある会社の方が無難だよな…と思い、
大手の紹介会社に問合せをしたのだそうです。

 

医師/看護師 転職求人アプリ

※画像クリックで、医師転職求人アプリ・ダウンロードサイトに飛びます!<スマホ・タブレットの方のみ>

 

担当の方と面談をすると、
想像よりも若くて、医療の事も知らない様子。
大丈夫か?と不安に思ったそうですが、
翌日から様々な求人を紹介してくれたので
やっぱり大手はいいねえ~と思った矢先…。

1件、気になった求人があったので、
その旨を担当の方に伝えると
面接云々の前に見学に行ってみませんか?
雰囲気を味わってみるだけでも価値はありますよ…との事。

それもそうだなと思い、
決められた日時に病院に伺ってみますと…。

対応に出てきた事務長から、
E先生、履歴書はご用意頂けてますか?と聞かれ、
いえ、今日は見学だけと聞いてきましたので…と伝えると
事務長は怪訝な表情です。

その後、立派な応接に通されて、
登場したのは院長と診療部長…。

え!なに、これ、面接…。

気軽な見学と聞いてきたE先生はパニックになり、
厳格そうな院長からの質問には、
上手く応えられなかったそうです。

 

ルナーヴァ 医師/看護師 転職求人情報 バナー

医師/看護師 最新転職求人情報サイトはこちらから!

 

E先生は当院のどこに関心を持って下さったのか?と聞かれても
取り合えず雰囲気を見にきたE先生には
戸惑うばかりです…。

しどろもどろになりつつ何とか乗り切ったE先生。

病院を出て担当のコンサルタントに連絡。
見学と思ってきたのにいきなり面接をされたんだけど…と
苦言を呈すると、
よくある事ですよ、
でも院長と話しが出来た方が雰囲気は掴めますよね…と
その担当は悪びれもせず言ったそうです。

さすがに怒り心頭のE先生。
もうこの人とは無理だ…と考えて、
この会社との付き合いは止めたんだそうです。

どうしてこういう事になるのか…。
これは紹介会社内の問題です。

彼らはKPIで管理されていますので、
医師が問合せをしてきた段階から、
入職決定までのプロセスを求められるのです。

つまりある医師に、
何件の求人を案内したのか?
何件の面接を組んだのか?
内定は何件もらったのか?

このように管理されれば、
なかには仕事のできない担当者が
嘘を付いてまで数を稼がなきゃならないんですね。

おそらくE先生はその犠牲になってしまったと思われます。

人様に迷惑を掛けるKPI…。
こんな大手紹介会社に騙されないで下さい…。

 

<紹介会社について書いた過去コラムもご覧下さい!>

しつこい紹介会社は勘弁だ!

WEB上で検索を掛けて紹介会社を選んだ失敗事例!

非公開求人に騙された!

 

 

医師/看護師 転職求人アプリ

※画像クリックで、医師転職求人アプリ・ダウンロードサイトに飛びます!<スマホ・タブレットの方のみ>

ルナーヴァ 医師/看護師 転職求人情報 バナー

医師/看護師 最新転職求人情報サイトはこちらから!

 

 

見学だけと聞いていたのに…面接するだなんて…。

 

初めて人材紹介会社を利用して転職活動を始めたY先生。

不安もなくはなかったのですが、

同僚も紹介会社を活用しているようだし、

いろいろサポートしてくれるだろうと期待をしていました。

 

もちろん聞いた事のない会社は少し怖いので、

やはりWEB上でよく見掛ける大手企業に問合せをしたのですが

残念ながらこれが大失敗で…。

 

Y先生がWEBより問合せをすると、

この中にご興味のあるものはありますか?と

10数件の求人が送られてきました。

 

Y先生としては、

まあしいて言うならこれかなという某病院の案件に

興味がありますと返信をすると…。

 

〇月〇日の〇時に見学に行って下さいと連絡が入りました。

 

え!いきなり?と驚いたY先生。

返信をくれた担当者に電話を入れてみると、

見学だけですから気軽に行って下さい。

1度見ておくとこれからの転職活動にプラスになりますよ…との事。

 

こっちの都合も聞かないで、

いきなり日時を指定されて、

担当者とも会わないままに1人で見学に行け…と。

 

かなり不信に思ったY先生ですが、

その病院には少し関心があったので

見学に行ってみる事にしました。

 

総務の方に声掛けてくれれば話しは通ってるからと言われ、

当日、病院に伺ってみますと…。

 

総務の方はにこやかに対応してくれたのですが、

なぜか立派な応接室に通されました。

 

あれ?見学だけなのに応接室?

病院の説明か何かをしてくれるのかしら?と思いつつ

お待ちしていると…

 

白衣を着た年配の方と背広姿の方が入ってきました。

「院長の〇〇です」

「事務長の〇〇です」と

自己紹介するではありませんか?

 

しかも「今日は履歴書をお持ちですか?」と言われ、

いえ今日は見学だけと伺っておりましたので…と答えましたが、

お2人の表情は曇り、

こっちは忙しい中に時間を取ったのに…との感情がありありです。

 

しばらく院長、事務長と会話を交わしましたが、

そもそも見学だけと聞いていたY先生と話しが合う訳がありません。

何ら下調べもしていませんでしたし、

面接するなんて聞いていなかった訳ですからね。

 

お2人が退出した後に、

総務の方が院内をくまなく説明してくれはしましたが、

Y先生としてはなぜこんな事になったのか?と憤り、

正直説明も耳に入ってきません。

 

病院を出てから担当者に連絡をすると、

「まあこういう事もありますよ。

でもいい病院でしょ。ここに決めますか?」と言われ、

さすがに温厚なY先生も怒り心頭…。

 

もうこの会社との付き合いは辞めました。

当然ですね。

 

知名度の高さよりも、

丁寧な対応をしてくれる会社を選び直し、

今ではそちらで紹介してもらった病院で働いています。

 

何もかもY先生の気持ちを尊重してくれ、

わからない事がないようにとても丁寧、

そして共に行動してくれました。

 

紹介会社もいろいろあるのね!?と

不必要な社会勉強をしてしまったY先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

当日無断キャンセルで激怒されてしまった…。

 

一般内科医のH先生。

内科の領域では何でも来いという

総合的な診療ができる強みがある裏腹に

これといった専門性がない事が弱みでもあります。

 

そんなH先生ですから

ご自身のキャリアという面では

若干不安を持っていて

将来の為にも何らかの証明が欲しいと常々思っていました。

 

たまたま参加した学会で

非常に勉強になる発表をされていたある先生に興味を持ち、

知人のドクターの伝手で話しをする機会に恵まれ、

ご自身のキャリアの悩みを打ち明けますと

「もしH先生に興味があれば当院でお仕事してみませんか?

一応、当院は知名度も高い病院ですし、

多様な症例経験を積む事もできます。

きっとH先生の将来のために当院に所属していた事は

プラスになると思いますよ」とお声掛けを頂いたのでした。

 

確かにその病院は名門と言われる病院でもあるし、

これから自分が転職をしたり、開業をする事があっても、

ネームバリュー的には効果的だろうな…。

せっかくのお誘いだし話しくらいは聞いてみたいな…と考え、

その先生にご紹介された事務長と連絡を取り合い、

ある日の仕事終わりの時間帯に面接、見学に伺う事にしました。

 

し・しかし…。

日頃の忙しさに翻弄されていて

つい当日の予定を失念してしまっていたH先生。

 

当日に何度も携帯電話に連絡が入っていて

約束の時間から2時間後にようやく気付く有様…。

慌てて連絡をしたものの

すでにその日は連絡が取れずに

翌朝平身低頭で連絡を入れてお詫びをしたのですが、

時すでに遅し…。

 

学会で出会った先生の顔を潰す事にもなり、

院長、事務長もみなさん忙しいさなかに時間を作ったのに

無断でキャンセルしたのですから

激怒されても当然と言えば当然です。

 

そして何よりもH先生にとっては

チャンスと言える機会を逃がす事にもなってしまいました…。

 

事が事ですから誰かに当日声掛けてね…なんてお願いする訳にも行かず、

かえって自分の評判を下げてしまったH先生。

情けなくて穴があったら入りたい気分だったそうです…。

 

今後はこういう時にアナウンスを入れてくれる

コンサルタントを付けて置こうと誓ったんだそうです。

後悔先に立たず…ですね。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

 

当日の朝になってバタバタ…。

 

忙しい日々を過ごす心臓血管外科医のH先生。

正直あまりにも忙しすぎて、

目の前に起こる事を捌いていくので精一杯。

40代も後半に差し掛かり、

このペースで50代を迎えるのはさすがに不安になってきて

転職も視野に入れねば…と思い、

少しずつ活動を始めてみました。

 

ある求人サイトに掲載されていた病院に関心を持ち、

問合せをしてみると是非ご見学にお越し下さいとの事で

この目で見てみないと何とも言えないし、

今まで転職活動なんてした事なかったから

まずは1度行ってみるか…と考えました。

 

ところが…。

とにかく忙しい毎日…。

履歴書なども作る暇はなく、

それどころか病院の事を調べる時間もありません。

 

見学に伺う日の前日も当直であり、

朝起きてゆっくりする暇もなく

履歴書を作って、慌てて出掛けざるを得ない状況です。

 

病院の最寄り駅近くのカフェで、

ざっと病院概要はチェックしたものの

付け焼刃である事は否めません。

 

見学自体は歓迎ムードで院内を非常に丁寧に案内してくれましたが、

院長や心臓血管外科部長との面談では、

自分の考えている事、目指している事など、

半分も伝える事ができずに、

また先方の事情や募集の背景などを把握できるような

気の利いた質問をする事もできずに、

せっかくの先方の歓迎ムードを活かしきれずに

消化不良であったように思えて仕方ありません。

 

数日後、先方からは内定及び条件提示の連絡を頂きましたが、

H先生としては判断材料が揃っておらず、

このまま決断して良いものか…悩んでしまっています。

 

ああ、もう少し時間があれば

慎重に検討して気持ち良く決断できるのに…と

嘆くH先生。

 

履歴書の作成、見学日の調整、

求人の詳細や裏側、募集の背景、

条件の調整などは先生ご自身が行うのは

かなりキツイと思います。

 

仮に時間があってもノウハウがなければ

判断するのは難しいですからね…。

H先生のようなハード勤務をされていれば尚更です。

 

こういうケースでは人材紹介会社を活用するのもひとつの手です。

しかしどの会社、どの担当者に依頼するのかは

慎重に選ばなければなりませんけど…。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

軽装すぎた…。

医師転職面接

 

呼吸器内科医のA先生。

大学医局に長く在籍した後に派遣先病院にて

そのまま転籍したご経歴であり、

よって転職活動をするのは今回が初めてです。

 

そろそろ50代も半ばに差し掛かっており、

医師として最後の10年間は

本当に自分のやりたい医療をしたいとの事で

転職を考え始めました。

 

医局に置いてあった医療系情報誌に掲載してあった

人材紹介会社に登録してみると、

すぐに返答があり、

担当と会って話しをする事になりました。

すると若いコンサルタントが非常に立ててくれます。

 

気分よくそのコンサルタントのおススメする病院に

見学、面接に行く事となりました。

 

コンサルタントより日時と待合せ場所を聞き、

持ち物は特にありませんので、

A先生は身ひとつで来て下さいと言われたので

普段と同じ感じで待合せ場所に着くと…

担当は、A先生、ちょっとその格好では…と

注意をするではありませんか。

 

いやだって身ひとつで…って言われたから

普段着で来てしまったんだけど拙かったかな?と

悪気のない様子…。

 

ちょうど夏場という事もあり、

A先生はTシャツとひざ丈のズボン。

しかも少し派手な柄の入った服装でした。

 

直前という事もあり、

そのまま病院に入ったのですが、

最初に対応した事務長もA先生を見て

え!という反応。

これはマズったなあと思ったものの後の祭り。

 

面接では院長が出てきたのですが、

最初から不機嫌な様子がありあり。

 

せっかくのA先生のやりたい医療を実現できそうな

病院だったのですが、当然結果は残念な事に…。

 

医師の面接ではスーツをビッシリ着る必要はありませんが、

オフィシャルな場でもありますので、

相応しい服装は必要です。

 

A先生は担当コンサルタントが

きちんと教えてくれなかったからだと

おっしゃっていますが、

せめて半袖Yシャツとチノパンくらいの格好だったら…。

 

的確なアドバイスをくれるコンサルタントを選ぶか、

ご自身が常識人としてマナーを守るか。

いずれかはしなければなりませんね。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

医師免許証を忘れた…。

面接医師免許証

 

年度末で今お勤めの病院をお辞めになる事が

決まっているK先生。

 

引き継ぎなど、

非常に多忙な中に転職活動をしています。

 

明後日にとある病院に面接、見学に行く事が

決まっていたのですが、

忙しくて履歴書も準備できていない…。

 

何せ履歴書など作った事もないし、

こんなもんでいいのかなあと思いながら

前日の当直中に何とかかんとか仕上げました。

 

面接当日に履歴書持参で病院に伺うと、

とても人の良い事務長が対応してくれました。

 

K先生、お願いしていた履歴書と医師免許証を

先にお預かりしても宜しいでしょうか?

 

あ、やっべ~。履歴書に気を取られていて

医師免許証を忘れた…。

いかんともしがたいので、

正直に事務長に医師免許証を忘れてしまったので

後日お持ちしますと伝えると、

あらら…と怪訝な表情をされてしまいました。

 

昨今、偽医者問題などが話題になり、

病院側も医師である事の確認は厳格に行うようになっています。

わざと忘れた訳ではありませんし、

結果的にはこの病院でK先生は働く事になりました。

 

雨降って地固まる…ではないですが、

雨はやっぱり降らない方が良いですよね…。

 

医師免許証。

面接、見学の際には言われなくとも

持参しておいた方が無難です。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ヤバイ…遅刻だ…。

医師面接遅刻

 

昨年開業したばかりのK先生。

段々と軌道には乗ってきたものの

まだ損益分岐点は超えてきません。

もうひと踏ん張りが必要な状況です。

 

それと開業してみて肌身に染みてわかったのは、

周囲に医師がいないという寂しさ…。

相談もできないし、

すべて自分で判断しないといけない。

当たり前の事だけど、実際に味わってみて

よく理解できました。

 

もう少しお金を稼がないと…

他の医師から学ぶ事も必要だな…

 

2つの理由から休診日にバイトを入れようと考え

ある総合病院の外来バイトに応募。

 

是非1度ご見学がてら面談にいらして下さいと言われ、

その当日…。

 

業者とのランチミーティングを終えて

駆けつけるつもりが

話しが長引いてしまい

ふと時計を見ると、や、やばい…。

 

クリニックから病院まで約30分。

約束の時間まであと30分…。

 

慌てて身支度を整え、ダッシュで出て、

タクシーをつかまえて病院に向かったものの

やはり約束の時間には間に合わない…。

 

10分遅れで病院に到着しました。

 

最初に応対した事務長は笑顔で接してくれたものの

面接に出てきた内科部長は明らかに機嫌が悪そうです。

平謝りしたものの、ウム…だけの反応。

 

後日、案の定お断りを受けてしまいました。

 

自分だってスタッフを採用する時に、

遅刻をするような人は取らないもんな…。

 

そう反省しきりのK先生ですが、

バイトの面接だからと油断してはいけませんね…。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録