その転職の目的は何ですか?

医師転職面接

 

今の職場の在籍期間も5年を過ぎ、
そろそろ新しい環境を望み始めたA先生。

出入りの業者にどこかいい病院ないか?と聞いてみたり、
時間がある時は求人サイトをチェックしてみたり…。

ところが次の職場に対して、
具体的に望んでいるものがなくて、
将来的な構想も特に考えていなくて、
どこかいいところないかなあ…と
漠然とした感じで探していたのだそうです。

こうなると結局条件面を中心にせざるを得ず、
ここなら今よりも給料は上がるし、
そんなに忙しそうでもないから、
ここでいいいかあ…と
ある総合病院に応募してみたのだとか…。

是非、見学・面接にいらして下さいとの事で、
気軽な感じで病院に行きますと…。

待ち受けていたのは厳格そうな院長。

A先生は当院をなぜ志望したんですか?

A先生は当院で何ができますか?
また何をしたいですか?

A先生はご自身の将来的なビジョンをどう描いていますか?

特に準備なく来たA先生は
しどろもどろになりながら答えたのだそうです。

しかし院長はそれを見抜き、
A先生は何を目的に生きてるんですか?
なぜ医者になったのですか?
医師としてどんな人生を歩みたいんですか?と
たたみかけてきたらしいです。

院長の話しを聞きながら、
確かに自分は日常の忙しさにかまけていて
医師としてこれがしたいとか、
こういう医師になりたいという気持ちが
薄くなっていたかもしれない…。

まさか面接に来て説教されるとは思わなかったけど、
条件が良かったからここに来ました…なんて
考えてみたら図々しい話しだよな…。

帰り道…。

俺は医者として何がしたいんだ?
どんな医者になりたいんだ?

そんな自問自答をしながら、
その日以来、自分の未来について、
真剣に考えるようになったそうなのです。

すると求人サイトを見ていても、
目を止める案件が全然変わってきたようなんです。

あの院長に厳しく言われたけど、
正直、あの時は頭にも来たけど、
率直に言ってくれて良かった…。

何だかあれから毎日張り合いがあるし、
将来設計みたいなものもできつつある。

面接としては大失敗だったけど、
自分にはターニングポイントとなる出来事だったな。

A先生はキャリアプランに目覚めたようです。

 

義理と自分の未来の狭間で…。

医師転職求人選び

 

長年とある病院に勤め続けるI先生。

すでに10年が経ちます。

 

理事長や院長とも長年の関係ができていますから、

I先生に対する信頼は非常に高く、

かなりの裁量と自由を与えてくれています。

またI先生もそんな理事長や院長に対して

大きな感謝と信頼感を持っていらっしゃるんですね。

 

ある意味では順風満帆な医師人生なのですが、

これも時代の流れでしょうか?

理事長、院長の周囲にいる上層部たちの方針が

非常に硬直化した保守的なものに感じられるようになり、

このままこの病院にいたら

自分もそうなってしまうのではないか…。

いやすでになりつつあるのではないか…。

 

なんてったって世代的には幹部はみな60歳オーバー。

守りに入ってもしょうがない年代。

しかし医療制度は年々変わり、

対応が1歩遅れている感が拭えない…。

 

自分はまだ50歳前だし、

そろそろ一念発起して

新たな道に足を踏み出すべき時ではないか?

そんな事を考えるようになったのだそうです。

 

I先生はまだ決断まではできていないものの

転職サイトで求人を眺めてみたり、

開業についての書籍を読んでみたり、

自分自身にどんな道があるのか情報収集をするようになりました。

 

そんなある日、

お!この病院の求人内容は

かなり自分の考えに近いし、

条件も良さそうだし、

かなり興味があるな…という求人を見つけました。

 

数日悩んだ末に問合せをしてみると

求人を出している紹介会社の担当者が

詳細をご説明したいので1度お会いしたいという事です。

時間を作って面談してみると、

I先生が気に入った求人はすでに充足してしまった…と。

 

この求人に近いものは

他にもこんなものがあるといくつも提案するのですが、

正直ピンと来るものはない。

 

その日はそれで終わったものの

翌日からI先生のご希望に近い求人をご案内しますと

頻繁にメールが届くが、

正直どれもピント外れで落胆…。

 

そんな中に同期の開業医から

自分の開業支援を手伝ってくれたコンサルタントが

転職支援もしているから紹介しようかと言ってくれ、

その方とお会いしてみると、

I先生の5年、10年先のキャリアプランを見通してくれ、

数日後にはピッタリの求人まで紹介してくれました。

 

最初に気に入った求人よりもいいかも…と期待して

見学に行ってみると、

これがまた抜群に良い。

しかも条件面も今よりもグッと上がる。

 

スムーズに内定を頂き、

さあどうするか?というところで悩むI先生。

 

I先生も今の職場に対して愛着はありますし、

すぐにでも辞めたいという気持ちはない。

しかしそろそろ飛び出す時期かもしれないという思いもある。

 

院長にそれとなく

もし自分が辞めるとしたら…みたいな話しをしてみたけど、

いや~I先生が辞めるなんて考えられませんよ。

当院の4番バッターですから!と持ち上げてくる…。

 

それから1か月。

I先生は決断ができません。

 

コンサルタントからは

じっくりと納得するまで考えた方が良いと言われているけど、

病院の方はいつまでも待ってくれないだろうし、

早く退職の申し出をしなければ

赴任時期もどんどん遅れてしまいます。

 

どうしよう…。

気ばかり焦って益々決断できないI先生でした。

ルナーヴァ 医師/看護師 転職求人情報 バナー

医師/看護師 最新転職求人情報サイトはこちらから!

 

この先どうしようかなぁ…?から1歩前に進まないと…。

 

内科医のD先生。

大学医局に所属してはや15年。

 

医局でやりたい事はやり切った感も出てきて

これ以上の出世が見込める訳でもなく、

そもそも医局内で出世したい訳でもない…。

 

症例経験も充分に積んだと思うし、

どこの病院に行っても余程の事がない限り

それなりの存在価値を持って

診療に当たれる自信も付いてきました。

 

そろそろ大学医局から飛び出すか…。

やはり自分のクリニックを持つ事を考えるべきか…。

これから医師としてどんな人生を歩んでいくべきなのか…。

 

いろいろ考えてはいるものの、

こうなりたい!という明確なものがまだ見えておらず

悶々としながら日々を過ごしています。

 

時々時間のある時には、

求人サイトを見てみたり、

医局に置いてある医療系の雑誌に掲載してある

求人や開業物件を見たりはするそうです。

 

同期の先生方で集まった時にも、

これからどうする?という話題は

頻繁に議論のテーマとなるようで

いつも喧々諤々と話し合うようです。

 

ですがD先生にとっては、

いろんな求人を見ても正直ピンと来ないし、

開業と言ったってそもそも自分は本当に望んでいるのか?

よくわからないし、そこまで意欲があるとも思えません。

 

同期の先生方もあれはどうだ?これはどうだ?、

あいつはこうしたらしい、

あいつはこんな道に進んだらしい、と

議論にはなっても、よしこれだ!という確信めいたものはなく、

いつもこれからどうする?という質問に対しての

自分なりの明確な回答は見い出せない状態なのだそうです。

 

ただ今は決断できなくても良いと思っているそうです。

なぜなら大学医局という狭い世界で生きてきたので、

自分自身で視野が狭い事はよくわかっているそうで、

だからこそまずは様々な人と話し合い、

そしていろんな情報を収集しなければならない…。

 

要は決断する為の材料を集めないと話しにならない。

そう考え始めたのだそうです。

 

ただ悶々としている状態から

小さな1歩だけど前進する事ができたように思う…。

D先生はそうおっしゃいます。

 

そのきっかけとなったのは

あるブログだったそうです…。

 

医師の転職や開業について、

多角的に情報を発信しているブログと出会って、

毎日更新されるのを読むのが楽しみになっているそうです。

 

その中でキャリアをプランニングしないといけないとか、

決断する為には多くの事例やノウハウを手に入れた方が良いとか、

信頼できるパートナーを手に入れると有利になれるとか、

そういった内容を読むごとに…

 

そうだな、自分にはそういうものが圧倒的に足りないな…。

まずはそこからだな…。

 

こう考え始めてから、

物の見方が変わってきたそうで、

何となくサイトを見るとかではなく

自分なりに具体性を持って調べるようになったのだそうです。

 

幸いまだ焦るような時期ではないD先生。

今はリサーチを進めて、

自分が何をしたいのか?どういう人生を送りたいのか?

ようやくそういう事を考え始める事ができ、

プランニングを構築中だとおっしゃっています。

 

少なくとも悶々とする日々からは脱する事ができたようです。

いつまでもどうしようかなぁ?では

何も変わりませんからね~。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

あまりにも多くの求人に翻弄されてしまった…。

 

初めて人材紹介会社を利用しての

転職を進めてみたM先生。

 

多少の不安はあったものの、

知名度の高い大きな会社だし

周りの先生方も良く使っているようだから大丈夫かな…と

おっかなびっくりで問合せをしてみました。

 

すると翌日には数件の求人が送られてきて、

他にもたくさんの求人があるから是非1度面談させて頂き、

さらにM先生のご希望に合った案件を提案させて欲しいとの事。

 

正直、送られてきた求人は、

勤務地や診療科目くらいしか合っておらず、

魅力的に感じるものはなかったのですが

しっかり希望を伝えれば変わってくるだろうと期待して

担当の方と面談。

 

思っていたよりも若い方で、

医療業界に対する知識や、転職市場に関しての情報も心許なかったけど、

一生懸命な姿勢はあったので、

その日は丁寧にご自身の考えや意向を説明。

 

その翌日、早くも10件近くの求人が送られてきたのですが…。

 

え!?昨日こういうのは希望しないとか、

このような病院ではない所が望ましいとか、

かなり丁寧に説明したのにも関わらず

まさしくそういった求人が何件も入っている…。

 

何でこうなるかな?と思い、

再度メールにて希望を明確に伝えたのですが…

それ以降も似たような求人しか送られてきません。

 

業界では最も多くの求人を持っていますとか、

非公開求人もたくさんありますとか、

とても熱く語っていたのはいいですが、

何とも残念な結果です…。

 

さすがにM先生も、これでは期待できないな…と思って

特に反応はしなかったのですが、

その後も頻繁に何件も、何件も求人が送られてきます。

 

時々、目は通すものの、

どれも似たような情報ばかりだし、

多少の条件面での違いはあるけれども

本来自分が求めていた情報とは違います。

 

挙句の果てに担当者は、

「M先生、早く選ばないといいものは充足してしまいますよ」とか、

「うちより求人がある紹介会社なんてないのですから早く決めて下さい」とか、

「ホントはM先生、転職する気がないのではないですか?」などなど

非常に失礼な事を述べてきました。

 

確かに何件もの求人は案内してくれました。

でもそれはネット上で誰でも手にできる情報であり、

あえて紹介会社経由で頂くようなものでもありません。

 

それなのに早く、早くと急かす姿勢にも幻滅しましたし、

結局大手は質より量なんだな…と諦めモードです。

 

堪忍袋の緒が切れたM先生は、

「もう連絡は結構です。求人も要りません。」と

連絡をしたのですが、今でも時々求人が送られてくるそうです。

 

自分が入職できる病院は1箇所だけ。

100件も、200件も求人を見せられても困惑するだけですよね。

 

非公開求人なんて言っても、

どこにでもある情報だったし

自分のためを思って案内しているとも思えませんでした。

 

量より質…。

M先生が求めていたものとは決定的に違っていたんですね…。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

 

医師もキャリアプランニングを考えなきゃ!

医師キャリアプランニング

 

7年目のN先生。

後期研修を終えて母校の医局に戻り、

臨床、研究に精を出していたのですが

ちょっとした人間関係の躓きで

後先を考えずに退局してしまいました。

 

医師としてこれから…という年代ですし、

専門性を高めるのもこれから…というタイミングです…。

 

決して計画性のあった退職ではなく、

それこそケンカ別れのような状況でしたので

今後の事などほとんど考えておりません…。

 

特に伝手がある訳でもないN先生は、

紹介会社に問合せをしてみました。

担当のコンサルタントとお会いしてみると、

様々な希望条件を聞かれたのですが、

いろいろ不満も溜まっていたN先生は、

「年収は多ければ多い程いいなあ。」

「当直はできるだけしたくないなあ。」

「ハードな勤務は勘弁して欲しいなあ。」

 

自分でもこんな我儘だらけじゃ

紹介してもらえるところなどないんじゃないか?と

思っていたのですが、

担当の方は

「かしこまりました、

早速明日にはご希望に合う求人をご案内致します」

と言うではありませんか。

 

楽しみに待っているとメールが送られてきました。

が、そのほとんどは自由診療…。

 

美容クリニックとか、AGAクリニックとか、

メンズクリニックとか…。

 

そりゃ年収はいいし、当直もないけど、

俺ってそういうのがやりたいの?

確かにいろいろ検討したいから自分の専門分野だけでなく

幅広くご紹介して下さいとは言ったけど、

まさかこんな事になるとは思わなかった…。

 

別に自由診療を悪く思っている訳ではないけど、

自分の未来はそこにあるんだろうか?

そもそも自分のやりたい事は何なんだろうか?

将来どんな医者になりたいんだろうか?

 

思っていたものとは違う求人を見ながら、

自分を振り返るN先生…。

 

このままじゃいけない!

そう気づき、

自らのキャリアプランを真剣に考えるようになりました。

 

自暴自棄になってはいけない。

これからの医師としての人生…、

どうあるべきか、どうありたいか、

自分なりに考えなきゃいけない。

 

踏みとどまって考え続けているN先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

公私ともにハッピーを目指さないと…。

医師単身赴任

 

某国立病院でご活躍中のS先生。

 

博士号、専門医など必要な資格はすべて取得しており、

専門性を突き詰め、手技を向上させてきました。

 

留学経験もあり、

国内はもちろん、海外での診療経験も豊富で、

今の病院でも責任ある立場に就かれており、

上司、同僚ドクター、看護師等スタッフ、

そして患者からも絶大な信頼を得ております。

 

とても充実した毎日を送るS先生ですが、

ひとつだけお悩みが…。

 

留学時から含めて、

ここ数年はずっとご自宅のある街から

遠い場所にある病院でご勤務されています。

 

そう…、家族とはずっと離れ離れだったのです。

単身赴任です…。

 

奥様も医師であり、

忙しい日々の中でお子さんを育ててきて、

幸いご主人の仕事についても理解し、

応援をしてくれてはいるのですが…。

 

お子さんも成長し、

手は掛からなくなってきているのですが、

そろそろ親離れする年齢にも差し掛かってきており、

父親として、あまりにも子供に対して

何をしてこなかった事に愕然とし始めたのです。

 

もちろんS先生のような一流の医師は、

致し方ない面があるのも事実であり、

きっとお子さんも母親から教えられ、

理解はしていると思われます。

 

でもこのまま親離れしてしまったら、

自分はとてつもない後悔をするのではないかと

考えるようになったのです。

 

そんな事を考えるようになると、

医局との関係もこじれてきたり

今まで充実していた仕事も段々と空しく思えたり…。

 

S先生はご自宅に戻る事を決断しました。

ご自宅周辺の病院では、

S先生の望む100%の環境は手に入りませんが、

それが70~80%でも構わない。

今家族の元に帰らねば一生後悔すると考えて、

仕事のプライオリティを若干下げました。

 

転職後、最初は物足りなさもあったようですが、

家族とともに暮らす毎日も良いものです。

 

今までの医師人生を後悔している訳ではないけど、

失ったものがあるのも事実。

今はそれを取り戻しています。

 

公私ともにハッピーを目指す。

人生1度きり。

短い期間ならまだしも、

長期に渡る犠牲には無理が出てきます。

 

プライベートの充実は、

仕事の充実にも繋がります。

 

S先生はバランスを取り戻して

毎日笑顔で仕事をしています。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

実現したいものは何なのか?

医師転職悩み

 

本当に自分がしたかったのはこれなのか?

そうお悩みになる先生は少なくありません。

 

O先生もそうでした。

 

今まで外科医として多くのオペに携わってきました。

もちろんこれも好きでやってきた事。

手術が上手くなりたい…

そう思って努力をしてきました。

 

しかし医師として20年目を迎えた頃、

このまま今と同じ仕事をしてきていいのかな?

そうお考えになったのだそうです。

 

病院に対して大きな不満があった訳でもありませんし、

給与などの待遇にはそれなりに満足していたんです。

 

ただ長い医師人生を考えた時に、

過去を振り返った時にはまあまあの満足度。

でもこの先はどうなるんだろう?

 

ずっと外科医として働けるのかな?

何歳までオペを続ける事ができるのかな?

他に道はないんだろうか?

 

そんな事を漠然と考えていた時に、

大学時代の同期と会って話しをする機会がありました。

 

その方は現在訪問診療クリニックを開業して

院長としてご活躍しています。

 

元々は同じ医局にいたのですが、

開業志向が強く、何で開業をするかを考えて、

5年ほど前に訪問診療クリニックを開院したのでした。

 

開院当初は集患に苦戦したらしいですが、

現在では常勤医を2名、非常勤医を5名、

雇用するまでになりました。

 

そんな同期の先生からお話しを伺うと、

O先生も刺激になり、

自分が医師としての後半戦をどう過ごすか…

益々真剣に考えました。

 

同期の先生のように開業という選択肢は

取らない方針ですが、

訪問診療という仕事には関心があります。

うちに来いよ…と同期の先生は言ってくれてますが、

さすがにそれはやりにくいかと…。

 

なんで自分は訪問診療に関心を持つんだろうか?

 

突き詰めて考えていくと、

患者との時間をもっと持ちたい…

そういう思いが強い事に気付きました。

 

今まで手術の前後でしか患者とやり取りはしていないし、

術中は麻酔が効いているから話しもできない。

どんな医師になるのか?なりたいのか?

あんまり考えた事はなかったけど、

最後は患者と寄り添い、ゆったり時間を共有したい。

 

これがやりたい事なんだな…

O先生はそう確信を持ったのでした。

 

本当に実現したいものは何なのか?

 

これは年齢によっても、

医師になった理由によっても、

過ごしてきた過去によっても、

相当に異なるものだとは思います。

 

しかし給料を上げたいとか、

休みが欲しいとか、

当直を減らしたいとか、

いわゆる条件面だけで考えてしまうのは

ご自分の医師としての人生を

つまらないものにしてしまいます。

 

何をしたいのか?

実現したいものは何なのか?

 

真剣に考えた上で新天地を求めた方が

良さそうですね。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

なぜ自分は医師になったのか?

なぜ医師になったのか

 

麻酔科医として長年ご活躍してきたC先生。

 

40代も半ばに差し掛かり、

この先の10年後、20年後を考えた時に

このままでいいのか?と疑問が湧いてきました。

 

現在お勤めの病院の経営状態が芳しくなく、

現場にも無理難題が降ってきている状況もあり

少なくともこの病院に居続けても良い事はないだろう…

それがご自身を振り返るきっかけでした。

 

そもそもなぜ自分は医師を目指したんだっけ?

 

C先生はある地方都市の出身です。

街には大きな病院はなく、

数件の診療所があるだけ。

 

C先生が良く掛かっていた診療所の院長は、

いわゆる町医者として地域に密着し、

とても丁寧に患者さんを診察していたらしく、

現代版の赤ひげ先生のような存在だったそうです。

 

そもそもC先生は、

その先生のような存在になりたいと考えて

医学部を目指したらしいんですね。

 

ところが立派な家庭医になるつもりが、

何故か麻酔科医としてオペ現場に立ち続けてきました。

 

もちろん麻酔科医として仕事をしてきた事に

後悔は全くないのですが、

医師人生の後半戦は最初に考えていた家庭医として

働いてもいいのではないか?

そんな気持ちが湧いてきました。

 

知人の転職コンサルタントに連絡を取り、

自分にどんな可能性があるのか?

相談をしてみますといくつかの提案を頂きました。

 

その中で自分の最も興味のある仕事があり、

思いは段々と募ってきます。

 

一方で今お勤めの病院は、

無理がたたったのか、

医師、看護師、医療事務など退職者が増えてきて

1人1人への業務がさらに増えてきています。

 

決断するなら今しかない。

 

そう考えたC先生は、

コンサルタントに応募の意思を伝え、

とある医療機関に面接に行きました。

 

オペ現場からプライマリーケアの現場へ。

不安はありましたが、

理事長の熱い思い、法人のサポート体制を伺い、

自分でもできる、いやそれよりもやりたいという

考えが益々強まり、転職を決意しました。

 

辞めるのに思ったよりも時間は掛かってしまいましたが、

今は家庭医として充実した日々を過ごしています。

 

原点に戻る…。

大事な事ですね~とC先生はおっしゃっています。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録