来春からの新しい職場をじっくり探したいのに…。

医師転職紹介会社

 

転職理由は人それぞれです。

本当に様々な理由があると感じます。

 

当然、こういった背景をよく理解した上で

次の職場探しをせねばなりません。

紹介会社を活用するにしても、

この背景を理解せずに、

会社都合のやり方を押し付けてくるような所は

パートナーとして相応しくありませんね。

 

外科医のN先生。

現在は民間病院で働く40代前半の先生です。

 

大学医局を退局してこちらの病院に来たのですが、

当初から大変に良くして頂いているようで

N先生としても大きな不満がある訳ではありません。

 

ただこちらの病院に勤務し始めてから丸4年が経ち5年目に突入、

どうしても症例に偏りがある為に、

このままだと外科医の領域の中でも

偏りが出てしまうかもしれないと危惧しており、

もっと様々な症例経験を積める病院に行きたいと考え始めたのでした。

 

ただ今まで転職活動をした事がある訳でもなく、

医局人事が大半で、今の病院に来たのは人づてです。

 

多様な症例経験を積める環境は、

やはりプロに探してもらうのが良いだろうと考えて

最近利用する医師が増えている紹介会社に依頼する事にしました。

 

担当者とお会いすると、

何だかオドオドした若い方で頼りになりません。

N先生の考えている事を伝えても

どこまで伝わったのか不安に思うくらいで、

それよりも場所、通勤、給与、病床数、待遇など

いわゆる条件面の話しばかりしてきます。

 

N先生としては、

すぐに転職しなければならない状況でもなく、

じっくりスタンスで本当に症例経験を積める環境に行きたいので、

希望に合う所を時間が掛かってもいいから探して欲しいと

何度もお願いしてその場は別れました。

 

来年春まで約1年あるし、

これだけあれば吟味した良い病院が見つかるだろう…と

考えていたのですが…。

 

翌日から担当者より何件も求人が案内されてきます。

あれだけ症例経験を積める職場と言ったのに、

内科が中心の病院であったり、

常勤の外科医が1人しかいなかったり、

どうもピントが合っていません。

 

やっぱり彼はわかっていなかったか…と思いつつ、

何件も何件も希望と違う求人を送り付けてくるものですから、

私が希望しているのは症例経験を積める職場です。

それ以外の所は希望しませんと返信をしました。

 

すると担当者の上司の方から連絡が入り、

今まで送り付けてきた求人の中から

ピックアップした数件について説明があり、

1度見学に行きましょうと促してきます。

 

いやだから〇〇病院は外科の症例自体が少ないし、

△△病院は1人医長の案件だし、

▢▢病院は転居しないと通勤できないし、

全然希望に合ってないんだよ…という状態です。

 

さすがにN先生としてもこの会社では無理だな…と悟りました。

何万件も求人があると言うし、

あちこちで宣伝広告を見掛ける会社だから

ここならいいだろうと思ったけど全く医療者をわかっていない…。

 

他の会社はどうなんだろうな…。

また同じような感じならもう紹介会社など頼りにならんな。

結局、今の病院に勤めながら、

どこかいい所ないかな…と悶々とするN先生でした。

 

 

<紹介会社について書いた過去記事もご覧下さい!>

WEB上で検索を掛けて紹介会社を選んだ失敗事例!

大手だから安心と思ったのに…。

ペコペコして誤魔化しばかりのコンサルタント!

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

非公開求人に騙された!

 

最近、WEB上を賑わせている非公開求人…。

〇〇〇求人なんて表現をしている紹介会社もあるけど、
そんな希少な求人があるなら…と興味を示していたX先生。

今の職場にそれほど不満があった訳ではないのですが、
より良い条件を求めて、
大手の紹介会社に問合せをしてみました。

担当者とお会いしてみると、
いかにも価値ある求人のように切り出した案件がありました。

これはX先生だからお伝えするのですが…。

この求人はX先生のような方にしかご案内しません。

他の紹介会社からは絶対に案内されない貴重な求人なんです。

初対面なのにそこまで熱く案内するなら
余程いい求人なのだろうと考えたX先生は、
そこまで言うなら1度見学に行ってみようかな…と。

実際に行ってみると、
どうも担当者と先方の事務長がツーカーの仲らしく、
X先生に聞こえないように内緒話をしていたそうです。

しかも院長、事務長からも驚くほどの高条件が提示されたのは良いのですが、
どうも担当者と目配せしながらの怪しい雰囲気…。

これは安易に乗ったら危ない話しだぞ…と
X先生はピンと来たそうです。

もちろん内定が出たのですが、
X先生はお断りしました。

すると担当者は激怒。
院長や事務長の顔を潰すんですか!
行く気がないならなんで見学なんか行くんですか!
私たちの時間を返して下さいよ!

はあ~?
お前にそんな事を言われる筋合いないよ…と思いつつも、
やっぱりお前らグルだったんだろ…と確信。
だいたい上手い話しには裏があるんですよね~。

ちなみにこの病院の話しをドクター仲間や
知人の転職コンサルタントにしてみたら、
あの病院の手だよな。俺もその話しをもらったよ…とか、
あ~、あそこの病院とあの会社はつるんでるからね~とか、
あそこは経営状態が悪化していて背に腹は代えられないから何でもやるだろ…。

まあロクな話しが出てこない…。
そもそも非公開求人って
非公開にする明確な理由がない限りは
だいたいが紹介会社の都合だと考えた方が良いですね。

健全な医療機関は非公開にして医師を募集する理由があまりないんです。
堂々とオープンにして募集しますよ。

途中でおかしいと気づいて良かったよ…と
胸をなでおろすX先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

医局の先輩の誘いに乗ったばかりに…。

 

大学医局への在籍も10年を過ぎて、

そろそろ次のステップを考えていたH先生。

 

参加した学会後の懇親会で

医局の先輩と数年ぶりにお会いしました。

この先輩はすでに市中病院に転身しており、

診療部長を務めていらっしゃいます。

 

おお、H先生、久しぶり。

最近はどう?なんて気軽な会話をスタートさせたのですが、

すでに退局している先輩ドクターでもあり、つい気を許して、

いや~そろそろ次の道を考えなきゃ…と思ってます…と

申し上げたところ、

その先輩は急に真剣な表情になって、

当院に来ないか?とお誘いを受けたのでした。

 

その時は酒席でもあり、

話し半分くらいで聞いていたのですが、

後日、先輩から連絡をもらい、

「院長とも話したのだが、

H先生だったら当院は高待遇でオファーするよ。

上司が俺ならH先生もやりやすいだろうし、

待遇に関しては俺からも院長によくよく言っておくから、

きっといい話しになるはずだよ。」

 

確かにこの先輩ドクターは、

H先生が研修医の頃からお世話になっており、

親身になって指導をしてくれ

リスペクトしていた先輩です。

 

次のステップとは考えていたものの、

特にアテがあった訳ではないH先生は

あの先輩からのお誘いなら断れないよな~と

自分を納得させてお世話になる事に決めました。

 

ところがそれから数か月後…。

H先生は大きな後悔をする事になってしまいました。

 

旧知の先輩だから

事前に担当する業務や条件面など

任せきりにしてしまったのですね…。

 

先輩ドクターの悪いようにはしないというのを信じていたのですが、

まあ悪くはないんですが、良くもない…。

 

しかも受け持ち患者の疾患が自分の専門ではない方も多く、

自分は何のために専門医を取ったんだろうか…と悩む始末…。

 

待遇も基本給はグッと上がったのですが、

当直やオンコールの手当がなく、

トータルすると微増くらい…。

 

大学と比較すると医師数が少なく、

業務の負担は増しているので、

果たしてこれで良かったのか…。

もっと良い選択肢があったのではないか…。

 

1度先輩に相談をしてみたのですが、

大丈夫、大丈夫、俺に任せておけば大丈夫だから…と

何だか頼りになりません。

 

しかも先輩ドクターの顔を潰す訳にも行きませんから、

簡単に辞める訳にもいきません。

 

にっちもさっちもいかず…、

非常に悩ましい状況に陥ってしまったH先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

求人の内容を全然把握していないコンサルタント…。

 

乳腺外科のN先生。

大学医局に長く在籍してきて、

特に不満はなかったのですが

旦那さんが転勤する事になり、

悩みに悩んで一緒に行く事を決断しました。

 

今まで医局を辞めるなんて全く考えていなかったN先生は、

土地勘のない場所でどうやって病院を探していいか…

ノウハウがなく非常に戸惑っています…。

 

旦那さんは医師ではなく、

ビジネスパーソンでしたので

転職するなら紹介会社に依頼するのがいいんじゃないか?と

アドバイスをしてくれました。

 

そう言えば最近は紹介会社を利用して転職する医師が増えていると聞くし、

いろいろ情報を持ってるだろうからそれも良いかと考えて

WEB上で検索して、良さそうな会社に問合せをしてみました。

 

ご希望条件などを把握したいので1度打合せさせて下さいとの事なので

N先生の職場から遠くないホテルのラウンジでお会いする事になったのですが…。

 

事前に提出していたN先生のプロフィールを元にして、

いくつか条件面を確認した後に、

早速ですが…と何件か求人票を見せられました。

 

あら、用意がいいのね…と感心したものの、

出された求人について質問をすると

しどろもどろで応えられません。

 

調べて後程回答しますとか、

病院側に確認してからお知らせします…とそんなのばかり…。

 

あんまり内情わかってないのね…と

不安に思ったN先生ですが、

後日メールで送られてきた回答を見てさらに愕然とします。

 

私の質問内容すら理解してなかったのね、

全然回答になっていないじゃない…。

 

旦那さんに相談すると、

エージェントの仕事は会社によって、担当者によって、

全然レベルが違うだろうからなあ。

信頼できる人と会うまで

何社か声を掛けてみたらいいんじゃないか?との事。

 

その通りに動いてみましたが、

N先生がこの人なら…と思える人はなかなか出てこずに…。

 

結局7社めで納得できる人と出会えました。

それはWEBで検索した会社ではなく、

以前に転職した先輩から紹介されたエージェントでした。

 

やっぱりWEBだけじゃダメね…と気づいたN先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

 

情報過多で決断できず…。

医師転職失敗

 

一昨年に大学医局を辞めて民間病院に勤め始めたX先生。

大学に在籍していた頃と比較して

良い点、悪い点、両方あるけれど、

トータルで考えるとそれなりの満足感はあり、

そこそこ充実した日々を過ごされています。

 

しかし常に今よりも良い所を探しておきたいと考えたX先生は、

信頼の置けそうな出入りの業者が来院する度に、

どこか評判の良い病院を知らないか?

ここよりも条件の良い病院はないか?と聞いています。

 

また医師の紹介会社にも複数社登録してあり、

各社から定期的に求人も送られており、

その他、時間があると求人誌に目を通したり、

求人サイトでチェックしたりと

かなり真剣に情報収集をされていらっしゃいます。

 

そしてちょっと興味が持てそうな求人があると

業者や紹介会社や同僚医師などにも確認し、

どっかいい所ないかなあ?と日頃から動いていたんですね。

 

そんな状況でしたので、

同僚の先生方も、どうせX先生は退職するんだし…とか、

看護師などコメディカルスタッフ達との関係も徐々に悪化…。

 

そしてついにある日、院長に呼び出されて、

X先生は業務時間中に転職活動をしているそうではないか!?

それは非常に困るし、

当院に長く在籍するつもりがないなら

こちらも相当の対応をせざるを得ない…とお叱りを受けてしまいました。

 

こんな状況ですので、

本気で転職活動をしなければならなくなったのですが、

そもそも何となく今よりもいい所…という目的で

情報収集をされていましたので、

どうも自分に合う医療機関がどんな所なのか?

どんな条件を自分は望んでいるのか?

あまり明確になっていなかったんですね。

 

ですから〇〇病院はどうですか?と聞かれても

あそこは以前にバイトに行っていた先生から

悪い評判を聞いてるよとか、

□□病院が△△科の先生を募集しているそうですよと聞いても

あそこは給料の割には労働時間が長いらしいよ…と

欠点ばかりが目につき、

ここに応募したいとか、ここでお世話になりたいという、

自分なりの理由を見い出せなくなってしまっているのです。

 

医療機関の情報にしても、求人情報にしても、

ひと昔前と比較すれば手に入れるのは容易ですよね。

 

しかしあまり情報収集をし過ぎて、

頭でっかちになってしまうと評論家というか、

ただの求人マニアになってしまいます。

 

求人の良し悪しは当然ありますが、

最も大事なのは、ご自身が何を望んでいて、

どんな将来を手に入れたいのか?

いわゆるライフプラン、キャリアパスであります。

 

これなしに求人ばかり見ても、

かえって混乱するばかりですね。

 

X先生は未だに転職しておらず、

院長はじめ周囲からの冷たい目線を浴びながら

悶々と仕事をしています…。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

 

エージェントのそれぞれの特徴を知っておかないと…。

医師転職エージェント

 

今まで医局からの派遣で

数か所の市中病院での勤務経験はあるものの

この度、退局して

初めてご自身で転職活動をする事になったU先生。

 

正直、右も左もわからない状態ですし、

知人の先生方も紹介会社を活用しているようなので

WEBでよく見掛ける会社に問合せ。

 

U先生が求めていたのは、

・転職活動をどのように行えばいいのか?

・将来的に自分のキャリアをどのように設計すればいいのか?

・自分にどんな可能性があるのか?

こういった事をアドバイスして欲しかったそうです。

 

ところが問合せした会社は、

医療従事者であれば誰もが知る会社でしたが

担当者とお会いしてみると、

ざっとU先生の希望条件を聞いたら

後はこの求人はこの点がおススメであるとか、

この病院は待遇が良いとか、

いわゆる求人に関してのアドバイスしかしなかったそうです。

 

しかもそれが同僚の医師から悪い評判を聞いた病院であったり、

以前にバイトで行った事があって

内情があまりにもひどくて2度と行きたくないと思っている病院であったり、

なぜそこを勧めるのか?理解できなかったそうです。

 

そもそもU先生が求めているのは、

求人だけではなく、もっと転職に関して、

自分自身の未来に対して、

親身に相談に乗って欲しかったのに…。

 

これ以上話しをしていても無駄だと悟ったU先生は、

他に用事があるので…と席を立ち、

その担当者からの連絡はその後ほぼ無視をしたとか…。

 

紹介会社なんてこんなものか…と

幻滅したU先生でしたが、

困っているU先生を見かねた先輩医師が

大手だけでなく中小の方が丁寧な仕事をしているよ、

良かったら自分がお願いしている所を紹介しようか?と

おっしゃってくれました。

 

実際に担当者とお会いしてみると、

前回とは全く異なって、

親身に相談に乗ってくれるではありませんか。

 

半年後には先輩から紹介してもらった会社経由で

新たな職場に赴任したU先生。

 

条件の良し悪しだけではなく、

中長期的なライフプランに沿った可能性を広げてくれ、

ちょっとした疑問や質問にも丁寧に答えてくれる。

安心してお任せする事ができたそうです。

 

同じ紹介会社さんでも特徴はそれぞれ違うんですね。

自分に合う会社と出会う事。

ここが大事だと痛感しましたとおっしゃり、

これは病院探しや、医者探しと一緒かもしれませんねと

苦笑するU先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

ご相談だけでも結構です…という営業!?

医師転職相談

 

インターネット上には、

医師の転職や開業に関する宣伝広告が

ありふれていますね。

 

医師になって15年。

今までは一人前の医師になる為に

必死になって頑張ってきたけど

そろそろ自分の身も固めていきたいし、

人生設計も考えておきたい。

そんな事を考え始めていたS先生は、

プロの方に相談をしてみたいなあと思いつつも

変に営業されたくもないし…と躊躇していました。

 

そんなある日、

「まずはご相談下さい。

もちろんご相談だけでも結構です。

無料でご相談に乗ります」

という宣伝広告が目に入り、

転職や開業を支援している会社など興味もなかった

S先生でも知っている会社だったので

問合せをしてみました。

 

まずはざっくばらんにご相談しましょうとの事で

待合せに現れたのは30歳前後の女性コンサルタント。

 

仕事にプライドを持っているのが伝わってきて、

有能さを感じる方であります。

 

かなり勉強をしているようで、

医療の知識もしっかり身に着けているし

今まで転職サポートをしてきた経験も相当あるようです。

 

これは良い担当者と会えたかな…と思い、

話し始めると…

今まで自分が考えた事もなかった選択肢に気づいたり、

様々な事例やノウハウを聞き、

かなり参考になりました。

 

う~ん、いい話しが聞けたなあ。

視野も広がったし、閉じかけていた目が開いた気分だ。

これで本当に無料でいいのかなあ?

 

素直に尋ねてみると、

もちろん料金は頂戴しません。

S先生が転職する際にお声掛け頂ければ結構ですと

笑顔でおっしゃるじゃないですか。

 

S先生は素直に礼を述べ、

その日は別れました。

 

それから数日後、

その会社からメールマガジンが届きました。

最新求人のご案内ということで、

かなりの件数の求人が掲載されていました。

 

特に連絡は不要と伝えていたS先生ですが、

まあ求人を見るのも参考になるし、

メルマガくらいはしょうがないかと

気にしていなかったのですが、

それから2週間後…。

 

お会いしたコンサルタントから電話が入りました。

 

S先生にピッタリの求人が入りました。

見学だけでも行ってみませんか?

 

いや、自分はそんな急いで転職をするつもりはないし、

こないだも申し上げた通り、

将来的なご相談だけ…という事だったので…と

お断りをしたのですが、

数日後には、先日の求人は非公開求人で、

我々がこの先生ならと見込んだ方にしか案内していません。

もう1度だけご検討頂けませんか?

 

んー、こないだは大変に好感を持ったけれども、

やっぱりこうやって営業してくるんだな。

とてもいい方だっただけに

邪険に扱うのも可哀想だし…スルーしておくか…。

 

しかしその後も数日ごとに連絡が入ります。

話しだけでも聞いてみませんか?

見学だけでも行ってみませんか?

 

あまりのしつこさに

これはきちんと断りを入れねばならんなと考えたS先生は、

申し訳ないけれども

先日お話しした通り、すぐの転職は考えていないし、

今回の求人にも興味は全くないと強くお伝えしました。

 

取り敢えず度重なる連絡はなくなりましたが、

その後も1カ月に1度くらいは、

こんな良い求人が入りました…とメールが来るそうです。

 

いくらコンサルタントの人柄が良くても、

会社の営業方針が強引であれば、

こういう事が起こりえます。

 

宣伝広告ではなく、

会社の理念、営業スタイル、

営業方針などをオープンにした

本当の意味で相談に乗ってくれて

無理な営業をしない優良な紹介会社を選ばないといけませんね…。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

求人情報ってどうやって探せばいいの?

医師転職求人

 

大学医局を退職しようと決心したY先生。

特に大きな不満があった訳ではありませんが、

だからと言って医局に在籍し続ける理由もなく

専門医を取得してから2年、

お礼奉公も済ませたと考えて転職する事を決めました。

 

とは言え、転職活動なんてした事はないし、

何から手を付けていいのやら…。

 

取り敢えずはご自身の履歴書、職務経歴書を作ってみました。

ですが職歴のきれいなY先生ですからすぐに作り終わりました。

ご自身の過去の経験を振り返ってみたり、

今後何をしたいのか、何を求めているのか、

そういった面を考えるには価値はありましたが…。

 

さて次は応募先を探さねばなりません。

当直の際に医局に置いてあった

医療系雑誌の求人欄などを見てみましたが、

情報量が少なくて全く判断ができません。

 

求人を出している病院のホームページを見ても、

求人欄すらないサイトも多いし、

あってもほとんど参考にならない情報しか掲載されていません。

 

インターネット上では、

様々な求人サイトがありますが、

どこも似たような感じの情報しか載っていないし、

同じ医療機関ばかり載っているような気もする。

 

それでも他に手段がないので、

いくつかの求人サイトを研究してみたY先生ですが

観察してわかってきた事があります。

 

掲載されている求人には、

医療機関から直接出された求人と

紹介会社が医療機関から依頼を受けて出している求人がある事。

 

求人サイトの運営会社が、

エムスリー、メドピア、日経キャリアなど

知名度が高く、本業は他にある企業のものと、

求人件数は少ないけれども

医療機関からの直接求人のみ掲載しているサイト、

他には人材紹介会社が運営しているサイトと

いくつかある事もわかってきました。

 

紹介会社に対してあまり良いイメージを持っていないY先生は、

できれば利用しないで転職したいと考えていますが、

どうやら求人を圧倒的に持っているのは紹介会社であり、

それを利用しないという事は

求人を自ら探さねばならないという事に気づきました。

 

通勤可能範囲にあり、

自分の専門である診療科目があり、

病院の方針やビジョンと自分の考えがマッチしていて、

文化や伝統に好感が持てて、

我儘はそれほど言わないけれど

それなりの待遇で迎えてくれる病院…。

 

元来凝り性であるY先生は、

サイト上から収集した情報や

仲間の医師や、職場のナースなどからも情報を得て

エクセルで管理しています。

 

……と、この手法自体は大変に素晴らしいものですし、

Y先生の探求心には頭が下がる思いですが、

転職しようと決意してからはや1年半…。

 

仕事をしながらこのようなリサーチをしていましたので、

データはどんどん積み上がるものの

肝心な転職活動は全く前に進みません。

調べれば調べるほどに良い情報だけではなく、

悪い情報も耳に入ってきて、

どこに応募すれば良いのか…。

ご自身でもわからなくなってしまっています。

 

このままではいつ転職できるのか…。

Y先生も危機感を感じていますが、

踏ん切りがつかない毎日を過ごしておられます。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

 

人脈のひとつだと思っていたのに…。

医師紹介会社コンサルタント

 

地域の中核病院でお勤めになるS先生。

 

半年ほど前に転職していった先輩のO先生と学会で一緒になり、

その晩は旧交を暖めるべくお酒を飲みながら語り合いました。

 

するとO先生から、

いかに今の自分が恵まれているか、

この環境を与えてくれた紹介会社のコンサルタントに

感謝しているといった話しが出てきて、

S先生も今の病院の在籍期間が5年めになる事から

自分もそろそろ次の事を考えなきゃ…という気持ちもあり、

そのコンサルタントを紹介して欲しいとO先生にお願いしました。

 

数日後、O先生と一緒に現れたコンサルタントのBさん。

まだお若く、しかも女性で、結構きれい…。

 

O先生はこんな美女にお手伝いしてもらったのか…

そんな事を考えながら、

今すぐという訳ではないけれど、

いい求人があったら教えて下さいという事で

その日の面談は終わりました。

 

翌日にはBさんからお礼のメールを頂き、

その数日後には丁寧なお手紙まで頂く。

やはりできる人は気遣いが違うなあと思っていましたが、

それが段々と変わっていく事に…。

 

S先生ご自身は、

いいところがあったら考えようかなというスタンスでしたが、

ある時、Bさんから連絡が入り、

となる医療法人が分院を出す事になり

是非S先生に院長に就任して欲しいというお話しが入りました。

 

S先生としては診療所という選択肢はなく、

まだまだ総合病院で働くつもりでいましたので

やんわりとお断りをしました。

 

ですが、その後も何度か同じ案件を打診され、

なんでお断りしているのに何度も案内するかなあと

不思議に思い、O先生に相談してみると

どうやらBさんが紹介した院長で一旦は決まったものの

急遽その先生が辞退され

医療法人側から厳しく叱責されたBさんは

藁をもすがる思いであちこちの先生に声を掛けているそうです。

 

O先生からも協力してやってくれよ…

と言われましたがさすがにできる事とできない事がある訳で…。

 

その後も度々Bさんから連絡が入るものの

電話も取らないようになってしまいましたし

メールも返信をしないようになってしまいました。

 

せっかく好感を持っていた方なのに残念だなあと思いつつ

押し付けがましい営業は勘弁して欲しいなとも思うS先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

 

求人を何件も貰ったのでついその中から選んでしまった…。

医師求人失敗

 

大学医局にて長く勤めているW先生。

臨床、研究、教育と忙しい日々を過ごしており、

現在は講師を勤めておりますが

可愛がって頂いていた教授の退官が決まり、

自分もそろそろ大学を出ようかな…と

考えていました。

 

そんな事を考え始めると

今までは全く見向きもしなかった

DMやら、医療系雑誌の求人やら、

WEB上の求人サイトやらが気になり始めて…。

 

ふと目に入った大手の医師紹介会社に登録してみると

すかさず担当のコンサルタントから連絡が入り、

1度お会いしたいと面談の日程を決めました。

 

W先生はあまりの急展開に、

必ず転職するかまだわからないし、

確実にお願いするかもわからない状態なんだけど

それでも宜しいですか?と尋ねると、

それでいいとの事。

 

情報収集がてらお会いしてみるかと思い、

待合せ日時に行ってみると…。

 

まあ爽やかな好青年タイプの担当者が待っていて、

好感は持てたものの、

挨拶もそこそこに、

自分の専門や、現状の待遇などを聞かれ、

すぐさま次の職場への希望条件を聞かれて

30分ほどで面談終了。

 

あれ?もっといろんな事を相談できるかと思ったけど

こんなものなのかな?と疑問はあったのですが

まあこれからどうなるか楽しみだ…と思っていました。

 

すると翌日から毎日のように

ここはどうですか?と様々な医療機関の求人が

案内されてきました。

 

多い時には10件近くの求人が送られてきて、

ご多忙なW先生は詳細をチェックする暇もなく

スルーしてしまっていました。

 

それから1カ月近く立った頃です。

担当のコンサルタントから連絡が来て、

そろそろどの求人を受けるのか決めて欲しい。

あまりのんびりしているといい求人ほど

他の先生に取られてしまうと言うではありませんか。

 

だって必ず転職するか、お願いするかわからないからと

伝えていたW先生は戸惑いながらも

よく見ておきますと答え、

その晩に今まで案内された求人をざっと眺め、

しいて言うならこれかな?という案件を

コンサルタントに伝えました。

 

すると面接に行く日程はいつがいいか?と聞かれ、

あれよあれよという間に院長面接。

すぐに内定が出たという事で詳細の条件まで頂きました。

 

あれ?俺って本当に転職するの?と戸惑うW先生。

しかし、担当のコンサルタントからは

このチャンスを逃しては2度とこんな好条件はないとか、

早く決めないと他の先生に取られてしまうとか言われて、

年貢の納め時かな…と考えてしまい、

ここでお世話になるか…と決めたのでした。

 

そもそも転職の熱意が高かった訳でもありませんし、

今の職場に大きな不満があった訳でもありません。

 

新しい職場にも特に不満がある訳ではありませんが、

何だか腑に落ちないW先生。

 

長く医局にいた事を無駄にしてしまったかな、

何だか流されてしまったな。

そんな事を思いながら、これで良かったのかなあ?と

今でも悩み続けていらっしゃいます。

 

転職は求人ありきではありません。

特に売り手市場である医療業界は求人中心で

動いてしまうと後々後悔してしまう事になります。

 

もっと真剣に考えれば良かった…と

しっかり相談してくれる業者にお願いすれば良かったと

悩みが消えないW先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録