何も知らないままの面接で大失敗…。

 

大学医局の在籍も10年を過ぎて、

そろそろ自分らしい

医師人生を送ってみたいと考えているA先生。

 

開業も考えなくもないけど、

まずは民間病院ってどんな所かを知ってみたいと

転職活動をスタートしました。

 

そうは言っても超多忙な日々を過ごすA先生。

どうしても自分の事は後回しになってしまって、

なかなか思うような活動ができません…。

 

ようやく見つけた求人先についても、

詳細を調べる余裕などもなく

当日になって慌てて準備して行く始末です。

 

しかもいくつか問合せをした所があったので、

内容がゴッチャになっている状態です。

ホントは前日にはしっかり調べて

準備万端で行こうと思っていたのですが、

担当患者の急変がありそれどころではなくなってしまいました。

 

正直頭の中は混乱しています…。

あれ、今日のところは〇〇だったっけ?

 

向かいの電車の中で

スマホで情報収集をしましたが

付け焼刃である事は否めず

A先生自身も不安を持ちながらの面談です。

そして悪い予感というものは的中してしまうもので…。

 

待ち受けていたのは院長、診療科長、事務長でしたが、

院長と事務長は笑顔で迎えてくれたものの

診療科長は直属の上長になる為か、

自分の事をしっかり見極めようと厳格な対応です。

 

なぜA先生はなぜ当院を志望したのか?とか、

A先生は当院で何を実現したいのか?と問われても、

しどろもどろの回答になってしまいました…。

 

そりゃそうです。

A先生は自分でも混乱している事を認識しているのですから

下手な回答をしてしまうと他院と勘違いしている可能性もあるんです。

 

とにかく無難な回答をせざるを得ず、

本当ならもっと意欲的で、

しっかりした目的があるのですが、

A先生としては悔しい面談となってしまいました。

 

医師不足である事から、

実はこの面談を経て内定を頂いたA先生ですが、

腑に落ちない…というのが正直な感想です。

 

他に選択肢を作れず、

A先生ご自身も致し方ないか…と入職を決めたのですが、

どうもスッキリしない…。

 

自業自得だけど、

何だかもったいないし、

納得感が薄くて残念な思いをしているA先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録