開業資金の融資って確実に受けられるのか?

開業資金 融資

 

医師になって15年が経つM先生。

もともと開業志向が強く、

15年を機会として開業準備を進める事を決断しました。

 

そこで最も心配なのが資金面。

M先生は開業を目指してきたので、

自己資金はそこそこあります。

 

ただ住宅ローンはまだ残っているし、

お子さんもこれから受験を控えておりますので

今後教育資金も必要になり、

融資を受けざるを得ない状況です。

 

そこで給与振込口座を持つ銀行に相談をしてみると、

担当者も要領を得ず、貸せるのだか、貸せないのだか、

よくわからない反応です。

 

その時点では、自分は医師で、医院の開業を志しており、

金融資産はこれくらい持っていて、

さあ融資できますか?できませんか?という状況でしたから。

 

銀行の担当者から、

先生のビジョンやプランを事業計画に落とし込んで下さい。

それを見て判断しますと言われ、

そんなもんかな…と恥ずかしくも退散しました。

 

その後、開業支援を依頼したコンサルタントに、

クリニックの開業支援の経験が豊富な税理士を紹介してもらい、

その段階で初めて事業計画というものの詳細を知り、

具体的なクリニックのコンセプトも段々と固まっていったのです。

 

何も知らないで銀行に行ってしまったけど、

後から知ったのだけど、あまり医療に力を入れていない銀行だったので、

先方も戸惑っていたようだけど、

これで何とかなりそうだな…とホッとひと息。

 

税理士からも、

住宅ローンや教育資金に関しては問題はありません。

他にフリーローンや消費者金融からの借入がなければ

これから作るクリニックのビジョンやプランが明確なら

融資は問題なく実行されると思われます。

 

銀行さんは融資した資金がきちんと返済されるかを

最も心配している訳で、それは事業計画を見て判断します。

 

明らかにお金の使い方に問題がある方を除けば、

問われるのは事業計画です。

 

M先生は今までお金の使い方は特に問題ありませんので、

後は極端に設備資金が高いとか、運転資金を異様に必要としているなど、

銀行側が首を捻るような事がなければ大丈夫です。

融資された資金の使い道を、固く、明確に、適正に、

使いますよというプランが明確であれば問題ありません。

 

融資が下りるかどうかは開業準備の第1歩です。

 

その為にはクリニック開業のプロの人たちと、

きちんとした事業計画を作らねばなりませんね。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

意外と高い宣伝広告費…ケチって後々後悔…。

クリニック開業宣伝広告

 

お父様も開業医であるU先生。

そのままお父様の医院を継いでも良かったのだけど、

新しい道路ができて、街の様相はどんどん変わっています。

人通りも変わり、競合医院も増えてきているんです。

 

お父様の医院も患者数が徐々に減ってきており、

すでに開院して30年も経っている事もあり、

お父様もここを引き継ぐよりも

近隣で新たな場所を探した方が良いのではないかと

おっしゃっています。

 

そこでU先生は地元の不動産屋さんに依頼してみると、

現医院よりも利便性の高いところに

ちょうど良い物件を見つけることができました。

 

お父様も好立地に賛成してくれ、

新たな場所で新規開業をすることで準備を進めていきました。

 

すでに30年もクリニックを経営してきたお父様からのアドバイスを受け、

とても順調に準備は進んだのですが、

議論になったのは宣伝広告です。

 

お父様は、駅に看板を出すべきだ、電柱広告も合わせて行うべきだ、

そうおっしゃるのですが、U先生としてはそれはひと昔前の広告手法だし、

今時はネットで検索を掛ける人が多いから

ホームページなどに注力すべきだと考えています。

 

結果的には両方すべきという事になったのですが、

すると予算をオーバーする宣伝広告費になってしまいます。

 

U先生はご自身のお考えであるWEBでの広告費は削りたくなく、

効果が見えないのに多額の資金を必要とする

駅や電柱での広告を最小限度に抑える事にしました。

 

開院して6カ月…。

患者数は思うように伸びていません。

 

来院してくれた患者アンケートを見てみると

「目の前を通り掛かって…」

「クリニックの看板を見て…」という来院動機が多く、

ホームぺージを見てという動機はほとんど目にしません。

 

地域特性や患者層。

非常に重要なファクターですが、

U先生が開院する地域は高齢者も多く、

まだWEBで検索する方がそう多くはないのですね。

 

こんな事なら父の言う通り、

駅や電柱の広告に費用を掛けておくべきだった…。

都会ではないのだし、患者層も若くはないので、

それに合わせるべきだった…。

 

後悔先に立たず…ですが、

やはりマーケティングは難しいと反省しきりのU先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

開業時にコンサルタントフィーをケチった結末…。

クリニック開業コンサルフィー

 

数年前から開業に備えて準備をしてきたN先生。

元々慎重派な性格なので、

多くの開業に関する書籍を読んだり、

開業セミナーにも足を運んで研究をしてきました。

 

自分なりの事業プランも完成し、

常勤先の理解も得られ、応援してくれそうです。

 

よし1年後を目指して開業しよう!と決断し、

計画を実行し始めました。

 

まずはパートナーとなる開業支援業者…。

ここの選択を間違ってはいけないと考えて、

5社から話しを聞いてみました。

 

独立系の開業コンサルタントが2社、

医薬品卸業、調剤薬局、医療機器ディーラーの開業支援部隊の方々…。

 

N先生の中では独立系の1社が最も信頼できそうで、

自分のコンセプトやプランも理解してもらえ、

担当者の力量や人間性も気に入りました。

 

ただ問題はコンサルタントフィーです。

自分の調べた中では相場通りでもあり、

決して法外なフィーを要求されている訳ではないですが、

他はコンサルタントフィーは頂きませんというところもあり、

非常に悩んでおりました。

 

最終的には開業時の費用はできるだけ抑えておきたいと考え、

医療機器ディーラーの開業支援の方にお願いする事に決めました。

 

希望の開業地にて、それなりに気に入る物件が見つかり、

紹介してもらった税理士と打合せをしつつ、

銀行の融資申し込みの準備を進めていくのですが、

想定していた借入金額がかなりの予算オーバーとなってしまいます。

 

ポイントは2つ。

内装業者の見積もりが予算よりも300万円ほど高い事、

そして医療機器の総額も予算より500万ほど超えています。

 

担当のコンサルタントに相談しても、

N先生がこれから人生の半分以上を過ごすクリニックなんですから、

内装費は絶対にケチっちゃダメですよ…。

 

充実した医療を提供するためには、

医療機器は必要不可欠ですし患者を呼び込みますから、

ここは絶対にケチってはいけません。

 

そう述べてそもそもの予算を超えた融資の申し込みをするように

アドバイスしてきます。

 

結果的に当初の予算よりも1000万円近くオーバーしましたが、

追加融資は難しいと言うし、少し余裕を持っておかないと

後々困るのも嫌だから致し方ないか…と考えて申し込みをしました。

 

ところが担当者は、

さらなる医療機器の充実を訴えてきますし、

中古品などを組み込みたいと話しても

そんな安かろう悪かろうの機器を入れて

故障したらかえって高く付きますよ…と譲りません。

 

挙句の果てには上位機種をおススメしてきたり、

エアコンなどもそこまで必要?と思うほどの

良い機種を提案してきます。

 

患者さん思いのN先生のクリニックなんですから

これくらいは当然です…と言われればNOとも言えず、

医療機器に関してはさらなる予算オーバー…。

 

当然他の予算を削るしかなく、

院長室のデスクや椅子はネットで買い揃えたり、

スタッフ用のロッカーや電子レンジ、冷蔵庫などは

自宅にあるものを持ってきました。

 

最も痛かったのは、

集患対策のために考えていた費用を

医療機器に回してしまった事です。

 

開院後…。

ポツポツと患者さんが来ても、

なかなか安定せずに、広がりもありません。

 

アンケート結果をチェックすると、

患者さんのほとんどがたまたま見掛けて来院した事がわかり、

ホームページや看板、チラシなど、

ほとんど効果的な策を打てなかった事が響いているようです。

 

こんな立派な医療機器があっても、

患者さんが来なければ宝の持ち腐れです…。

 

結局、安かろう悪かろうなんだよね。

ただより高いものはないと言うけど、

ひも付きの業者を紹介されて、

本業の医療機器を大量に購入させられ、

肝心の経営支援は全くしない…。

 

機械さえ買ってもらえれば、

後は最低限の事だけして開業にこぎつける…。

だから無料か…。

 

もしあの時に自分が最も気に入った

独立系の開業支援業者に依頼していたらどうなったんだろう。

もっと良い開業ができたのではないか…。

 

コンサルタントフィーを大幅に超える予算オーバー…。

彼にお願いしていたらこんな事にはならなかったかも…。

 

後悔先に立たず…のN先生でした

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録

 

信用が置けるエージェントと置けないエージェントの使い分け!?

 

すでに300社以上もあると言われている

医師及び医療従事者向けの人材紹介会社…。

 

最大手の企業から1人で運営している企業まで、

その規模、理念、方針、運営手法、マッチングスタイルまで

多種多彩であります。

 

すでに10社以上の人材紹介会社を活用しているM先生は、

それぞれの特徴を良く掴み、

その特徴を活かした使い分けをしているそうです。

 

そもそも最初にお付き合いしたのは、

Web上でも良く見掛ける老舗かつ大手の人材紹介会社でした。

 

担当者は30代後半の男性。

M先生はどうもこの担当者と気が合わず、

でも求人案内だけは相当数してくれるので

それなりの距離感を持ってお付き合いをしていたそうです。

 

ところが同僚医師から紹介してもらったエージェントの担当者は

非常に気が合って、医療も詳しく、その考え方、人物面も素晴らしい。

ただ彼の所属する企業は中小企業に毛が生えた小規模運営で、

求人数自体は決して多くはなかったそうです。

 

大手所属の担当者は案内してくれた求人について問い合わせても

実情を良くわかっておらず、他の担当に確認してから連絡すると

いつも逃げの姿勢。

 

ある時、この人から案内された求人について、

小規模企業に所属する担当者に相談をしてみると

とてもスピーディーかつ誠実な対応をしてくれました。

 

表向きの情報だけではなく

かなり突っ込んだ内情までリサーチしてくれたし、

他のドクターの意見や感想まで教えてくれる…。

 

それからM先生は大手の担当者が案内してくれる求人で

ここは気になるな…という所は

この別の担当者に相談するようになったのだそうです。

 

また常勤先だけでなく、アルバイトに関しては、

やはり餅は餅屋だという事で、

アルバイトに強いと評判の会社を利用しており、

非常勤の場合はここか、ここ。

スポットの場合はあそこか、あそこ。

 

こんな感じで上手く使い分けているそうです。

 

もちろん最も大事な常勤先を探す時は、

慎重には慎重を期して、

情報を持っている会社、

コンサルタントの能力、経験、人間力が高い会社、

老舗で医療機関とのパイプが強い会社、

最近伸びてきている新しい会社、

量ではなく質を重視している会社…。

 

このように分類して、

その時々によって使い分けと長所を見極めて

それぞれの強みを最大限に活用しているのだそうです。

 

結局、信用というひと言だけではなくて、

そのエージェントの何を信用して、何が信用できないのか、

それを把握して、上手くミックスさせて、

自分自身の為に、患者の為に、最適解を探しているだけなんですよ…。

そうおっしゃいます。

 

ただモラルとしてはどうか?と自分も思うし、

紹介会社の人にとっては、やっかいな医者だと思われるかもしれないけど、

まだエージェント自身に歴史がなく、

本当の意味での信用が置けないのだからしょうがない…。

 

きっといつかこの人と人生を歩みたいという

パートナーとして相応しい方が出てくると思うから

それまではこんなスタンスで行こうかな…と考えてるんだ。

 

とは言ってもあまり社数が増えてくると、

自分でも、ん?この会社はどこだ?とか、

この担当者は誰だ?なんてことも出てきてしまってる…。

 

あんまり増やし過ぎるのも良くないよね…。

でも、本当に信頼できる人が出てくるまでは

これも致し方ないかな…エージェントの方々も

その内にレベルアップするだろうし、

その時にはすべてお任せできる人が出てくるだろうしね…。

 

この先生よりお話しを伺って、

これはこれでいいのではないか?と思いました。

 

医師だってドクターショッピングされる時代ですし、

より良いサービスを提供してくれる業者を探すのは当たり前。

問題は業者側が本当の意味で医師を満足させる事ができるかどうか?

そういうサービス提供ができるエージェントが増えれば、

きっと医師の転職市場も健全化されるのではないか?と思います。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録