もしかしたら自分はあまりにも他責すぎたんだろうか?

 

大学医局に所属し続けて18年…。

これからどうしようかと悩むT先生。

 

臨床、研究、教育といろいろ携わらせてもらったけど、

ここ数年はジッツの中でも

遠方にある市中病院に派遣されています。

 

もともと医局の中で出世したいという意欲もないし、

論文を書くのは嫌いではないけど

学会などで発表するのはあまり好きでない。

研究ったって特別に取り組みたいものがある訳でもなく、

何となくやってきただけかも…。

学生に教えるのも特に好きでも嫌いでもなく、

熱い思いがある訳ではない…。

 

自分自身でも中途半端かな…と思いつつも

臨床現場では日々忙しくしており、

それがやり甲斐や生き甲斐になっているのは確か…。

 

もしかして臨床に専念した方がいいのかな…。

大学に残る意味ってあるのかな?

 

そんな事を考えながら、

遠方の病院に往復4時間も掛けて通勤する毎日…。

 

ある日、教授に呼び出されて話しをすると、

世間話の中でも、君は一体何をしたいんだ?

このまま医局に居座ってもいい事なんてないぞ、

そろそろ身の振り方を考えた方がいいんじゃないか?

ハッキリとは言わないまでも

ニュアンスとしてヒシヒシ伝わってきます…。

 

つい外に出たい…と教授に言ってしまったのですが、

すると教授は激怒。

医局に人が不足している中でそんな事を言うんじゃない…と。

 

さっきまでお前なんかいらないくらいの事を言ってたのに

話しが違うじゃないか…。

自分なんて遠方の病院への派遣要員なのかな…。

教授への不信感は募るばかりです。

 

辞めるべきか、留まるべきか…。

 

今まで医局を出るなんて事、

まったく考えてなかったな…。

ずーっと在籍し続けるものだと思ってた…。

でもそういう時代じゃないんだし、

教授も信頼できないし、

こんな状態なのに他に選択肢のない自分の人生…。

 

今からでも遅くないのかな?

新しい医者人生を歩もうかな?

 

同期がなぜ開業をしたのか、

先輩がなぜ民間病院に転身したのか?

後輩がなぜ転科して新たな領域に1歩を踏み出したのか?

今さらながらよくわかった…。

 

もっと将来について真剣に考えて、

リスクマネージメントや

プランニングをしておけば良かった…。

 

ゆりかごから墓場まで…そういう時代は終わったんだな。

しみじみ思うT先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録