本当に開業準備を進めていいんですか?

 

大学医局に12年在籍して、

その後、派遣先の自治体病院にて

医長を務めているY先生。

 

40代に突入し開業するなら

そろそろ準備を進めていかないと…と

考えておられます。

 

ただすでに3年前に開業した

先輩ドクターに相談をしてみたところ、

まだ焦る年齢ではないし、

もう少し多様な経験を積んだ方が良いのでは?と

アドバイスを頂きました。

 

要はY先生は大学病院と自治体系の病院に長くいた為に、

アルバイトの経験もほとんどないし、

クリニックでの勤務経験も数えるくらいしかない。

 

先輩ドクターが言うのは、

民間病院でシビアな経営を目の当たりにした勤務の経験や

クリニックで制限のある中での診療経験を積んだ上で

開業準備を進めた方が良いとの事でした。

 

実際に昨年開業した知人の先生は、

思うように患者が集まらず、

スタッフも定着せず、

かなり悩んでいるような噂を耳にしています。

 

この先生も大学病院と自治体系の病院でしか

勤務した経験がありませんでしたので、

頷かされる部分はあります。

 

確かに自分は臨床医としての経験は積んできたけれども

開業医として必要な経験はあまり積んでいないのは事実。

 

元々医師を志したのは町医者として、

地域住民の方々のお役に立ちたいという思いがあったので、

開業する事自体に迷いはない。

 

ただ融資を受けて開業するのだから、

失敗は許されないし、したくない。

 

成功している開業医である

先輩ドクターからの貴重なアドバイスだし、

具体的な事例などもお話しを受けたのですが

どれも納得できるものばかりでした。

 

このまま経営的な観点やノウハウ、

クリニックでの診療を知らずして

開業して失敗するよりも、

開業医になる為の経験をしっかりつけて、

学びを得た上で開業した方が良いだろうと

Y先生自身も納得し、

一旦は民間病院やクリニックでの勤務経験を積み、

その上で開業の準備を進めていこう。

そう決断したY先生でした。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人 簡単登録