医療機器は新品?中古?

 

開業準備を着々と進めている内科医のS先生。

 

医師になってから20年。

いつかは開業と思いながらも、

その為には自分を成長させなきゃと

急性期病院を中心に、療養型やリハビリ病院、

アルバイトではクリニックでもご勤務し、

経験値を高めてきました。

 

開業医として先輩である知人医師より紹介を受けた

開業コンサルタントとも相性が良く、

安心と信頼を持って開業に向けて動いています。

 

良き物件とも出会う事ができ、

税理士を通して銀行からの融資も目途が付きました。

内装業者との打合せも順調で、

とても雰囲気の良いクリニックが出来上がりそうと

希望に満ちています。

 

開業コンサルタントからは、

これからは医療機器の選定を進めますよという事で

医療機器ディーラーと打合せをしています。

 

当初の予定では、機械は最低限で構わない、

程度の良い中古があればコストを下げる為にも

中古を購入する。

そんなスタンスでいたのですが…。

 

ショールームに行くと、

非常に魅力的な医療機器が飾られています。

また営業からパンフレットを見せられると、

これも欲しい、あれも欲しい…。

当初は最低限で、中古も交えて…という考えだった

S先生ですが、心が揺らいできてしまっています。

 

古い機器よりも最新の機器の方がいいよな…、

内視鏡もいざという時の為に欲しいな…、

エコー検査もできたらいいよな…。

際限なく広がってしまいそうです。

 

もちろん資金的に余裕があるならば、

最新機器で、多くの機械を揃えた方が良いのでしょうが、

それで返済金額が上がり、

損益分岐を超えるのに時間が掛かるとか、

いつまでも返済をし続けねばならないなんてのは

愚の骨頂でありますね。

 

悩んだS先生は、

開業コンサルタントと税理士に相談してみた所、

上限を決めて、必要な機器をリストアップし、

優先順位を付けて、中古も活用し、

予算内で収める事をアドバイス貰いました。

 

ただしコンサルからは、

中古業者には気を付けねばなりません。

メーカーの検査をきちんと受ける

許可を持っている業者でないと

故障の際に修理を受け付けて貰えませんからね…と

きちんと許可を受けている業者を紹介して貰いました。

 

絶対に必要な機器。

どうしても新品でないといけない機器。

中古でも良い機器。

予算が余ったら購入したい機器。

 

その辺りが整理されたS先生は、

開業コンサルタントに業者との間に入って貰い、

多少のディスカウントを獲得しながら

機器選定を進めていきました。

 

概ね、満足できるラインナップになり、

後は開院してから、患者層に応じて、

利益が出るとともに買い増したり、

買い替えたりしようという事になりました。

 

やはり事業計画上の予算を超えないようにする事、

新品と中古はバランス良く活用する事、

必要度と優先順位をしっかりつける事、

信頼の置ける業者を選ぶ事、

この辺りが医療機器の購入の際に気を付けるべき点ですね。

 

医療機器が納品された時、

S先生は全然中古ってわからないね~、

もう少し中古を買っても良かったかなあと苦笑してました。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録