何歳までにどうなっておくべきか?

 

50代後半のE先生。

開業を検討しているという事でご相談にいらっしゃる。

 

大学医学部を卒業後、

附属の大学病院で約3年は外科医として従事。

 

その後は、民間の病院やクリニックを転々としており、

常勤でお勤めの時期もあれば、

非常勤やスポットで、いわゆるフリーランス的な

働き方をしている時期もある。

 

科目も外科をスタートに、

内科をしてみたり、美容に取り組んでみたり、

産業医をしてみたり、

病院、クリニック入り乱れて

良く言えば多様な経験を積み重ねるが

悪く言えば専門性はなく、

ご本人もなるようになると思って

適当な人生を歩んできてしまった…との事。

 

開業に関しても、

これと言ってやりたい事もないし、

あちこち転々としてきて

さすがにこれ以上転々とするのも良くないと考えて

開業すれば落ち着くかと思って…とおっしゃいます。

 

ただ開業のプランもほとんどなく、

資金面などの準備も全くなく、

年齢的な事も考えて多額の融資を受けて

敢えてリスクを背負うのは避けた方がいいのではないかと

アドバイスをさせて頂きました。

 

開業をして頂くだけなら手はありますが、

先生のこれからの人生と、

開業後のご苦労を考えると

それは得策ではないように思いますと

正直に申し上げますと、

E先生曰く、親身になってアドバイスをくれて有難う。

 

自分でも今までの人生に悔いがあるし、

棒に振ってしまった感はあるんだ…。

最後のご奉公だけでもしたいんだけど…と

おっしゃるので、転職のお手伝いをしましょうか?と

提案すると是非との事。

 

多様な経験、

そして最後のご奉公という先生の思いを表す為には

町医者として、かかりつけ医のような仕事が良いと思い

訪問診療を提案し、今では訪問診療医として大活躍しています。

 

E先生より、私のような人生を送るな!と

お若い先生には伝えて下さいとおっしゃってます。

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録

ルナーヴァ 医師・看護師転職求人登録